ブログ記事の文字数の目安は?何文字にすべき?

ブログの文字数の目安は?何文字にすべき?

このブログを見ている人は「ブログ記事の文字数の目安はどれくらい?」「ブログは何文字書けばSEOで上位表示されるんだろう」そんな疑問を感じている人が多いと思います。

文字数はテーマや競合によって違うので、上位サイトを参考にして決めましょう。

でも、文字数だけで上位表示は難しいので、「Googleが重視している評価基準」も取り入れることが重要です。

このページでは、アップデート後、無理ゲーと言われた医療系ジャンルで上位表示経験のある筆者が以下のことを解説します。

  • 文字数は何文字でもいいって本当?
  • 文字数だけでなく検索意図も捉える
  • 筆者の専門性など文字数以外の要素も大きい

このページを読めば上位表示に必要な文字数、そして、ただ単に文字数だけを追うよりも効率的に対策ができる方法を理解できます。

内容を簡単にまとめると・・・

  • ブログ記事の文字数は上位記事を目安にすべき
  • ブログ記事の文字数と順位は相関している
  • 検索意図に沿った部分の文字数を多くしないと意味がない
  • SEO対策をするなら、Googleアナリティクスやサーチコンソールを自動で分析してくれる、smartASPがおすすめ
  • 特に、SEO知識に自信がない人や、サイト分析の時間を節約したい人は登録すべき

\3分で登録/

ブログ記事の文字数の目安は?

ブログ記事の文字数の目安は?

文字数の目安はユーザーのためになることが書いてあれば何文字でも構いません。いきなり拍子抜けした人もいるかもしれませんが、目安はキーワードによって変わるので、明確に何文字と断言することはできないのです。

Googleのジョン・ミューラー氏も英語版オフィスアワーで下記のように発言しています。

「100語に届くまではどんなものでも評価が低くて、200語~500語なら良くて、500語を超えたら画像を5つ掲載しなければならない」そんなアルゴリズムは存在しない

※出典は以下のビデオ

Googleは文字数を評価基準にしているわけではなく、ユーザーの使いやすさを重視しています。

質問の答えを完結に説明でき、ユーザーが満足できるものであれば、たとえ文字数が少なくても問題ありません。

例えば、「1マイル 何キロ」で検索をする人は1マイルは約1.6キロという答えが分かれば、マイルが使われるようになった歴史など補足の情報は不要な場合が多いはずです。

そのため、「1マイル 何キロ」で上位表示しているサイトは1位が1899文字、2位が654文字と比較的文字数が少ないですが、それでも上位表示がされています。

しかしながら、ユーザーは質問に対して関連するいくつかの答えを欲しがっている場合がほとんどです。そうした答えを用意しようとすると、ある程度の文字数が必要になることが多くなります。

文字数は多い方がSEOには有利

「文字数は関係ない」「検索意図に答えることが大事」そんな意見が多いですが、文字数の多さと順位は相関することが知られています。

それは、検索意図に答えようとすると自然と情報量が増えていき、文字数も多くなっていくためです。

Googleは読者が疑問に思っていることを色々な側面から、情報量多く解説している記事を評価する傾向にあります。情報量を多くすることで記事の専門性も高まりGoogleから高く評価がされます。

気を付けなければいけないのは、関係のない話で文字数を増やすと評価がされないだけでなく、逆に関連度が低いと評価されマイナスに働いてしまう恐れがあるということです。

大切なのは、検索意図に応えた部分の文字数を増やすことです。

例えば、「ブログ ライター」で検索する人は

  • ライターってどんな仕事なんだろう?
  • どれくらい稼げるの?
  • どんなスキルが必要?
  • なんのツールがおすすめ?
  • どうやって仕事を探すの?

など知りたいことは人それぞれ異なります。検索した多くの人の悩みに答えていこうとすると、様々なケースを想定して情報を盛り込んでいく必要があります。

また、Googleは情報の独自性も見ているといわれています。他のサイトにも書いてあることではなく、実際に見たり、体験したからこそ書ける記事に価値があると考えています。このようなオリジナリティのあるブログを書き表現していくためには、ある程度の文字数が必要になります。

