【初心者必見】SEOに効果的なタイトルの文字数を解説!

【2019年】SEOとタイトル文字数は関係する?Googleで表示される文字数は?

「SEOにタイトル文字数は関係するの?」や「タイトルタグはどうやって使えばいい?」など、タイトル文字数とSEOの関係や、タイトルタグの重要性に関して気になりますよね。

タイトルには、SEOに最適な文字数があります。また、タイトルタグを正しく使用することで、SEO効果やユーザーのCTR(クリック率)の向上にもつながります。

このページでは、日本最大級のマーケティングメディアであるWeb Reach編集部メンバーの筆者が、タイトル文字数とSEOの関係や、タイトルタグの重要性を詳しく説明し、以下のことを解説します。

  • GoogleのSEOに効果的なタイトルの文字数
  • タイトルタグについてとSEOとの関係性
  • タイトル以外のSEO対策をしたいならsmartASPがおすすめ
  • タイトルが短すぎるのはSEO的にどうなのか

最適なタイトル文字数を知り、うまくタイトルタグを活用できれば、SEOに効果的な記事を作成できるでしょう。

内容を簡単にまとめると・・・

  • SEOに効果的な文字数は32文字
  • 検索エンジンには、タイトル文字数表示に制限がある
  • タイトルが短すぎる場合にはキーワードを盛り込む
  • 他にもSEO対策を行うなら作業が楽になるツールを使うべき
  • それには無料ツールのsmartASPがおすすめ
  • smartASPは客観的な数字を元に修正すべき記事を抽出してくれる
  • SEO知識に自信がないという人でも本格的なSEO対策が可能
  • 競合分析も効率化してくれるため、非常に便利
  • 無料なのでまだ使っていない人は1度使ってみましょう
smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

GoogleのSEOに効果的なタイトルの文字数は?

GoogleのSEOに効果的なタイトルの文字数は?

GoogleでSEOに効果的なタイトルの文字数は、32文字とされています。

検索エンジンは、記事のタイトル表示の文字数に制限があります。

そのため、ユーザーにわかりやすいように、長文でタイトルをつければいいというわけではありません。

文字数の制限に関しては、以降の項目で紹介する「モバイルで表示される最大文字数」「PCで表示される最大文字数」でご紹介します。

最適なタイトルの文字数を守り、その文字数内にキーワードを埋め込み、ユーザーに伝わりやすいインパクトのあるタイトルにしましょう。

そうすれば、ユーザーの目を引くことができ、CTR(クリック率)の向上につながり、SEO対策の効果も向上します。

他のSEO対策について詳しく知りたい方は「SEO対策とは?知っておくべき基本事項」の記事をご覧ください。

そもそもタイトルタグとは?SEOとの関係は?

タイトルタグとは、HTMLのheadタグ内に記述するタグをさします。タイトルタグは、主にページのタイトルを示す際に用いられます。

記述は以下のようにおこないます。

<html>

<head>

<title>これはページタイトルです</title>

<body>

</body>

</head>

</html>

タイトルタグは、h1タグと混同される場合があります。しかし、それぞれには違いがあります。

まず、h1タグは「ページ閲覧向けタイトル」で、タイトルタグは「検索結果表示向けタイトル」です。

タイトルタグもh1タグも同じものを設定しても、違うものを設定してもどちらでも問題はありません。

タイトルタグとh1タグの違いを理解しておくことで、うまく使い分けができるでしょう。

検索エンジンでキーワードが検索された際に、ヒットした検索結果一覧に表示されるのがタイトルタグ内に記述された「ページタイトル」です。

そのため、タイトルタグを設定することで、「検索エンジンにページ内容を把握してもらう」「ユーザーにページ内容を把握してもらう」「SNSで拡散される際に必要」という3つの点からとても重要視されています。

