Googleサジェストとは?SEO対策における注意点を解説

Googleサジェストとは?SEO対策における注意点

「Googleサジェストとは何?」「GoogleサジェストでSEO対策をしたい」
こういった基本的なところから知りたい、という方が多いでしょう。

このページでは、実際に複数のメディアを運営し、多くのSEOに関する仮説検証を回してきた筆者が自身の経験を踏まえつつ、以下のことを解説します。

    • Googleサジェストとは?
    • Googleサジェストはどうやって決められるの?
  • Googleサジェストが持つSEO的意味
  • SEO対策の際の注意点
  • サジェストツール一覧

このページをご覧いただければ、GoogleサジェストやSEO対策を理解でき、ご自身のメディアを効率的に伸ばすことができます。

Googleサジェストとは?

Googleサジェストとは、以下のように検索窓の中に言葉を入れた時に出てくるキーワードのことです。

サジェストとは、英語で提案する、おすすめするという意味で、その意味の通り、ユーザーがより良い検索ができるようにサポートしてくれます。
また、サジェスト機能はGoogleだけでなく、YouTube、Yahoo!、Amazonなどの大手サイトでも取り入れられています。

今回解説するGoogleサジェストは、SEO対策をする上で非常に役立つのです。

Googleサジェストを使ったSEO対策については、Googleサジェストが持つSEO的意味をご覧ください。

Googleサジェストはどうやって決められるの?

Googleサジェストはどうやって決められるの?

どういったキーワードがGoogleサジェストに選ばれるかは、独自のアルゴリズムによって決められています。
Googleがアルゴリズムの中身を公開していないため、確実な判断基準は誰にもわかりませんが、一般的には以下の要素が影響されていると言われています。

  • 検索ボリューム
  • 検索している人数
  • キーワードについて言及したサイトの数
  • Google検索を行う地域や言語
  • ユーザーが直前に調べたキーワード
  • 瞬間的に検索量が多くなる

基本的な考え方として、検索をサポートする、つまり、多くの人の検索のニーズに答えるキーワードを表示したいので、上記のような判断基準が使われていると言われています。

それでは、それぞれの要素について詳しく解説していきます。

検索ボリュームが多い

当然ですが、検索されるボリュームが多ければ多いほど、それだけたくさんの人が求めている可能性が高いと言えます。

例えば、月に1000回検索される「カツ丼 美味しいお店」というキーワードと、月に10回しか検索されない「カツ丼 まずいお店」というキーワード、があるとします。
この場合、「カツ丼」と検索窓に入れたユーザーに対して、「美味しいお店」と表示する方が明らかに便利ですよね。

なぜなら、「まずいお店」と表示された場合、10回の検索しか満足させられないのに対して、「美味しいお店」と表示させれば、1000回の検索を満足させられるからです。

このようなことから、検索ボリュームはサジェストを決定するための重要な要素だと考えられます。

検索している人自体が多い

検索された回数だけでなく、検索した人の数も重要だと言われています。

検索された回数と検索した人数の違いは、少しわかりにくいかと思います。
しかし、以下のような場合、検索回数と検索人数は同じになりません。

「検索回数は2回だが、検索した人数は1人」という、同じ人が2回検索した場合

すると、「検索回数を見ず、検索人数だけ見れば良いのでは?」
このように思われる方もいるかもしれません。
しかし、検索回数を考慮することで、Googleを利用してくれる人の検索ニーズを満たすことができます。

一方で、検索人数を考慮しないと、以下のような極端な場合に、最適なGoogleサジェストを表示することができません。

1人が1ヶ月に1000回検索していて、月間検索数が1000回の場合

上記のような例では、検索回数が多いからといってサジェストに表示してしまうと、1人の検索ニーズしか満たせていない、という事態になってしまいます。

こういった場合は、Googleにとって望ましくないでしょう。
なぜなら、Googleは、あらゆる人が便利に使える検索エンジンを目指しているからです。

少し極端すぎる例でしたが、キーワードの検索数だけでは測れない部分もあるため、検索した人の人数もGoogleサジェストを決めている要因だと考えられます。

キーワードについて言及したサイトが多数存在している

もし、キーワードがたくさん検索されていたとしても、キーワードについて言及しているサイトが無ければ、Googleはユーザーに役立つ情報を提供することができません。

例えば、「サル 飼い方」というキーワードがたくさん検索されていても、サルの飼い方について書いてあるサイトがなかったらどうでしょうか。
Googleは、「猿とはどういう生き物なのか」など、猿の飼い方に関係のない記事を表示しなければなりません。

