【究極】おすすめの動画編集ソフト比較一覧ランキングを紹介!

【2020年最新】おすすめ動画編集ソフトを紹介!初心者も安心の選び方まで解説!

おすすめの副業などを調べていたらこんな文章に出会った事がありませんか?

『副業やフリーランスとして稼ぐなら動画編集が熱い!!』

副業サイトを見ていると必ず動画編集が出てきます。

また、ビジネス系YouTuberの動画を見ていても高確率で動画編集のテーマを扱っています。

SEOのきつね
SEOのきつね
動画編集というと特別な技術を持っている人がやるイメージを持っている方も多いのではないでしょうか?しかし、やってみると意外と簡単です。

今回は動画編集に興味を持っていて始めたいけど、どんなソフトを入れたら良いのか迷っている方に無料ソフトから有料ソフトまで紹介をします。

内容を簡単にまとめると・・・

 

  • 動画編集は動画の切り貼り・文字入れ・音声入力が基本であり、誰でも手軽に行うことができる
  • 個人や家庭での使用の範囲であれば無料ソフトでもお洒落な動画を作ることができる
  • 自由度が高く、本格的な動画を作成したい場合は有料ソフトを使用するべき
  • 本格的な動画を作りたいMacユーザーはFinal Cut Pro Xがおすすめ
  • 動画編集を仕事として使いたい方はAdobe Premiere Proがおすすめ
  • 迷っている人は、MacでもWindowsでも使えるAdobe Premiere Proがおすすめ
  • また、動画編集を学ぶならYouTubeに特化した動画編集が学べるMovieHacksがイチオシ

ADOBE PREMIERE PRO

 

Adobeの公式サイトはこちら

\新生活応援!22%OFF/

Adobe Premiere Proに
申しこむ

好きなところから読む

そもそも動画編集とは?

そもそも動画編集とは?

実は動画編集は簡単で初心者でもすぐに始めることができます。

では、そもそも動画編集とはいったいどのようなことをするのでしょうか?

動画編集はPCやスマートフォンに取り込んだ動画や画像をいくつかのステップに分けて編集をします。

動画編集の4ステップ

 

  1. 動画編集ソフトをダウンロードする
  2. 動画編集ソフトに取り入れた画像や動画を切ったり繋げたりする
  3. 色彩調整・字幕や音声、表などを入れて装飾をする
  4. 出力をする

SEOのきつね
SEOのきつね
動画編集はシンプルに分けるとこれだけです。この中でどのような動画を作りたいかによって工程が変わってきます。

ではそれぞれのステップに関して簡単に解説をします。

1.動画編集ソフトをダウンロードする

まずは動画編集ソフトをダウンロードしましょう。

現在は様々なソフトが出ており、無料ソフトでも簡単にお洒落な動画を作ることができます。

また、スマホ1台でも動画編集ができます。

しかし、ここではPCを用意することをオススメします。

なぜなら、細かい画面操作がし易いのと機能制限もあるからです。

ソフトに関してはハイクオリティの動画を作るのであれば有料ソフトをオススメしますが、無料ソフトでも十分なクオリティの動画を作ることができます

おすすめの動画編集ソフトに関してはこの後で紹介します。

2.動画編集ソフトに取り入れた画像や動画を切ったり繋げたりする

動画編集ソフトに取り込んだ動画の不要な部分をトリミング(切り取り)をしたり、繋げたりして1つの動画としてまとめます

会話やシーンの切り取りだけであれば簡単に行うことができます。

慣れてくると加工や合成などを行い、より自然な編集ができるようになります。

3.色彩調整・字幕や音声、表などを入れて装飾をする

SEOのきつね
SEOのきつね
1つに繋げた動画に字幕やBGMや効果音などのエフェクトを入れます。

動画内容を目でわかりやすくするために写真やグラフを入れることも行います。

また、細かい色彩調整を行うことで映像の質を変えることができます。

有料ソフトはこの色彩調整が細かくできるため、綺麗な色彩や映画のような明暗のはっきりした映像を作成できます。

これらを行うことで動画のクオリティをあげることができます。

また、動画編集で稼ぐとなるとこのエフェクトがどれだけ効果的に考えられて編集できるかが大きなポイントになります。

本格的に動画編集をしたい場合は、有料ソフトの方がエフェクトの種類が充実しています。

4.出力をする

最後に出来上がった動画を出力をして完了です。

一度出力したものは基本的に再編集できないので注意です。

簡単な動画編集であれば初めの切り貼りのステップができれば十分です。

また、最近の動画編集ソフトはエフェクトの追加が簡単にできるようになっているので、簡単に身に付けることができます

家庭の範囲での使用やYouTubeなどで使用する単純な動画の編集だけであればこのステップで終了です。

ハイクオリティな動画を作成する場合はその他に「明るさやコントラストの調整」や「CGなどを入れた合成」など様々な技術が使用されます。

本格的に学びたい方は同時に「Photoshop」などの画像編集ソフトなども一緒に学ぶことをオススメします。

また、動画編集をマーケティングに活用する方法については動画マーケティングとは?の記事を参考にしてください。

厳選!場合別おすすすめ動画編集ソフトのランキング1位を比較一覧

厳選!場合別おすすすめ動画編集ソフトのランキング1位を紹介

きつねの友達
きつねの友達
動画編集におすすめのソフトって何がいいの?いろんな種類のソフトがあって何がいいのかわかりません。
SEOのきつね
SEOのきつね
動画編集ソフトと一重に言っても「動画編集の目的」・「無料・有料」・「Mac/Windows」のPCによってもオススメするソフトが変わります。

ここではそれぞれの場合別でおすすめのソフトを紹介します。

初めに1番オススメするソフトを紹介します。

その後に動画編集ソフトを選ぶポイントと目的に合わせたオススメソフトを紹介します。

初心者に方は多くのソフトを比較してしまうと悩みがちになってしまいますが、今回紹介するソフトの中から選んでいただければ間違いはありません。

無料 有料
Mac

iMovie

対応OS:MacOS

無料

Final Cut Pro X

対応OS:MacOS10.14.6以降

36,800円

Windows

microsoftフォト

対応OS:Windows

無料

 

