YouTubeの企画はどのように考えたらいい?考え方・ネタ一覧を紹介!

YouTubeの企画はどのように考えたらいい?考え方・ネタ一覧を紹介!

YouTube上には多くの魅力的な動画が投稿されており、時間があるとつい観てしまうという方も多いのではないでしょうか。

動画を投稿することで収益を得て生計を立てるYouTuberという職業も浸透し、「自分のチャレンジしてみたい」と考えたこともあるかもしれません。

しかし、動画投稿を始めても収益を得るまで成長するのは簡単ではなく、アルゴリズムだけを意識しがちになる場合が多いです。

SEOのきつね
SEOのきつね
視聴者が「観たい」と思う動画を作れば、評価は自然についてくるものです。
内容を簡単にまとめると・・・

  • 企画のネタはテレビや雑誌など日常の中に溢れている
  • SEOを意識したキーワードを選定し、上手くは配置することで検索上位に表示される
  • 誰にでもチャレンジできるジャンルから専門的なジャンルまで幅広い
  • 視聴者が本当に求める内容の動画作りを心がけることで評価が上がる
  • 企画が浮かばない時は、ファンの協力や外注して乗り越える
  • また、動画編集ならMovieHacksで学ぶのがおすすめ
  • YouTubeに特化した動画編集が約6万円で学べる
  • まずはサンプル動画を見てみよう

MovieHacks

 

MovieHacksの公式サイトはこちら

\動画編集スキルを身につけるなら/

MovieHacksに
申しこむ

YouTubeの企画はどう考える?

YouTubeの企画はどう考える?

定期的に動画を投稿しているYouTuberは、企画を作って撮影するのですが、多くの動画を作っていくうちにネタが尽きてしまうこともあるでしょう。

そうならないように、常に企画のネタを探してストックしておくことをおすすめします。

SEOのきつね
SEOのきつね
普段から雑誌やテレビ番組などで気になること、面白そうなことを見つけ、キーワードを集める癖をつけると良いですね。

興味のなかったジャンルに目を向けると意外な発見があることも多いので、試してみてください。

他に投稿されている動画も参考になりますし、特に海外のものはアイディアがユニークなのでおすすめです。
きつねの友達
きつねの友達
参考YouTubeは副業になる?稼ぐ仕組み・方法を徹底解説!

参考YouTubeで実際に儲けることはできる?儲ける方法からそのコツまで

参考YouTubeでの稼ぎ方について解説!YouTuberはどのくらい稼いでる?

YouTube企画の考え方

YouTube企画の考え方

「最初の動画企画ってどんなことから始めたらいいの?」

という方も多いでしょう。

SEOのきつね
SEOのきつね
まずは基本的な動画企画の考え方から見てみましょう。

自分のチャンネルにあったものを作ろう

動画を実際に作る前に、どんなジャンルやイメージのチャンネルを作ろうとしているかを決めておきましょう。

長く続けていくうちに、途中で全く方向性を変えたものを作りたくなるかもしれません。

そのため、オールジャンルを検討している場合は自分のプロフィールや特技などを基に視聴者が興味を持つチャンネルを具体的にイメージすることをおすすめします。

SEOのきつね
SEOのきつね
有名YouTuberでも、最初に「これを紹介したい」と始めたチャンネルが、その特色を残しつつオールジャンルになっている場合も多いです。

新たな可能性を見出し、別ジャンルの動画を投稿したいと思うようになったら、サブチャンネルを開設することもできます。

また、知名度が上がれば途中の方向転換も受け入れられやすいです。

しかし、最初からイメージに合わないものを投稿してしまうと、チャンネル登録をしたいと思うほどの魅力をユーザーが感じなくなるので、続けられる無理のないイメージ・ジャンルを構築しておきましょう。

YouTubeのSEOについて知ろう

YouTubeはGoogleに続く第2位の検索エンジンであることをご存知でしょうか。

残念ながらその点を意識せず全く対策をしていないため、内容が良くても集客率が悪い動画も多くあります。

SEOで意識したいポイント

 

  • キーワード:検索結果に表示されるキーワード、ユーザーのニーズに合ったキーワードを選ぶ
  • タイトル:キーワードを含んだ、内容を認識できる魅力的なタイトルを付ける
  • サムネイル:必ず自分で動画の魅力が伝わるようなシーンを選んで設定する
  • 説明文:内容を表現する説明をキーワードを含め、表示されやすい前半に配置する