このような場合、検索ニーズとあまり関係のない、つまり、ユーザーの役に立たない情報を提供することになってしまいます。

検索ニーズを満たされなかったユーザーは、「bingなど他の検索エンジンを使おう」と思ってしまうでしょう。
そうすると、Googleを使う人が少なくなり、Googleの利益も減ってしまいます。

Googleは、わざわざ利益を減らすようなことを避けたいはずです。
したがって、そのキーワードに言及しているサイトが多数あるかどうかも、サジェストを決める基準になっていると考えられます。

Google検索を行う地域や言語

Googleは、より多くの人に使ってもらおうとしているため、ユーザーに最適な検索情報を提供しようとします。
そのため、Google検索を行う地域や言語は、Googleサジェストを決めるのに非常に大切な要素になります。

具体例で考えるとわかりやすいのですが、例えば、東京にいる人がお好み焼きを食べたくて、「お好み焼き」と検索窓に打ち込んだとします。
この時、「お好み焼き ロサンゼルス」というサジェストがでてきても、役に立たないですよね。
上のような場合、「お好み焼き 東京」や「お好み焼き 渋谷」と、地域を考慮して表示してあげた方が、ユーザーの役に立つサジェストになるわけです。

また、言語もサジェストを決めるのに重要な要素です。
例えば、日本語で携帯を使っている人は、日本語で検索をする可能性が高いですよね。
つまり、検索設定を日本語にしている人には、日本語のサジェストが表示されやすくなります。

ユーザーが直前に調べたキーワード

「直前に調べたことを、もう一度検索したくなる」ことはありませんか?

例えば、「渋谷 焼肉」などの検索は、渋谷で焼肉食べるたびに検索するでしょう。
そのようなキーワードを毎回打っていたら、ユーザーは面倒くさいと感じる可能性が高いです。
そのため、1度検索されたキーワードは、サジェストに出てくる可能性高くなります。

これをオートコンプリート機能と言います。

瞬間的に検索量が多くなる

瞬間的に検索量が多くなったキーワードは、一時的に世の中の関心が高くなっている可能性が高いです。

身近な例で言うと、元号が平成から令和に変わった瞬間、「令和」というキーワードの検索量が一気に増えましたよね。
それは、「令和」という元号に対して、世の中の関心が集まったからです。

つまり、こういったキーワードは、ユーザーが求めている情報の可能性が高いので、サジェストに出やすくなります。

Googleサジェストが持つSEO的意味

Googleサジェストとは?SEOとの関係とは?

Googleはユーザー体験を良くするために、サジェストを良く盛り込み、網羅性を高くした記事を評価する傾向にあります。

Googleが網羅性の高い記事を評価する理由は、検索を実際にしている場面を想像してみるとわかります。

例えば、A8.netの悪い評判と良い評判、どっちも知りたいと思ったユーザーが、「A.8net 評判」と検索したとします。

その時、検索結果で上位に表示された記事が、良い評判ばかり載せていたとしたら、このユーザーは「A8.net 評判 悪い」ともう一度検索するでしょう。
もし、「A8.net 評判」というキーワードで、悪い評判を含んだ記事を上位に表示させていたとしたら、このユーザーの再検索する手間は省けるはずです。

したがって、Googleは、サジェストを盛り込んだ網羅性の高い記事を高く評価する傾向にあるのです。

しかし、何も考えず、サジェストを記事に全部盛り込めば良いのかというと、そうではありません。

次は、Googleサジェストを使ってSEO対策をする時の注意点を解説します。

GoogleサジェストをSEO対策として使う時の注意点とその理由

Googleサジェストを使ったSEO対策は?

