Googleアナリティクスのセッションとは?定義とセッション数の見方を解説

Googleアナリティクスのセッションとは?定義とセッション数の見方を解説

「Googleアナリティクスのセッションとは何?」「どうやって確認するの?」とGoogleアナリティクス のセッションについて気になっている方も多いと思います。

Googleアナリティクスで数値を分析するには、セッションの理解が不可欠です。

Googleアナリティクスでセッションを毎日確認し、PV数やユーザーの動向に対して対策を打っている筆者が以下のことを解説します。

  • Googleアナリティクスのセッションとは何か
  • セッションの定義
  • ユーザー数とPV数の違い
  • セッションの確認方法

このページを読めば、Googleアナリティクスにおけるセッションについて理解でき、数値分析であなたのサイトをより伸ばすことができるでしょう。

内容を簡単にまとめると・・・

  • Googleアナリティクスのセッションとは、ユーザーがサイトに訪問してから離脱するまでの一連の流れのこと
  • セッションの終了地点は、ユーザーがサイトを離脱したとき以外にも30分以上操作がなかったり日付をまたいだときがある
  • Googleアナリティクスでのセッションは、ユーザー→概要から確認できる
  • また、アナリティクスと連携して使うべきなのが、アナリティクスのデータを自動分析してくれるsmartASPというツール
  • smartASPはGoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールを使って自動でリライトすべき記事を抽出してくれる
  • 他にも売り上げ管理・ASP案件比較・競合分析効率化機能があり、全ての機能が無料なので使うかわからないという人でも登録しておくのが無難
smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

Googleアナリティクスのセッションとは?

Googleアナリティクスのセッションとは?

ここからはGoogleアナリティクスのセッションについて解説していきますが、アナリティクスの使い方がわからない人はまずGoogleアナリティクスの使い方を読んでみてください!

アナリティクス自体何かよくわからないという人はGoogleアナリティクスとは?も併せて読んでみてください!

