SEOライティングとは?検索上位を狙うために考えるべきポイント

SEOライティングとは?検索上位を狙うために考えるべきポイント

「SEOライティングって何?」「具体的にどういうことを気にして書けばいいのかわからない……」とSEO対策のためのライティングについて悩んでいませんか?

検索上位にコンテンツを表示させて多くのPVを得るために必要となるSEOライティングですが、抽象的な概念から難しく感じてしまい、いまいち理解できていない方も多いのではないでしょうか。

このページでは、日本最大級のWEBメディアであるWeb Reachの編集部がSEOライティングについて以下のことを説明します。

  • SEOライティングとは?
  • SEOライティングで押さえるべきこと

このページを読むことによって、SEOライティングのポイントを理解でき、検索エンジンから評価されて上位表示を目指せるコンテンツを執筆できるようになるでしょう。

内容を簡単にまとめると・・・

  • SEOライティングとは、ただ読みやすい文章を書くのではなく検索結果で上位表示を狙うためのライティングのこと
  • SEOライティングでは、記事を書く前にキーワードを決めること、検索意図に答えたコンテンツにすること、独自性の高いコンテンツにすることなどが大切
  • altタグに説明文を入れる、代名詞の使用は必要最低限にするなどの細かいテクニックも意識すべき
  • また、SEOライティングを覚えたら今まで書いた記事をリライトした方が良い
  • リライトをする際におすすめなのが、自動でリライトすべき記事を抽出してくれるsmartASPというツール
  • smartASPは、GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールを使い、客観的なデータに基づいて修正すべき記事を出してくれる
  • 全ての機能が無料のため使わなくても損はないので、登録するだけ登録しておくべき
smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

SEOライティングとは

SEOライティングとは

SEOライティングとは、検索結果で上位表示を狙うために必要となるライティングテクニックです。

SEOライティングを駆使しないと、せっかく作ったコンテンツが検索上位になかなか表示されず、読者に読まれる機会に恵まれなくなってしまいます。

読者の目に触れないということは、コンテンツが存在しないといっても過言ではないでしょう。

作ったコンテンツを検索上位に表示されるようにして読者の目に入れ、コンテンツに存在価値を与えるためにもSEOライティングは習得すべきテクニックのひとつなのです。

多くの読者に見てもらうためにSEOライティングを駆使して検索エンジンに評価されるコンテンツを書く上で注意したいことが1点あります。

それは1年ほど前までは、サジェストをたくさん入れた網羅性の高いコンテンツが評価されていましたが、2019年現在は異なっているという点です。

現在では検索エンジンがコンテンツに書かれている文脈から内容を判断できるようになっているため、検索意図を絞って読者の要求に応えることができるコンテンツが評価されるようになっています。

そのため、狙うキーワードのサジェストを網羅することによって読者が求めていると思われる内容をたくさん詰め込むという方法は労力のわりにリターンが少ないので避けるようにしましょう。

また、SEO対策にはそんなに時間をかけたくない、という方も多いのではないでしょうか。

実際の対策にかける時間より、メディアを伸ばす力や、実戦で使えるSEO知識をつけたいなら減らせる作業時間は減らして、浮いた時間を他のサイトの分析などに使いたいですよね。

そこで、売り上げ管理やサイト分析を効率化できるsmartASPを活用するのがおすすめです。

完全無料で、万が一使わなくなっても損することがないので、1度使ってみるべきでしょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

SEOライティングで押さえるべきこと

SEOライティングで押さえるべきこと

SEOライティングでは押さえるべきポイントが複数存在します。

検索エンジンに評価されるために必要となるポイントを押さえながらコンテンツを執筆することによって、検索上位に表示される可能性を高めることが可能になります。

記事のキーワードを決める

SEOライティングを駆使してコンテンツを書くために最初に行うべきことがキーワードの選定です。つまり、執筆するコンテンツのテーマを決める作業ですね。

ひとつのコンテンツに複数のテーマを含んでしまうと軸がぶれてしまい検索エンジンに評価されず、読者にも内容が伝わりづらくなってしまうため、すぐに離脱されてしまいます。

