ブログの更新頻度はどうするべき?毎日1回は更新した方が良いの?

ブログの更新頻度は?毎日更新すべき?

みなさんはブログの検索順位を上げるために、

「ブログの更新頻度はどれくらいのペースで更新したら良いのだろう?」

と考える方は多いのではないでしょうか?

人によってはブログの更新頻度はバラバラで、プロのライターなどは、1日5記事を更新する方もいます。
でも多くの方は、副業でブログを書いているために、

1日に複数の記事を更新するなんて無理!

と考える方がほとんどですよね!

ここでは、ブログの更新頻度について、実際にWEB広告会社に勤務し、インフィード広告やリスティング広告を運用しながら、SEOで月間100万円以上の利益を稼ぐ手法を用いていた、自身の経験を踏まえつつ、以下の解説をします。

  • ブログの更新頻度はどうすべき?毎日?
  • ブログ更新頻度を上げる方法
  • ブログ更新頻度における重要なポイント

このページをご覧いただければ、ブログの更新頻度やSEO対策を理解でき、ご自身のメディアを効果的に伸ばすことができるようになるでしょう。是非参考にしてみてください。

内容を簡単にまとめると・・・

  • ブログの更新頻度の重要性は日に日に下がっている
  • 更新頻度よりも記事の質の方がはるかに重要
  • 質の高い記事を書くには、サイトの分析を自動でやってくれるsmartASPがおすすめ
  • ブログアフィリエイトで最大の成果を出すには、一番条件の良い案件を見つけるのが重要
  • 全てのASPの案件を比較するのは本当に手間がかかるが、smartASPを使えば一発で比較できる
  • smartASPには、素晴らしい機能が他にもあり、全て無料のため使うかわからなくてもsmartASPに登録しておくことがおすすめ

ブログの更新頻度はどうすべき?毎日?

ブログは毎日更新した方が良いの?

ブログの更新頻度には、個人差がありますが、当然のことながら、

「頻度が高ければ高いほど良いに決まってる!」

と考える方が多いです。

1週間に1回<3日に1回<1日に1回<1日に5回

もちろん、ブログの更新頻度が高ければ、PV数があがり、上位表示されると考えるのが当然ですよね。

ところが、必ずしも、この法則が当てはまるということではありません。

「おかしいな。毎日ブログを更新し続けているのに上位表示されない・・・」

このように感じた方も多いのではないでしょうか?

実は、3日に1回のブログの更新頻度で、しっかりとした「質の高いブログ」を更新したほうが、上位表示される場合もあるのです。

副業の場合は、プロライターの場合に比べて、1日にライティングに費やせる時間も限られてきますので、記事の量では勝つことは難しいですよね。

そこで、記事の「質」によっても、ブログの評価が変わり上位表示に食い込むことも可能なのだということを知っておきましょう。

ブログの表示順位を争うライバルは多数存在します。

ライバルに勝つために、できるだけ質の高い記事をたくさん出せれば、たくさんのキーワードで上位表示ができるようになりますが、まずは1つ1つの記事の質を大切に更新していきましょう。

それでは、今、どうしてブログ記事の質が大切なのかを解説していきましょう。

記事をたくさん出すのは正解ではない

数年前までは、アルゴリズムが成熟しきっていなかったので、SEOの自動作成ツールを使って、キーワードを多用しただけの、意味不明な記事であっても上位表示がされることがありました。

そのため、

「記事の質<記事の量」

と考えられて、たくさん記事をアップすれば、どれかの記事は上位表示がされるので、マシンガンのように記事を乱発して更新する戦法が流行していました。

まさに、

「下手な鉄砲、数撃ちゃ当たる」

これが成功する時代が少し前まであったのが、今ではもはや通用しません。

今、この手法を使うと、ペナルティー対象となるか、ペナルティーを受けなくても上位表示されることはほとんどありません。

自動生成された記事

楽をしようと自動生成された記事に関してはペナルティーの対象です。

質の低い記事

自分の力量を超えたブログの更新頻度にすると、記事1つ1つの質が低いものになってしまい、上位表示されることはなく、ブログ記事更新の時間を無駄にしてしまう可能性が高いのです。

