大学生におすすめのプログラミングスクール【学割・無料あり】

大学生におすすめのプログラミングスクール【学割・無料あり】

AIや機械学習などの市場拡大やエンジニアの不足から、企業はプログラミングを習得した学生の採用に積極的になっています。

エンジニア職は過酷とも言われていますが、年収は一般企業のサラリーマンよりも高く設定されてる企業も多く、大学生のうちにプログラミングを習得することで就職先企業の幅も拡げることができます。

そのような中、3ヶ月などの短期間でエンジニアとしての実務レベルまでのスキルや経験を習得できる、プログラミングスクールが注目されています。

 

内容を簡単にまとめると・・・

  • 大学生は学割があったり無料で通えたり学習に最適
  • また、時間があるのも今のうち
  • おすすめのスクールはGEEK  JOB」、「ポテパンキャンプ」、「Tech Academy
  • その中でもGEEK  JOB」が一番おすすめ
  • 最短1ヶ月でプログラミングを学べ、しかも無料
  • さらに就活支援も行ってくれ心強い
  • まずは無料カウンセリングに行ってみよう

tech academy
GEEK JOBの公式サイトはこちら

\未経験から正社員への転職/

 

大学生も大学に通いながらプログラミングスクールにいこう

大学生も大学に通いながらプログラミングスクールにいこう

大学生ならば、プログラミングスクールでエンジニアスキルを学ぶことがおすすめです。

それは、大学生には数々のメリットがあるからです。

ここでは、大学生がプログラミングスクールを利用すべき理由について紹介します。

理由①学割があるから

プログラミングスクールは短期間で集中的に学ぶことで、効率的にエンジニアに必要なスキルを習得することができます。

ただ、受講料は数十万円するものも多く、就職保証などがあるプログラミングスクールの場合は、50万円を超える費用が必要になる場合もあります。

しかし、中には学割が適用できるスクールもあるため、大学生であれば、社会人に比べてプログラミングの習得コストを下げることも可能です。

学割が適用されるプログラミングスクールは決して多くはありませんが、社会人に比べて4,5万円は受講費が安くなるので、カリキュラムを確認した上で利用を検討してみましょう。

理由②就活で有利になるから

プログラミングに関する専門知識を習得していることは、就職活動においてもアピール ポイントにすることができ、有利に働くこともあります。

IT関連企業への就職を検討している場合は、例え営業職などの文系職種であっても、プログラミングの知識を有している必要がある場合もあります。

また、今後はAIや機械学習系の業界が伸びる可能性も高く、エンジニアとしての知識があることは、就職先の業界の選択肢を増やす手段にもなります。

そして何よりも、自分が大学で専攻している以外の科目について、自主的に時間を割いて学んだことは直接的にアピールできる経験です。

就職した後には、どうしても学校で習った以外のことを学んでいく必要もあります。

そういった学習意欲が備わっていることを、志望企業にアピールするのに役立つのです。

理由③時間がたくさんあるから

プログラミングスクールはカリキュラムの受講期間が決まっています。

平均的なスクールの受講期間は3ヶ月ほどで、長いところでは6ヶ月という期間の学校もあります。

プログラミングの知識がない大学生が、3ヶ月という短期間で就職できるレベルのスキルを身に付けるためには、かなりの学習時間の確保が必要となります。

基本知識を学ぶ座学にはそれほど時間は必要としないかもしれませんが、プログラミングの実践やチーム開発、卒業課題のオリジナルプログラム作品制作などには、当然多くの時間が掛かります。
そのため、時間を確保しにくい社会人に比べて、比較的自由な時間が多い大学生は、かなり有利にカリキュラムを進めることができるのです。

また、勉強する時間を多く確保できれば、受講コストを下げることもできます。

例えば「TechAcademy」では、最も短い4週間プランと、最も期間が長い16週間のプランでは受講料に9万円の開きがあります。

Tech Academyの公式サイトはこちら

\モチベーションが維持できる/

【厳選】大学生におすすめのプログラミングスクール3選

【厳選】大学生におすすめのプログラミングスクール3選

ここでは、数あるプログラミングスクールの中でも大学生に特におすすめのスクールを3つ紹介します。

いずれも受講費用は掛かりますが、就職成功保証があり、就職支援も受けられるスクールです。

ポテパンキャンプ

POTEPANCAMP

Rubyエンジニアを目指す人向けの、完全オンライン型のプログラミングスクール。

他の2校が、多くのプログラミング言語に対応したコースであるのに対し、徹底的にRubyに関連するスキルと知識を習得することができます。

Rubyは日本発のプログラミング言語で、国内では初めて国際規格に認証されました。web系のサービス制作などでは特に重宝されるエンジニアとなることができます。

最も受講期間が長い「ベーシックコース」が、4ヶ月で30万円となっています。

学割はありませんが、ポテパンキャリア経由で就職すれば、受講費は全てキャッシュバックされます。

ポテパンキャンプは、就職保証もあります。

ただ、web系の企業が東京に集中しているため、地方への就職を考えている場合は、無料カウンセリングの段階で相談することを忘れずに。

詳しくは、ポテパンキャンプの評判・口コミは?選考についても解説の記事を参考にしてください。

ポテパンキャンプの公式サイトはこちら

\本気でエンジニアを目指すなら/

TechAcademy

GEEKJOB
20種類を超えるエンジニアコースがある、完全オンラインのプログラミングスクールが「TechAcademy」です。

オンラインスクールなので、地方大学の大学に在籍している学生でも受講することができます。

有名なスクールはほとんどが都内に集中しているので、地方で受けられるメリットは大きいです。

「TechAcademy」は全コースに学割が適用されており、「Pythonコース」を例にとってみると、最大で社会人の受講料金から9万円引きで受講することが可能です。

