【2019年最新】無料/有料SEO分析チェックツールおすすめ60選を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
無料・有料SEOチェックツールをご紹介

「おすすめのSEO分析チェックツールが知りたい」「どんなSEO分析チェックツールがあるの?」と疑問に思っている方も多いと思います。

SEO分析チェックツールをうまく活用すれば今まで気付かなかったサイト内の欠点の洗い出し、競合サイトの調査などを行うことが可能です。

しかし、無数にあるSEO分析チェックツールを全て試すのはとても時間を消費してしまいますよね。

そこでこのページでは、複数のサイトを運営し、60個以上のSEO分析チェックツールを使用してきた筆者が以下のことについて紹介していきます。

  • SEO分析チェックツールの選び方
  • SEO分析チェックツールのメリット・デメリット
  • 有料/無料のおすすめSEO分析チェックツール

このページを読めば、自分のサイトに適したSEO分析チェックツールを見つけることができ、データ分析の時間短縮や競合サイトよりも優れた施策を打てるようになるでしょう。

それぞれのSEO分析チェックツールについて詳しく紹介していきます。

好きなところから読む

SEO分析チェックツールとは?

SEO分析チェックツールとは特定の機能を持ったソフトウェア機能のことで、最良のSEO対策・分析を行うために使用します。

キーワードに対しての検索順位の確認や、キーワード選定のサポートを行うツールなど用途は様々で、SEO分析チェックツールを使用することで手動の1/10以下の時間でデータなどを解析することができるでしょう。

精度の高い情報を集めて、正しい方向で施策を打つためにもSEO分析チェックツールは必須とも言える存在です。

サイト運営に役立つ!SEO分析チェックツールの正しい選び方

SEO分析チェックツールは大きく有料版と無料版に分けられます。

人によって状況や求めている情報が違うため、それぞれにあったSEO分析チェックツールを選ぶ必要があるのです。

SEO分析チェックツールの正しい選び方のポイントは3つ。

  • 費用対効果が良いか
  • 回収が可能な金額設定のツールか
  • 使いこなせる機能か

それぞれのポイントについて詳しく紹介していきます。

費用対効果が良いか

SEO分析チェックツールを選ぶのに費用対効果はとても重要な選ぶポイントです。

Googleが提供しているSEO分析チェックツールは基本的に無料で使用でき、企業が提供しているものは機能によって月額制の有料か無料かに分けられます。

有料のSEO分析チェックツールを使用すれば無料のものよりも速く、細かく、精度の高い情報を得ることが可能です。

しかし有料SEO分析チェックツールの場合、闇雲に登録するわけにはいけません。

価格に対してどのような効果が見込めるかを明確にしないと、うまくサイト運営を行なったとしても有料ツールへの支払いの金額の方が大きくなってしまうでしょう。

「費用対効果の良い有料SEO分析チェックツールを使用したい」という方は、後ほど紹介する『必ず登録しておくべき3つのSEO分析ツール』を参考にしてください。

回収が可能な金額

SEO分析チェックツールを活用して運営サイトからの報酬がアップしても、SEO分析チェックツールへの支払いがサイトからの収入よりも大きかったら資産がマイナスになってしまいますよね。