Adobe Premiere Pro

対応OS:Windows10/8.1/7:MacOSv10.11/12/13

月額:2,180円 年一括:26,160円

Macで『初心者が無料で』動画編集をしたい場合

Macユーザーが初めて動画編集をするなら『iMovie』です。

初心者が無料で使用する場合に絶対おすすめするソフトです。

また、iPhoneユーザーであれば使用しない手はないでしょう。

初心者の方であるとまずどんなソフトを使用したらいいのか悩むと思います。

しかし、iMovieはそもそもMacやiPhoneを買った時点でアプリに入っているので、ソフトをダウンロードする必要がありません

つまり、「とにかくやってみる!」ということができるのです。

何事も初めのハードルはスタートすることです。

始めるまでに調べる時間も勿体ないですよね。

SEOのきつね
SEOのきつね
先ほどあげた動画編集のステップに関することは全てできますのでまずは使ってみましょう。

では、iMovieのおすすめポイントを解説します。

初心者がMacで動画編集するなら

iMovie

  • MacPCとiPhoneの相互性がある
  • iPhoneで撮影してそのまま編集できるので機材が不要
  • 動画編集に必要な基本的な機能が揃っている
  • 編集した動画を簡単にシェアしたりYouTubeに直接アップロードできる

やはり便利な特徴はMacとiPhoneで相互性があることです。

SEOのきつね
SEOのきつね
iPhoneで撮影をしてそのままiPhoneで編集することもできますし、Macで編集をすることもできるのでどこでも編集作業ができます

しかし、編集中のファイルが共有できるのはiPhoneで編集中のファイルをMacで共有する場合のみです。

iPhone版であると機能制限があり、Macで編集した動画の共有編集はできません。

また、スマホでも扱えるように感覚的に操作ができるようになっており使用方法も難しくありません

最近のiPhoneであればカメラの画質もよく、そのまま動画撮影をして編集をすることも可能です。

つまり、動画撮影用のカメラも不要・ソフトのダウンロードも不要で始められるのです。

動画編集に挑戦したみたい方はまずはこちらを使用してみましょう!

iMovieで動画編集に慣れてから有料編集ソフトを購入しても遅くはないでしょう。

Windowsで『無料で手軽に』動画編集をしたい場合

WindowsPCを使用している方におすすめする無料動画編集ソフトは『microsoftフォト』です。

こちらはWindows10に標準でインストールされているソフトです。

フォトとある通り写真のスライドショーを作ることができますが、動画も作成することもできます。

WindowsPCを持っていて動画を作ってみたい方が手始めに使用するのにピッタリです。

初心者がWindowsで動画編集するなら

microsoftフォト

  • シンプルで難しい機能や操作ボタンが少ない
  • 縦動画に対応している
  • テンプレートからデザインを選べる
  • 自動作成機能がある

microsoftフォトも基本的な動画編集機能は網羅されています。

機能制限がiMovieなどのソフトよりあるものの、その分難しい機能やボタンが無くシンプルに操作をすることができます。

家庭用の動画作成や写真スライドショー作りであれば十分です。

テンプレートが用意されているため、テンプレートにしたがって進めていけば綺麗に編集をすることができます。

また、写真をメインにしたスライド動画であれば自動編集機能がおすすめです。

その後に、より細かく装飾やエフェクトを追加することもできます。

3D効果のテンプレートもあるため簡単な合成動画も作成することもできます。

SEOのきつね
SEOのきつね
microsoftフォトの大きな特徴は簡単に作れることです。いきなり本格的な動画作成では無く、まずは気軽に動画を作成したい方にはおすすめです。

Macで『直感的にプロ仕様』の動画編集をしたい場合【有料】

Macを使用している方には『Final Cut Pro』がおすすめです。

こちらはAppleが開発したMac用のソフトで、高機能でありながらも直感的に操作がしやすいことが大きな特徴です。

そのため、入門者からハイエンドまで幅広く使用されています。

動画クリエイターは勿論、人気You Tuberも使用しているソフトです。

無料ソフトの場合、編集効果の制限があります。

例えばMacのiMovieだとテキストの位置が変えられなかったり、BGMやアフレコを重ねることができないなど不便が生じます。

しかし、こちらを使用すれば自由なテキスト挿入・迫力のあるサウンドエフェクトや色調整もできます。

基本機能は直感的に使用できるものばかりのため単純に考えるとiMovieの高機能バージョンと考えても良いでしょう。

Macで本格的な動画編集するなら

Final Cut Pro

  • iMovieではできない編集機能があり自由度が高い
  • テンプレートも多くあるため初心者でも直感的に操作ができる
  • 関連ソフトやエフェクト素材をダウンロードして機能拡張できる
  • 機能バランスを考えると金額がお手頃

SEOのきつね
SEOのきつね
Final Cut Pro Xでは多くのテキストやテーマを選べたり、自由にテキストを入れることができたりします。

また、複数の動画やイラスト・テキストなどを同時に流すことができたりと、簡単にオリジナル性の高い動画を作成することができます

iMovieでは1つの動画に入れる情報量に制限がありましたが、Final Cut Pro Xを使用すれば使えるエフェクトが圧倒的に多く自由度が高いです。

また、よりオリジナル性や理想のクオリティの高い動画を作りたい方は、関連ソフトやエフェクとダウンロードすれば、Final Cut Pro Xに元々なかった編集機能を追加することができます。

価格面でも実はお手頃です。Final Cut Pro Xの値段は36800円と高額ではありますが、こちらは1度買ってしまえばずっと使用することができます

また、PCを買い換えたときに同じAppleIDで使用し続けることもできます。

最近はサブスクリプション型に編集ソフトが増えていますが、その場合使えば使うほど経費がかかってしまいます。

その分ずっと使えるFinal Cut Pro Xはお手頃と考えて良いでしょう

Windowsで『本気の動画編集』をしたい場合【有料】

Windowsを使用している方で本格的な動画編集をしたい方は『Adobe Premiere Pro cc』がおすすめです。

メニュー画面が細かく初めは使いにくさはありますが、高度で細かい編集ができるため本気で動画編集をしたい方にはピッタリです。

Windowsでプロ級の動画編集するなら

Adobe Premiere Elements

  • シェアが圧倒的で初心者からプロまで使用している
  • カラーグレーディングがかなり細かく調整できる
  • VR(360度動画)の編集もできる
  • Adobeの他のクリエイティブソフトも同時に使用でき、特殊動画も作れる

