Googleサーチコンソールでの新しいサイトマップの追加方法を解説

Googleサーチコンソールでの新しいサイトマップの追加方法を解説

「Googleサーチコンソールでのサイトマップの追加方法はどうやるの?」と疑問に思っている人も多いのではないでしょうか?

Googleサーチコンソールを登録することでできることやサイトマップを追加することによるメリットをしっかりと理解している人は少ないです。

このページでは、日本最大級のWEBメディアであるWeb Reach編集部がGoogleサーチコンソールについて以下のことを解説します。

  • Googleサーチコンソールとは
  • 新しいサイトマップの追加方法
  • サイトマップを追加することによるSEOの効果

このページを読めば、Googleサーチコンソールについての理解がかなり深まり、新しいサイトマップを追加できるようになります。

内容を簡単にまとめると・・・

  • Googlesサーチコンソールで新しいサイトマップを追加するには、XMLサイトマップを作成しなければならない
  • XMLサイトマップはプラグインで作成するのが簡単でおすすめ
  • プラグインで表示されるサイトマップURLをコピーし、Googleサーチコンソールの左サイドバーから追加すれば完了
  • また、Googleサーチコンソールと一緒に活用すべきなのがsmartASPというツール
  • smartASPはGoogleサーチコンソール・Googleアナリティクスを自動分析し、リライトすべき記事を出してくれる
  • 特に、SEO知識に自信がなかったり、副業でサイトを運営していてできるだけ時間を節約したい人は、smartASPを使うべき
smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

Googleサーチコンソールでの新しいサイトマップの追加方法は?

Googleサーチコンソールでの新しいサイトマップの追加方法は?

Googleサーチコンソールで新しいサイトマップを追加する方法には、大きく分けてワードプレスで追加する場合とワードプレス以外の2つの方法があります。

ワードプレスでサイトを運営しているのであれば、ワードプレスのプラグインを利用するのがおすすめです。

ワードプレスを使用していないときには、無料のツールを使用してサイトマップを追加することができます。

どちらの方法でサイトマップを追加しても、Googleにサイトの構造を認識させやすくでき、効果に大きな違いはありません。

まだサイトマップを作成していない人は、サイトマップの役割と一緒に作成方法も理解していきましょう。

サーチコンソールとは何?という方や使い方がわからないという方はまず、サーチコンソールとは?使い方も解説を読んでみてください!

そもそもサイトマップとは?

サイトマップとは、サイトのページをわかりやすくまとめたものを指します。

サイトマップによってサイトにどういったコンテンツがあるのか、どのような構造になっているのかを情報としてGoogleに伝えることが可能です。

サイトを巡回しているクローラーに対して、どういったサイトなのかとわかりやすく伝えることができるので、SEO対策に効果があります。

サイトマップには、以下の2種類があります。

  1. HTMLサイトマップ
  2. XMLサイトマップ

HTMLサイトマップ

サイトの構成を表したものです。

サイトを訪問しているユーザーに対して便利なのが、HTMLサイトマップです。

サイトを訪れている人であれば、一度は目にしたことがあります。

ユーザーが現在いる場所を示しているのと、興味のあるコンテンツがあれば、クリックをすることでそのページへ飛ぶことができます。

XMLサイトマップ

HTMLサイトマップとは違い、検索エンジンに対して効果のあるものがXMLサイトマップです。

WEBサイトを巡回しているクローラーに対してサイト内の情報を提供します。訪問しているユーザーが目にすることがないサイトマップです。

特に、サイトやユーザーにとって役立つのならHTMLのサイトマップを利用するのはいいことだ。

だがほとんどのサイトはSEOのためにはHTMLサイトマップを近ごろでは必要としていない(すべてのページを私たちは普通はクロールできるし、XMLサイトマップの助けを得られる)。

なので、私ならわざわざ作ったりはしない。

上記の発言は、2010年にGoogleのMatt Cutts(マット・カッツ)氏が動画でHTMLサイトマップについて説明したときのものです。

以前はHTMLサイトマップがSEO対策にも効果がありました。

しかし最近では、Googleのサイト認識能力も上がり、HTMLサイトマップはあってもなくても良いという存在になったと考えられます。

そこで、SEO対策だけを考えるのであれば、XMLサイトマップの作成だけで良いでしょう。

Googleサーチコンソールを使用してXMLサイトマップを送信し、クローラーに対してページの情報を伝えやすくしてください。

GoogleサーチコンソールにはXMLサイトマップだけでなく、様々な機能があります。

しかし。使いこなせていない人は多いのではないでしょうか。

そこで、そんな方にオススメなのがsmartASPと言うツールです。

smartASPは、GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールを分析して自動で修正すべき記事を抽出してくれます。

