動画に文字入れができるおすすめのアプリ・ソフトを紹介

【まとめ】動画に文字入れをする方法

YouTubeをはじめとして、多くの SNS上でコンテンツとしての動画の存在感が高まったり、TikTokなどのYoutubeに取って代わるような新たな動画コンテンツ型のSNSが普及するようになりました。

恐らく、この記事を読んでくださっている皆さんにとっても、日常生活の中で「動画」との関わりはより大きくなったのではないでしょうか?

今回はそんな動画を作成する中で非常に重要な位置付けをしている「文字入れ」に関する便利なおすすめツールをたくさん紹介していこうと思います。

この記事を最後まで読んでいただけたら、様々な文字入れツールを知ることができるので動画を作成する際の文字入れの幅を広げることができます。

SEOのきつね
SEOのきつね
動画に文字入れをする事ができるツールは有料・無料ともに非常に多くの種類があるので、この記事を最後まで読んで、参考にしてください!
記事の内容を簡単にまとめると・・・

 

  • 無料で文字入れしたい人におすすめのアプリ5選
  • 有料だけどかなりおすすめな文字入れできるアプリ3選
  • パソコンで使えるおすすめの文字入れできるソフト

動画の文字入れをすることができるおすすめ無料アプリ【5選】

動画の文字入れをすることができる おすすめ無料アプリ【5選】

まずは、初心者の方やできるだけ費用をかけたくないという方に向けて、動画の文字入れをすることができるおすすめの無料アプリを5つ紹介したようと思います。

 

  • iMovie
  • Clips
  • Vont
  • MixClip
  • FilmStory

iMovie

iMovie

まず1つ目に紹介するのは、iMovieです。

iMovieとは、Apple社が開発するMacBookやiMacといったMac専用の動画編集ソフトで、トリミングやカット、文字入れ(テロップ挿入)などの基本の編集機能以外にも動画撮影もアプリ一つで完結することができるかなり優れもののアプリです。

またPCアプリとしてだけではなくiPhoneアプリとしてでもリリースされているので、PCの持ち運びが厳しいような場所でも気軽に作業できるというのは非常に魅力的な点だと思います。

iMovieでは、「文字入れ」の作業以外にも、以下のような作業をiMovieで行うことができます。

iMovieの機能

  • 動画のトリミング
  • 字幕やタイトルなど文字の挿入
  • BGMなど音楽の挿入
  • トランジョン効果など演出の追加
  • 動画素材の追加
  • ビデオクリップの追加
  • 書き出し(保存)
  • SNSへのシェア
  • フィルタ加工
  • スライドショーの作成
  • 動画との結合

Clips

Clips

続いて、2つ目に紹介するのは、Clipsです。

Clipsとは、こちらもApple社が開発した動画編集アプリですが、このClipsは先ほど紹介したiMovieとは異なりPC版ではなくiPhoneやiPadといったiOSの端末での利用を想定したアプリになっています。

こちらはiOS限定ですので、残念ながらAndroidでは利用することができません。

また、このClipsを利用する際にはiOSユーザーでもバージョンによる制約があるのでそちらも注意する必要があります

Clipsを使えば、大人気SNSの「instagram」のストーリーのような雰囲気の動画コンテンツを作成する事ができます。

 

Vont

vont

続いて3つ目に紹介するのは、Vontです。

こちらのVontは「フォント」と読み、このアプリは動画への「文字入れ」を目的としたiPhone用のアプリです。

フォントという名の通り、文字のフォントの種類が非常に多くその数はなんと400種類を超えます。

Vontが優れているのは、そのフォントの種類だけではなく、初期装備されていない自分の好きなフォントをダウンロードして使える点や、横書き縦書きの制約がない点です。

さらに、文字色や文字の背景色にいろんなタイプのグラデショーンを適応させることができたり、自由自在に文字サイズを変更できたりなど文字のデザインに関して非常に特化しています。

