SEO対策の効果はいつ現れる?効果の時期や上位記事の傾向を解説

SEO対策の効果はいつ現れる?効果の時期や上位記事の傾向を解説

「SEO対策をしたにはいいものの、いつから効果が出るか分からない」とSEO対策の効果がいつ出るのか疑問を抱いている人は多いと思います。

ウェブサイト運営する多くの人が行っているであろうSEO対策ですが、具体的な効果の現れる時期については知らない人がほとんどだと思います。

このページでは、日本最大級のWEBメディアであるWeb Reachの編集部がSEO対策をしてからいつ効果が現れるのか、について以下のことを解説します。

  • SEO対策をしてから効果が出るのはいつ?
  • 施策ごとの効果が出る期間
  • 上位記事の傾向

このページを読めば、SEO対策をしてから効果が出るのはいつなのか、についてはもちろんのこと、どのような施策を打てば良いのかについても理解を深められるでしょう。

内容を簡単にまとめると・・・

  • SEO対策をしてから効果が出るのは、施策によっても異なるが、早くて数時間程度
  • 遅くても半年程度
  • 上位記事はウェブサイトのページが作成されてから約3年のものが多い
  • 新規記事で上位に入っているウェブサイトは少ない
  • SEO対策をするならsmartASPがオススメ
  • smartASPは客観的な数字を元に修正すべき記事を抽出
  • 競合分析も効率化してくれるため、非常に便利
  • 無料なので、万が一使わなかったとしても損をすることはない
smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

SEO対策をしてから効果が出るのはいつ?

SEO対策をしてから効果が出るのはいつ?

SEO対策をしたには良いものの、いつ効果が出るかわからず、自分の行った施策が正しいのかいまいちわからない人は多いと思います。

そこで、この記事では施策ごとにその効果の現れる時期をまとめてみました。

ここでいう効果とは、検索順位が下位にあったものが、中位に来る、中位にあったものが上位に来るなどで、必ずしも上位に来ることを指しているわけではありません。

また、あくまで目安で、書いてあった期間に必ず効果が出るとは断言できないので注意してください。

リライトの効果はいつでる?

ここではリライトの効果について説明します。

リライトとは、ウェブサイト上の記事やブログなどのテキストコンテンツを新たに書き直すことです。
これがなぜSEO対策に繋がるのかというと、現在の検索順位を鑑みて、現状以上の順位にするための対策を考えることができるからです。

そのため、効果的にウェブサイトを改良することができます。

では、具体的なリライトの内容とSEO対策になる理由、その効果の現れる時期について5つみていきます。

キーワード・本文・タグの追加

1つ目はキーワードや本文、タグの追加などの本文自体に手を加えるリライト方法です。

この場合の効果の現れる期間には個人差があると思いますが、おおよそフェッチして1、2時間後〜1週間です。

この施策がSEOに効果を持つ理由を説明していきます。

そもそもGoogleの検索エンジンとはどんなものを検索上位にするのでしょうか。

Googleの検索エンジンは、本文中の狙ったキーワードの出現率や、文字数から推察される情報量、またそれぞれのタグに含まれる文字数によって判断し、検索順位を決めます。

そのため、キーワード・本文・タグの追加を行うことにより、SEO対策を行うことができるのです。

ちなみにフェッチとはFetch as Googleの略です。現在はFetch as Google というものはなくなってしまいましたが、Google Search Console内にあるURL検査ツールで同様のことをすることが出来ます。

この作業ではGoogleの検索エンジンのクローラーに、クローリングを申請することが出来ます。そして、そのことによって、ウェブサイトはインデックス化されて検索結果に表示されることが出来ます。

