SEO内部対策とは?SEOの仕組みから施策まで解説

SEO内部対策とは?SEOの仕組みから施策まで解説

「SEOの内部対策はどうするの?」「SEOの仕組みは?」とSEOという言葉を聞いたことがあっても実際にどうすれば良いわからない人は多いのではないでしょうか?

サイトを運営するにはSEOの知識がないと収益を得ることは難しいです。

このページでは、日本最大級のWEBメディアであるWeb Reach編集部が、SEOの内部対策とSEOの仕組みと施策について以下のことを解説します。

  • Googleの検索順位の仕組み
  • SEO内部対策とは
  • SEO内部対策が大切な理由
  • SEO内部対策の具体的な方法

このページを読めば、SEOの仕組みについて理解が深まり、SEO外部対策だけでなく内部対策もできるようになります。

内容を簡単にまとめると・・・

  • SEO内部対策とは、サイト内で行うことができるSEO対策
  • SEO内部対策を行うと、Googleに正しくサイトの情報を伝えることができる
  • SEO内部対策の具体的な方法にも2種類ある
  • 1つ目はクリーラーの巡回を促すもの
  • 2つ目はクローラーに正しくサイトを認識してもらうもの
  • SEO対策をする無料ツールsmartASPを使えばこれらは効率用行うことができる
  • SEO対策をするならsmartASPで決まり
smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

SEO内部対策とは?

SEO内部対策とは?

サイト内で行うことができるSEO対策が、「SEO内部対策」です。

具体的には、Fetch as Googleをしたり、パンくずリストを作ったり、階層を三層構造にしたりなどです。

SEO対策には、外部に対して行う「SEO外部対策」もありますが、内部に対して適切に行うことで、SEO対策への効果を得ることができます。

また、本格的なSEO対策をしたいという方にはsmartASPという無料のツールがおすすめです。

smartASPはウェブサイト運営者のために開発された無料ツールです。

smartASPを用いればウェブサイト運営は今より更に効率化されることでしょう。

なぜなら、smartASPは客観的な数字を元に修正すべき記事を抽出してくれるため、SEO知識に自信がないという人でも本格的なSEO対策が可能だからです。

また、競合分析も効率化してくれるため、非常に便利です。

無料なのでまだ使っていない人は1度使ってみましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

SEO内部対策をしなくてはいけない理由

SEO内部対策をしなくてはいけない理由

SEO内部対策を行わなければ、Googleに対してコンテンツ内容を正しく伝えることができません。

いくらサイトに良質なコンテンツが多くても、クローラーが巡回を行い、正しくインデックスされて、良質なコンテンツと判断されなければ意味がありません。

良質なコンテンツを作成して、クローラーに対して伝える必要があります。

Googleで検索順位を上げるためには、良質なコンテンツ作成だけでなく、クローラーに対しても適切な対策を行いましょう。

クローラーについて詳しく知りたい方は「クローラーとは?」の記事を参照してください。

Googleでの検索順位の仕組み

Googleで検索順位が決まる仕組みは、以下の流れで行われます。

  1. クローラーの巡回
  2. ページのインデックス
  3. 検索順位の決定

以上の3つの流れで検索順位が決まります。

<クローラーの巡回>

サイトに新しいコンテンツを公開するとクローラーが巡回をして、コンテンツの情報収集を行います。

しかし、サイトを立ち上げたばかりであったり、被リンクが少ない場合には、すでにインデックスされているコンテンツが少ないので、クローラーが巡回をする確率が低くなります