この点を重視してSEO対策をしっかりすればGoogle検索とYouTube検索の両方で検索上位を獲得することができるため、集客力を上げることができます。

参考YouTubeで視聴回数を増やす方法とは?アルゴリズムから正しい手法まで

参考YouTubeのSEO対策の方法を徹底解説!動画が検索されやすくなるには

キーワード選定をしよう

もっとも重視すべきなのは検索結果に直接表示される「ビデオキーワード」と呼ばれるものを見つけることです。

これはGoogle検索、YouTube検索の両方に効果があります。

メインのキーワードを決めたらセットにするキーワードを以下を参考に探します。

Google検索でメインキーワードを検索し、表示される他のキーワードをピックアップする

→正しい結果を得るために、必ずシークレットモードで行う

YouTube検索でキーワードの前に「_」を付けるとサジェストワードが表示される

→メインキーワードに対応するサブカテゴリが表示されるので、企画を考える際に有効

YouTubeアナリティクスレポートでユーザーが検索したキーワードをチェックする

→すでにアップされている動画の中に最適化するだけでSEOに適合するものがないか確認・修正できる

ピックアップしたキーワードの中で、検索数が多いものを使用するようにしましょう。

キーワードに合った企画で動画作成をしよう

キーワードを含んだタイトルや説明、サムネイルを付けた動画に興味を持ち再生したのに、全く合わない内容だった場合、視聴者は「タイトル詐欺」と感じ、簡単に離脱してしまいます。

せっかくSEOに合ったキーワードを選択しても、視聴時間が伸びなければ評価は上がりません。

また、チャンネル登録者も増えず、せっかく作っても意味を持たない動画になってしまいます。

「タイトル詐欺」「サムネ詐欺」と感じる動画は実際、結構ある…キーワードを出すだけで詳細が含まれていない場合も同じ感覚になるかも。
きつねの友達
きつねの友達

 

キーワードを組み合わせて作るわけですから、それから考えられるユーザーニーズに完璧に応えるような内容であることが望ましいですね。

参考YouTubeが伸びない人への対処法を原因とともに解説!【再生回数を伸ばすには?】

YouTubeの企画をキーワードから考える利点

YouTubeの企画をキーワードから考える利点

キーワードを選んで企画を考えるのは分かったけど、メリットはある?
きつねの友達
きつねの友達
SEOのきつね
SEOのきつね
メリットはたくさんあります。順番に見てみましょう。