ペナルティーだけは、絶対に避けなければなりません。

ペナルティーの原因を解明し、修復するだけでも時間をロスしてしまいますし、Googleからの評価を回復するのに、さらに時間をロスしてしまうからです。

記事の質>記事の量

これが、現在のSEOにおける大切なポイントです。
もちろん、記事の量も大切ですが、それ以上に大切なのは記事の質なのです。

上位表示を狙うためにブログの更新頻度を上げようとするときに、質の低い記事を書き続けても上位表示されることなく、投資対効果が0どころではなくマイナスになってしまいますので気をつけてください。

では、記事の質を高めるためには、どうすればよいのかを解説していきましょう。

質の高い記事とは?

質の高いブログ記事とはどういった記事なのでしょうか?

質の高い記事は、簡単に言えば、

  • Googleから評価される記事
  • ユーザーから評価される記事

この両方から良い記事だと評価されることです。

今回解説する質の良い記事を作るためのに、非常に役立つ無料ツールがsmartASPです。

無料とは思えないほどの性能で、GoogleアナリティクスやGoogleサーチコンソールの分析を自動でやってくれます。

それだけでなく、その分析結果から、リライトすべき記事も割り出してくれるのです。

正直、質の高い記事を書くためには必須ツールと言っても過言ではないので、とりあえず登録しておくことをおすすめします。

smartASPに登録できたら、読み進めていきましょう。

①Googleに狙ったキーワードと関連性が高いと判断してもらえる記事

Googleの評価を高めるためには、様々な施策があります。

・キーワードと関連性の高いコンテンツのボリュームを大きくする

タイトルに使用している「SEOキーワード」について、核心をついているコンテンツの部分を、より詳しく解説をし、キーワードで検索してきた読者にしっかりと時間を掛けて読んでもらう内容にします。

この読者の足取りがGoogleにしっかりと伝わり、ブログを高評価されることになるのです。

・タイトルやHタグにキーワードを入れ込む

狙ったキーワードで上位表示するには、Google検索エンジンに、

「ここにピッタリの記事がありますよ!!」

と、アピールすることが大切です。

キーワードの配置場所は、「タイトル」「Hタグ」に入れ込むことがポイントです。
その他にも、文章内に自然な形でキーワードを組み込んで、関連性を高める工夫をしましょう。

※注意※
過剰なキーワードを入れ込んでしまうと、Googleにスパムと判定され、ブログの検索順位が大幅に下がったり、検索結果から完全に表示されなくなる(インデックスが削除される)ことがあるので注意しましょう。

目安として、タイトルや見出しには、1~2個のキーワードまでにしておきましょう。

・内部リンクがたくさんの有力な記事から集まっている

読者の多い優秀なブログ記事や、関連記事を内部リンクによって繋げることで、Googleのブログ記事における評価があがります。

最近では、関連する内容をYou Tubeとリンクしたり、SNSのリンクを貼り付けたりすることで、ブログ記事の評価が上がった実績もありますので、是非一度試してみて下さい。

②ユーザーによく読まれる記事

記事の情報量が多く、検索してきた読者を記事の最後まで導いて、

「読んでよかった!」

と思ってもらえるブログ記事に仕上げていくのですが、Googleはブログを読むユーザーの動きをしっかりとチェックし、客観的に評価する材料にしていると考えられています。

評価ポイントは3つあります。1つずつ解説していきましょう。

・どれだけ多くの人に読まれているか?

ブログの更新頻度を上げることで、ブログの愛読者が徐々に増えていきます。
ユーザーの人数が多ければ多いほど、PV数がカウントされ、優秀なブログとして評価をされ、表示順位が上がりやすくなります。

・記事をどこまで読んだか?