つまり、簡単に言ってしまえば、Googleにいち早くウェブサイトを認識してもらうための作業です。

今までやっていなかった人は、是非やってみてください。

内部リンク施策

2つ目は内部リンク施策です。

この場合の効果の現れる期間は3週間から2ヶ月程度で、じりじりと順位が上がっていく傾向があります。

筆者のイメージだとリンクジュースが行き渡るイメージで、徐々に効果が出る印象があります。

リンクジュースとは、外部のウェブサイトのリンクを自分のウェブサイトに掲載した際に、自分のウェブサイトの価値がリンク先に波及することです。

内部リンクとはウェブサイト内の関連ページなどをつなぎ、よりユーザーが使いやすいようにするために設置されたリンクです。

例えば、パンくずリストを設置することなどは内部リンク施策にあたります。

パンくずリストとは、主にウェブサイトの上部に設置してあります。

そして、パンくずリストはユーザーにウェブサイト上の現在地を知らせる役割を果たします。

また、それだけではなく設置することによりウェブサイト上の他のページも閲覧してくれる可能性も高めることが出来ます。

他にも、ブログやウェブサイトを閲覧していて文字の色が変わっていることが、まれにありますよね。

その場合、色が変わっている文字についての説明がリンク先に載っている、なんてことがあるかと思います。

それも内部リンクのうちの一つです。

内部リンクを設置することでユーザビリティを向上させることが出来るのです。

しかし、一方で関連性のない内部リンクはかえってユーザーやクローラーを混乱させかねないので、内部リンクを設置する際には注意が必要です。

内部リンクを適切に設置することは、Googleのクローラーに正しくウェブサイトを評価してもらえることにつながります。

また、内部リンクをはることで階層構造を整えると、そのページにアクセスするための道筋が多くなります。

そのためクローラーはリンクが貼ってあるサイトにアクセスするため、クローラーが何度も同じウェブサイトのページにアクセスすることになります。

カテゴリ内で内部リンクを貼りあうことも大切です。

理由は、クローラーの循環が促され、重要なウェブサイトのページであるとGoogleに認識してもらえるため、SEO対策となるのです。

また、重要な記事には内部リンクをたくさん集めることが効果的です。

なぜなら、ウェブサイト内に複数回登場し、内部リンクがたくさん貼られている記事はGoogleにリンクの集まる重要な記事と評価されるからです。

そんな内部リンクですがどのサイトにどのくらい貼ったか忘れてしまい不便な思いをしたことがありませんか。

そんな方におすすめなのがsmartASPです。

smartASPには内部リンクを可視化することができるツールがあり、大変便利です。

また、競合サイトの内部リンクすら可視化することができるため、使わない手はありません。

他にも作業効率化機能や強力なSEO機能があるにも関わらず、全ての機能が無料なのです。

万が一使わなくても損はないので、smartASPを使うかどうかわからないという方でも、とりあえず登録しておきましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