Adobe Premiere Pro ccは映像制作の中でシェアが圧倒的に高く、プロも使用しています。

情報も多いことから初心者でも調べながら技術を上げることができ、将来的には動画編集者として活躍することも可能です。

このソフトは映像のクオリティを高めるのに重要な、カラーグレーディング(明るさや色彩・色調の調整)が非常に細かく調整ができることも大きな特徴です。

天気を違うように見せたり元の映像よりも全く違う色調に調整もできます。

映画のような奥行きや雰囲気のある映像を作ることができます。

さらに動画編集者としての幅を広げたい人には、今後伸びるであろうVR動画の編集もできることも魅力です。

きつねの友達
きつねの友達
まだVR動画の編集ができる方も多くなく今後伸びてくる可能性が高いため、本気で動画編集に取り組みたい方にはおすすめです。

また、こちらは動画編集ソフトのため、アニメーション作成やCGグラフィック作成はできません。

しかし、他のAdobe製品と連携をすればできるできる幅が圧倒的に広がります。

アニメーションやCGなどを作成するAfter Effectというソフトと連携をすれば、ダイナミックな映像や不思議な映像を作ることができます。

また、Photoshopで動画のサムネイルや合成をした画像や図を挿入できます

サブスクリプション型のため月額でコストがかかりますが、他のAdobeクリエイティブソフトも使用できますし、定期的にアップグレードがされるため常に最新の機能を使うことができるのも大きなメリットです。

Adobe製品については、Adobeの動画編集ソフト4種類を徹底比較の記事を参考にしてください。

SEOのきつね
SEOのきつね
細部までこだわった編集と、他のクリエイティブソフトの技術を身につければプロが作ったような動画が作成できるようになります。将来的に動画編集を生業にしたい方は、初めからこちらを使用しても良いでしょう
Adobeの公式サイトはこちら
\プロ級の動画編集/
Adobe製品を
みてみる

【初心者も安心】動画編集ソフトを選ぶ際のポイント

【初心者も安心】動画編集ソフトを選ぶ際のポイント

きつねの友達
きつねの友達
おすすめの動画編集ソフトは分かったけど他のソフトも比べてみたいです。その時に注意する点はありますか?
SEOのきつね
SEOのきつね
まずは人気のソフトを選ぶことです。なぜなら、人気のソフトは使用しやすい環境であることはもちろん、インターネットでソフトの使用方法に関する情報が大量にあるからです。

もし、何か不明点があった時に利用者が少ないソフトの場合調べるのに時間がかかります。

その点で人気ソフトの場合は不明点があった時に簡単に調べることができるため、つまずくことが少ないです

とは言え、パソコン環境や目的によってポイントが変わってくるので、より簡単にソフトを選ぶポイントを解説します。

使える動画編集ソフトはパソコンによって異なる

動画編集ソフトやOSによって使えるソフトと使えないソフトがあります。

大きな括りとしては「Windowds」と「Mac」のOSで分かれます

多くの動画編集ソフトは両方使用できますが、ソフトによっては各OSの専用ソフトもあります。

代表的な例で言えば「Final Cut Pro X」はMac専用のソフトのためWindowsでは使用できません。

使える動画編集ソフトの量で考えると「Windows」の方が利用できるソフトの数が多いです。

しかし、OS互換アプリを使用すればWindowsソフトも使用できます。

ただし、起動や処理スピードに影響がでる可能性があります。

また、OSのバージョンによっても対応してない場合があるため、古いPCを使用している場合は注意です。

目的によってもソフトが変わってくる

SEOのきつね
SEOのきつね
動画編集の目的によってソフト選びも変わってきます。人気のソフトを入れたけど想像と違うとなると勿体無いですよね。

ソフトを選ぶ前に自分が動画編集をしてどんな事を行いたいのかを考えて、それに合った動画編集ソフトを選びましょう。

例えばどんな目的がある?

 

  • 家庭用・個人用で簡単に操作して動画を作りたい
  • YouTubeやInstagram・TikTokに投稿したい
  • イベントや結婚式用の動画を簡単に作りたい
  • MVやPVのような本格的など本格的な動画を作りたい
  • 副業や本業として稼げるようになりたい

まずは試しに動画を作ってみたいという方は、操作性の良い無料のソフトから使用し始める事をオススメします。

凝った動画を作りたくなった場合、必然的に有料ソフトを使わなければいけない場面がでできます。

その時に、有料ソフトを購入しても良いでしょう。

しかし、動画編集者として将来稼ぎたい方は、初めから有料ソフトを使用する事をオススメします

その際は『Final Cut Pro』 や『Adobe Premiere Pro cc』といった人気で、利用者が多いソフトを購入しましょう。

仕事の条件で使用ソフトが指定される際にこの辺りのソフトが指定される可能性が高いからです。

副業として、動画編集者を始めたい場合には、動画編集の副業をすることはできる?の記事を参考にしてください。

スマホで済ませることもできる

個人で使用する範囲であればスマホ一つで動画編集を済ますことができます。

きつねの友達
きつねの友達
先ほど紹介したiMovieであれば、動画の切り貼りやエフェクトも十分につけることができます。

お洒落なエフェクトやテンプレートがある編集アプリもあるので、簡単にお洒落な動画を作ることも可能です。

YouTubeなどの動画投稿サイトでも最近ではスマホで撮影し、スマホで編集した動画をそのまま投稿している方も見かけます。

動画のクオリティによって変わりますが、簡単な動画編集や個人の範囲で手軽にお洒落な動画を作りたい方はスマホ一つでも十分でしょう。

おすすめ動画編集ソフト・アプリを紹介の記事も参考にしてください。

【Mac】無料で動画編集ができるおすすめのソフト比較一覧

【Mac】無料で動画編集ができるおすすめのソフト

Apple iMovie Olive VideoProc
VideoProc
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️ ⭐️⭐️⭐️⭐️ ⭐️⭐️⭐️
ダウンロード不要でクリエイティブな動画編集ができる! 動画サイトにアップしたい方におすすめ! 動画の切り抜きができる便利なソフト!
Mac Windows/Mac/Linux Windows/Mac

MacはWindowsと比べて使用できるソフトの数が少ないです。

SEOのきつね
SEOのきつね
その中でもフリーとは思えないほど高機能で使いやすいソフトを紹介します。

こちらで紹介するフリーソフトを使う方におすすめなポイントは3つです。

 

  1. 直感的で気軽に動画編集を初めてみたい人
  2. 自由度の高い動画編集をしたい人
  3. フリーソフトで動画編集に慣れてから有料ソフトに移行したい

Macで使えるフリーソフトは直感的に使用できるソフトが多いので気軽に始めることができます

また、有料ソフトも同様の使いやすさがあるので、フリーソフトで慣れてから有料ソフトに移行するとスムーズに移ることができます。

1位Apple iMovie

iMovie

おすすめ度 ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
利用料金 無料
4K
縦画面
画面録画
自動編集
DVD/Blu-ray
対応OS MacOS:X EI Capitan以降
Apple iMovieはこんな人におすすめ