そして、一度クローラーが巡回してだけでは、情報を全て収集することができません。

クローラーは一度に多くの情報を集めることができず、断片的な情報しか得ることができません。

そのため、頻回にクローラーに巡回してもらうこといよって、コンテンツの情報を正確に伝えることが重要です。

クローラーの巡回が行われているかチェックするにはGoogleを見る必要があります。

Googleサーチコンソールについて詳しく知りたい方は「Googleサーチコンソールとは?」の記事をご覧ください。

<ページのインデックス>

ページのインデックスとは、クローラーが集めた情報をもとにコンテンツがGoogleのデーターベースに登録されることです。

検索順位を上げるためには、コンテンツが良質であることと、正しく情報を伝える必要があります。

<検索順位の決定>

インデックスされたページをもとに、「アルゴリズム」によりランキングを作成します。

アルゴリズムはGoogleアップデートのたびに変わります。

SEO内部対策について更に知りたい方はnoteを読むこともお勧めします。

noteには内部対策のみならず様々な情報が掲載されており、ウェブサイト運営を行うには必要な投資ということができるでしょう。

また、noteの作者はsmartASPの製作者であるSEOのきつねさんなので情報が確かです。

noteを購入するほどでもないな、という方にはTwitterの活用をお勧めします。

Twitterは無料で日々刻々と変化するSEO対策の情報を呟いている方が大勢います。

特におすすめなのがSEOのきつねさんのツイートです。

フォロー推奨です。

外部対策だけではダメ

SEO外部対策は、「被リンクを増やす」ことです。

Googleでの検索順位を決定する上で、被リンクの数も順位を決める判断基準の一つになっています。

特に現在では、SNSを活用して外部SEO対策を行なっている人が多くいます。

しかし、いくら外部SEO対策を行なっていても、良質なコンテンツを作成していなければ意味がありません。

SEO対策で一番重要なのは、「コンテンツの質」と「SEO内部対策」であると言っても過言ではありません。

SEO内部対策については、対策した分だけ効果が現れます。

被リンクについて更に詳しく知りたい方は「被リンクとは?」の記事を参考にして下さい。

しかし、SEO外部対策については、取り組んだ分だけ効果があるとも限りません。

SEO外部対策にもある程度は効果がありますが、SEO内部対策と一緒にバランスよく行うことが大切です。

SEO対策について更に詳しく知りたい方は「SEO対策とは?」の記事を参照してください。

<SEO外部対策についての注意事項>

SEO外部対策である被リンクについては、販売している業者が存在します。

しかし、不自然な被リンクや意図的に被リンクを増やすことはGoogleからのペナルティを受けることがありますので、購入しないようにしましょう。

このようなものより、SEOに効果的な無料ツールがあります。

それはsmartASPです。

smartASPはwebサイト運営者が更にその運営を効率化して行うことができるように誕生しました。

smartASPは客観的な数字を元に修正すべき記事を抽出してくれるため、SEO知識に自信がないという人でも本格的なSEO対策を行うことを可能にしました。

また、競合分析も効率化してくれるため、webサイトを以前より更に魅力的なものにする手助けをするでしょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

ちなみに、このツールの開発者のTwitterは興味深い情報を呟くので是非チェックしてみてください。

SEO内部対策の施策①クローラーの巡回を促す

ページをインデックスしてもらうためには、まずクローラーの巡回を促さなくてはいけません。

そのための手順としては、以下の流れになります。

  • Fetch as Googleをする
  • パン屑リストを設置する
  • サイトの階層を2クリック以内にする

3つのポイントについて解説します。

Fetch as Googleする

クローラーに対して巡回をするようにリクエストするのが、Fetch as Googleです。

コンテンツを作成後に行う場合や、更新後に行うことにより、クローラーが巡回に来るのを待たなくて済むので、インデックスされるのが早くなります。

インデックスされるのが早くなれば、結果としてGoogleの検索結果にも早いうちに表示することが可能です。

Fetch as Googleについて詳しく知りたい方は、「Fetch as Googleとは?」の記事を参照してください。

<Fetch as Googleの機能>

  1. Googleへのインデックスのリクエスト
  2. レンダリングのシミュレーション
  3. HTTPの速さの確認

以上の3つを行うことができます。Googleへのインデックスのリクエストについては、クローラーに対して巡回を依頼することです。

巡回を依頼するのと一緒に、「レンダリングのシミュレーション」と「HTTPの速さの確認」も合わせて確認しましょう。

また、Fetch as Googleの使い方について詳しく知りたい方は「Fetch as Googleの使い方は?」の記事を参考にしてください。

レンダリングのシミュレーション

コンテンツを作成しても正しく表示されていないとクローラーにもユーザーへも情報が伝わりません。レンダリングのシミュレーションを行うことにより、整った形でサイトが表示されているのかを確認することができます。