SEOに強くなる

キーワードに合った動画を投稿することはSEOの観点を満たし、検索結果の表示に有利になります。

完成した動画からキーワードを決めタグ付けして投稿することも可能ですが、それがSEO的に強いとは限らないので、逆に考える方が確実に要件を満たすのです。

新規のユーザーの目にも留まりやすいので、チャンネル登録者数が少ない初期のうちは特に重要なポイントといえるのではないでしょうか。

企画を考えやすい

企画を考える方法でも解説しましたが、キーワードを複数組み合わせて構成していくことが有効です。

キーワードを集めるのも大変ですし、どんな組み合わせの動画が面白いのかを考えることは、特に最初は難しいのではないでしょうか。

そんな時、SEOに強いキーワードの組み合わせが先にあれば、それを元にイメージを膨らませ企画を考えやすくなります。

チャンネルに統一感が生まれる

ユーザーはチャンネルのイメージや投稿されている動画のジャンルや、内容に魅力を感じてチャンネル登録をするため、動画の統一感はかなり重要なものとされています。

メインキーワードを基に抽出するサブカテゴリは、よっぽどのことがない限り正反対のものが並ぶことはありませんので、同じジャンルの動画企画が組みやすくなるのです。

必ず1度で使う必要はありませんし、必要に応じて分散させたり新しいアイディアを考えたりする参考にもなりますので、ぜひストックしておきましょう。

【凡庸性の高い】YouTubeの企画・ネタ一覧

【凡庸性の高い】YouTubeの企画・ネタ一覧

YouTubeで多く投稿されている動画で、人気のあるジャンルはどんなものがあるかな?
きつねの友達
きつねの友達

やってみた系

体を張ったチャレンジや実験など、人気YouTuberも多く投稿しているジャンルです。

キッズYouTuberも「手作りしてみる」といったチャレンジをしていますし、成功が前提ではなく失敗や間違いなどのユーモアも動画の魅力の一つになります。

誰でも参戦しやすい分野なので競争率も高く、独自性のある内容や個性を追加するなど工夫が必要です。

SEOのきつね
SEOのきつね
まずは別のジャンルで指名度を上げてから挑戦することをおすすめします。

ドッキリ系

10代から20代の若年層を中心に人気が高く、企画力があれば一気に人気YouTuberになれる可能性もあるジャンルです。

ドッキリの仕掛人が騙され役を驚かす企画を実行し、そのリアクションを見るものが多く、最低2人以上必要なので、個人の場合は出演可能な協力者が必要になります。

「おもしろい」に注力するあまり、違反や迷惑行為を行ってしまう場合も多い分野ですので、撮影の前後を含めてしっかり検証した企画をするようにしましょう。

ノウハウ系

掃除や料理、プログラミングや動画編集など、さまざまな分野で基礎や実践などを解説するジャンルです。

文章で読むよりも動画で実際に工程を見る方が理解しやすいため、ニーズが高いのですが、高い専門知識が必要なので、人に誇れる特技や分野がある方には作りやすいでしょう。

撮影視点の調節や、字幕など分かりやすい編集など、伝える側としての工夫も必要になりますが、試行錯誤しながら独自のスタイルを見つけていけば大丈夫です。

商品紹介系

コンビニ商品から高額なマニアック商品までさまざまな商品を購入・使用(試食)し紹介するジャンルです。

商品を選択するセンスや専門知識と、人を惹きつけ分かりやすく解説する話術が求められます。

SEOのきつね
SEOのきつね
日本のカルチャーは海外からの人気が高いため、国内のおもちゃやお菓子などを紹介すると国外の視聴者が集まる可能性があり、注目の分野でもあります。

癒し系

特別な企画が必要なく、主にペットの愛らしいしぐさなど癒しの姿を公開する、老若男女問わず誰でも楽しめるジャンルです。

ペットを飼っている方なら誰でも挑戦できる分野ですし、気持ちを想像して字幕や効果音を付けるだけで、いつもの姿をもっと可愛く面白く表現することができます。

特別に経費をかける必要もありませんし、普段の姿を撮影するだけで良いので手間もかかりません。

炎上のリスクも低いので気軽に始めることができますし、記録にもなりますのでおすすめです。

質問回答系

質問回答系は普段からコメントやSNSを使用して募集し質問を集めておく必要がありますが、視聴者が親近感を感じることで好感度も上がる傾向もあります。

人気YouTuberも定期的に取り入れることの多いジャンルです。

回答にはユーモアを交え、テンポよく進めていくことがポイントで、目で見ても内容が分かるように字幕を付けるなどの工夫は、とても喜ばれます。

ネタが尽きたときなどのつなぎにも使えますし、準備しておいて損はないでしょう。

検証系

「○○できるという噂は本当なのか」といった、よく聞くけれど本当か分からない、気になる情報をもとに検証してみるというジャンルです。

簡単な実験などは気軽にチャレンジできますが「やってみた系」に近い部分もあるため、種類や方法などにこだわった多くの人が興味を持ち楽しめる内容にする必要があります。

普段の生活の中に溢れている些細な「疑問」を書き出しておくなどすると、面白い検証内容が見つかるかもしれません。

雑談系

気軽に見れるジャンルとして視聴者からは人気ですが、ゲームなどの趣味や世間の話題などについての主観をひたすら話す動画です。

内容や表現などにユーモアがないと視聴者はすぐに離脱してしまいます。

人気のドラマや映画など、もともと注目度の高い内容を選んだり、マニアックな内容など何となく見ていても楽しめる、得られるものがあるものを考えましょう。

SEOのきつね
SEOのきつね
難しいジャンルでもありますが、面白いと定評がありチャンネル登録者も多いYouTuberもいますので、チャレンジする価値はあるでしょう。

Vlog系

一番簡単なのが普段の生活を動画にするVlog(ビデオブログ)です。ホームビデオの延長という形でこのジャンルを選びYouTubeを始めた人気者も多く、誰もが挑戦しているといってもいいかもしれません。

イベントや旅行など、視聴者が一緒に楽しめるような内容が喜ばれます。

生活の中のノウハウや、使っている商品を紹介するなど、他のジャンルと組み合わせて作っている方も多く、女性の方が注目されやすい傾向があります。

YouTubeの企画を考える際の注意点

YouTubeの企画を考える際の注意点

SEOのきつね
SEOのきつね
ここで動画投稿を順調に続けるために注意すべき点を解説しておきます。

登録者数が少ないなら下手な企画はしない

人気YouTuberがこぞってチャレンジ、投稿している動画は注目度も高く、便乗したくなるかもしれません。

しかし、似たような内容の動画であっても視聴率が上がり人気動画になるのは、投稿者自身が注目される存在だからという理由があります。

チャンネル登録者数が多ければ内容に関係なく毎回一定数まで再生は増えますが、少ないうちは視聴者の目に触れる機会も少なく、逆に「大物の真似」というようなアンチコメントや評価を広げてはもったいないですよね。