 

  • シンプルで直感的な操作で動画作成をしたい方
  • 基本的な編集機能を満遍なく使ってみたい方
  • iPhoneやiPadも持っている方

MacのPCを購入すれば初めから入っているソフトです。

まず手始めに使ってみる事をおすすめします。

大きな特徴はとにかく直感的に操作がしやすく、基本的な編集機能も制限がありながらも使用することができます。

iPhoneやiPadで編集している動画もPCで編集することができますので細かい調整もしやすいです。

SEOのきつね
SEOのきつね
無料で動画編集機能を満遍なく使えるソフトは少ないです。ここから始めて制限なく自由な編集をしたいのであれば有料ソフトに移るのも良いでしょう。

2位Olive

おすすめ度 ⭐️⭐️⭐️⭐️
利用料金 無料
4K
縦画面
画面録画
自動編集
DVD/Blu-ray
対応OS Mac・Windows・Linux
Oliveはこんな人におすすめ

 

  • 自由度の高い動画編集機能が欲しい方
  • 軽快な動作で動画編集を行いたい方
  • 動画サイトに投稿をしたい方

Oliveは基本的な動画編集機能はもちろん、他のフリーソフトに比較してエフェクトなどの細かい調整ができます

また、動作が軽くスムーズに編集作業が進むため、映像作品を複数作りたい方には時間効率が上がるためおすすめです。

フリーソフトであるとソフトのロゴが透かし文字で入っていたりします。

しかし、こちらはロゴが入らないため、動画共有サイトにアップをしても邪魔になることはありません。

テンプレーとが少ないことや、ヘルプやメニューが英語での表記になるので、ある程度慣れている方におすすめです。

SEOのきつね
SEOのきつね
自由度は比較的高いですが、初心者にはやや扱いづらいため、少し動画編集に慣れた中級者向けです。

3位VideoProc

VideoProc

おすすめ度 ⭐️⭐️⭐️
利用料金 無料/有料版あり
4K
縦画面
画面録画
自動編集
DVD/Blu-ray
対応OS Windows/Mac
VideoProcはこんな人におすすめ

 

  • 動画画面の不要な部分を切り取りたい方
  • 画面録画をして編集をしたい方
  • 無料で試して、有料で本格的に動画編集をしたい方

VideoCropは無料版と有料版が用意されています。無料版でも制限はあるものの基本的な動画編集機能を使うことができます。

大きな特徴としてはその名の通り、動画を切り抜きできることです。

プロック(切り抜き)とは、動画の画面の不要な部分を切り抜いて、必要な部分だけを表示させることです。

また、こちらは画面録画ができます

多くの無料ソフトではPCの画面録画はできず、別のソフトと連携する形になります。

ウェブ上の動画をダウンロードしてそれを編集することも可能です。

しかし、多くの機能は無料版では制限がかかっています

SEOのきつね
SEOのきつね
実況動画やすでにある動画の1部を使用して編集をしたい方にはおすすめです。また、無料版で試してから、有料版で本格的に編集を行うことができます。

【Windows】無料で動画編集ができるおすすめのソフト比較一覧

【Windows】無料で動画編集ができるおすすめのソフト

Microsoftフォト AviUtl OpenShot Video Editor
Aviutl OpenShot Video Editorアイコン
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️ ⭐️⭐️⭐️⭐️ ⭐️⭐️⭐️
ダウンロード不要で動画編集を始められる王道ソフト! カスタマイズをして有料レベルの機能を得たい方! シンプルで簡単な動画編集から始めたい方!
Windows Windows10/7/8.1 Windows/Mac/Linux

Windowsの動画編集フリーソフトはMacに比べて数多くあるため選択肢の幅が非常に広いです。

SEOのきつね
SEOのきつね
そのため、どのフリーソフトを選ぶべきか悩むのではないでしょうか。

ここでおすすめしているポイントは2つです。

 

  1. 無駄のないシンプルな操作で動画作成を作成できる
  2. 他のソフトと組み合わせカスタマイズをして無料でも高度な動画編集が行える

では、早速おすすめソフトを紹介します。

1位Microsoft フォト

microsoftフォト

おすすめ度 ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
利用料金 無料
4K 読み込みのみ可能
縦画面
画面録画
自動編集
DVD/Blu-ray
対応OS Windows
Microsoft フォトはこんな人におすすめ

 

  • 面倒な操作をせず動画を作りたい方
  • 動画だけでなく写真のスライドショーも作りたい方
  • 自動作成で簡単に動画を作りたい方

Microsoft フォトはWindowsのPCにデフォルトで入っているソフトのためダウンロードの必要がなくすぐに使えます。

基本的な動画編集機能はもちろんテンプレートも多く用意されています。

テンプレートにしたがって操作をすれば綺麗にまとまりのある動画を作ることができます

また、自動作成機能や遊びのある3Dエフェクトなども用意されており、簡単にクリエイティブな動画を作成することもできます。

SEOのきつね
SEOのきつね
WindowsPCを持っている初心者の方はまず使ってみる事をおすすめします。家庭用の動画編集レベルであれば簡単に作ることができます

2位AviUtl

Aviutl

おすすめ度 ⭐️⭐️⭐️⭐️
利用料金 無料
4K
縦画面
画面録画
自動編集
DVD/Blu-ray
対応OS Windows10/7/8.1
AviUtlはこんな人におすすめ

 

  • 無料で高機能の編集ソフトを使用したい
  • カスタマイズをしてクリエイティブな動画を作成したい
  • PC操作が得意

AviUtl(エーブイアイユーティル)はWindowsの専用ソフトです。動画編集からサムネイル作成ができます。

こちらの大きな特徴は有志の方が作成したプラグイン機能を導入してカスタマイズをすれば、他の無料ソフトでは使用できない機能を使った動画も作成することができることです。

例えば、「モーショングラフィック」で映像編集だけでなく映像制作もできます。

また、「編集した動画に上乗せした録音機能」や「字幕アシスト」など様々な機能を使用することができます

しかし、ソフトをダウンロードしただけの初期状態ではできることが少ないので、機能を求める方は有志の方が作ったプラグインを導入してカスタマイズが必要になります。

SEOのきつね
SEOのきつね
プラグインを導入すれば、無料ソフトの域を超えた編集機能を得ることができます。しかし、そもそも導入する手順が面倒なのでPCが苦手な人は難しいかもしれません。