まず、「検索エンジンにページ内容を把握してもらう」という点は、SEOの視点から重要になっていきます。

Googleなどの検索エンジンは、ユーザーが検索エンジンに入力したキーワードを元に、的確に検索結果に、キーワードに該当する検索結果一覧を表示させます。

では、なぜユーザーの目的にあったページを的確に検索結果一覧に表示できるのでしょうか。

それは、「インデックス」という行為を検索エンジンが定期的におこなっているためです。

検索エンジンには、定期的にクローラーというホームページの情報を自動で収集してくれる機械を使って、世界中のページの内容をチェックして回っています。

そして、そのチェックした情報を元に、ページの内容を把握し、データベースに「このページは〇〇の内容」と登録していきます。

この登録していく行為を、先ほど説明した「インデックス」と言います。

クローラーは、ページのコンテンツ内容をチェックするだけではなく、タイトルタグ内もチェックをおこないます。

そのため、タイトルタグは検索エンジンにページの内容を把握してもらうために重要になってくるのです

タイトルタグは、重複して同じものを設定している場合、重複したコンテンツとして見なされインデックスされない可能性があります。

そうなると、その記事は検索結果一覧に表示されません。タイトルタグは、重複して同じものは使用しないようにしましょう。

次に、「ユーザーにページ内容を把握してもらう」ために、タイトルタグがなぜ重要になってくるのかをご説明します。

ユーザーが検索エンジンで検索をおこなって、検索一覧に一番目立つ形で表示されるのがタイトルタグです。

そのため、ユーザーはタイトルタグをみて、ページの内容を把握し自分にとって必要な情報が掲載されているかを判断します。

タイトルタグには、ユーザーが目を引くキーワードを入れたり、コンテンツ内容にそったタイトルにすることで、ユーザーをページへ誘導できます。

タイトルタグには、ユーザーがページへ訪れてくれるようなタイトルを設定するようにしましょう。

最後に、「SNSで拡散される際に必要」というのは、FacebookやTwitterなどのSNSで記事がシェアされる場合、検索エンジンの検索結果に表示されるのと同様に、タイトルタグが使用されます。

タイトルタグに設定されている文章は、シェアされた際に文字リンクとして使用されます。

検索結果一覧で、ユーザーの目に止まるタイトルを設定するだけではなく、SNSで拡散された際にユーザーが思わずクリックしたくなるような、SNSを意識したタイトルタグをつけることも重要になってきます。

Googleのモバイル検索結果で表示される最大文字数

タイトルタグに設定されたタイトルは、検索エンジンの検索結果一覧に一番目立つ形で表示されるとご説明しました。

しかし、タイトルタグに設定したタイトルの文字が全て、検索結果一覧に表示されるわけではありません。

どういうことかというと検索結果一覧に表示されるタイトルタグの文字数に、制限があるのです。

モバイルで表示される際と、PCで表示される際でタイトルタグの最大文字数は変わってくるので、それぞれご紹介していきます。

まず、モバイルでGoogleの検索結果が表示される場合、タイトルタグの文字数は42文字内に収めるのをおすすめします。

文字数を42文字以内に収めることによって、検索結果にタイトルが途切れることなく表示されます。

しかし、場合によっては42文字以上のタイトルタグをつけたいということもあるでしょう。その場合には、重要なキーワードや伝えたいことを先頭に持ってきます。

そして、タイトルタグが途切れてしまっても、ユーザーに伝わるように設定すると良いでしょう。

GoogleのPCの検索結果で表示される最大文字数

次に、PCでGoogleの検索結果が表示される場合、タイトルタグの文字数は30文字から33文字に収めるのをおすすめします。

モバイルでも、PCでも検索結果一覧にうまくタイトルタグを表示させたい場合には、30文字前後で設置すればいいと言えます。

そして、冒頭でも説明しましたがSEOに効果的なタイトル文字数は32文字となっています。

注意点として、全角は1文字と数えますが、半角は1文字0.5文字と数えます。最適なタイトルタグの最大文字数を考えながら、タイトルタグをうまく設定してください。

タイトルの文字数が少なすぎるのはSEO的によくない?

タイトルが短すぎるのはSEO的によくない?

タイトルが短いからといって、SEOに悪い影響があるわけではありません。

しかし、タイトルがあまりにも短すぎると、Googleなどの検索エンジンにも、ユーザーにもコンテンツ内容が十分に伝えられない場合があります。

タイトルが短すぎる場合には、キーワードを追加するようにしましょう。

また、ユーザーが目を引き、コンテンツ内容がすぐにわかるようなタイトルをつけるのをおすすめします。

十分に、コンテンツ内容が伝わるようであれば、タイトルが短すぎてもSEOに問題はありません。

これは、タイトルが長すぎる場合にも当てはまります。

タイトルが長すぎるからといってSEOに悪影響があるわけではありません。

しかし、タイトルは長すぎると検索エンジンの検索結果一覧に、途切れて表示されてしまうのでユーザーにコンテンツ内容が伝わらない恐れがあるのでご注意ください。

タイトル以外のSEO対策をしたいならsmartASPがおすすめ

タイトル以外のSEO対策をしたいならsmartASPがおすすめ

タイトル以外のSEO対策をおこないたい場合、「smartASP」がおすすめです。

smartASPとは、SEOのデータ分析にも優れたASP一括管理ツールです。

smartASPには以下の5つの特徴があります。

  1. 報酬管理を自動化し、売り上げ確認を一括で管理できる
  2. さまざまなASPにログインする必要なく、掲載中の案件を「横断検索」できる
  3. 競合サイトの内部リンクを可視化できる
    可視化できるのは日本でsmartASPだけ
  4. GoogleサーチコンソールとGoogleアナリティクスを自動で解析し、修正すべき記事を抽出し、SEO対策をサポートしてくれる
  5. 暗号化通信(SSL/TLS)やReCaptchaを導入しており、セキュリティ面も安全