Googleアナリティクスのセッションとは「ユーザーがサイトに訪問してから離脱するまでの一連の流れ」を意味します。

セッションの考え方をスーパーのお店に例えると、入店してから会計をし退店するまでと考えても良いです。

その間にお客は惣菜コーナーや野菜、お肉コーナーなどを回遊しお会計をします。

その野菜コーナーからお肉コーナーを移動するのがページ間の移動で、入店から退店までが1セッションということです。

アナリティクスではこのアクセスからサイト内の回遊、離脱までの流れをセッションとして計測し、分析に役立てることができます。

しかし、ウェブサイトでは訪問から離脱までを単純に定義がしにくいです。

なぜなら、外部リンクに飛んで戻ってきたりとサイトを行き来したり、同じページにずっと止まったまま放置されていたりするからです。

そのため、計測を一定にするために、ある基準に基づいてセッションが終わるタイミングが定義づけられています。

次ではこのセッションが終わる基準を解説します。

セッションが終わるタイミング

先ほどセッションとは「サイトへの訪問者数の離脱までの一連の流れ」と説明をしました。単純に考えるとセッションが終わるタイミングはサイトから離脱した時になります。

しかし、それ以外にもセッションが終わるタイミングの定義があります。大きくセッションが終わるタイミングは3つあります。

  1. サイトから離脱した時
  2. 30分以上操作がなかった時
  3. 日付をまたいだ時

では、これらの定義の詳細を以下で解説します。

サイトから離脱したとき

サイトの離脱の考え方には2つの意味があります。

一つは単純にユーザーが訪問したサイトから離脱をした時にセッションが切れます。

2つ目は、参照元が変わった場合です。

最初にアクセスした参照元とは別の参照元からアクセスした場合にセッションが新規セッションとして更新がされます。

例えばサイトAからリンクを通じてアクセスをして対象サイトに訪問をします。

そのあとサイトBのリンクから対象サイトにアクセスをします。

その場合は、サイトBに入ってきた時に新しいセッションとして計測がされます。

 30分以上操作がなかったとき

ユーザーが1つのページを見始めて30分経過した場合、セッションが1度切られます。

例えば、ページAを閲覧し、そのまま30分を経過したとします。

その後ページBを見た場合ページAを閲覧したセッションは切られ、新しいセッションとして計測がされるということです。

一人のユーザーが1ページに30分以上滞在し、別のページに移ると同じユーザーでもセッションが2つになるのです。

例えば、学習サイトで1つのページを閲覧します。

その時にメモを取りながら40分同じページを閲覧したとします。

その場合、30分同じページに滞在したため、セッションが区切られます。

その後別のページに飛んだ時は新しいセッションとして計測が開始します。

これは、ユーザーが実際にそのページを長時間見ているかが判断しづらく、サイトの滞在時間を正確に計測することが難しくなるため一定の基準が設けられているのです。

つまり、一人のユーザーがあるページにアクセスしたまま外出してしまった場合、セッションが継続してしまうと滞在時間が極端に長くなってしまいます。

そのようなユーザーが複数いると正確な計測ができなくなってしまいます。

あくまでも1ページに対して30分のルールが適応されます。

1つのサイトの中でいくつかのページを回遊していた場合、1ページ30分以内で他のページに移っていれば一連のセッションとしてカウントがされます。

例えば、1つのサイトで5ページを閲覧し、100分滞在していたとします。

その場合、1ページに20分ずつ滞在していれば1つのセッションとしてカウントされます。

しかし、1ページ目に30分以上滞在し、2ページ目以降で10分程度の滞在の場合、1ページ目で1セッション、2ページ目以降で1セッションと区切られます。

動画サイトなどサイトによって、1ページあたりの滞在時間が長く30分以上操作がない場合があります。後述しますが、その場合セッションが切れる時間設定を変更することもできます。

日付をまたいだとき

日付が変わったタイミングでセッションが切れます。アクセス解析は基本的に1日単位で行われます。

したがって、23時59分にページ閲覧をした場合、24時になった時点でセッションが切り替わり、2つのセッションで日毎に集計がされるということです。

その理由は、日をまたぐデータにならないようにするためです。

なぜセッションを計測すべきなの?

セッションを計測すべき理由はサイトの状態を理解し、分析をするためです。

具体的には、セッションを計測するべき理由が大きく3つあります。

  1. 成果を見ることができる。
  2. 課題を発見することができる。
  3. 状態異常を発見することができる。

これまでサイト運営を行なっている中で改善した点を検証することができます。

セッションでは、ユーザーがどのようにサイト内を回遊したか、またどのサイトからアクセスがされたかを調べることができます。

セッションはこれまでの努力を検証することができる大事なツールなのです。

また、セッションから自分のサイトの課題を見つけることもできます。

ユーザーの流入から離脱までの動向を知ることで、サイトの強みや弱みを解析できます。

そこから課題を見つけ今後の運営方針を考えることができます。

効果検証や課題設定以外のメリットとして、セッションではウェブサイトの状態異常を見つけることもできます。

ウェブサイトでは度々急にアクセス数が減ったり、逆にアクセス数が増えたりすることがあります。

そこでセッションを定期的にチェックをすることでサイトのどこに異常があるかを把握することができます。

このようにセッションを計測することで客観的に自分のサイトの状態を理解しながらサイト運営の正しい分析をすることができるのです。

しかし、セッション以外にも、ウェブサイトを客観的にとらえ、リライトの自動中執することが出来るツールがあります。

それはsmartASPです。

smartASPは自動でサイト分析をし、修正すべき記事を抽出してくれるだけでなく、SEOで最重要と言っても過言ではない内部リンクを可視化できます。

また、競合サイトの内部リンクを可視化できるのは日本で唯一smartASPだけです。

さらに全ての機能が無料で、損をすることもないためまだ登録していない方は今のうちに登録しておきましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

セッション時間の設定はどうやって変える?