そのため、SEO分析チェックツールよりも大きな報酬を得ることができるサイト運営・SEO分析チェックツール選びを行う必要があります。

有料SEO分析チェックツールの中には月額150000円という価格設定の物も。

月額の金額はもちろん、SEO分析チェックツールを使用した後にある、自分のサイトの伸び代なども事前に確認しておくことが大切です。

伸び代があり、回収可能な価格設定の有料SEO分析チェックツールを選ぶようにしましょう。

使いこなすことが可能な機能

有料のSEO分析チェックツールとなると様々な機能が搭載されています。

検索順位確認、競合分析、流入分析など多くの機能を使いこなさなければいけないのです。

そのため、どんなに便利で精度の高い情報を抽出してくれるSEO分析チェックツールであっても使いこなせなくては意味がありません。

中には日本語に対応していないSEO分析チェックツールなども存在するため、事前に使いこなすことが可能か確認してください。

有料SEO分析チェックツールの場合、基本的に無料のトライアルを試すことができるので、自分が使いこなせるかを判断した上で利用しましょう。

無料・有料SEO分析チェックツールを使用するデメリット

無料・有料SEO分析チェックツールはとても便利なものではありますが、少なからずデメリットも存在します。

そのため、無料・有料SEO分析チェックツールを使用する時は今から紹介するポイントに気をつけてください。

デメリット①金額が発生する場合がある

SEO分析チェックツールに不慣れな方や英語表記で使用している方は、「いつの間にか有料版に登録してしまい使用料金を請求された」というケースも少なくありません。

無料のSEO分析チェックツールを使用していて、さらに詳しい情報を知りたいと思った場合は有料版にグレードアップが必要になります。

この有料版へのグレードアップはクレジットカードの情報を入力するだけで簡単に行えるのです。

知らずに使用料を請求されるのは少し怖いですよね。

しかし、どの有料SEO分析チェックツールもクレジットカードの情報を入力しない限りは基本お金が発生することはありません。

そのため、どんな場合でもクレジットカードの情報さえ入力しなければ完全無料で使用することができますよ。

デメリット②ツールに使い慣れるまで時間がかかる

SEO分析チェックツールは無料、有料に限らず様々な機能が搭載されたものが存在します。

そのため、使いこなすまでに多少時間がかかってしまう場合もあるのです。

データを抽出するためにとても重宝されるSEO分析チェックツールですが、データ分析に時間をかけすぎて運営サイトの施策が打てないのであれば本末転倒。

しかし、基本的に使い方などの解説は側に表示されていますし、英語表記のものでない限りは数時間程度で慣れると思います。

施策への時間を確保しつつ、SEO分析チェックツールをうまく活用しましょう。

無料・有料SEO分析チェックツールを使用するメリット

上記でデメリットを紹介しましたが、そのデメリットを大きく上回るほど無料・有料SEO分析チェックツールには数々のメリットが存在します。

3つのメリットについて詳しく紹介していくので、少しでも無料・有料SEO分析チェックツールに興味がある方は確認してみてください。

メリット①SEO対策に役立つ詳しいデータを得ることができる

無料・有料SEO分析チェックツールの最大のメリットは手動では得ることができない、SEO対策に役立つデータを抽出することができることです。

ツールを使用すればGoogleのアルゴリズムの変動や運営サイトの検索順位などの情報を簡単に得ることができます。

無料・有料SEO分析チェックツールで得た情報からSEO対策を行い、競合サイトに差をつけましょう。

初心者の方は無料で十分ですが、少しでもサイトから収益が上がっている方は有料SEO分析チェックツールを使用することを強くおすすめします。

運営サイトの収益アップの起爆剤となるでしょう。

メリット②作業時間を大幅に削減することができる

記事とキーワードに対する検索順位の測定やキーワード選定などは無料・有料SEO分析チェックツールを使用しなくても手動で行うことが可能です。

しかし、手動の場合とても時間がかかってしまい作業時間にも影響を及ぼすでしょう。

無料・有料SEO分析チェックツールを使用すれば手動よりも短い時間で情報を抽出することができます。

少しでも手を動かして、ライバルよりもPDCAを回すためにも、作業時間を大幅に削減することができる無料・有料SEO分析チェックツールはとても重要な存在です。

メリット③競合サイトを分析することができる

自分のサイトを改善することも大切ですが、それと同じくらい競合サイトを分析することが大切です。

競合サイトの動きを把握することで、運営サイト側でも何かしらの対策を行うことは可能ですし、競合サイトの施策の良し悪しを分析することもできます。

競合とはいえ、良い施策などは運営サイトでも取り入れていくのが良いでしょう。

その市場で頭一つ飛び抜けたサイト運営をするためにも競合サイトを分析はとても重要です。

アフィリエイトで稼ぐなら必ず登録しておくべき3つのSEO分析チェックツール

100近くのSEO分析チェックツールが存在する中で絶対に登録すべき3つのおすすめツールを絞りました。

どれも他のSEO分析チェックツールよりも飛び抜けた機能を搭載しており、使いやすいのが特徴です。

今からサイト運営を行うために必須となる機能ばかり。

それぞれについて詳しく紹介しているので、少しでも興味を持った方は是非登録してみてください。

smart ASP(スマートASP)

SEO分析チェックツールの中でも異色の機能を豊富に搭載されたsmart ASP

ASP案件の一括検索・提携、内部リンク可視化、リライト記事の自動選定分析など他ツールには搭載されていない機能ばかりです。

案件の一括検索は自分合った案件をすぐに見つけることができる他、案件を比較する時間を大幅に削減することができます。

今後も様々な機能のグレードアップが期待される唯一無二のSEO分析チェックツール

webに携わる仕事をしているなら絶対に登録しておきたいおすすめのツールです。

>>smart ASPを利用する

Ahrefs(エイチレフス)