5つの特徴を、詳しくご説明していきます。

1.報酬管理を自動化し、売り上げ確認を一括で管理できる

smartASPはアフィb・felmat・バリューコマース・もしもアフィリエイト・JANet・レントラックス・TCSアフィリエイト・PRESCOの8つのASPの報酬管理を自動化してくれます。

本来であれば、それぞれのASPにログインして報酬を確認する必要がありますが、8つ全てのASPの報酬を一括で管理できるため、大変便利です。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

2.さまざまなASPにログインする必要なく、掲載中の案件を「横断検索」できる

smartASPは、ASPの管理を一括でおこなえるだけではなく、アクセストレード・アフィb・もしもアフィリエイト・JANet・PRESCOの5つのASPから案件を横断検索できます。

同様に、それぞれのASPにログインする必要がないため、効率よく案件の検索をおこなえます。

3.競合サイトの内部リンクを可視化できる

「競合サイト内部リンク分析」という機能を活用すれば、競合サイトの内部リンクを可視化できます。

そして、この可視化の機能が搭載されているのは、日本でsmartASPのみです。

具体的には以下の5つを可視化できます。

  • 全記事数
  • 全カテゴリー
  • サイト内バックリンクランキング
  • 見出し(h1、h2、h3)と内部リンク構造
  • どの記事からどの記事に内部リンクしているのかが構図でわかる
smartASPの内部リンク

競合サイトの分析が簡単におこなえるため、競合サイト内部リンク分析を用いれば、競合サイトに負けない記事作成やサイト構造を作ることができ、SEOに強いサイトを作成できます。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

4.GoogleサーチコンソールとGoogleアナリティクスを自動で解析し、修正すべき記事を抽出

smartASPには「リトライ記事自動選定分析」という機能が搭載しています。

これは、Googleサーチコンソール(検索からの流入をチェック)とGoogleアナリティクス(PVや滞在時間の数字をチェック)を自動で解析し、修正が必要な記事を抽出してくれる機能です。

自分で、リライトすべき記事を見つける必要がなく、分析して的確にリライトすべき記事を抽出してくれるため、効率よく作業に取りかかれます。

また、正確な分析を元に、リライト記事が抽出されているため、しっかりリライトをおこなえばSEO効果の向上にもつながります。

Googleサーチコンソールについて詳しく知りたい方は「Googleサーチコンソールとは?詳しく解説」の記事をご覧ください。

5.暗号化通信(SSL/TLS)やReCaptchaを導入しており、セキュリティ面も安全

ASPのログインIDやパスワードは、暗号化を用いて保持されており、ユーザーによって暗号化方法が違うため、安心してASPの登録をおこなえます。

また、ReCaptchaという悪質なアクセスからサイトを守ってくれる機能も導入されているので、セキュリティ面は安心して使用できます。

smartASPでは、ご紹介した機能やその他多数の機能を全て無料で使用できます。

smartASPをうまく活用して、SEO対策をおこなってください。

まだ登録していない方は、登録して必ず損はありません。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

まとめ:GoogleのSEOとタイトル文字数の関係は?

まとめ:GoogleのSEOとタイトル文字数の関係は?

GoogleのSEOとタイトル文字数について解説しましたが、いかがだったでしょうか。

このページの要点は以下です。

  • SEOに効果的な文字数は32文字
  • 検索エンジンには、タイトル文字数表示に制限がある
  • タイトルタグとは「検索結果表示向けタイトル」
  • SEOに効果的な文字数で、その文字数内にキーワードやユーザーに伝わりやすいタイトルをつける

SEOに効果的な文字数を守り、タイトルの前方にキーワードを持ってきて、ユーザーの興味を引くタイトルを設置すれば、CTR(クリック率)とSEOの向上につながります。

また、タイトル以外でSEO対策をおこないたい場合には、競合サイトの内部リンクを可視化できたり、リライト記事を分析してみつけてくれる「smartASP」がおすすめです。

無料で登録できるので、ぜひSEO対策に活用してください。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

コメントを残す


CAPTCHA