まずは安定した再生数と知名度を獲得するために、SEOを意識した企画を考え撮影するようにしましょう。

同じジャンルや内容に、他にはないような独自性を加えたもので勝負するのは良いけど、知名度があればさらに話題になるはず…
きつねの友達
きつねの友達

ガイドラインに違反するような企画はしない

YouTubeには明確なガイドラインが設定されていて、悪質と判断されれば一発で、それ以外は基本的に3度違反するとがあると収益ストップやチャネルが削除される可能性があります。

代表的な違反

 

  • 著作権違反(BGMや動画バックで流れているものを含む)
  • 成人向けコンテンツ
  • 暴力的、差別的内容

ロボットが判断している面もあり、違反警告される明確な理由が分からない場合もあるようです。

せっかく作り上げたチャンネルも、違反によって失ってしまえば全てゼロからやり直しになってしまい、傷も大きいはずです。

SEOのきつね
SEOのきつね
ガイドラインはきちんとチェックし、違反とならないような動画企画を考えるようにしましょう。

釣りのような企画はしない

先にも少し書きましたが、YouTubeで気になる動画をチェックしていると、誰もが気になる話題に関するタイトルやサムネイルを付けてあるにも関わらず、再生してみると全く関係ない内容というものが多くあります。

明らかにクリック率や再生数を増やすための釣りだろうと感じるのですが、YouTubeのアナリティクスでは動画を再生した時間も集計されているため、数秒程度で離脱するような動画は評価も低くなってしまうのです。

SEO的にも悪影響で、決していい評価を得ることに繋がりませんので、「とりあえず目に留まれば…」という考えで企画をするのはやめる方が賢明です。

YouTubeの企画に関するQ&A

YouTubeの企画に関するQ&A

企画を考えるのは難しいから、悩んだらどうしたらいいのかな?
きつねの友達
きつねの友達

どうしても何も思いつかない場合はどうすればいい?

いろいろ試しながら検討しても企画や詳細が決まらない場合は、外部に委託する方法もあります。

フリーランスが多く登録しているクラウドソーシングなら、1企画・構成あたり1000円程度の低コストで依頼することができ、収益の少ない段階でも利用しやすいのでおすすめです。

自身が顔出し出演する動画の企画はもちろん、アニメ動画のストーリーなど自分のチャンネルに合わせて依頼することができます。

専門的に依頼を受けているクラウドワーカーも多いので、完成度の高い企画をゲットできるかもしれません。

再生回数が伸びそうな企画は?

なかなか難しいことではありますが、視聴者が興味を持ち、かつ他の動画とは一味違う内容のものは拡散されやすく、再生数も伸びる傾向があります。

ひらめいた時は絶対にチャンスを逃さずチャレンジしてください。

視聴者が興味を持ちやすい内容

 

  • 世間で今、注目されている話題や噂についての詳細解説や考察
  • 人気ドラマの原作比較や解説、次回考察

解説動画を作るなら、独自の切り口を見出したり、ゲストを招いたりして雑談形式にするのもおすすめです。

興味を持ちやすいジャンルはその時々で違いますので、ニュースバラエティ番組に注目してみましょう。

SNSを上手く企画作りに活用することはできる?

SNSは興味を持ってチャンネル登録してくれたファンと直接つながることができる場でもあるので、ぜひ活用しましょう。

フォロワーの種類やコメントなどから、どんなタイプの人がチャンネルに興味を持ってくれていて、どんなものを求めているかをリアルに感じることができます。

また、「やって欲しい企画」「質問」など直接アイディアを募集も可能です。

動画では分からない日常的な部分などを投稿すると思わぬ反響がある場合もあり、その内容について詳しく解説したり、真相を語るような動画を撮ることもできますよね。

【まとめ】YouTubeの企画はチャンネルの属性に合わせて考えよう

【まとめ】YouTubeの企画はチャンネルの属性に合わせて考えよう

YouTube動画の企画の考え方を解説しましたが、いかがだったでしょうか。

動画投稿を始めたばかりの頃は、なかなか視聴率やチャンネル登録者数も伸びず悩むこともあるかもしれません。

しかし、解説したポイントに注意しつつ根気よく投稿を続けていれば、きっとチャンネルや人物に魅力を感じてくれるファンが付いてくるでしょう。

そうなれば収益を得るための基準を満たすこともできるようになりますし、やりがいも増すはずですよ。

ぜひ、自分らしいチャンネルをつくり上げて、YouTuberとして活躍してください。

コメントを残す


CAPTCHA