しかしながら、文字数が増えることによるデメリットも存在します。最後まで読まれる前に離脱され、読了率が下がる点です。

記事を最後まで読ませる文章力があれば、この問題は解決されますが、そうではない場合も多いでしょう。

記事全体の内容が分かるよう適切な見出し設定、冒頭文を作り込むなど記事構成に工夫をすることが大切です。

また、内部リンクを設定し各記事への導線を強化することで、記事中に「もっと知りたい」と思ったコンテンツをユーザーへ提供することができます。

 文字数の目安は、上位記事を参考にしよう

そうは言っても「実際に何文字書けばいいか教えて」と思う人いるでしょう。目安となるのは実際に狙っていくキーワードで検索した時に現在上位表示されているサイトです。

ここで勘違いしてはいけないのは、上位サイトと同じだけの文字数を書くことが目的になってはいけないということです。

あくまで文字数は情報を網羅していった結果なので、上位サイトを分析する際には、どんな情報がどんな構成で載っているのかを第一に見るようにします。

キーワードを含む見出しの数や1つの段落の長さなど全体の作りを見ていきます。上位に表示される記事は読みやすいと感じる場合が多いです。

情報を網羅した上で、上位5サイトの中で最も文字数が多ければ一歩リードした状態となるでしょう。

ブログ記事は文字数だけでなく検索意図を捉えることも大切

検索意図とは、ユーザーがどんな悩みを解決したくてキーワードを入力し検索したか、いわゆる検索の目的です。

検索意図を捉えたページでないといくら文字数が多くても上位表示は難しくなります。

例えば、「ブログ おすすめ」で検索した際に、1位の記事が1640文字に対して、4位の記事が12,000文字弱書いています。

これは、1位の記事は、おすすめの無料ブログを知りたいという検索意図を的確に捉え、記事のほとんどすべてがおすすめ無料ブログの紹介になっているためです。4位の記事は文字数はとても多いのですが、肝心な無料ブログに関する部分はほんの少しだけです。

結果的に1640文字の記事の方が検索意図に答える情報量が多く、上位表示されていると考えられます。

このように検索意図を捉えた記事は現在のアルゴリズムでは、高く評価されます。

アルゴリズムはGoogleによって定期的にアップデートされ、かつてはペンギンアップデート、パンダアップデートなど数々の改変が繰り返されてきました。

長文SEOが効果的であった時期もあり、その当時は内容はどうであれ、長文を書くことで上位表示がされていました。

しかし、あまりにも文字数が多く読みにくいだけの記事が上位を独占した結果、Googleがアップデートを行い、文字数だけでなくユーザーの役に立つ検索意図も捉えたページが上位表示されるようになりました。

Googleは「検索エンジンというメディア」をより多くの人に使ってもらうことを目的にしています。多くの人にWebサイトを作ってもらい、広告を出してもらうことで収益を上げています。ユーザー視点のコンテンツを作り続けることを第一に考えれば、繰り返されるアップデートにも負けない強いコンテンツを作ることができるのです。

きちんと適切な部分の文字数を増やせていれば、ある程度までは順位が上がっていくはずです。

そのため、自分が検索意図を捉えた部分の文字数を増やすことができているのか確認するための順位は、サーチコンソールを使えば、管理できます。

しかし、サーチコンソールの管理画面は初心者には使いにくく、結局順位を管理できないということになりがちです。

そのため、サーチコンソールをあまり使ったことがないという方は、smartASPでサーチコンソールを分析することがおすすめです。

smartASPを使えば、以下のようにサーチコンソールを見やすくしてくれます。

サーチコンソールで文字数と順位の関係を管理

このように簡単に順位をまとめてくれるため、わざわざ有料の順位計測ツールを買わなくても、smartASPで十分管理をすることができます。

無料なので、使うかわからないという方でも登録しておくのが無難でしょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\3分で登録/

ブログ記事の文字数以外で検索順位に影響するもの

ブログ記事の文字数以外で検索順位に関係するものとは?

文字数以外にも検索順位に影響する要素は多くあり、Googleは約200のアルゴリズムで判断をしているといわれています。200というととても対策は無理と感じられるかもしれませんが、その中でも重要視されているものはいくつかに絞られるため、影響が大きい要素を優先的に対策していくことで、効率的にSEO対策を行うことができます。

ここでは、実際に影響が大きいといわれている要素を解説していきます。

記事に専門性があるか

素人が書いた記事より専門家が書いた記事の方が信頼性が高くなります。では、どのようにしてGoogleは判断しているのでしょうか?一つはサイトジャンルです。複数のテーマで書いてあるサイトより1つに絞ったサイトの方がより濃い情報が書いてあるはず。そういった判断をGoogleは行っています。

例えば、「ブログの書き方」に関する情報を探している人へは美味しいラーメンからブログの書き方まで幅広く扱うサイトより、ブログ書き方、ブログサイトの作り方などブログに特化したサイトの方が専門性が高いサイトとして評価されます。

複数のテーマを扱うサイトの場合には、カテゴリ分けをしっかり行うなどサイト設計の部分で補うことができます。

また、専門家ではないが、記事の専門性を出したい時には引用をうまく使うのも効果的です。何かを説明する時に具体的なデータを出し、その出典として厚生労働省など権威ある機関の論文等を引用します。出典元となったデータへの外部リンクも忘れずに設置します。

