YouTubeのサジェストを取得する方法や効果的な活用方法を解説

YouTubeのサジェストを取得する方法や 効果的な活用方法を解説

今やYouTubeは、おそらくほとんどの方にとって「生活に必需なもの」となったと言っても過言ではないほどになりましたね。

逆に普段、「YouTubeを見ない」という人のほうが珍しいのではないでしょうか?

今回は、そんな生活の一部となったYouTubeの「サジェストキーワード」というものについて深堀していこうと思います。

記事の内容を簡単にまとめると・・・

 

  • サジェストキーワードとはいわゆる「予測変換単語」のこと
  • サジェストキーワードを取得するには、YouTubeの検索エンジンから手動で取得する方法とキーワードツールを活用して取得する方法がある
  • サジェストキーワードはYouTubeSEOに活用しよう
  • 具体的には、サジェストキーワードからコンテンツの制作を行う方法と、サジェストキーワードをタイトルなどにちりばめる方法の2つ
  • 実は、サジェストキーワード以外にもビデオキーワードを探すことで効果的なチャンネル運営が可能になる

YouTubeのサジェストキーワードとは?

YouTubeのサジェストキーワードとは?

冒頭から当たり前のように「サジェストキーワード」なんていう言葉を使っていましたが、この記事を読んでくださっている方の中には「サジェストキーワード」という言葉自体初めて聞いたという方もいると思います。

そこでまず初めに、

 

  • サジェストキーワードの概要
  • キーワード選定が必要な理由

について、ご説明していきます。

サジェストキーワードの概要

サジェストキーワードの「サジェスト」とは、簡単に説明すると「予測変換」のことです。

つまりサジェストキーワードとは「予測変換単語」と考えると非常にわかりやすいと思います。

検索エンジンの検索欄などに特定のキーワードを入力するとそのキーワードとの関連度が高いキーワードが上から順に表示されていきます。

サジェスト

この関連度の高いキーワードを表示する機能をサジェスト機能と呼んだりします

このサジェスト機能はYouTubeの検索エンジンに限らず「Google」や「Yahoo」などの大手検索エンジンから、フリマアプリやオンラインショップなどの様々な検索エンジンに搭載されています。

SEOのきつね
SEOのきつね
「サジェスト」とは英語で「提案」といったニュアンスの意味を含みます。検索エンジン側からの「提案」、つまり予測変換のことですね。

キーワード選定が必要な理由

基本的に、YouTubeやWebサイトなどを検索結果で上位表示させるためには、SEO対策を行うことが必須です。

SEO対策において、キーワード選定を行わないと「そのキーワードに関しての他者との競合率」や、そのキーワードがどれだけ検索されているかという「キーワードのボリューム」などの情報が不足し、効率的な運営や長期的な検索結果での上位表示が困難になってしまいます。

このようなキーワードのポイントを押さえたうえでキーワード選定を行うことが非常に重要になるのでSEO対策の中でもキーワード選定は一番重点が置かれやすい部分になっています。

YouTubeのSEO対策の方法を解説というSEO対策に関する記事がありますのでよかったら、ぜひそちらも読んでみて下さい。

YouTubeのサジェストキーワードを取得する方法

YouTubeのサジェストキーワードを 取得する方法

続いて、実際にYouTubeのサジェストキーワードを取得してキーワード選定を行う方法について説明していきます。

基本的に、サジェストキーワードを取得する方法は大きく分けて2パターンあります。

 

  • YouTubeの検索欄で手動でキーワードを取得していく
  • キーワードツールを上手に活用してキーワードを取得していく

一つ目が、自分でYouTubeの検索エンジンを用いて、自分がメインで使いたいキーワード入力してサジェストキーワードを取得するという方法です。

仮に日本語のキーワードを検索する場合、ユーザーは必ずしも正規の書き方をするとは限らず、漢字、ひらがな、カタカナ、ローマ字などの様々な形式でキーワードを入力するということが想定できます。

しかし、これでは膨大な量のサジェストキーワードを手動で取得していかなければならいため、かなり非現実的です。

二つ目が、キーワードツールと呼ばれるツールを使ってサジェストキーワードを取得していくという方法です。

キーワードツールとは、自分がメインで使うキーワードをその取得ツールに入力することでそのキーワードのサジェストキーワードを一瞬にして取得できたり、一覧のサジェストキーワードの競合率や検索ボリュームを一目で確認できるツールのことです。

基本的にキーワードツールは無料のものがたくさんあるのでそんな便利ツールを使わない手はありませんね。

 

  • Googleキーワードプランナー
  • goodkeyword
  • Keyword Tool
  • 関連キーワード取得ツール(β版)

このあたりがキーワードツールの代表的なものです。

SEOのきつね
SEOのきつね
いろんなツールを試してみて自分に一番合うツールを見つけてみてください。

YouTubeのサジェストキーワードをYouTubeSEOに活用する方法

YouTubeのサジェストキーワードをYouTubeSEOに活用する方法

ここまで、YouTubeのサジェストキーワードの概要と、実際にキーワードを取得する方法について解説していきました。

続いては、実践的にYouTubeのサジェストキーワードをYouTubeのSEO対策に活用する方法について説明していこうと思います。

今回は以下の2点にフォーカスして説明していきます。

 