SXO施策

3つ目はSXO施策です。

この場合の効果が現れる期間はおおよそ1ヶ月程度です。

SXO施策は、簡単にいうとユーザーに記事をよく読ませたり最後まで読ませることを目指す施策のことです。

具体的には、ウェブサイトのデータを軽くして表示速度を速くしたり、ユーザーが知りたい情報を掲載することなどがあります。

また、ユーザーに最適化するということは結果的にSEO対策に繋がってきます。

つまり、SXO対策を行えば記事内容がユーザーに最適化され、よく読まれるようになるとGoogleから良い記事という評価を受けるため検索順位も上がっていくのです。

ちなみに、SXOとは”Search Experience Optimization”の略です。

日本語では「検索体験最適化」を意味します。

SXOの略はSEOなんじゃないかと思った方は多いと思います。

しかし、SEOの方が先に存在していて、2つの名前がかぶってしまうため、2文字目のXを持ってきたためSXOと呼ばれています。

SEO対策とは別の対策であるとられがちですが、SEO対策の中にSXO対策は含まれています。

ここで、ご存じの方も多いと思いますがSEOという言葉の意味についても説明します。

SEOとは” Search Engine Optimization”の略で、日本語では「検索エンジン最適化」を表します。

これらの二つの言葉はとても似ていますが、SXOはユーザーを対象にして行うものです。

一方、SEOは検索エンジンを対象としたものになっているためこれらの2つは最適化する対象が異なります。

つまり、SEO対策では検索エンジンにとって最も良いウェブサイトを作成することがメインなのです。

しかし、SXO対策においては、ユーザーにとって使いやすいサイトを作ることが施策になりうります。

新規ページの追加

この場合の効果の現れる期間はまちまちです。

新規記事は早ければその日に1ページ目に来ることもあるし、2ヶ月程度立たないと1ページ来ないこともあります。

筆者の個人的な意見ですが、この期間は概ねキーワードの難易度による気がします。

また、新規記事公開を全くしなくなると、メディアの伸びが止まるという感覚があります。

新規ページの追加は文字通り、ウェブサイトに新規ページを更新することを指します。

ただ、ここで重要なのは、ただやみくもに新規ページを更新すればいいわけではない、ということです。

劣悪な記事を更新し続けてもSEO対策にはなりません。

むしろ逆効果となり、サイト全体の検索順位が下がる、ということも起こりかねません。

この場合の効果ですが、更新頻度を高めること自体からは直接的な効果は得られません。

しかし、更新する内容の質を高めることで効果を期待することが出来ます。

つまり、施策そもそもの効果が微妙な為、効果の現れる時期を言い表すことが出来ないのです。

被リンク施策

上記のSEO対策はコンテンツ対策と言われるものでしたが。外部対策である被リンクの効果はいつ出るのでしょうか。

この場合の、効果が現れる期間は1ヶ月から半年で、いつ効果が出るかわからないと感じています。

そもそも被リンクとは、外部サイトに貼られている自分のウェブサイトに向けられたリンクのことを指します。

例えば、記事を書く際に参考にしたウェブサイトのURLを記事の最後などに掲載することがありますよね。

それは、掲載されたウェブサイトにとっての被リンクにあたります。

ここでこれがなぜSEO対策になるのかについて説明します。

理由はGoogleの検索エンジンが、どのウェブサイトが重要であるか判断する上での基準として、ユーザーがウェブサイトに貼った被リンクの数を定めているからです。

なぜ定めているのかというと、被リンクが多いということは多くのユーザーに支持されているということだからです。

ですが、質の低いウェブサイトからの被リンクはむしろ逆効果になるので注意が必要です。

そのため、自分で質の低いウェブサイトを作成して被リンクを作ったとしても効果があるとは言えません。

そのようなことをするくらいなら自分のウェブサイトのコンテンツの改良に勤めた方が良いです。

ここからは、被リンク施策のやり方について説明していきます。

先ほども触れた通り、被リンクは自分で作成することが非常に困難です。

そのため、Googleのガイドラインに沿った、より良いコンテンツを制作することが被リンクの施策につながります。

しかし、近年ではTwitterやInstagramなどのSNSを活用することによりウェブサイトのファンを獲得して被リンクを獲得する動きも出てきました。

そのため、SNSを活用するのも一つの手かもしれません。

ここまで、様々なSEO対策を紹介してきましたが、もっと効率的にSEO対策を行いたいと思っている人は多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのがsmartASPというツールです。

smartASPは自動でサイト分析をし、修正すべき記事を抽出してくれるだけでなく、SEOで最重要と言っても過言ではない内部リンクを可視化できます。

また、競合サイトの内部リンクを可視化できるのは日本で唯一smartASPだけです。

さらに全ての機能が無料で、損をすることもないためまだ登録していない方は今のうちに登録しておきましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

新規記事を公開してから1ページ目に来るまでどのくらいかかる?

新規記事を公開してから1ページ目に来るまでどのくらいかかる?

では、新規記事を公開してから、実際に効果が出るまでどのくらいの期間を要するのでしょうか。

ここでは、筆者の実体験をもとに説明していきます。

また、ここでいう上位とは検索結果の1ページ目、つまり検索順位が上位10位に入っていることを指します。

新しいドメインの場合3ヶ月間くらいは上位に来にくい

まず、新しくウェブサイトを設立してドメインを取った場合について説明します。

この場合、どんなに競争率の少ないキーワードの記事でも、どんなに良い記事を書いても上位を獲得できる可能性は少ないです。

これにはおもに3つの理由が存在します。

1つ目に、Googleがそのサイトの専門性をうまく評価できていないため、なかなか順位がつかないということが挙げられます。

これにはGoogleのクローラーの巡回と関係があります。

通常、Googleなどの検索エンジンはクローラーがウェブサイトを巡回してインデックス化をします。

そして、インデックス化されたものから検索結果を作成します。

しかし、作成して間もないウェブサイトはGoogleのクローラーがクローリングしきれないため、上位に行くことが出来ないのです。

2つ目に、3ヶ月間はなかなかクローラーが回ってこないため、順位がつきにくいことが挙げられます。

3か月以上経ったドメインの場合

3か月以上経ったドメインの場合はどうなのでしょうか。

その場合はまちまちですので、場合ごとに説明していきます。

まず、あまり競争率の高くないキーワードの話をします。

あまり競争率の高くないキーワードの場合は施策を行ってから最短6時間ほどで上位に上がることが出来ます。

また、競争率の高いキーワードであっても、おおよそ半年ほどあれば、上位に上がることができます。

今あげた目安は、あくまでも筆者の経験から導き出したものなので、参考程度に収めてください。

また、きちんとSEO対策を行ったうえでの目安です。そのため、そもそもSEO対策をしていない人はそこから始めてください。

一方で、本格的なSEO対策をしたいという方にはsmartASPというツールがおすすめです。

smartASPは客観的な数字を元に修正すべき記事を抽出してくれるため、SEO知識に自信がないという人でも本格的なSEO対策が可能です。

また、競合分析も効率化してくれるため、非常に便利です。

無料なので、万が一使わなかったとしても損をすることはないので、まだ使っていない人は1度使ってみることをおすすめします。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

