【驚愕】YT Rival Finderとは?使い方や特長を徹底解説!

YT Rival Finderとは?使い方や特長を徹底解説!

YouTubeの動画投稿において、事前のキーワード分析が重要になっていることをご存知でしょうか?

YouTubeに投稿される動画は毎分500時間以上にも達しており、その中から自分のチャンネルを視聴者に見つけてもらうためには、事前の分析が必須とも言えます。

そこで今回は、動画投稿のための分析に役立つYT Rival Finderというツールをご紹介します。

YT Rival Finderを使うメリットや使い方まで解説しますので、ぜひ参考にしてください。

内容を簡単にまとめると・・・

  • 現在YouTubeで動画を伸ばすには、事前リサーチが必須になっている
  • YT Rival Finderは、YouTubeの穴場キーワードを探し出せるツール
  • YT Rival Findeを使えば、事前リサーチも手間なく行うことができる
  • 動画を伸ばしたいと考えている方は、絶対導入した方が良い

YT Rival Finder

YT Rival Finderの公式サイトはこちら

\今話題のYoutubeツール!/

YT Rival Finderを
利用してみる

YT Rival Finderとは?

YT Rival Finder

YT Rival Finderを一言で説明すると、「Google検索上の動画を分析し、YouTubeで動画の再生回数を伸ばす穴場キーワードを探すことができる」ツールです

キーワードの分析は、一から行うと非常に手間がかかってしまいますが、このツールを使うことで、短時間かつ緻密な分析が可能になります。

YT Rival Finderの特長

YT Rival Finderの主な特長としては、下記のようなものが挙げられます。

  • 使い方がシンプルなので、感覚的に扱える
  • リサーチにかける時間を大幅に短縮
  • 穴場なキーワードを探し出すことができる
  • 競合の動向もウォッチ可能

YT Rival Finderを活用することで、これまで把握しきれていなかったキーワード状況をリサーチできるので、自身のチャンネルを伸ばすのに役立てられます。

YT Rival Finderによるリサーチが必要な背景

Googleの検索ボリュームは世界一を誇りますが、その検索結果に動画コンテンツが表示されることが近年多くなってきています。

そのため、動画作成の際に検索結果を配慮することで、再生回数の増加や質の高いユーザーの流入に繋げることができます。

また、視聴者層に合わない動画を公開すると、YouTube内の指標が悪化しチャンネルに悪影響を与えることもあります。

このように、

  • 再生回数を伸ばしやすいキーワードを見つけるため
  • 視聴者層に合った動画を作成するため

といった理由から、YouTubeでは事前のリサーチが必須と言えるでしょう。

YT Rival Finderの公式サイトはこちら

\今話題のYoutubeツール!/

YT Rival Finderの使い方①再生回数を伸ばすキーワードを分析

YT Rival Finderの使い方①再生回数を伸ばすキーワードを分析

YT Rival Finderでは、リサーチしたいキーワードとその関連ワードの各種データを表示することができます

具体的には、

  • サジェスト:サジェストワードにそのワードが含まれているか
  • 月間Imp数:Google検索上のインプレッション数
  • 関連動画本数:YouTube上のそのワードに関連されている動画の本数
  • 検索上の動画順位
  • Googleトレンドの動向

といったデータの分析が可能です。

ここで、「月間imp数が多いが、関連動画本数が少ない」というキーワードがあれば、需要の割に供給が少ないということで穴場なキーワードだと判断できるわけです。

このように、キーワードの状況を事前に分析することで、動画作成を効果的に行うことが可能になります。

YT Rival Finderの公式サイトはこちら

\今話題のYoutubeツール!/

YT Rival Finderの使い方②上位表示の動画を分析

YT Rival Finderの使い方②上位表示の動画を分析

YT Rival Finderではキーワードの分析だけでなく、上位3件の動画・チャンネル情報を表示することも可能です。

具体的には、

  • サムネ
  • 投稿日
  • チャンネル登録者数と再生回数
  • タイトルワードと使用タグ、概要欄
  • 動画の時間

といったような情報を確認できます。

こうした情報をもとに、例えば「短い時間の動画が上位表示されているので、自分も短めの動画を作成する」といったような意思決定を行うことが可能になります。

このように、上位表示されている動画の特徴を分析することで、自身の動画作成に活かすことができるでしょう。

また、仮に上位表示されている動画に、

  • 再生回数が多いが、チャンネル登録者数は少ない
  • 動画の投稿日が古い

といった特徴がある場合はチャンスです。

新規の動画を作成することで、十分に塗り替えられる可能性があります。

こう言ったYoutubeSEOを簡単に視覚化できる最高のツールだとわかりますね。

YoutubeSEOについては、こちらの記事でわかりやすく解説しているので、気になるあなたは合わせてご一読ください。

これまで競合の動向をウォッチできていなかった方、またリサーチに時間をかけていた方にとっては、YT Rival Finderを活用することで、効率的な事前リサーチが可能になるでしょう。