3位OpenShot Video Editor

OpenShot Video Editorアイコン

 

おすすめ度 ⭐️⭐️⭐️
利用料金 無料
4K
縦画面
画面録画
自動編集
DVD/Blu-ray
対応OS Windows / Mac / Linux
OpenShot Video Editorはこんな人におすすめ

 

  • 無料で基本的な動画編集をやってみたい
  • 様々な機能は不要な方
  • 家庭用で簡単に動画を編集したい方

基本的な動画の切り貼り、速度調整や音楽の挿入やエフェクト追加などは満遍なく行うことができます。

エフェクトやトランジションの効果の種類が少ないため、選択肢が少ない分動画編集をスムーズに進めることができます

しかし、細かいエフェクトの調整や凝ったテキスト編集はできないため、その場合は外部ソフトと連動しなければなりません。

初めからお洒落な動画を作りたい方は、他のフリーソフトを導入しても良いでしょう。

SEOのきつね
SEOのきつね
お洒落で凝った動画編集でなく、簡単にシンプルな動画編集をしたい方におすすめです。

【Mac】プロ仕様の動画編集ができるおすすめの有料ソフト比較一覧

【Mac】プロ仕様の動画編集ができるおすすめの有料ソフト

こちらではMacユーザーの方におすすめの有料動画編集ソフトを紹介します。

Macに合った有料ソフトは無料ソフトと同様に直感的に使用しやすいことが特徴です。

今回初心者の方におすすめしているポイントは3つです。

 

  • 直感的に使用しやすく、無料ソフトから移行しやすい
  • 初心者でも簡単に本格的な動画が作成できる
  • コストパフオーマンスが良い

こちらが厳選をしたおすすめソフトです。

順位 ソフト名/対応OS おすすめ度 料金
1位 Final Cut Pro X ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️ 36,800円
2位 Filmora ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️ 年間:6,980円

買い切り:8,980円

3位 Adobe Premiere Elements ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️ 19,580円

Macで有料動画編集ソフトがおすすめな人

今回紹介するソフトがおすすめのMacユーザーの方の特徴は3つです。

 

  1. iMovieなど無料ソフトで直感的な操作に慣れている方
  2. より細かい編集をしてクリエイティブな動画を作成したい方
  3. 新しいPCに買い換えながら長く使用したい方

SEOのきつね
SEOのきつね
今回紹介するソフトは初心者の方でもレベルを上げつつずっと使用し続けることができるソフトです。

 

ぜひ参考にしてみてください。

1位Final Cut Pro X

Final Cut Pro

おすすめ度 ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
利用料金 36,800円
4K
縦画面
画面録画
自動編集
DVD/Blu-ray
対応OS MacOS10.14.6以降
Final Cut Pro Xはこんな人におすすめ

 

  • 直感的に操作をしたいタイプの方
  • 個人でオリジナル性のある本格的動画を作りたい方
  • 動作の軽さとコストパフォーマンスを重視する方

Final Cut Pro XはMac専用ソフトのため動作が非常に軽いです。

そして、1番の特徴は直感的に操作がしやすいことです。

そのため、初心者から上級者まで幅広く使用することができます。

無料ソフトで物足りなくなった場合、こちらのソフトは細かい設定を自由に行うことができます。

特にiMovieから移行する際は操作がしやすいでしょう。

利用料金が36,800円と高いように感じますが実はコスパが非常に良いのです。

こちらは買い切り価格で、同じアップルIDであればPCを買い換えても使用することができます。

多くの有料ソフトがPC1台の料金に対しての価格や年額料金に対して、こちらはAppleIDに対しての料金なのでずっと使い続けることができます。

SEOのきつね
SEOのきつね
高機能で使いやすいソフトのため初心者の方にもおすすめです。30日の無料体験があるので、そちらを試してから購入を検討しても良いでしょう。

2位Filmora

Filmora

おすすめ度 ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
利用料金 1年間:6,980円 買い切り:8,980円 複数PC(5台まで):37,900円
4K
縦画面
画面録画
自動編集
DVD/Blu-ray
対応OS Windows7/8/10    : MacOS X10.9 〜10.13
Filmolaはこんな人におすすめ

 

  • 複雑な操作はしたくなく簡単な操作で動画を作りたい人
  • でも、エフェクトが多く、お洒落な動画が作りたい人
  • ある程度基本機能は揃っているソフトが欲しいけどコストを抑えたい人

Filmora(フィモーラ)の大きな特徴は画面がシンプルで操作がしやすいところです。

ハイエンド向けのソフトであると専門用語などでわかりにくいメニューがありますが、こちらではアイコンでメニューがわかりやすく初心者でもすぐに慣れることができます。

また、元々エフェクトの種類が多いことや、必要に応じて追加のエフェクトを購入することができます。

既にフレームやエフェクトがパッケージ化された結婚式向けの「ウェデイングパック」が人気です

こちらを使用すれば、決められたエフェクトに動画とテキストを差し込めばお洒落に仕上げることができます。

簡単な操作性で、動画の切り貼りをすれば、あとは簡単にお洒落なエフェクトを追加できるため、難しい操作はしたくないけどお洒落な動画を作りたい方には非常におすすめです。

Final Cut Pro Xと比較して購入料金も1万円を切るのでコストも安いこともメリットです。

SEOのきつね
SEOのきつね
基本的な編集機能は満たしていますが、速度調整やトランジション・カラーグレーディングなどの細かい編集が弱い部分ではあります。初心者から中級者向けです。

3位Adobe Premiere Elements

Premiere Elements

おすすめ度 ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
利用料金 19,580円
4K
縦画面
画面録画
自動編集
DVD/Blu-ray 2020年版はWindowsのみDVD対応 2018/15版はDVD Blu-ray対応
対応OS Windows10/8.1:Mac v10.5/10.4/10.3
Adobe Premiere Elementsはこんな人におすすめ

 

  • 初心者でも直感的で簡単に扱えるソフトを使用したい方
  • 自動編集のサポートを得ながらクリエイティブな動画を作成したい方
  • Adobeの便利な動画編集機能をコスパ良く使いたい方