そのため、ひとつのコンテンツにつきひとつのテーマに絞るのがポイントです。

キーワードを選定するときには、Googleが提供しているGoogleキーワードプランナーか無料キーワード提案ツールであるUberSuggestを使用すると便利です。

GoogleキーワードプランナーとUberSuggestを利用することによって、狙っているキーワードの検索ボリューム(検索需要)や関連するキーワード、難易度を調査することができるため、上位表示されやすいテーマを選ぶことが可能になります。

GoogleキーワードプランナーはGoogleアカウントを所有していれば無料で使うことができますし、UberSuggestは会員登録自体不要で自由に使用することができます。

両方とも海外産のツールですが、日本語化されているため敷居も低く、操作も簡単であるため積極的に使用できます。

キーワードに関する読者の需要を確認して、執筆するコンテンツのテーマになるキーワードの選定を効率よく行なっていきましょう。

また、キーワードを選ぶ上で重要なのがキーワードの表記揺れです。

表記揺れとは同様の意味を持つ言葉に対して複数の書き方があるものを指します。

例えば「犬」という言葉でも「イヌ」「いぬ」といった3種類の書き方が存在します。

「Google」も英語表記のほかに「グーグル」とカタカナ表記される場合もありますし、「プログラマー」も「プログラマ」と書かれることがあります。

表記揺れがあるキーワードに関するコンテンツを書こうとしている場合、どの表記で書くべきか悩むかもしれませんが、単純に検索ボリュームの大きさと検索上位の取りやすさで選んで問題ありません。

検索意図に応えたコンテンツにする

キーワードを決定したら執筆するコンテンツのテーマが決まりますよね。

コンテンツを書く際は読者がなぜそのキーワードで検索するのか意図を考慮して構成を考え、本文を執筆していきましょう。

つまり「なぜ知りたいのか、知ることによってどのようなことをしたいのか」という点を考える必要があるのです。

そして、検索意図に応える部分に対して、多くの文字数を割いて丁寧にコンテンツを書くことが大事になります。

コンテンツで重要な部分に対して重点的に文字数をかけることによって検索エンジンが「読者の知りたいことを汲んで書かれている」と判断してくれるため、評価されやすくすることが可能です。

また、コンテンツ全体の文字数が多ければ良いということではないことに注意しましょう。

『SEOライティングとは』の章でも説明しましたが、「サジェストをたくさん含んだ網羅性の高いコンテンツは評価されやすい」というセオリーは、すでに過去のものになっています。

網羅性を重視すると自然と文字数は多くなりますが、文字数が多ければ検索上位に表示されるというわけではないのです。

あくまで大事なのは、テーマに選んだキーワードに関する内容の濃さ。

コンテンツの中心となる部分に厚みを持たせるように執筆していきましょう。

適切な内部リンクを貼る

内部リンクを貼ることもSEOで重要になります。

執筆しているコンテンツに関連性のあるコンテンツの内部リンクを貼ることによってWebサイトを回遊するクローラーの運動を高めることができ、検索エンジンに多くの情報をインデックスさせることが可能になるため、関連するキーワードで検索された際に上位表示されやすくなります。

特に内部リンクを貼るコンテンツは読者が検索したキーワードに対して密接に絡んでおり、検索意図に応えることができている良質なコンテンツだとSEO効果は増します。

読者の満足度が高いコンテンツに内部リンクを貼ることによって検索エンジンからより評価されるわけですね。

内部リンクを貼る際に忘れてはならないものが、アンカーテキストです。

アンカーテキストは内部リンク先のコンテンツが理解できるテキストにしましょう。

一番わかりやすい例は内部リンク先のコンテンツのタイトルを含めること。

読者は内部リンクがどのコンテンツに繋がっているのかわかるためクリックしやすくなりますし、アンカーテキストと内部リンク先のコンテンツの整合性が取れているため、検索エンジンからも評価されます。