ブログ記事を見たユーザーが、実際にどこまで読んだかということも、とても重要なポイントになります。
ユーザーが検索して、ブログ記事を見に来てくれたのに、

「何このブログ!?内容が全く面白くない・・・」

と、タイトルと導入部分を見ただけで、離脱してしまうようでは、優秀なブログ記事として評価されません。

タイトルでユーザーの心をつかみ、導入記事で興味をそそる内容をわかりやすく解説することで、記事を読み進めてもらう工夫をするようにしましょう。

ユーザーがどうしてこのキーワードを検索してまで記事を見に来たのか?どのような疑問を持ちながら記事を読んでいるのか?という心情を感じ取りながら記事を書いて、問題を解決するような記事にすれば、ブログの完読者が増えていきます。

・滞在時間の長さ

訪れたユーザーが、実際にどのくらい滞在してブログを読んだかという時間も大切な評価の一つになっています。

内容の薄いブログでは「つまらない」と判断されて、すぐに離脱されてしまうために、滞在時間が短くなってしまいます。

記事の内容に限らず、滞在時間が短いというときは、記事の中になにか問題を抱えている可能性があります。

こんなときは、記事をツールを使って分析してみましょう。

これらの分析は、ヒートマップというツールでチェックすることができます。

私はミエルカというソフトを愛用していますが、このヒートマップをチェックしたい記事に設置すると、以下の数字が計測できるようになります。

  • ユーザーの離脱場所がわかる。(100%から離脱されるごとに数字が減る)
  • じっくりと読んでいる場所がわかる(サーモグラフィーのように色で表示される)
  • クリックした場所がわかる(リンクボタンなどを押したときに跡が残る)

これらが、色と数字で表示されるので、記事の弱点が明確に現れ、どこを改善すればよいかが一目瞭然でわかりますので、ブログの質を高めるには最適です。

より優秀な情報を提供している記事から順に上位表示することが可能なほど、アルゴリズムは進化しています。

そのため自分の感覚で記事を修正するよりも、こういったツールを使用すれば、客観的に記事の良し悪しが判断できるようになりますので、一度試すことをおすすめします。

ブログの始め方は?おすすめのブログサービスは?

まだブログを始めていないけど、ブログの更新頻度を調べているという方もいるでしょう。そんな方のために、ブログの始め方を解説します。

ブログの始め方は意外に難しくなく、以下の手順で簡単に始められます。

  1.  始めるブログサービスを決める(ブログサービスについては、おすすめの無料・有料ブログサービス22選をご覧ください)
  2.  独自ドメインとレンタルサーバーを契約する(無料ブログの場合は不要)
  3. レンタルサーバーにワードプレスをインストールして完了

もっと詳しく知りたいという方は、初心者でもわかるブログの始め方をご覧ください。

目安は毎日1記事更新

何事にも目標を設定することは大切です。
ブログ記事の更新頻度の理想は、1日1記事が理想です。

その中でもベストなのは、

「毎日1記事を同じ時刻にアップすること」

ブログ記事を毎日時刻に、定期購読やメルマガのようにブログを更新していけば、愛読者が徐々に増えていき、安定したブログファンを獲得することができます。

ブログを書く上で、読者を増やすことは大切なミッションですが、最も大切なことは、毎日1記事更新するという「習慣」をつけることです。

記事を書くには、時間と労力が必要です。しんどいときにこそ、「習慣」が力になってくれます。

記事を書く習慣をつけることこそ、ブログを継続する大切なことなので、1日に1記事という目標がしんどいようであれば、3日に1記事というサイクルでも大丈夫です。

継続は力なり。続けた分だけ努力が実を結ぶ可能性が高くなります。

全く更新しないと順位が落ちる可能性が高い

現在のGoogleのアルゴリズムは頻繁に更新されており、更新されるたびに、WEBライターたちは悲鳴を上げるくらい、評価基準が変わっています。

そのため、上位表示される記事も頻繁に入れ替わっており、全くブログを更新していないと、評価の変化についていけず、いつの間にか順位が落ちるという可能性が高くなります。

少し前までに、ブログ内にキーワードがたくさん入っていれば良かった時代は、もはや古く、順位が落ちていく運命をたどってしまいます。

常に変化し続けるネットの流行と、アルゴリズムの変化に合わせて記事を更新し、表示順位が下がらない更新頻度を保ちましょう。

ブログ更新頻度を上げる方法

ブログの更新頻度を上げるには?