GoogleサジェストをSEO対策として使う時、無闇に網羅性を上げようとして、出てきたサジェストを全て入れるというのは得策ではありません。

その理由は以下の2つです。

  • 記事同士でカニバリが起き、評価が分散する
  • 関連性が落ちる可能性がある

Googleサジェストを入れすぎてはいけない理由についてそれぞれ解説していきます。

記事同士でカニバリが起き、評価が分散する

記事同士のカニバリは、同じサイトの記事同士が同じような内容を書いてある時に発生します。

例えばサイト内に、「Googleのサジェスト」を解説している記事が、2つある場合を考えてみましょう。
同じような内容を2つの記事で説明しているため、Googleのアルゴリズムから見ると、どちらを「Googleサジェスト」というキーワードで上位表示させて良いのか、わからないのです。

こういう時、Googleは評価を分散させてしまいます。

この評価の分散のことをカニバリといい、評価が分散してしまうとその分だけ上位表示されにくくなるのです。

サジェストをよく考えず、記事に含めると、内容が重複した記事同士ができる可能性が高くなります。
すると、カニバリが起こり、記事同士評価を下げてしまう可能性が高いのです。

関連性が落ちる可能性がある

狙ったキーワードとの関連性を高めるには、検索意図が同じサジェストを入れると効果的です。
逆に、検索意図の違うサジェストを入れてしまうと、Googleから、狙ったキーワードと関連性が低いと評価されてしまう可能性があります。

例えば、「ソフトバンク 評判」と検索して、ソフトバンクの携帯の評判が、上位の検索結果を占めていた場合を考えてみます。

ソフトバンクの転職の評判についての記事を書くと、その記事の「ソフトバンク 転職 評判」のキーワードとの関連性は高くなるかもしれません。
しかし、「ソフトバンク 評判」というキーワードとの関連性は薄いと判断される可能性が高くなりますよね。

したがって、サジェストを入れるときは、検索意図とあっているか精査する必要があります。

Googleサジェストがあたえる良い影響

Googleサジェストの良い影響

何かキーワードを入れた時に、Googleサジェストに自社サービスの名前が表示されると、検索からの流入増加が見込めます。

具体的には、「クレジットカード おすすめ」と検索窓に入れた時に、Googleサジェストで「クレジットカード おすすめ 楽天カード」と表示された場合です。

そのGoogleサジェストを見たユーザーは、クレジットカードのおすすめは楽天カードなんだと考え、楽天カードについて検索する人が増加します。
その結果、楽天カードの利用者数も増えるのです。

Googleサジェストに、自社や自社のサービス名が表示されることは、基本的には良い影響を与えます。

しかし、以下のような場合はGoogleサジェストが悪い方向に働いてしまうのです。

Googleサジェストが与える悪い影響

Googleサジェストの良い影響

Googleサジェストは良い影響だけを与えるわけではありません。

通称サジェスト汚染と呼ばれる、企業に不利益の発生するサジェストが表示されてしまうこともあるのです。

例えば、会社やサービス名のサジェストに「最悪」「詐欺」「騙された」などが出てきた場合、その会社と取引したくなくなったり、サービスを利用したく無くなったりします。

自社のサービスなどがサジェスト汚染されていないか、確認を怠らないことが大切です。

では、「サジェストが汚染されていた場合、どうすれば良いの?」と考えると思います。

以下で、悪いGoogleサジェストの対策について解説します。

悪いGoogleサジェストの対策

悪いGoogleサジェストへの対策

悪いGoogleサジェストの対策は一般的に以下の2つがあります。

  • Googleに異議申立て
  • Googleサジェスト対策業者に依頼

具体的にどうすれば良いのか、それぞれ解説します。

Googleに異議申立て

Googleに異議申立てをし、サジェストの削除を依頼することができます。

明らかに不当なサジェストの場合、削除してもえることがあります。
しかし、ほとんどの場合は、削除依頼は却下されてしまうようです。

Googleにサジェストの削除依頼をしても通らなかった場合は、サジェスト対策会社という選択肢もあります。

Googleサジェスト対策業者に依頼

Googleサジェスト対策業者に依頼すれば、サジェストを消したり、希望のサジェストを表示させたりできる可能性があります。

不当な誹謗中傷などに悩んでいる会社にとっては頼みの綱ですが、きちんと対策されない場合もあります。
したがって、業者の精査はきちんと行った方が良さそうです。

Googleサジェストを抽出するツール一覧

Googleサジェストを抽出するツール

Googleサジェストを抽出するツールは、様々なものがあります。

当サイトでおすすめしているGoogleサジェストツールは、関連キーワード取得ツール(仮名・β版)です。
しかし、どのGoogleサジェストツールでも、SEO対策に十分に使えるので、自分の好きなものを使って大丈夫です。