他にも便利な機能が多数存在しているのですが、全て無料で使えるので、とりあえず自分に合っているか試してみるのがおすすめです。

以下のボタンからsmartASPに登録したら、ブログで稼ぐ方法を読み進めていきましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

サイトマップを作成する

ここからは、サイトマップの作成方法を紹介します。

先ほど、サイトマップには、HTMLサイトマップとXMLサイトマップがあると伝えましたが、SEO対策だけであれば、XMLサイトマップだけで十分です。

しかし、HTMLサイトマップがあれば、ユーザーが知りたい情報を探すのに役立ちます。

スマホで閲覧している人が多い場合やページ数が多い大規模なサイトになるときにはHTMLサイトマップの作成も考えてみてはいかがでしょうか。

HTMLサイトマップは訪問するユーザーのために必要なものであり、XMLサイトマップは検索エンジンに向けて設置する必要があります。

XMLサイトマップは必ず作りましょう。

ワードプレスの場合

ワードプレスを使用している場合には、プラグインを利用することで簡単にサイトマップを作成することができます。

HTMLサイトマップ

HTMLサイトマップを作成するのにおすすめのプラグインは、「PS Auto Sitemap」です。

ワードプレスでHTMLサイトマップを作成する手順は以下の通りです。

  1. ワードプレスにログインする
  2. 左側にある管理画面の固定ページ→新規作成で作成します
  3. タイトルは「サイトマップ」、パーマリンクを「sitemap」にして下書き保存をします
  4. プラグイン→新規追加でPS Auto Sitemapをインストールし、有効化を行います
  5. 管理画面→PS Auto Sitemapを選択します
  6. サイトマップを表示する記事にワードプレスのサイトマップの記事IDの入力を行います

以上がワードプレスのプラグインを使用してHTMLサイトマップを作成する方法です。

PS Auto Sitemapの設定項目は下記の表を参照ください。

ホームページの出力 出力する
投稿リストの出力 出力する
固定ページリストの出力 出力する
サイトマップを表示する記事 IDの入力
出力階層制限 制限なし
先に出力するリスト 投稿にチェック
カテゴリーの投稿と表示 同一マップ内にチェック
除外リスト あれば入力
除外記事 あれば入力
スタイルの変更 スタイルなし

XMLサイトマップ

XMLサイトマップを作成するのにおすすめのプラグインは、「Google XML Sitemaps」「All in One Seo Pack」です。

Google XML Sitemapsを使用する場合

  1. ワードプレスにログインする
  2. 左側にあるプラグインの新規追加をクリック
  3. Google XML Sitemapsを検索します
  4. Google XML Sitemapsをインストールしたら有効化する
  5. 有効化できたら左側にある設定からGoogle XML Sitemapsを選択します
  6. XMLサイトマップを作成画面が表示されます
  7. XMLサイトマップが作成されるとThe URL to your sitemap index file is:が表示されます
  8. The URL to your sitemap index file is:に続くURLをコピーしてください

以上がGoogle XML Sitemapを使用してサイトマップを作成する方法です。

All in One Seo Packを使用する場合

  1. ワードプレスにログインする
  2. 左側にあるプラグインの新規追加をクリック
  3. All in One Seo Packを検索します
  4. All in One Seo Packをインストールしたら有効化する
  5. 有効化できたら左側にある設定からAll in One Seo PackのFeature Managerを選択する
  6. XML SitemapsのActiveをクリックすると左側にXML Sitemapsが追加されます

XML Sitemapsの設定方法は下記を参照してください。

Filename Prefix sitemap
Notify Google チェックをする
Notify Bing チェックをする
Post Types 固定ページにチェックし、投稿とカテゴリーにチェックをする
Link From Virtual Robot.txt チェックをする
Dynamically Generate Sitemap チェックをする
Excluded Page 固定ページのパーマリンクを入力