また、クローラーは読者が多くクリックしている内部リンクに対して、辿る頻度を増加させるという性質があるため、サイト全体のインデックス量を増やすことが可能です。

適切な内部リンクを貼ることによって、執筆しているコンテンツだけではなく、今まで執筆してきたほかのコンテンツやサイト全体の評価を向上させることができ、検索された際に上位表示される可能性を高めることが可能になります。

そのため、特に内部リンクは執筆の済んだコンテンツも整備することをおすすめします。

具体的に内部リンクをどう当てるべきか知りたいという人は、実物を見ながら勉強するのが一番です。

つまり、カテゴリー分けと内部リンクを分析する必要があり、一番おすすめの分析方法はsmartASPの内部リンク可視化ツールを使うことです。

smartASPの内部リンク可視化ツールを使えば以下のように、参考になるサイトがどのように内部リンクを張っているのか一発でわかります。

内部リンク可視化ツール

他にも作業効率化機能や強力なSEO機能があるにも関わらず、全ての機能が無料なのです。

万が一使わなくても損はないので、smartASPを使うかどうかわからないという方でも、とりあえず登録しておきましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

独自性の高いコンテンツを目指す

Googleはオリジナリティを大事にしているため、独自性が高いコンテンツは評価される傾向にあります。

自分の体験や経験は競合するコンテンツには書かれていない強みになるため、書けるのであれば含めると良いでしょう。

ただし、体験談や経験談を含めるときは、コンテンツのテーマから外れることのないように注意してください。

あくまで自分だけしか書けない内容はテーマに沿ったものだけにして、余計なものは書かないようにしましょう。

執筆するコンテンツで大事なのは、読者が検索キーワードに求める期待に応えられる内容であるという点です。

まずは読者の需要に応えられるだけの内容を書き切ってから独自性が出る文章を付加するという書き方を行うことによって、テーマから逸れる可能性を少なくできるのでおすすめです。

ページタイトルはキーワードを含めて30文字前後にする

ページタイトルはSEOの観点から見ても重要な要素です。

ページタイトルにはコンテンツを執筆する前に選定したキーワードを必ず含めるようにしましょう。

またキーワードは可能な限りページタイトルのはじめの部分に設定するとよりSEO効果は高くなるという特徴を持っています。

ただし、SEOばかり考えてページタイトルを付けてしまうと読者が見たときにコンテンツの内容が十分に伝わらない可能性が出てくるため、バランスに注意しましょう。理想はSEOを考えつつも読者が読みたくなるキャッチーなタイトルがついているパターンです。

また、ページタイトルの文字数は30文字前後を意識しましょう。

これはページタイトルが長すぎると検索結果一覧で一部省略されてしまうためです。

ページタイトルが省略されていたからといって上位表示されなくなるといったペナルティはありませんが、タイトルが省略されてしまうと読者が内容を十分に想像できなくなってしまうため、クリックされる可能性が下がってしまいます。

見出しは構造を守ってキーワードを含める

見出しであるhタグはサイトを回遊しているクローラーにコンテンツの構造を伝えるための役割を果たします。

hタグにはh1からh6までありますが、h1タグは一般的にページでひとつしか使わず、コンテンツの執筆にはh2以下のhタグのみ使用します。

コンテンツはh2→h3→h4といったように数字の大きいものから使うことによって、クローラーに対して適切な文章構造を伝えることが可能です。

また、hタグはコンテンツを構成するタグの中でも重要度の高いタグであるため、h2にはキーワードを入れるようにしましょう。

h2にキーワードを入れることによって、検索意図を捉えることが可能になり、上位表示につながります。

h3やh4以下にはキーワードを入れなくても問題ありません。

むしろ、h3やh4に多くのキーワードを入れてしまうと検索エンジンからスパム認定されてしまい、コンテンツの評価が下がってしまう危険性もあります。

検索エンジンから正当に評価してもらうためにもhタグは構造を守り、適切なキーワードを入れてコンテンツを執筆していきましょう。

テキストの最初の部分にキーワードを書いておく

見出し直下の本文は、リード文となる先頭のテキストブロックにキーワードを含めるようにしましょう。

見出しだけではなく、テキストにもキーワードを含めることによって、クローラーがより理解しやすいコンテンツを作ることができます。

また、コンテンツの中心となる本文だけではなく、コンテンツのはじめに配置することになる導入文と検索結果一覧にタイトルと一緒に表示されるメタディスクリプションには、先頭から数えて50文字以内の中にキーワードを入れるようにしましょう。