  • サジェストキーワードからコンテンツを制作する
  • サジェストキーワードなどをタイトルなどにちりばめる

サジェストキーワードからコンテンツを制作する

YouTubeのサジェストキーワードをYouTubeSEOに活用する方法の一つ目は、サジェストキーワードからコンテンツを制作することです。

つまりコンテンツを作成していく中で、コンテンツ内すなわち動画内でサジェストキーワードを有効的に活用していきましょう。

例えば、動画内でできるだけキーワードを頻繁に発言するというのも効果的な方法の一つです。

動画内でそのサジェストキーワードを頻繁に発言することで動画自体に一貫性を持たせられます。

また、その動画自体が特定の「キーワードについて」であるということが視聴者にもYouTubeにもより強く伝わります。

その際に注意したいのが、動画内でサジェストキーワードを使いすぎて逆に不自然な感じにならないようにすることです。

動画の仕上がりがいまいちになってしまったら元も子もありません。

ただし、サジェストキーワードが使えるような場面でしたらできるだけ指示語などは控えてサジェストキーワードを発言したほうが良いです。

サジェストキーワードなどをタイトルなどにちりばめる

YouTubeのサジェストキーワードをYouTubeSEOに活用する方法の二つ目は、サジェストキーワードなどをタイトルなどにちりばめることです。

YouTubeのSEO対策でサジェストキーワードをちりばめられる場所は、主に二か所あります。

それは、「タイトル」と「説明欄(概要欄)」です。

視聴者がYouTubeで視聴する動画を選ぶ際にその基準としてサムネイルと同様にタイトルは非常に重要な決定要因になります。

どのようなタイトルをつけるかということは、再生回数に直結しているといっても過言ではありません。

ただしタイトルに、闇雲にサジェストキーワードを盛り込んでしまってはタイトルにサジェストキーワードを盛り込む効果が台無しです。

タイトルは適切にその動画に合わせてサジェストキーワードを入れつつインパクトを持たせたり、逆にシンプルにして読みやすさを優先するなどして工夫を凝らし視聴者に寄り添うことが大事になってきます。

続いて説明欄(概要欄)にもサジェストキーワードを織り交ぜていくおようにしましょう。

説明欄もYouTubeではコンテンツの一部としてみなされますのでSEO対策を意識したつくりにすると良いでしょう。

具体的な説明欄のポイントとしては、まずタイトルと同様に闇雲にサジェストキーワードの羅列を並べるのではなく、文章の自然な流れの中で適所にサジェストキーワードを入れておくと非常に効果的です。

また、説明欄は1~2段落の文章構成で動画の内容などを簡単にまとめつつ、できるだけシンプルな文章で作成していくと良いです。

SEOのきつね
SEOのきつね
YouTubeはブログやWEBサイトとは違てテキストを挿入できる箇所が限られてくるため、サジェストキーワードの挿入を常に意識しておく必要があります。

詳しくはYouTubeSEOとは?の記事をご覧ください。

YouTubeのサジェスト以外にビデオキーワードを探すことも効果的

YouTubeのサジェスト以外に ビデオキーワードを探すことも効果的

サジェストキーワードの実践的な活用方法についは理解していただけましたか?

実はYouTubeのSEO対策においてサジェストキーワード以外にもビデオキーワードというものがあります。

このビデオキーワードを探して活用することもYouTubeのSEO対策では効果的です。

ビデオキーワードとは、先ほどまで解説してきたサジェストキーワードとは異なるもので、YouTubeの検索エンジンだけでなくGoogleなどの検索エンジンでも上位表示されやすくなるキーワードのことです。

ビデオキーワード

例えば、ユーザーが「筋トレ メニュー」などのようにGoogleで検索をした場合、YouTubeのSEO対策でビデオキーワードなども探しておくと、検索結果の上位に投稿した動画が表示されやすくなります。

YouTubeの検索エンジンのみならず、Googleの検索エンジンでも動画が上位表示されるようになるため動画の再生回数の上昇や視聴者の新規獲得などより多くのメリットを享受することができます。

再生回数を増やしたい方はYouTubeで再生回数を増やすには?の記事やYouTubeを伸ばす方法の記事をご覧ください。

【まとめ】YouTubeのサジェストキーワードを活用しよう

【まとめ】 YouTubeのサジェストキーワードを 活用しよう

以上で、YouTubeのサジェストキーワードについてト、サジェストキーワードの有効的な活用方法について解説してきましたがいかがでしたでしょうか?

この記事の内容に関してのまとめは以下のような感じになります。

気になるところがあれば、ぜひもう一度読み直してみてください。

記事の内容のまとめ

 

  • サジェストキーワードとは簡単にいうと「予測変換単語」のこと
  • 取得するには2つ方法がある
  • 1つは、YouTubeの検索エンジンから手動で取得する方法、2つ目はキーワードツールを活用して取得する方法
  • YouTubeSEOに積極的に活用していこう
  • 他にもビデオキーワードを探すことで効果的なチャンネル運営が可能になる

この記事をで得たYouTubeのサジェストキーワードの知識をフルに活用してYouTubeのチャンネル運営に生かしていってもらいたいと思います。

他にも、YouTubeで稼ぐ方法の記事やYouTubeの収益化の条件とは?の記事も参考にしてください。

コメントを残す


CAPTCHA