ブログの更新は、ライティングに時間を確保できる人ほど有利になります。

また、副業のブロガーが確保できる時間には限界があります。

そんなブログのための時間を確保したい方におすすめなのが、smartASPです。

その理由は、ブログで1番時間のかかる売り上げ管理と案件の比較をこのツールだけでできてしまうからです。

筆者も実際に使っていますが、体感としては、売り上げ管理と案件検索にかかる時間だけでも10分の1くらいになった気がします。やっぱりいちいち別々のASPにログインしなくて良いというのは便利です。

全ての機能が無料で、出来るだけブログに使う時間を長くしたいという人は、使うかわからなくてもとりあえず登録しておくことをおすすめします。

ブログ更新を本職としているプロライターには更新頻度にはかないませんが、「時間」をうまく作ることで、少しでもブログの更新頻度を上げるための方法をご紹介していきましょう。

導入とまとめをテンプレにする

色んなブログを読んでいて、気づく方も多いかと思います、「導入部分」と「まとめ部分」には、ライターの個性が出て、これから書かれている記事を読みたいと誘うクセというものがあります。

マンネリと感じるかもしれませんが、愛読者にとっては、お決まりのパターンには「安心感」という印象を与えることもできます。

思い切って、導入部分とまとめ部分は「テンプレート化」させ、ライティングに消費する時間を短縮するという手法をとってみましょう。

そうすれば、

  • 書き始めをどのような仕掛けを入れようか
  • 記事の締めをどのようにまとめようか

これらを毎回考える時間を省くと同時に、記事構成の中の2つのコンテンツを省略できることで、キーワードに関係性の高いコンテンツに時間を掛けることができます。

そのため、ブログ記事の質も向上させることができます。

「Googleとユーザーに評価されるテンプレ作成の考案」

これも時間短縮における一つのテクニックです。

隙間時間を有効活用する

まとまった時間が取れないことが原因で、ブログの更新頻度が上がらない人は、うまく隙間時間を有効活用する工夫をしてみましょう。
隙間時間といえば、様々な「隙間」がありますが、自分自身で可能な限りの隙間を使えば、ブログ更新頻度アップに繋がります。

  • 通勤電車での移動時間
  • トイレ中に
  • お昼休憩中
  • お風呂のシャワー中

アイデアというものは、意外とリラックスしたときにひらめくことが多く、私は特にシャワー中に色んなことを考えてブツブツと独り言を言っていると、いいアイデアが浮かぶことが多いですね!

※注意※

隙間時間を有効に使うと、ブログ記事に関する時間を確保することができるようになりますが、辛いと感じているのに、ずっと記事のことを考えるといいアイデアが浮かんできません。

しんどくなるなど、逆効果になってしまいますので、自分の限界とペース配分に無理のないようにしましょう。

似た記事を続けて書く

キーワードが似ている場合、記事の内容が似てくることがあります。

例えば「ブログ収益化」と「ブログ広告収入」というキーワードについて書く場合、両方とも、お金にまつわる内容になります。

そのため、時間を開けて似たキーワードの記事を書くよりも、続けて書いたほうが内容を覚えているので、ストーリーが作りやすく、効率よく書くことができるので、時間短縮にもなります。

※注意※

SEO記事において、コピペは厳禁です。参考にする記事を真似ることはあっても、全く同じ文を並べてしまうと、Googleよりペナルティの対象になることがありますので、似た記事を続けて書く際には「重複」に注意するようにしてください。

まとめ:ブログの更新頻度はどうするべきなの?

まとめ:ブログの更新頻度について

ブログの更新頻度について解説してきましたが、いかがでしたか?

ブログの更新頻度をあげることを目的とせず、「記事の質」を上げることが、検索上位表示に繋がることは間違いありません。

まずは、1日1回更新するという目標をたてたうえで、自分がブログ更新にできるの最大限の努力をしましょう。

こちらのページの要点は以下のとおりです。

  • ブログの質は、ブログの量以上に大切
  • ブログを書く時間を工夫して確保する
  • ブログの更新頻度を自分のペースで継続させる

これらを、しっかりと抑えた上で、自分なりに楽しみながらブログを更新して行きましょう。

そうすれば、きっとクローラーからも正しい評価を受け、上位表示に定着することができるはずです。

ブログの更新頻度が上がれば、ファンも増えますので、PV数の増加をやりがいにして、ブログ更新に励んでくださいね!

コメントを残す