特に、サイトを作成後初めてFetch as Googleを使用するのであれば、必ず行うことをおすすめします。対照ページが正しく表示されているか確認をするためにも、自身の目で確認をしてください。

レンダリングのシミュレーションの手順は以下の通りです。

  1. Fetch as Googleを開く
  2. 検索窓に調べたいURLを入力する
  3. 「PC」「モバイル:スマートフォン」の確認したい方を選択する
  4. 「取得してレンダリング」をクリックする

以上でレンダリングシミュレーションを行うことができます。

PCとモバイル:スマートフォンはどちらも行うようにしてください。

HTTPレスポンスの確認

Webサーバーがブラウザからの要求に対して行うことを「HTTPレスポンス」といいます。

HTTPレスポンスの確認とは、ブラウザからの要求に対して、Webサーバーが正しくWebページを表示されているか確認をすることをいいます。

パン屑リストを設置する

パン屑リストを設置することにより、クローラーも効率的にサイト内を巡回することができます。

クローラーは一度の巡回で、より多くのサイトの情報を獲得することが可能です。

Googleからもパンくずリストの使用を推奨しているので、まだパン屑リストを設置していない人はすぐ設置することをおすすめします。

パン屑リストには3つの種類があります。

  1. 位置型パン屑リスト
  2. 属性型パン屑リスト
  3. パス型パン屑リスト

<位置型パン屑リスト>

左上に表示されているものが位置型パン屑リストです。

ホーム/SEO内部対策/SEO内部対策とは?SEOの仕組みから施策まで解説

上記のように表示され、一目でユーザーが閲覧しているサイトの位置を確認することができます。ページにたどり着く経路が違っても、ページごとに表示されるパン屑リストは同じです。