それにより信頼できるサイトのデータを引用している記事として評価されるメリットがあるのです。

ドメインパワー

ドメインパワーは「ドメインエイジが長いほうがいい」という声をよく聞きます。ここでは、ドメインの運用歴について説明していきます。

ドメインエイジとはドメインが運用されていた期間です。今月できたサイトよりも5年運営されているサイトの方がドメインエイジが長くなります。

しかしながら、このドメインエイジは基本的にはSEOに影響を与えないとされています。

以下のビデオでマット・カッツ氏が述べています。

具体的には、

「6ヶ月のドメインと1年のドメインを比べた時にGoogleの評価が変わるということは全くない。」

と発言しています。

ただ、ドメインが若すぎる(大体3ヶ月)とクローラーがなかなか回ってこないので、順位がつきにくいということがあります。

サイトへのアクセス、指名検索数を地道に増やしていくことが大切です。

ドメインパワーについては、ドメインパワーとは?をご覧ください。

量より質の被リンク

被リンクはかつてに比べてインパクトは減っていますが、まだまだ大きな要素です。

以前はまとめサイトから貼り付けた大量のリンクが評価された時期もありましたが、今は量より質が重視されています。低質な多数のリンクよりオーソリティの高い少数のリンクが高く評価されます。

リンクを集める方法は様々ですが、ナチュラルなリンクを集めるにはユーザーの悩みを解決する質の高い記事を書いていくことで自然とリンク集まります。

例えば、「他の記事より徹底的に調べ尽くす」、「実際に体験した記事を書く」、「最新の情報をどこよりも早く詳しく解説する」など他の人にない情報や視点を書くことで話題になり、被リンクがつきやすくなります。

最近ではTwitterやインスタグラムなどSNSを利用して情報発信を行うことで、ファンを獲得し被リンクをもらう動きも盛んになっています。

内部リンクを最適化

文章を読み進めていくうちに、色の違うワードがあり、クリックするとそのワードに関する詳しい記事にリンクされている部分があると思います。

これらが内部リンクです。サイト内に複数回登場し、様々なページからリンクされる記事は自然と内部リンクが集まる重要な記事と評価されます。

また、内部リンクがしっかりしているブログはユーザーからしてもストレスがなく読みやすく、いわゆる「読み疲れない」記事でもあります。

 きちんと読まれているかどうか

ここ最近、SXOという言葉が広まっています。Search Experience Optimisationの略称で、検索体験を最適化する試みです。

こうした動きがある中で、サイトの直帰率は低く、滞在時間は長い方が良いとされています。

良いサイトはそのサイトを見て悩みが解決し、検索行動が完結するため、検索結果には戻りません。

こうした行動のデータが数値として見えるのが直帰率や滞在時間です。ただ単に他のサイトからコピーしてきたものを貼り付けたり、文字数を稼ぐために詰め込んだだけの記事では、なかなか最後まで読んでもらえません。

また、検索意図に沿ったコンテンツが下の方にあると、読み進める前に「この記事には悩みを解決するコンテンツはない」と判断され、直帰率や滞在時間の数値が悪くなります。

コンテンツの順序も確認することが重要です。直帰率、滞在時間はGoogleアナリティクスからページごとに見ることができます。

検索意図に沿ったコンテンツが下の方にあると、読み進める前にこの記事には悩みを解決するコンテンツはないと判断され直帰率や滞在時間が悪くなる可能性があるため確認を行うようにしましょう。

日本人が1分間に読むことができる文字数は400〜600文字といわれています。仮に400文字とした場合に3000文字を読み終わるのにかかる時間は7分半です。

このように滞在時間から読了率を推測することもできますが、ツールを導入し、ページ最下部までのスクロール到達を計測する方がより正確なデータを取得できます。

ヒートマップツールを導入するとブログを読み際に注視されている箇所、クリックされた箇所まで色分けで見ることができ、記事のリライト、修正を行う際に効果を発揮します。よく読まれている箇所の順序を入れ替え、冒頭に持ってくるだけで、離脱率が改善されるケースもあります。

ちなみにブログ記事の場合、平均の読了率は30%といわれています。

ブログの始め方は?おすすめのブログサービスは?

ブログを始める前に文字数について調べているという人もいるでしょう。そういった方のために、ブログの始め方も簡単に解説します。

ブログの始め方は意外に難しくなく、以下の手順で簡単に始められます。

  1. 始めるブログサービスを決める(ブログサービスについては、おすすめの無料・有料ブログサービス22選をご覧ください)
  2. 独自ドメインとレンタルサーバーを契約する(無料ブログの場合は不要)
  3. レンタルサーバーにワードプレスをインストールして完了

もっと詳しく知りたいという方は、初心者でもわかるブログの始め方をご覧ください。

まとめ:ブログ記事の文字数の目安は?

まとめ:ブログ記事の文字数の目安は何文字?

ブログを書くときの文字数の目安、上位表示の要素について解説しましたが、いかがだったでしょうか。

このページのポイントは以下です。

  • 文字数は何文字でもいい
  • でも大抵のキーワードでは1000文字以内で上位表示は難しいので競合より多くを1つの目安に
  • 検索意図を意識して情報を網羅する
  • 文字数以外にも筆者の専門性、ドメインパワー、被リンク、内部リンク、ユーザー行動が順位に影響する

ブログのSEO対策をする上で文字数は必要な要素です。しかしながら、文字数だけでなくユーザーの悩みに答えるユーザーファーストな記事を作ることが上位表示に繋がっていくため、あくまで文字数は目安としておくことが大切です。

コメントを残す