以上がAll in One Seo Packを使用してサイトマップを作成する方法です。

どちらのプラグインを使用しても1時間もかからずにXMLサイトマップを作成することができます。

使用しているワードプレスのテーマによってうまく動かない場合もあるので、対応しているプラグインを使用してください。

ワードプレスではない場合

ワードプレスを使用していない場合は、無料のツールを使用することにより簡単にXMLサイトマップを作成することができます。

もちろん、手動でソースを編集することでもサイトマップを作成することができます。

HTMLサイトマップ

HTMLサイトマップを作成する場合は、ワードプレスを利用していない場合はテキストエディタで作成を行わなくてはいけません。

手動で入力しなくてはいけないデメリットがありますが、直接HTMLに入力を行うので、ワードプレスに比べて読み込む速度が早いメリットがあります。

XMLサイトマップ

XMLサイトマップを作成するときには、「sitemap.xml Editor」という無料ツールを使うことで簡単に作成することができます。

ワードプレスではない場合のXMLサイトマップを作成する手順は以下の通りです。

1.temap.xml Editorのサイトへ移動します

2.オプションの設定を行います

最終更新日 更新したページのURLを優先的にクロールするかどうか設定を行います
サイトの更新頻度 サイトの更新頻度を選びます
優先度の自由設定 サイト内のページの優先度を設定するか決めます
除外ディレクトリ サイトマップに載せたいないページを入力します
同一タイトルURLの除外 同一タイトルがある場合に重複するのを防ぎます

3.サイトマップを作成をクリックするとXMLサイトマップが作成されます

4.作成されたサイトマップXMLファイルをダウンロードしましょう

以上が無料ツールを使用したXMLサイトマップの作成方法です。

サイトマップを作成したのち、SEO対策として他にもできることはないかな、と思った方も多いと思います。

そこで、オススメなのがsmartASPというツールです。

smartASPは客観的な数字を元に修正すべき記事を抽出してくれるため、SEO知識に自信がないという人でも本格的なSEO対策が可能です。

また、競合分析も効率化してくれるため、非常に便利です。

無料なので、万が一使わなかったとしても損をすることはないので、まだ使っていない人は1度使ってみることをおすすめします。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

サーチコンソールで新しいサイトマップを追加する

XMLサイトマップを作成後は、Googleサーチコンソールに登録する必要があります。

先ほど、紹介したワードプレスでプラグインを使用する場合とワードプレスを使用していないときの方法では、少し作業が異なります。こちらの解説を参考に作業を行なってください。

<ワードプレスの場合>

  1. Googleサーチコンソールにログインする
  2. 左側にあるクロールをクリックしサイトマップの画面を開きます
  3. 右上にあるサイトマップの追加/テストをクリックします
  4. Google XML Sitemapsの場合は、The URL to your sitemap index file is:に続くURLを貼付する
  5. All in One Seo Packの場合は、http://○○○.com/sitemap.xmlを入力する
  6. 送信を押して完了です

以上がワードプレスを使用している場合に、プラグインを利用してGoogleサーチコンソール に登録する方法です。

<ワードプレスではない場合>

  1. Googleサーチコンソール に登録をする前にサーバーにファイルをアップロードします
  2. FTPソフトを経由してコンピュータからサーバーにファイルを送ります
  3. ファイルのアップロードが完了したらサイトマップへ登録をします
  4. Googleサーチコンソールにログインする
  5. 左側にあるクロールをクリックしサイトマップの画面を開きます
  6. 右上にあるサイトマップの追加/テストをクリックします
  7. sitemap.xml Editorでダウンロードしたファイル名を貼り付けます
  8. 送信を押して完了です

以上がワードプレスを使用していない場合に、sitemap.xml Editorを利用してGoogleサーチコンソールに登録する方法です。

どのFTPソフトを使用してもファイルをアップロードする機能がありますので、サーバーにファイルをアップロードするのには問題なく行うことができます。

エラーが出ていないか確認しよう

Googleサーチコンソールで新しいサイトマップの登録をすることができたら、エラーが表示されていないか確認をしてみましょう。

エラーが出ていないか確認をする方法は下記の通りです。

  1. Googleサーチコンソールにログインします
  2. 左側のクロールをクリックしサイトマップを開きます
  3. エラーがある場合には、右側に「警告数」が表示されます
  4. 警告数をクリックすると詳細を確認することができます

以上がエラーが出ていないか確認をする方法です。

よくあるエラーと対処方法については表を参考にしてください。

内容 対処方法
5xx エラー 内部サーバーエラーかサーバービジーエラーの場合があります。しばらくしてからクローラーがWEBサイトに訪問を行うので、時間を置いてみてください
DNS の問題 サーバーかドメインに問題がある場合があります。
robots.txt ファイルにアクセスできない robots.txtが設定されていないか確認をしてください。