一つ注意点として、ダウンロードして利用するフォントの中には有料のものもあります。

また、課金によってアプリ利用の際に表示される広告の表示をなくしたり、有料フォントを購入することもできます。

課金すると広告の表示をなくしたり、フォントを増やしたりできるため気になる人は使ってみてください。

少量の金額を課金するだけでアプリ利用の際の利便性を高められるという動画編集アプリは調べるといろいろ出てきますので、参考にしてみてください。
きつねの友達
きつねの友達

MixClip

MixClip

続いて4つ目に紹介するのは、MixClipです。

MixClipとは、手軽に操作できるビデオエディターアプリで、動画や写真をつなげてオリジナルのムービーを作成できたりトランジション効果やアニメーションを駆使して演出のクオリティを高めたりテロップやムービーの挿入なども可能です。

この他にも、下記の様な機能がMixClipには備わっています。

MixClipに備わる機能

  • 長い動画をカットするトリミングの機能
  • 音楽をやアフレコなどを挿入する機能
  • 縦長や横長の長方形の動画を正方形内に収める機能
  • 縦横の画面の方向を回転させる機能
  • 最大で8倍のスロー再生と早送りが可能

FilmStory

FilmStory

最後に紹介するのは、FilmStoryです。

FilmStoryの特徴は、上限が30秒の動画の作成が可能で、動画の右下に「FilmStory」のロゴがつきさらにアプリ内で広告が表示されるという動画編集アプリです

このFilmStoryには、実は無料のアプリの他に「FilmStory Pro」と呼ばれる有料のアプリがあります。

アプリ内の広告を煩わしく感じる様な方は有料版を購入してみるのもいいかと思います。

とはいえ、無料版でも十分に動画の編集・作成が可能ですので極力お金をかけたくないかたは無料版を使うことをおすすめします。

SEOのきつね
SEOのきつね
有料版と無料版があるアプリはほとんどの場合、無料版から有料版にすることで広告が消えたり編集後の動画にロゴがつかなくなるなどの変化しかありませんので安易に有料版にする必要はありません。

動画の文字入れをすることができるおすすめ有料アプリ【3選】

動画の文字入れをすることができる おすすめ有料アプリ【3選】

続いては、動画の文字入れをする事ができるおすすめの有料アプリを紹介していきます。

今回、紹介していくのは以下の3つのアプリになります。

 

  • LumaFusion
  • ‘splain
  • VideoShowPro

LumaFusion

LumaFusion

まず1つ目に紹介するのはLumaFusionというアプリです。

LumaFusionの特徴としては、動画の書き出しが非常に速いことと、文字入れに限らず動画編集で必要になる機能が全て揃っていることと、動画編集の操作がタッチでできるので非常に快適に使うことができます。

このLumaFusionというアプリは非常に自由度の高い動画編集を可能にしてくれるアプリです。

LumaFusionには、4K動画などの高画質動画の編集や画像、動画、テロップの自由な挿入、カラーグレーディング、Dropboxとの連携など幅広い機能があるのがかなり魅力的です。

4Kの高画質動画の編集に対応しているので、使用する端末に依存する部分は多少はありますが、基本的に編集作業中に動画や画像が重くて編集作業に支障をきたすという事がないの非常に使い勝手もいいです。

さらにDropboxとの連携をすると、今まで以上に素材のファイルやフォルダとのやりとりがスムーズになります。

わざわざ煩わしい作業を挟まなくても、パソコンで作成した素材などをDropboxを経由させて簡単にアプリないに取り込む事ができます。

SEOのきつね
SEOのきつね
LumaFusionは4K動画対応なので、ガッツリ動画編集業務を行いたいという方には非常におすすめなアプリです。

‘splain

'splain

続いて2つ目に紹介するのは、‘splainという動画編集アプリです。

この’splainという動画編集アプリは食べ物やファッション、思い出写真などにポインターをつけられたり、フォントや文字色、背景色はもちろん、ポインターのマークもおしゃれに装飾することができます。