Adobe Premiere Elementsは初心者でもテンプレートに合わせて直感的に動画編集を行うことができるのが特徴です。

ガイド付きの編集機能もあるので初心者の方でも編集がしやすいです。

また、自動編集機能が非常に優秀です。Adobe独自のAI機能を使用して写真やビデオのスライドショーにエフェクトやコラージュを施してくれます。

また、ノイズやカラー補正などの調整も自動で行うことができるので、質の高い動画を簡単に作ることができます。

家庭用で動画編集を時間をかけずに行いたい方は、クオリティの高いサポート機能が多いソフトのため非常におすすめです。

利用料金に関して、Adobeは月額制のソフトが多いですが、こちらは買い切り価格です。

途中で紹介したAdobe Premire Proは月額2,480円で年間にすると29760円と毎年費用がかかりますが、こちらは買い切り価格のため長い目で見るとコスパが良いです。

SEOのきつね
SEOのきつね
Adobe Premiere Elementsは初心者向け。Adobe Premire Proは初心者からプロまで仕事として使えるソフトと考えても良いでしょう。

【Windows】プロ仕様の動画編集ができるおすすめの有料ソフト比較一覧

【Windows】プロ仕様の動画編集ができるおすすめの有料ソフト

Windowsの動画編集ソフトは汎用性が高く、関連ソフトを組み合わせることで動画編集だけでなくクリエイティブな動画製作もできるようになります。

SEOのきつね
SEOのきつね
まさにプロ仕様の動画編集ソフトが多いのです。

今回は初心者の方にもおすすめできる有料ソフトを紹介をしています。

ポイントは3つです。

 

  • 幅広い機能を仕様した動画を作成できる
  • メジャーなソフトで使い方を調べやすい
  • プロ仕様のクリエイティブな動画を作成できる

Windowsのソフトは幅広い機能が備えられているソフトが多いです。

また、シェアも広いため、不明点があった時に調べやすいです。

今回紹介しているソフトは、調べながら技術を上げてプロ仕様の動画を作成できるものばかりです。

きつねの友達
きつねの友達
ぜひ参考にしてください。
順位 ソフト名 おすすめ度 料金
1位 Premire Pro CC ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️ 月額:2,180円

年間一括:26,160円

2位 Power Director ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️ 年間:8,480円

買い切り:12,980円

3位 LoiLoScope2 ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️ 9,800円
4位 TMPGEnc PGMX™ CREATOR ⭐️⭐️⭐️⭐️ 3,500
5位 EDIUS Pro 9 ⭐️⭐️⭐️⭐️ 59,800円

Windowsで有料動画編集ソフトがおすすめな人

Windowsユーザーで有料動画編集ソフトがおすすめな方の特徴は3つあります。

 

    1. 幅広くオールマイティーな編集機能が欲しい
    2. クリエイティブな動画を作成したい
    3. 動画編集者として活躍をしたい

Windowsの有料ソフトはハイエンド向けのソフトが多いです。

初心者の方はメジャーなソフトを使用して、調べながら技術を身につけていきましょう。

1位Premiere Pro CC

Adobe Premiere Elements

おすすめ度 ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
利用料金 月額:2,180円 年間一括:26,160円
4K
縦画面
画面録画
自動編集
DVD/Blu-ray
対応OS Windows10/8.1/7:MacOSv10.11/12/13
Premiere Pro CCはこんな人におすすめ

 

  • 本格的に動画編集をしたい方
  • 将来仕事として動画編集をしたい方
  • 動画編集だけでなく様々な映像作品を作成したい方

Adobe Premiere Pro CCはプロも多く使用している高機能動画編集ソフトです。

プロ向けとは言っても基本的な編集機能は使用しやすいインターフェースになっています。

細かいカラーグレーディングやエフェクトの自由度が高い事はもちろん、最大の特徴は他のAdobe CCのソフトと連携して使用できるところです。

他のソフトと連携をすればできない事はないと言っても過言ではありません。

Photoshopやaftereffectと連携をする事でアニメーションやCGグラフィックなどクリエイティブな映像作品を作成することができます。

他のAdobeソフトも使用する場合はコンプリートプラン(4,980円/月)に入る事をおすすめします

YouTube投稿であればPhotoshopでサムネイルを作成して投稿を行うこともできます。

映像制作会社の多くがこちらのソフトを使用しているため、将来動画編集を仕事にしたい方は必ず使えるようになりましょう。

SEOのきつね
SEOのきつね
一番メジャーなソフトなため、初心者の方でも調べながら技術力をあげることができるでしょう。動画編集を仕事にしたい方におすすめです。
Adobeの公式サイトはこちら
\プロ級の動画編集/
Adobe製品を
みてみる

2位PowerDirector

PowerDirector

おすすめ度 ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
利用料金 年間:8,480円/買い切り:12,980円
4K
縦画面
画面録画
自動編集
DVD/Blu-ray
対応OS Windows 10/8.1/8/7
PowerDirectorはこんな人におすすめ

 

  • 快適な動作で操作もしやすく初心者でも扱いやすい
  • エフェクトの種類が多く、独自性のある動画を作りやすい
  • ソフト一本で動画編集だけでなくディスクへの書き出しなど全て完結できる

PowerDirecterは総評すると、動画編集機能のバランスが非常によく、また操作も初心者の方でも非常使いやすい仕様になっています。

エフェクトの種類が多く、テンプレートを使用して行けばお洒落で本格的な動画を作成することができます。

こちらは動画編集に必要な機能を全て取り揃えており、これ一本でディスクへの書き出しもできます

有料ソフトであっても、画面録画やブルーレイ対応などしておらず、他のソフトと組み合わせないとならないところこちらは全て対応をしています。

SEOのきつね
SEOのきつね
編集機能が多いため、それなりに学ばないと慣れるのに時間がかかりますが、基本的な動画編集であれば初心者の方でもマスターしやすいソフトです。

3位LoiLoScope2

LoiLoScope2

おすすめ度 ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
利用料金 9,800円
4K
縦画面
画面録画
自動編集
DVD/Blu-ray
対応OS Windows10/8/8.1/7/Vista
LoiLoScope2はこんな人におすすめ

 

  • ガイド機能で初めての動画編集を学びたい方
  • 自動作成で簡単に本格動画を作成したい方
  • 処理速度が早く軽快に操作をしたい方

LoiLoScope2(ロイロスコープ2)は初心者の方でも使いやすいようにガイド機能が充実しています。

ガイドに沿って行くだけで操作を覚えながら動画を作成することができます。

インターフェースも他のWindowsソフトに比べて非常に使いやすくシンプルに整理されており、自動編集機能も付いているので、簡単に詳細な作り込みを行うことができます。