メタディスクリプションは検索エンジンの評価に関与しませんが、メタディスクリプションにキーワードを含めることによって検索されたときにキーワードが太字で表示されるという特徴を持っています。

メタディスクリプションにキーワードを入れることは読者のクリック率上昇が見込める施策のため、設定はきちんと行っておくことをおすすめします。

画像のalt属性には説明文を入れる

画像を貼る際に使うimgタグに設定するalt属性には、画像が何を示しているのか説明文をきちんと書きましょう。

alt属性に説明文を入れなくても画像は表示されることから、つい軽視しがちですがクローラーはalt属性を参照にして何の画像なのか把握しています。

SEO施策の中でも簡単に対応できるため、積極的に行うべきでしょう。

また、Googleは画像内に書かれている文字をすでに認識できている可能性があります。

そのため、画像に文字を入れることが問題ない種類である場合は文字を入れるとベターです。

画像加工が必要になるため、コンテンツ執筆と比べて少々手間に感じるかもしれませんが、可能な限り行うことをおすすめします。

URLにキーワードを含める

コンテンツのURLには、読者が内容を想像しやすい文字列をつけると読者に優しいURLにすることができます。

コンテンツに関連性のある文字列を入れるとわかりやすくて良いでしょう。

残念ながら上位表示に繋がるSEO効果はほとんどありませんが、読者にクリックさせやすくなるため、行なって損はありません。

代名詞の使用は最小限にする

コンテンツ執筆において「これ、それ、あれ、どれ」など代名詞の使用は控えるべきです。

人間ならば文章の前後を見て代名詞が何を指しているのか理解できますが、Googleは代名詞を理解できません。

そのため、代名詞の使用は最小限にして明確な文章を書くようにしましょう。

明確な文章はGoogleから評価されますし、内容が具体的になるため、読者がより文章を理解しやすくなるという利点があります。

つまり、代名詞の使用を最小限に抑えることによって検索エンジンと読者に優しいコンテンツにできるというわけですね。

まとめ:SEOライティングとは?押さえるべきポイント

まとめ:SEOライティングとは?押さえるべきポイント

SEOライティング概要から押さえるべきポイントについて解説しましたが、いかがだったでしょうか。

このページの要点は以下になります。

  • SEOライティングとは検索結果で上位表示させる上で必要となるテクニックである
  • 読者の検索意図をしっかり掴み、知りたいことを提供できるコンテンツにすることが重要
  • 自分の体験などを織り交ぜ、独自性のあるコンテンツを目指す
  • 見出しは構造を守り、見出しと本文にはしっかり狙いたいキーワードを入れることが大事

コンテンツは検索エンジンに評価されるポイントを押さえながら、読者が欲しがっている検索意図を把握して、必要となる情報を十分含む必要があります。

検索エンジンと読者の両方を考えて、検索上位に表示されつつ、閲覧した読者が満足してくれるコンテンツを目指した執筆を心がけましょう。

SEOライティングは「こうすれば絶対検索上位に表示される」というものがありません。

SEO施策を施してもいまいち結果が出ない場合は、コンテンツをリライトする必要も出てくるでしょう。

そんなときにはもう一度、このページの解説部分を見返してSEOライティングのポイントを確認し、自分のコンテンツに不足している部分がないか検証してみてください。

また、本格的なSEO対策をしたい方はサイト分析・競合分析などを効率化できるsmartASPを活用するのがおすすめです。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

コメントを残す