主なサジェストツールは、以下のようなものがあります。

  • 関連キーワード取得ツール(仮名・β版)
  • Googleサジェストキーワード一括DLツール
  • Ubersuggest
  • Good keyword
  • Ahrefs

関連キーワード取得ツール(仮名・β版)

サジェストツールの中では、一番多くサジェストが表示されます。

また、サジェストのみでなく、「Yahoo知恵袋」や「教えて!Goo」の関連度の高い質問も表示されるため、ユーザーニーズの把握に非常に役立ちます。

記事作成の際には、ぜひ使っていただきたいGoogleサジェストツールです。

関連キーワード取得ツール

Googleサジェストキーワード一括DLツール

Googleサジェストキーワード一括DLツールは、その名の通り、抽出したGoogleサジェストをCSVファイルで、ダウンロードすることができます。

ただ、混雑時にはエラーが出て動かないことがあるのが難点です。
混雑に影響されない有料プランもありますが、他の無料ツールを使えば十分でしょう。

Googleサジェストキーワード一括DLツール 

Ubersuggest

Ubersuggestは、Googleサジェストだけでなく、一緒にボリュームも出してくれるツールです。
この他にも、月間検索ボリュームや、SEO難易度、CPC広告のクリック単価も出してくれます。

後で説明する、キーワードプランナーと似ていますが、こちらは無料で使うことができるので課金したくないという人におすすめです。

実際使ってみると、ボリュームがほとんどキーワードプランナーと一緒で、無料ですが十分な機能を備えており、素晴らしいものでした。

Ubersuggest

Good keyword

Good keywordでは、Googleサジェストだけでなく、楽天サジェストやGooglePlayサジェストも取得することができます。

Googleサジェストの数は、関連キーワード取得ツール(仮名・β版)よりも少ないことが多いです。

Good keyword 

Ahrefs

Ahrefsは有料のツールですが、非常に便利なツールです。

キーワードのサジェストのほか、競合がとっているキーワード、競合の大体のオーガニックトラフィック(検索からの流入)も確認できます。
本格的にアフィリエイトサイトやブログを始める人にとっては、必須とも言えるツールです。

Ahrefsは、正確な情報を提供するために、グーグルに次いで世界で2番目に多くクローラー(サイトの内容を把握するためのロボット)を回しています。
そのため、他のツールで出ない、サジェストも取得できることもあります。

実際に使っている筆者の感想としては、オーガニックトラフィックの増減のグラフはかなり正確です。一方で、キーワードボリュームは、そこまで正確ではないと感じています。

GoogleサジェストのKWVをキーワードプランナーで調べよう

Googleが提供するキーワードプランナーを使えば、上記のツールで取得したGoogleサジェストツールのキーワードボリュームを、確認することができます。

狙ったキーワードと検索意図が同じかつ、ボリュームが大きいサジェストで上位表示されれば、狙ったキーワードの順位にも好影響を与えることができます。

KOUHO.JP

KOUHO.JPを使えば、Googleサジェストではなく、以下のものを取得することができます。

  • Amazonサジェスト
  • 楽天サジェスト
  • Bingサジェスト
  • はてな連想語
  • Twitter共起語

Googleサジェスト以外でも、ユーザーニーズを把握したいと思う人におすすめです。

まとめ:Googleサジェストとは?SEO対策に活用しよう

Googleサジェストとは?SEO対策との関係まとめ

Googleサジェストとは何か、また、そのSEO対策について解説しましたが、いかがだったでしょうか。

このページのポイントは以下になります。

  • Googleは検索ボリュームや地域など、ユーザーのニーズと関連するであろうものでサジェストを決めている
  • Googleサジェストは狙った検索意図にあっているか精査しよう
  • おすすめGoogleサジェストツールは「関連キーワード取得ツール(仮名・β版)」

Googleサジェスト対策は、SEO対策の最重要事項といっても過言ではありません。

よく理解できていないという人は、もう一度記事を見直ししっかりと把握してください。

コメントを残す