長時間の動画編集だけでなく、動画ファイルの変換やDVD等への書き出し処理もスムーズにできるのでストレスなく1連の作業を行うことができます

独自のインターフェースでガイドも充実しているため、非常に使いやすいが細かい編集に弱いのが難点。

SEOのきつね
SEOのきつね
難しい動画編集ソフトを使用するのが難しいと感じる、初心者から中級者の方に使いやすくておすすめです。動作も軽いので高スペックのPCでなくても使用しやすいです

4位TMPGEnc PGMX™ CREATOR

TMPGEnc PGMX™ CREATOR

おすすめ度 ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
利用料金 3,500円
4K
縦画面
画面録画
自動編集
DVD/Blu-ray
対応OS Windows10/8.1/8/7
TMPGEnc PGMX™ CREATORはこんな人におすすめ

 

  • DVDのようなチャプター付きの動画を作りたい方
  • 1つの動画ファイルに複数の動画ファイルをまとめてチャプタをつけたい方
  • 初めてでも簡単に作業を行いたい方

TMPGEnc PGMX™ CREATORは他の動画編集ソフトと比べて特徴が異なってきます。

こちらのソフトは複数の動画を一つのファイルとしてまとめ、DVDのようにチャプター機能を作成することができます

他の動画編集ソフトは、いくつかの動画を切り貼りして一つの動画にまとめます。

しかし、このソフトはトリミングなどの基本的な動画編集機能だけではなく、そこにチャプタージャンプ機能を入れることができます

YouTubeのような動画共有サイト向けのソフトではなく、イベントのDVDなどを作成する用途にピッタリです。

他の動画編集ソフトとクリエイティブなエフェクトや違って細かい編集機能がないことが難点です。

SEOのきつね
SEOのきつね
イベント毎に撮影した複数の動画を繋いでDVDのように1つの動画にまとめたい方におすすめです。

5位EDIUS Pro8

EDIUS Pro8

おすすめ度 ⭐️⭐️⭐️⭐️
利用料金 59,800円
4K
縦画面
画面録画
自動編集
DVD/Blu-ray
対応OS Windows10/8.1/8/7
EDIUS Pro8はこんな人におすすめ

 

  • 4K・HDR編集をしたい方
  • ハイクオリティの映像作品を作りたい方
  • 動画編集者として活躍したい方

EDIUS Pro 9は映像制作会社でも使用されているハイエンド用ソフトです。高解像で美しい動画を作ることができるのが特徴です。

撮影したファイルを編集ようのファイルに変換せず、そのまま編集ができるので、動画制作の時間を短縮できます。

撮影機材などと合わせてハイクオリティな映像作品を作成したいかたにはおすすめですが、初心者には操作がやや難しいかもしれません

また、簡単な動画編集であればオーバースペックな点と、ハイエンドソフトのため値段が高いことが初心者向けとして難点。

SEOのきつね
SEOのきつね
仕事やこれから動画編集者として活躍したい方にはおすすめです。しかし、まだ慣れていない方は他の動画編集ソフトで慣れてから使用すると良いでしょう。

【番外編】スマホで動画編集ができるおすすめアプリ比較一覧

【番外編】スマホで動画編集ができるおすすめアプリ

きつねの友達
きつねの友達
インスタやTikTokで上がってる可愛くてお洒落な動画はみんなパソコンでやってるんですか?
SEOのきつね
SEOのきつね
実はInstagramやTikTokに上げるような可愛くてお洒落な動画ならスマホでも編集できるんですよ

パソコンがない方でもスマホのアプリで十分お洒落な動画を作る事はできます。

できる事は限られますが、個人や家庭の範囲であれば問題はないでしょう。

ここではおおすすめのスマホで動画編集ができるアプリを紹介します。

viva video InShot iMovie
VivaVideoアイコン InShotアイコン
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️ ⭐️⭐️⭐️⭐️ ⭐️⭐️⭐️
動画投稿サイトにおすすめ! インスタ投稿ならこれ! 初めて動画編集をしたい方向け!
 iOS/Android  iOS/Android  iOS

viva video

VivaVideoアイコン

おすすめ度 ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
利用料金 無料/有料版:月額600円
機能性 基本編集機能あり・200以上のエフェクトあり
ロゴの有無 無料版あり:有料版なし
再生時間 無料版5分まで:有料版無制限
対応OS iOS/Android
vivavideoはこんな人におすすめ

 

  • 多彩なテンプレートとBGMで編集を楽しみたい方
  • 様々なエフェクトを組み合わせてお洒落な動画を作りたい方
  • YouTubeやTikTokに投稿をしたい方

viva videoは動画編集と写真のスライドショー作成の両方が行えます。

特徴は基本的な動画編集機能がしっかり用意されており、その中で50以上のエフェクトや500曲以上のBGMがあり多彩な動画編集が行えます

速度調整や逆再生・録音した声を差し込むこともできるのでTikTok用の動画としても面白くクリエイティブな動画を作成することができます。

有料版にすると広告表示やロゴが出なく、画像投稿サイトに出しやすくなります

また、機能制限がなくなり高画質で幅広い編集ができるようになります。

SEOのきつね
SEOのきつね
エフェクトやBGMなど動画投稿サイト用で必要な機能をしっかり用意されています。YouTubeやTikTokで短編動画を作成したい方にはピッタリです。

InShot

InShotアイコン

おすすめ度 ⭐️⭐️⭐️⭐️
利用料金 無料:アプリ内購入あり
機能性 基本編集機能あり・インスタなどの動画投稿サイトに直接投稿可能
ロゴの有無 無し
再生時間 制限無し
対応OS iOS/Android
InShotはこんな人におすすめ

 

  • Instagramや動画投稿サイトに投稿したい方
  • 手軽に編集をしてお洒落な動画を作りたい方
  • トリミング作業を簡単にしたい方

InShotはInstagramやTikTokなどの動画投稿サイトと連携している画像・動画編集アプリです

そのため、正方形のトリミング機能も簡単に使えるようになっており、そのまま動画投稿ができます。

アプリ内から直接投稿ができるようになっているため非常に便利です。

音楽入れや文字入れ、速度調整なども直感的に操作できるようになっており簡単に使用できます。

可愛いステッカーも入れられるのもInShotならではです

写真のコラージュもできるので動画編集も写真投稿もこれ一つで行えます。

SEOのきつね
SEOのきつね
Instagramは正方形での動画投稿のため、縦長や横長で撮った動画が簡単に編集できます。インスタ投稿をするならInShot一択です。

iMovie

おすすめ度 ⭐️⭐️⭐️
利用料金 無料
機能性 基本的な動画編集機能・テンプレートのエフェクトのみ
ロゴの有無 無し
再生時間 制限無し
対応OS iOS
iMovieはこんな人におすすめ