YT Rival Finderの公式サイトはこちら

\今話題のYoutubeツール!/

YT Rival Finderの料金

YT Rival Finder料金表

YT Rival Finderには、非会員と有料会員という2パターンの使い方があります。

しっかりとした事前リサーチを行うには有料会員になる必要がありますが、月額は3,980円とお申し込みやすい価格です

1日あたり130円程度ですので、高精度のリサーチを短時間で実施できると考えると、十分な費用対効果があると言えそうです。

ちなみに年額プランの場合は、月あたり3,183円と更に安く使用することができます。

「気になるけれど迷っている……」という方は、一度非会員の状態で使用感など確認してみても良いかもしれませんね。

YT Rival Finderの公式サイトはこちら

\今話題のYoutubeツール!/

YT Rival Finderに関するQ&A

ここでは、YT Rival FinderについてのQ&Aをまとめてみました。

利用を検討されている方からよく挙がる質問ですので、ぜひ参考にしてみてください。

Q1:どのようなジャンルだと、効果的にツールが使用できますか?

現状、あらゆるジャンルで事前リサーチの重要性が高まっているので、幅広い分野で効果的にツールが使用できると思われます。

なかでも、下記のように商標ワードや専門的な名前がある分野だと、リサーチしやすくておすすめかもしれません。

  • ハウツー系のジャンル(美容/フィットネス/ビジネス、料理、情報、恋愛、勉強)
  • 商品レビュー(ガジェット、おもちゃ)
  • 社会/経済(節約、自己啓発、起業、資格)
  • 乗り物(車、バイク、鉄道)
  • ファッション
  • ギャンブル
  • アウトドア
  • エンタメ(映画、占い、雑学、トレンド、ゲーム)
  • 音楽(ボカロ、カラオケ)

Q2:初期のチャンネルでなくても問題ないですか?

これまで見てきたように、キーワード分析は動画作成において非常に重要です。

チャンネルのフェーズに関係なく、効果的に使用することができるのではないでしょうか。

Q3:YT Rival Finderの使い方は難しくないですか?

必要な操作はとても少ないため、直感的に使用することができるでしょう。

実際に使用している方からも「シンプルで使いやすい」と評価されているようです。

LINE@のサポートもあるので、万が一分からないことがある場合は、質問してみても良いかもしれません。

Q4:VYONDを使用してどのような動画を作成すれば良いですか?

アニメーション動画は、まだまだ投稿者が少ないと言えるジャンルですが、もちろん競合となるチャンネルは複数存在します。

戦う場所を見誤ると「動画を投稿したのに、あまり再生されていない……」といったことになりかねません。

せっかく投稿した動画を収入に繋げるためには、「どのような動画を投稿するか」を分析することがとても重要です。

ここでは、分析の際にツールを使用することをおすすめしています。

例えば、YT Rival Finderというツールでは、穴場なキーワードを見つけ出せるので、再生回数を伸ばしやすい分野に動画を投稿できます。

事前のリサーチはツールを活用して効率的に行い、肝心の動画編集の部分にじっくりと時間をかけるという方針でも良いかもしれませんね。

ジンさんのLINE@はこちら

\YouTube活用法を配信中!/

【まとめ】YT Rival Finderを活用して動画を伸ばそう

【まとめ】YT Rival Finderを活用して動画を伸ばそう

ここまで、YT Rival Finderの特長や使い方を見てきました。

動画があふれている現在のYouTubeにおいて、「どのキーワードでどのように攻めるか」という戦略を立てた上で動画を作成することが、ますます重要になっていくことでしょう。

本格的に動画を伸ばしていきたい方にとっては、効率的に十分なリサーチが行えるという意味で、YT Rival Finderは大変便利なツールと言えます。

YT Rival Finderの公式サイトはこちら

\今話題のYoutubeツール!/

コメントを残す


CAPTCHA