また、キャンペーンが定期的に開催されており、指定のコースを選択すると、他の1コースが無料で受講できたり、「webディレクションコース」が無料でプレゼントされることがあります。

受講期間も4週間プランから16週間プランまで、自分の生活スタイルに合わせた期間で選択可能なので、授業やバイトの状況に合わせた学習が可能です。

詳しくはテックアカデミー(TechAcademy)の評判・口コミとは?の記事を参考にしてください。

Tech Academyの公式サイトはこちら

\モチベーションが維持できる/

TECH CAMP

TECHCAMP

「TECH CAMP」は、受講形式を通学かオンラインのどちらか選択できるプログラミングスクールです。

カリキュラムの数も豊富で、webサービスはもちろん、AIアプリ開発やVR・3D関連のカリキュラムもあり、自分のキャリアビジョンに沿ったコース選択が可能です。

教室も全国に17拠点があり、都内だけでなく名古屋や大阪にもあります。

また、7日間集中コースの場合は、福岡や京都、仙台などの教室にも通うことができます。

近くに拠点がない地方大学の生徒の場合は、オンラインでもマンツーマンの質問が無制限でできます。

「TECH CAMP」は、就職支援や就職成功保証はありますが、キャッシュバックや学割はありません。

したがって、学生であっても50万円を超える費用が掛かります。

オンラインの場合は通学よりも10万円ほど受講料を安く抑えることができます。

しかし、TECH::EXPERTの人気はとても高いため、本気で学びたい方はまずは無料カウンセリングに申し込みましょう。

また、14日間の全額返金保証制度もあるので、もしも受講して合わないと感じれば、キャンセルを行うこともできるのです。

詳しくは、テックキャンプエンジニア転職(旧TECH::EXPERT)の評判・口コミについて徹底解説の記事を参考にしてください。

TECH CAMPの公式サイトはこちら

\10週間で人生を変えるなら/

【無料】大学生におすすめのプログラミングスクール

【無料】大学生におすすめのプログラミングスクール

プログラミングスクールの中には、エンジニア就職を目指す30代未満の学生ならば、完全無料で受講できる学校があります。

ここでは、大学生向けの完全無料プログラミングスクールを2校紹介します。

無料のプログラミングスクールについては「【無料体験もできる】おすすめプログラミングスクール5選」でさらに詳しく解説しています。

GEEK JOB

tech academy

「GEEK JOB」は完全通学形式の、完全無料プログラミングスクールです。

受講対象者は18〜29歳までとなっており、受講期間は最短で1ヶ月と短く、プログラマーコースとインフラコースの2つのコースからカリキュラムを選択できます。

プログラマーコースは、web系のプログラミング言語が主体であり、PHPやJava、Rubyの中からいずれかを学ぶことができます。

インフラコースでは、ApacheやMySQL、Linuxを学ぶことができ、インフラエンジニアとして働くための基礎的な知識を積むことができます。

有料スクールに比べて学習できる言語や分野に限りがあり、かつ就職支援先も基本的には「GEEK JOB」の提携先企業が前提となります。

無料カウンセリングも受けられますので、自分の希望に沿った就職が可能かどうか見極めた上で利用を検討しましょう。

GEEK JOBの公式サイトはこちら

\未経験から正社員への転職/

ProgrammerCollege

プログラマカレッジ
「ProgrammerCollege」は、就職支援も受けられる、通学がメイン(一部オンライン学習)のプログラミングスクールです。

プログラミングはもちろん、インフラエンジニアとしての基礎知識を学ぶことができます。

求人企業数も、3500社以上と圧倒的な数を有しており、キャリアエージェントから採用試験対策の支援まで受けることができます。

無料見学や無料プログラミング体験会もあるので、気になる場合は一度体験や相談をしてみましょう。

また、「ProgrammerCollege」はインターンシップとしてIT企業で研修を受けることもできます。

つまり、就職する前に、エンジニアとしての仕事を現場で経験できるだけでなく、気になるIT企業の実態をその目で確認することができるのです。

ただ、人気企業の場合はインターンシップの応募も殺到します。

どうしても自分の希望通りの職場体験や、就職ができるとは限らないことは覚悟しておきましょう。

プログラマカレッジの公式サイトはこちら

\今すぐ無料体験/

【大学生のプログラミングスクール】オンラインという手段も

【大学生のプログラミングスクール】オンラインという手段も

無料のプログラミングスクールを紹介してきましたが、基本的には都心のスクールに通学する必要があるため、地方の大学生は受講することができません。

また、無料スクールの場合は選択できるプログラミング言語がかなり限定されています。

そのため、お金が掛かりはしますが、通学タイプのスクールよりも受講料が抑えられる「オンラインタイプ」のスクールを選択するというのもおすすめです。

Rubyエンジニアを目指すならば、前述の「ポテパンキャンプ」がおすすめですし、幅広いプログラミング言語を習得したいならば、「Tech Academy」もおすすめです。