更に写真に限らず動画でも写真と同じようなことを実現させることができます。

また、アプリの価格も動画編集アプリの中でもかなりトップクラスで低価格ですので初心者の方には手を出しやすいかなと思います。

動画編集アプリへの出費をできるだけ抑えたいかたには、コスパの面から見ても非常におすすめです。

VideoShowPRO

VideoShowPro

続いて3つ目に紹介するのは、VideoShowProです。

VideoShowProという動画編集アプリはiPhone・Androidのどちらの端末にも対応している動画編集アプリです。

このVideoShowProというアプリでは、文字入れ以外にもBGMを活用した動画編集ができます。

あらかじめ撮影した動画にBGMを入れることはもちろん可能ですが、このVideoShowProでは、BGMを先に選択して音に合わせた動画を撮影することができます。

BGMは、自身のスマートフォンの中にあるものやアプリ上ですでに用意されているものなどさまざまなものを使うことができます。

さらに、アプリ内で編集した動画はそのままスマートフォンの中に保存することができるため、InstagramやTwitter、FaceBookなどといったSNSでも活用することができます。

なお、この動画編集アプリは有料版のVideoShowProのほかに無料版のVideoShowというアプリもリリースされているので、いったんそちらの無料版でアプリを試してみてから、有料版のVideoShowProの購入を検討してみるのもいいかと思います。

文字入れをすることのできるおすすめソフト

文字入れをすることのできる おすすめソフト

最後に文字入れをす事ができるおすすめソフトをパソコンのOSごとに2つほど紹介していこうと思います。

 

  • WindowsならAdobe
  • MacならFinal Cut Pro X

WindowsならAdobe

ADOBE PREMIERE PRO

まずはじめに、お使いのパソコンのOSがWindowsであればAdobeをおすすめします。

Adobeとは、クリエイティブに関わるいろいろなソフトを提供を行っており、その中でもPremire Proという動画編集アプリがあります。

この動画編集アプリを使うことで文字入れ作業を非常に効率的に行える様になります。

実は、このPremire Proは映像を取り扱うプロが集う現場でも使用されているかなり優れもののソフトです。

Premire Proではテロップをつける際の文字フォントや文字色などが非常に豊富で、文字入れ一つでもテロップの出方やデザインなどにバリエーションを持たせることができいます。

Adobeの他のソフトについては、Adobeの動画編集ソフト4種類全てを比較!の記事を参考にしてください。

Adobeの公式サイトはこちら

MacならFinal Cut Pro X

Final Cut Pro

次に、お使いのパソコンのOSがMacであれば、Final Cut Pro Xがおすすめです。

Final Cut Pro XはApple社が開発した有料の動画編集アプリで、基本的にはOSがMacでないとこのアプリを使用することができません。

こちらもAdobeと同様に映像制作の現場でプロが使うことを想定していますのでお値段の方も少しかかってきますが、そのぶんハイクオリティーな動画が作れることは間違いありません。

また、先ほど紹介したiMovie(こちらもApple社が開発)と比べてもかなり自由度の高い動画編集が可能です。

SEOのきつね
SEOのきつね
最後に紹介した二つのソフトは有料の動画編集ソフトの中でもかなり高価なものですが、これから本格的に動画編集をやっていこうと思っている方には非常におすすめなアプリです。

Final Cut Pro Xのサイトはこちら

【まとめ】動画に文字入れをする方法

【まとめ】動画に文字入れをする方法

以上までで、動画に文字入れをする方法について解説してきましたがいかがでしたでしょうか?

今回紹介した動画に文字入れできるおすすめアプリはこちらになります。

今回紹介した文字入れできるアプリ

  • iMovie
  • Clips
  • Vont
  • MixClip
  • FilmStory
  • LumaFusion
  • ‘splain
  • VideoShowPro
  • Adobe
  • Final Cut Pro X

気になるものがあれば、ぜひ詳しく調べてみてください。

他にもおすすめの動画編集ソフト・アプリを紹介!の記事や動画編集のやり方を初心者向けに解説!の記事を参考にしてください。

コメントを残す


CAPTCHA