ボリュームのあるサイトにおすすめです。

<属性型パン屑リスト>

ユーザーの操作によって変化し、検索フィルタの役割にもなるのが、属性型パン屑リストです。

サイト内での位置を確認することができないことと、前のページに戻ることができませんが、ページのコンテンツのメタデータを表示させることができます。

車の販売サイトや化粧品などのECサイトに使用している場合が多く、フィルタをカスタマイズして検索することができるサイトに好まれます。

<パス型パン屑リスト>

「履歴型パン屑リスト」との呼ばれ、同じページでも経路が違えば異なる表示になります。位置型パン屑リストとは対照的なパン屑リストです。

しかし、ブラウザの「戻る」機能と同じため、現在のサイトではほとんど見かけることがなくなりました。

更に詳しくパンくずリストについて知りたい方は、「パンくずリストとは?」の記事をご覧ください。

階層を3階層程度にする

サイトを運営する場合は、3階層の構造にすることをおすすめします。複雑な構造にするとユーザーだけでなく、クローラーに対してもどこに何があるかわからなくなります。

全てのページが2クリック以内で行き来できることにより、クローラーは隅々まで巡回をすることがが可能です。

もちろん、ユーザーに対しても見やすいサイト設計になります。

  1. TOPページ
  2. カテゴリー
  3. カテゴリー内記事

以上の3つが2クリックでサイト内を巡回することが可能な構造です。

カテゴリーのキーワードについてもSEOキーワードを調べてから作成することにより、SEO対策にも繋がります。

これからサイトを運営する人も、すでにサイトを運営している人も運営しているサイトを見直しましょう。

サイト見直しの際に役に立つ無料ツールがsmartASPです。

smartASPはウェブサイト運営者がより良いサイト運営」を行うことができるように誕生しました。

smartASPを使えばあなたのウェブサイトは今より更に良くなること、間違いありません。

是非一回、登録してみましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

SEO内部対策の施策②クローラーに正しくサイトを認識してもらう

クローラーがサイトを巡回するようになっても、情報を正しくインデックスしなくてはGoogleの検索結果で上位に表示させることができません。

そのために必要なことが、以下の3つのポイントです。

  • 見出しタグの使い方
  • 引用タグの使用方法
  • URLを一つにまとめる

クローラーを巡回を促すのと同じくしっかりと対策をして、検索結果が上位に表示されるようにしましょう。

見出しのタグを適切に使う

コンテンツを作成するときは、必ず見出しタグを使用しましょう。

見出しタグを使用することにより、構造化をすることが可能です。

文章だけのコンテンツは、クローラーにもユーザーに対しても見にくいページになります。

見出しタグを使用する場合も、「見出し2」のあとに「見出し4」が来ることがないように、数字の順番をしっかりと守りましょう。

引用タグを適宜用いる

Googleは、引用タグを使用しないで無断複製を行なっていたり、オリジナルコンテンツが全くないページの作成を禁止しています。

他のサイトから引用を行う際は、必ず引用タグである<blockquote>を使いましょう。

<blockquote>を使用することで引用していることをクローラーに伝えることができます。

URLを正規化する

URLを一つにまとめることを「URLの正規化」と呼びます。

ドメインを取得したばかりの状態だと、「wwwあり」、「index.htmlあり」と「wwwなし」、「index.htmlなし」のあってもなくてもアクセスすることが可能です。

そのままだと被リンクのURLが違っていて評価が別々のURLに対して行われることになります。

そこでURLの正規化を行い、ドメインを統一化する必要があります。

URLの正規化はドメイン取得後すぐに行なってもらいたいSEO内部対策です。

<URLの正規化方法>

  1. htaccessファイルを使用する
  2. canonicalタグを使用する

htaccessファイルの場合

  1. htaccessファイルを使用することができるか確認を行います
  2. Options +FollowSymLinks
    RewriteEngine on
    RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www\.◯◯◯◯\.jp$
    RewriteRule ^(.*)$ http://hogehoge.jp/$1 [R=301,L]を入力する

以上が「wwwあり」と「wwwなし」を統一させる方法です。

index.htmlの場合は、

Options +FollowSymLinks
RewriteEngine on
RewriteCond %{THE_REQUEST} ^.*/index.html
RewriteRule ^(.*)index.html$ http://◯◯◯◯.jp/$1 [R=301,L]
上記の太文字部分が変わります。

canonicalタグの場合

  1. htmlのheadタグ内に「link rel=“canonical” href=“http://◯◯◯◯.jp”」と入力する

以上で「wwwあり」と「wwwなし」を統一させることができます。

<URLが正規化されているか確認方法>

GoogleChromeの場合

  1. GoogleChromeで自身のWebページを開き右クリック、「検証」を開く
  2. 検証項目の上記にある「Network」をクリックする
  3. GoogleChromeの検索窓に「wwwあり」「wwwなし」のURLを入力する
  4. 「Statu」の部分が301と表示されるか確認をする

301と表示されることでURLの正規化に成功しています。

「Network」が表示されていない場合は、「>>」をクリックすることで表示されます。

リダイレクトチェックの場合

  1. リダイレクトチェックへアクセスを行う
  2. 検索窓へ調べたいURLの入力を行う
  3. 結果が表示される

URLの正規化を行なったら必ず確認をしましょう。

また、SEO対策をしたい方にはsmartASPと言うツールがオススメです。

smartASPはウェブサイト運営者のために開発された無料の便利ツールです。

smartASPを使えば、あなたのサイトは以前より更に魅力的なものになるでしょう。

なぜなら、自動でサイト分析をし、修正すべき記事を抽出してくれるだけでなく、SEOで最重要と言っても過言ではない内部リンクを可視化できるからです。

無料なので今すぐ登録しましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

まとめ:SEO内部対策とは

SEO内部対策について解説しましたが、いかがだったでしょうか。

このページの要点は以下になります。

  • Googleでの検索順位の仕組みとは
  • 外部対策だけでなく内部対策も重要
  • まずはクローラーにサイト内の巡回を促す
  • クローラーにサイトを正しく認識してもらう

サイトを運営してまだSEO内部対策をしていないのであれば、すぐに対策することをおすすめします。

SEO内部対策についてまだよく難しいところがありましたら、もう一度解説部分を見返してみてください。

また、本格的なSEO対策をしたい方はサイト分析・競合分析などを効率化できる無料ツールsmartASPを活用するのがおすすめです。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

コメントを残す