セッションには1ページ30分の時間設定があります。

しかし、動画サイトや学習サイトなどで1ページあたり30分以上の滞在時間が通常発生してしまうサイトもあります。

その場合セッションが30分で切れてしまい、別セッションに移ってしまうと逆にセッションが正しく計測されなくなってしまいます。

このようなサイトであればセッションの時間設定は変更することをオススメします。

設定方法は以下の通りです。

  1. アナリティクスを開き管理をクリック
  2. プロパティの「トラッキング情報」から「セッション設定」をクリック
  3. セッションのタイムアウトでセッション時間を変更し、「適用」をクリック

この方法でセッション時間の設定が完了します。

ユーザー・PVとどう違うの?

これらのユーザー・ページビュー(PV)・ページ別訪問者数などGoogleアナリティクスの指標はいくつかあります。

セッションを解析する上でそれぞれの区別が必要になる項目です。

セッションと混同しないようにするためにそれぞれの定義を解説します。

ユーザー

ユーザーとはサイトに訪問した人の人数を表します。

ユーザーのアクセス数は各ブラウザ(cookie)毎に計測がされます。

1つのブラウザであれば同じユーザーが1日に何回アクセスしてもカウントは1とみなされます。

1つのサイトに様々なページがありますが、一人にユーザーが他のページを回遊してもアクセスユーザー数は1としてカウントされますので、単純にサイトにアクセスした人数と言い換えられます。

一人の人間が別のブラウザや端末でアクセスした場合は別のユーザーとしてカウントされます。

一人のユーザーが異なる時間や参照元からアクセスした場合は、ユーザーは1カウントですが、セッションはその度に分かれます。

つまり1日3回アクセスした場合は、ユーザー数は1、セッション数は3となります。

ページビュー(PV)