サイトマップ追加のSEO効果

XMLサイトマップを追加することで、Googleにサイト内のページを発見してもらいやすくなります。

新しいサイトの場合、内部リンクや外部リンクがないとクローラーが訪れることができません。

インデックスされないとGoogleの検索結果に反映させることができないのです。

Googleの検索結果に表示されるかが決まるのには、3段階あります。

  1. Googleの検索エンジンのクローラーが運営しているサイトに訪れる
  2. 運営しているサイトのコンテンツが有益な情報であると判断される
  3. データベースに運営しているサイトの情報がインデックスされる

以上の3つの段階をふんでGoogleの検索順位に反映されます。

どの段階も検索結果に表示させるには欠かすことのできない内容となっています。

Googleにサイトのことを知ってもらうためにもXMLサイトマップを作成して、クローラーに巡回してもらう必要があります。

まだリンクで繋がっていないページもXMLサイトマップを送信することで、Googleに発見してもらいやすくしましょう。

SEOの効果を得るためにも、XMLサイトマップをGoogleサーチコンソールで送信することが必要になります。

また、これを機に本格的にSEO対策をしたい方にはsmartASPがオススメです。

smartASPは自動でサイト分析をし、修正すべき記事を抽出してくれるだけでなく、SEOで最重要と言っても過言ではない内部リンクを可視化できます。

また、競合サイトの内部リンクを可視化できるのは日本で唯一smartASPだけです。

さらに全ての機能が無料で、損をすることもないためまだ登録していない方は今のうちに登録しておきましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

新しい記事がGoogleに認識されているか確認する方法

ここまで、Googleサーチコンソールでの新しいサイトマップの追加の方法を紹介してきました。

ここでは、新しい記事がGoogleに認識されているかどうか確認する方法をお伝えします。

site:https://〇〇〇〇

調べたいURLのはじめに「site:」をつけることにより検索結果に反映されているか調べることができます。

上記の方法で検索することができない場合には、下記のことが考えられます。

  • 前回Googleのクローラーがきた直後にWEBサイトが更新された
  • WEBサイトがアクセス不能やエラーが起きた
  • 少し時間を置いてから確認を行う

せっかく記事を作成してもクローラーに記事を見つけてもらわなければ、Googleでの検索結果に反映されることはありません。

ページがインデックスされていない場合には、サーチコンソールでインデックスのリクエストをしましょう。

<クロールリクエストの方法>

  1. Googleサーチコンソールにログインする
  2. 左側にあるクロールをクリックしサイトマップの画面を開きます
  3. 追加したいサイトマップのURLを入力します
  4. 送信ボタンをクリックします

以上がクロールリクエストの方法です。

クローラーが巡回をするのには数日かかるときもありますが、ほとんどの場合は、1時間以内で反映されます。

リクエストをした段階で最新の内容をクローラーがみてくれるので安心してください。

まとめ:Googleサーチコンソールでの新しいサイトマップの追加方法

まとめ:Googleサーチコンソールでの新しいサイトマップの追加方法

Googleサーチコンソールでの新しいサイトマップの追加方法を解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

このページのポイントは以下になります。

  • サイトマップとはサイトのページをわかりやすくまとめたもの
  • サイトマップにはHTMLサイトマップとXMLサイトマップがある
  • ワードプレスとワードプレスを使用していない場合にはXMLサイトマップの作成方法が異なる
  • サイトマップを追加することによりSEOの効果を得ることができる
  • site:をつけてURLを検索することにより検索に反映されているか確認をすることができる

運営しているサイトやブログの状況を知る上で欠かせないのがGoogleサーチコンソールであり、サイト内をクローラーに巡回してもらうのにサイトマップが必要です。

Googleサーチコンソールでの新しいサイトマップの追加方法について、まだよくわからないところがあるという方は、もう一度解説部分を見返してみてください。

SEO対策について体系的に学びたい方は【2019年最新】SEO対策とは?基本と具体的な方法を解説を読んでみてください!

また、本格的なSEO対策をしたい方はサイト分析・競合分析などを効率化できるsmartASPを活用するのがおすすめです。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

コメントを残す