無料ということだけに着目せず、自分が習得した言語やスキルを習得できるスクールを選ぶという基本を忘れないようにしましょう。

おすすめのオンラインプログラミングスクールに関しては「【子供向けも】おすすめのオンラインプログラミングスクール比較」の記事をご覧ください。

完全無料ならGEEK JOBがおすすめです。

GEEK JOBの公式サイトはこちら

\未経験から正社員への転職/

大学生におすすめのプログラミングスクールに関するQ&A

大学生におすすめのプログラミングスクール【学割・無料あり】

ここでは、大学生におすすめであるプログラミングスクールに関する2つの疑問について、回答していきます。

疑問
  1. 無料のプログラミングスクールは怪しくないですか?
  2. 高校生にもおすすめですか?

なうブログ」というサイトの大学生がプログラミングで稼ぐ方法の記事でも詳しく紹介されています。 とてもわかりやすいので、ぜひご参考ください。

無料のプログラミングスクールは怪しくないですか?

プログラミングスクールが無料で運営できるのには理由があります。

それは、スクールの提携先企業から、協賛金や人材斡旋による報酬が支払われているためです。

人材斡旋の報奨金をもらうために、強引に企業に就職させるのではないかという不安も持つ人もいるかもしれません。

しかし、プログラミングスクール側としても、企業で戦力になる可能性が低い人を強引に就職させるわけにはいきません。

なぜなら、スクールとしての信用度を下げ、協賛金という出資を受けることができなくなるからです。

そのため、しっかりとエンジニアとして業務を行えるようなレベルまで育成するカリキュラムを組んでいます。

また、協賛企業側にとってもメリットがあります。

企業は社員を雇った場合に、戦力となるように社員教育を行う必要があります。

たた、エンジニアが足りないと言われてはいますが、完全未経験の人を雇ってゼロから育てるという余裕は企業にもありません。

したがって、プログラミングスクールで、基本的なエンジニアのスキルを習得した生徒を雇えるというのは、企業側にとってもかなりのコストダウンとなるのです。

しかし、完全にスクールの言い分を信じるのはやめましょう。

無料カウンセリングや実際にスクールに通ってみて、就職先の情報やエンジニアの実情については自ら情報収集することを忘れないでください。

高校生にもおすすめですか?

もちろん高校生にもプログラミングスクールの利用はおすすめです。

大学生と同じように、就職を目指す人にとっては、プログラミングの知識は有利に働きます。

大学に進学する際にもプログラミング関連の専攻課への進学にも役立つでしょう。

高校生は学校の拘束時間が長いため、受験や就職活動まで加わると、大学生よりも学習時間を確保することが難しくなります。

そのため、独学よりもプログラミングスクールで短期間集中的に学んだ方が、学習効果を高めることができるのです。

また、忘れてはいけないのが、2020年からはプログラミング教育が小学生で必修化されることです。

つまり、自分が就職した数年後には、プログラムについての知識を義務教育で習得してきた後輩社員が入社してくることになります。

プログラミングの知識・経験に関して圧倒的に差があると、業務上でもマイナスに働くことにもなりかねません。

高校生におすすめのプログラミングスクールは「TECH::EXPERT」です。

他のプログラミングスクールだと就職をしなくてはなりませんが、就職を考えていなくてもしっかり学べます。

また、さらに詳しく知りたい人は「【2020年度最新版】おすすめプログラミングスクール比較」の記事をご覧ください。

TECH CAMPの公式サイトはこちら

\10週間で人生を変えるなら/

まとめ:大学生こそプログラミングスクールにいこう

まとめ:大学生もプログラミングスクールにいこう

大学生がプログラミングスクールを利用する際のポイントや、スクールの選び方について紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

このページの要点は以下になります。

  • 大学生はプログラミングスクールを学割で受けられるなどメリットが多い
  • プログラミングスクールはカリキュラムの期間が決まっているので学習時間の確保がしやすい大学生は有利
  • 大学生におすすめのプログラミングスクール3選から、まず候補を探してみる
  • エンジニアとしての就職が前提だが、大学生は無料で受講できるスクールもある

プログラミングスクールは大学生で比較的時間が確保できる内に習得しておくことが望ましいです。

社会人になってから勉強しようにも、仕事上で覚えることも多く、集中的に学ぶ時間を確保しにくくなります。

これから先は、IT系の知識やスキルを習得した学生を望む企業も増えていくでしょう。

今のうちに、プログラミングの基礎を学んでおきましょう!

GEEK JOBの公式サイトはこちら

\未経験から正社員への転職/

コメントを残す


CAPTCHA