ページビューとはページ毎に閲覧された回数を表します。

ページビューの場合は一人のユーザーが一つのサイトで複数のページを見た場合、それぞれのページで閲覧数としてカウントされます。

また、同じ人物が2回同じページをみた場合もカウントされます。

セッションとはサイトにアクセスしてから離脱するまでの流れになるので、1セッションとカウントします。

したがって、一人のユーザーが一回の訪問で10ページ閲覧した場合は、1セッションで10ページを閲覧したとカウントがされます。

1セッションあたりどの程度のページが閲覧されているか、の指標が測ることができます。

それを利用することでサイトの回遊率を上げるための導線分析やコンテンツ対策を考えることができます。

ウェブサイトでよく見る「100万PV達成」と書いてあるサイトは、必ずしも100万人がサイトにアクセスしたということではありません。

1セッションで複数ページを見ているユーザーがいるため、100万回ページが閲覧されたという意味となります。

ページ別訪問者数

ページビューと混同しやすい指標にページ別訪問者数があります。これは指定したページが1セッションの中で閲覧された数を表します。

ページビューとの違いは、ページビューでは1セッションの中で同じページを何度も見た場合その回数分ページビュー数はカウントされます。

それに対して、ページ別訪問者数は1セッションの中で同じページを何度も閲覧しても、1としてカウントされます。

ページ別訪問者数では重複したページビュー数を取り除くことができるのです。

つまり、ページビュー数100人、ページ別訪問者数80人といった乖離が発生します。

また、ページ別訪問者数では、ページビュー数より正確に何人をその特定のページに流入させることができたのかを計測することができます。

ページビュー数の場合、同じサイトのリンクで特定のページに戻ってきてしまう可能性がありますので、正確な閲覧人数を測ることができません。

Googleアナリティクスでセッションを確認する方法

Googleアナリティクスでセッションを確認する方法

これまでセッションの定義やGoogleアナリティクスでセッションを確認する上で理解が必要な情報を解説しました。

ここではGoogleアナリティクスでのセッションを実際に確認する方法を解説します。

Googleアナリティクスでセッションを確認するためには概要(サマリー)を見ます。

サマリーでは、一定期間内に訪問したユーザーのアクセス状況がざっくりと見ることができます。

サイトの状況変化を把握するために毎日見ることをおすすめします。

以下が概要(サマリー)の見方です。

  1. アナリティクスを開き左のユーザーをクリック
  2. 概要(もしくはサマリー)をクリック

このようにするとユーザー数とセッション数の一覧を見ることができます。

また、先ほど説明をした、PV数(ページビュー数)なども見ることができます。

そして、右上にある日付の枠をクリックして日付を指定すると計測したい期間を変更することができます。

そのほかに見ることができるのが「集客」「行動」という2つの指標。

この2つの指標を読み解くことでユーザーの行動を把握することができます。

ではそれぞれ説明をします。

ですが、Googleアナリティクスは難しくて、自分でデータを解析するのは控えたいという方もいますよね。

そんな方におすすめなのがsmartASPです。

smartASPは客観的な数字を元に修正すべき記事を抽出してくれるため、SEO知識に自信がないという人でも本格的なSEO対策が可能です。

また、競合分析も効率化してくれるため、非常に便利です。

無料なので、万が一使わなかったとしても損をすることはないので、まだ使っていない人は1度使ってみることをおすすめします。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

SEO対策について体系的に学びたい方は【2019年最新】SEO対策とは?基本と具体的な方法を解説を読んでみてください!

集客の確認

集客メニューではユーザーがどこからサイトに流入してきたかを調べることができます。

流入元を調べることで効果的なリンク方法の分析に役立てることができます。

集客を調べる方法は以下の通りです。

  1. アナリティクスのユーザーをクリック
  2. 「集客」→「全てのトラフィック」→「チャネル」をクリック

ユーザーの流入経路は検索エンジン・ディスプレイ広告など様々です。

同じサイトでもどこから流入してくるかによってユーザーの需要が違います。

流入先を調べることでどのようなコンテンツの需要が高いのかを把握でき、今後の対策を考えることができます。

行動の確認

一定の期間に何回の訪問があったのかを調べることができます。

ここではページ別訪問者数を調べることができ、サイト内でユーザーによく閲覧されているページを把握することができます。

以下がページ別訪問者数を調べる方法です。

  1. アナリティクスのユーザーをクリック
  2. 「行動」→「サイトコンテンツ」→「全てのページ」をクリック

サイト内でよく見られているページを把握することができますので、自分のアップしたコンテンツやこれまでの対策の効果検証ができます。

また、アクセス数が多いページを中心に改善をすることでサイト運営を効果的にできるでしょう。

まとめ:Googleアナリティクスのセッションとは

まとめ:Googleアナリティクスのセッションとは

ここまででGoogleアナリティクスのセッションの意味と確認の仕方を解説していきました。

まずは手順に沿ってレポートを解析してみましょう。

その際に、必要であれば自分のサイトの分野や平均滞留時間に合わせてセッションの時間設定をしておくことをおすすめします。

では簡単のGoogleアナリティクスのセッションについてまとめます。

  • Googleアナリティクスのセッションとは「サイトへの訪問者数の離脱までの一連の流れ」を意味する。
  • セッションが切れるタイミングは3つある。
  • ユーザー・PVなどセッションの中でアクセスユーザーの計測区分が異なる。
  • セッションを解析することで、サイトのアクセス数向上の対策を打つだけでなく、状態異常の発見もできる。
  • セッションから「集客」「行動」を分析でき、サイト運営の対策を練ることができる。

セッションは見えない顧客の動向を知ることができる非常にやくに立てることができるツールです。

しかし、Googleアナリティクスのセッションでは、理解していなければ正しくアクセス解析の検証ができません。

ぜひ皆様もこの記事を参考に役立ててみてください。

また、本格的なSEO対策をしたい方はサイト分析・競合分析などを効率化できるsmartASPを活用するのがおすすめです。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

コメントを残す