実際はどうなの?具体的なデータから解説

実際はどうなの?具体的なデータから解説

ここまで、SEO対策と、その効果の現れる時期をセットにして説明してきました。

ですが、実際に検索結果において1位などを獲得するウェブサイトとはどんなウェブサイトなのか、傾向を見ていきましょう。

ahrefsのデータを参考にして解説していきます。

ここでの上位記事とは上位10位の記事を指します。

また、注意して欲しいのは、今回紹介するデータはただの順位との相関関係であり因果関係を示しているわけではないことです。

つまり、たまたまこのようなデータになっていたり、他の要因が大きかったりする可能性もあるということを頭に入れて読んでください。

ウェブサイトの年齢

まずウェブサイトの年齢の観点から、傾向を見ていきます。

ここに、Googleの検索順位の上位記事にいるウェブサイトのページの年齢を表したグラフがあります。

Googleの検索順位の上位記事にいるウェブサイトのページの年齢を表したグラフ

出典:ahrefs

これを見ると、見事に年齢と検索順位が比例していることが分かります。

特に、上位に入っているウェブサイトのページの平均年齢は2歳であることが分かります。

つまり、新規ドメインで上位に食い込むことは容易なことではないのです。

実際に、上位のうち22%のみがウェブサイトのページ作成が1年以内に行われたものになっています。

新規上位記事

では、新規上位記事についても見ていきます。ここでの新規記事とは作成されてから1年以内の記事と定義します。

ここに、上位記事のうちの新規記事の割合を示したものがあります。

新規上位記事

これを見ると先ほどのグラフの真逆で上位に行くほど割合が少なくなる傾向がうかがえます。

では、新規記事の中で1年以内に上位記事にたどり着いている割合はどのくらいなのでしょうか。

実は、新しく公開されたページのうちの5.7%なのです。

いかに新規記事で上位を獲得するのが大変なのかわかりますね。

逆に考えれば、95%の新規記事が新規記事のうちに上位記事に入ることが出来ないのです。

また、新規記事のうち19.5%は11位から100位の中に入ることが出来ています。

しかし、74.8%の新規記事は上位100位に入ることすらもできていません。

また、これは全体の平均で、競争率の高いキーワードにおいての話ではありません。

さらに、競争率の高いキーワードにおいての新規記事の割合は0.3%にまで下がります。

次に、これらの5.7%のウェブサイトのページが公開されてから何日で上位記事に入ったのかについて紹介します。

これらの記事の大半は約61〜182日で上位10記事に入り込んでいます。

理論上半年以上のドメインならほとんど違いはない

これまで、新規記事は上位に入りにくい傾向があるという話をしてきました。

しかし、理論上では取得してから半年以上のドメインならほとんど順位には影響がないといわれています。

Googleのマット・カッツ氏が以下のことを述べています。

「6カ月のドメインと1年のドメインを比べた時にGoogleの評価が変わるということは全くない。」

つまり、理論上は違いがないはずなのに、統計的には異なるということなのです。

そのため、ウェブサイトへのアクセスや、指名検索数を地道に増やしていくことが大切なのです。

しかし、直接的な要因にはなっていないものの、間接的なランンキング要因になっている可能性があります。

繰り返しになりますが、今回紹介したデータはただの相関関係であって、因果関係を示すものではないことに気をつけてください。

まとめ:SEO対策をしてから効果が出るのはいつ?

まとめ:SEO対策をしてから効果が出るのはいつ?

SEO対策をしてから効果が出るのはいつか、や上位記事の傾向について解説しましたが、いかがだったでしょうか。

このページの要点は以下になります。

  • 上位記事はウェブサイトのページが作成されてから約3年のものが多い
  • 新規記事で上位に入っているウェブサイトは少ない
  • 理論的にはドメインエイジが6カ月以上ならドメインエイジは検索順位に関係しない
  • 遅くてもおおよそ6カ月で施策の効果は現れる

SEO対策をしてから効果が出るまで、施策によってまちまちであったり、ドメインエイジのことなども関係してくるので現状をしっかり理解していつ頃効果が出るのか見込みを立てましょう。

また、本格的なSEO対策をしたい方はサイト分析・競合分析などを効率化できるsmartASPを活用するのがおすすめです。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

コメントを残す