 

  • iPhoneで撮影した動画をそのまま編集したい方
  • スマホのみで完結できる機能がある
  • Macで動画編集もしている方

iphoneを持っているけどPCが無く動画編集環境がない方には非常におすすめです。

最近のiPhoneであればカメラの画質もよく、そのまま動画撮影をして編集をすることも可能なのです。

簡単な動画であればiPhone一つで十分です。エフェクトは勿論手ブレ補正機能もあり4K動画まで編集できルため十分な機能を持っています。

最近の有名YouTuberの中にはサブチャンネルの動画をiPhoneで撮影をしてそのままアップしている方も増えているくらいです。

そしてやはり便利な特徴はMacとiPhoneの相互性です。

iPhoneで撮影をしてそ編集した動画をMacで編集をすることもできます。

大まかな部分はiPhoneで行い、細かい調整をMacで行うことも可能です。

しかし、デメリットとして、テロップが固定になってしまうなどの機能制限があることです。

また、Macとの共有編集に関してはiPhoneで編集中のファイルをMacで共有する場合のみです。

iPhone版であると機能制限があルため、Macで編集した動画の共有編集はできません。

SEOのきつね
SEOのきつね
まずは動画や写真の編集の仕方に慣れたい方にはおすすめです。こちらを使用した後に他の動画編集ソフトを使用するのも良いでしょう。

動画編集ソフトでよくある疑問

動画編集ソフトでよくある疑問

初めて動画編集をする方で、PCの知識があまり無く不安な方も多いでしょう。

PCスキルがない方でも動画編集をすること自体は難しくはないです。

SEOのきつね
SEOのきつね
しっかり勉強をすれば1ヶ月から3ヶ月くらいでそれなりに操作ができるようになります。

今回は初心者の方で動画編集ソフトを選ぶ際によくある質問をいくつかまとめました。

Q1.無料の動画編集ソフトは安全なの?

結論からお伝えすると安全です。

無料動画編集ソフトを通常使用していて危険なことは特にはありません。

しかし、選ぶ際の注意点がいくつかあります。

無料動画編集ソフトの注意点

  • 無料動画編集ソフトだとロゴマークが入ったクレジットが付いている場合がある。
  • 広告が付いている場合がある
  • 無料版では機能制限が多く、有料版に誘導させられてしまう

このように無料動画編集ソフトの場合、使用しているソフトのロゴが動画上に付いてしまうことがあります。

個人で使用する範囲であれば問題ないですが、仕事では使用できません。

また、広告が付いていたり、無料版では機能制限が多く、有料版に登録をしなければあまり使い物にならないソフトもあります。

中には完全無料と謳いながらも、無料での使用期限があり、期限後は有料版に登録しなければ使えなくなるソフトもあります

今回ご紹介しているフリーソフトに関してはどれも安全に使用できます。

Q2.パソコンがあれば動画編集は始められる?

パソコンがあれば動画編集を始めることはできます。

スマートフォンでも動画編集はできますが、編集機能に限界があるのでパソコンを使用することをオススメします

パソコンを使用した方が細かい編集がスマートフォンに比べて簡単にできますし、マルチ画面で編集が可能です。

パソコンを用意するときの注意点がいくつかあるので、購入前に確認をしましょう。

パソコン選びの注意点

  • パソコンのCPU
  • メモリ
  • 容量
  • OSの種類

動画編集で使用するパソコンはスペックが重要になります。スペックが低いと処理速度に問題が出たり、最悪途中で落ちたりします。

動画編集の時間や画質、加工の仕方などの目的によって必要なスペックが変わってきます

CPUやメモリは動画編集に置いて重要になりますので、本格的な動画編集をしたい方は高スペックなパソコンを用意しましょう

SEOのきつね
SEOのきつね
また、使用したいソフトによって使えるOSの種類も変わります。例えばWindowsやMac専用のソフトがあるので新しく用意をするときは注意してください。

Q3.MP4ってなんですか?

SEOのきつね
SEOのきつね
 MP4とは動画や音声を記録するファイルの1つです。

ファイル名の最後に「.mp4」と記載されています。

動画ファイルの形式はWMVやAVIなどいくつかありますが、簡単に動画のファイルと覚えれば問題ありません。

MP4は容量が小さく、画質が劣化しにくいことや他のデバイスに変換がしやすいことから多く使用されています。

多くに動画ファイルの形式は「.wmv」か「.mp4」の形式で保存されています。

YouTubeなどの動画投稿サイトで使用する動画であればMP4の形式で問題ありません

【まとめ】おすすめの動画編集ソフトランキング

【まとめ】おすすめの動画編集ソフトランキング

おすすめの動画編集ソフトを紹介をしてきましたが、こちらで紹介をしている動画編集ソフトであれば初心者の方でも簡単に始めることができます。

また、本格的な有料ソフトであってもインターネットで調べながら技術を向上させることができます。

内容をまとめると・・・

 

  • 動画編集は初心者の方でも簡単に取りかかることができる
  • 動画編集ソフトは目的によって選ぶべき動画編集ソフトが違う
  • 無料ソフトやスマホアプリでも簡単にお洒落な動画を作成できる
  • YouTubeや仕事として動画編集をしたいのであれば有料ソフトを選ぶべき
  • 直感的に本格的な動画を作成したいMacユーザーはFinal Cut Pro Xがおすすめ
  • AdobeCCソフトと連携してプロ級の動画を作りたいのであればPremiere Pro CCがおすすめ

YouTubeをはじめ、動画編集で稼げる時代になっている事は間違いありません。

今回おすすめしている動画編集ソフトは初心者の方でも今後仕事として動画編集で稼げるソフトを紹介しています

無料ソフトで始めて、興味が高まったら有料ソフトに移行するのも良いでしょう。

ぜひこの記事を参考にクリエイティブな動画を作ってみてください。

他にも、動画編集が学べるおすすめスクールの記事や、動画編集をする方法の記事を解説もおすすめです。

コメントを残す


CAPTCHA