上級者アフィリエイターや大手企業が使用する万能SEO分析ツールのAhrefs。

シンガポールとウクライナに本社を構える、Ahrefs社が開発した有料SEO分析ツールです。

運営サイトや競合サイトのPV数、被リンク数、ドメインランクなどを調査することが可能で、今からアフィリエイトを始めるには必須なSEOツールと言われています。

プランは全部で4つあり、それぞれで利用できる登録キーワード数、サイト数、計測URL数が異なります。

最もお手軽なライトプランは月額99ドル〜となっているので、自分のサイト規模収益に似合ったプランで使用してみてください。

>>Ahrefsを利用する

GRC

GRCは無料でも使用できる検索順位チェックツールです。

使い方はとてもシンプルでSEO分析ツールを使ったことのない方でも、迷うことなく利用することができます。

有料版に登録することでより多くのサイトURL数・検索語数を登録することが可能です。

複数のサイトを運営している方は有料版を利用するのがようでしょう。

プランは全部で5つあり、月額405円〜利用可能です。

比較的安値なSEO分析ツールなので、アフィリエイト初心者の方も使用してみることをおすすめします。

>>GRCを利用する

無料で利用できるGoogleのおすすめSEO分析チェックツール4選

ここではGoogleが提供している基本無料のおすすめSEO分析チェックツールについて紹介していきます。

設定方法が少し難しいですが、どれもサイト運営を行うのに必要な情報を得ることができるツールばかりです。

無料で登録できるので、まだ運営サイトに取り入れていないというGoogleのSEO分析チェックツールがある方は、是非登録してください。

Google広告(旧グーグルアドワーズ)

キーワードプランナーは、広告運用に際してGoogle上でニーズのある検索キーワードの選定を行うツールです。

検索ボリュームや競合、類似キーワードを調査することができるため広告運用だけではなく、所有サイトのSEO対策にもおすすめ。

Google広告を利用することで、初心者の方でも簡単に狙うべきキーワードの選定ができます。

基本的に無料で利用でき、上級者のアフィリエイターでも頻繁に使用する便利なツールです。

>>Google広告(旧グーグルアドワーズ)を利用する

Googleトレンド

Googleトレンドは、一定期間内に検索されたキーワードの中で、特に検索ボリュームが多い話題のトレンドを無料で分析することができるツールです。

今話題になっている商品・サービスを知り、検索ユーザーの潜在ニーズを突く情報を発信することで検索上位にサイトを表示させることができます。

上手く活用すれば、検索キーワードを通して検索ユーザーを誘導し、行動に繋げることも可能となるでしょう。

上級者アフィリエイターでも使用する最新情報の源となるツールです。

>>Googleトレンドを利用する

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)

サイト内のユーザビリティの改善を行うにあたり、必須とも言えるSEOツールGoogle Search Console。

ツールを通して様々な情報を得ることができますが、主に運営サイト内のパフォーマンスの分析改善を行うことがメインの役割となります。

例えば、ある特定のキーワードでの表示回数やクリック回数等も知ることもできるのです。

Google Search Consoleをうまく使いこなしたことでサイト訪問数がアップしただけでなく、商品の売り上げアップに繋がったという事例も多くみられます。

読者の行動を細かく分析することが可能となるおすすめの無料分析ツールです。

>>Google Search Console(グーグルサーチコンソール)を利用する

Google Analytics(グーグルアナリティクス)

Google Analyticsは、アクセス解析に特化したツールです。

運営サイトのPV数、どのデバイスからサイトに訪れているか、閲覧者はどのような人なのかなどのデータを知ることができます。

改善点を見つけて施策を行えば、自分が望むサイトに近づくことが可能となるでしょう。

有料版と無料版がありますが、基本的に無料版で十分にアクセス解析ができますので是非利用してみてください。

>>Google Analytics(グーグルアナリティクス)を利用する

無料/有料で利用できる検索順位チェックツール6選

サイト内で投稿した記事の検索順位を調べることができる検索順位チェックツール。

対象となるページのURLと狙いたいキーワードを入力するれば簡単に順位を示してくれるでしょう。

検索順位を常に把握しておくことでリライトのタイミングなどを測ることが可能で、SEO対策にも直結してきます。

まずは、運営サイトのキーワード順位を把握してみることが大切です。

ここでは検索順位チェックツールの中でも特に使いやすい6つのツールについて紹介していきます。

順位チェック300

検索順位チェック300はその名の通り、選択したキーワードのGoogle、Yahoo!、Bingの検索順位を300位までのチェックすることができるSEOツールです。

ソフトのインストール不要で、ブラウザ上で簡単に利用できるため、初心者でも使いこなせます。

>>順位チェック300を利用する

SEOチェキ!

SEOチェキ!は、豊富なチェック項目が特徴の無料SEOツールです。

検索順位やキーワード出現頻度はもちろん、Facebookのいいねの数や、ソーシャルブックマーク登録数まで分析し確認できます。

>>SEOチェキ!を利用する

検索順位チェッカー

選択したページとキーワードに対してGoogle、Yahoo、Bingの検索順位とヒット数を表示してくれるSEOチェックツールの検索順位チェッカー。

PCでもスマホでも利用できるため、どこでも自分のサイトの成果をチェックすることが可能です。

>>検索順位チェッカーを利用する

ランキングチェッカー

ランキングチェッカーは、GoogleやYahoo!などの検索結果を一括でチェックできるSEOツールです。

1つのURLに対して同時に5つのキーワードのチェックができる使い勝手の良さ。

無料で利用できるので経験の浅いサイト運営者の方にもおすすめです。

>>ランキングチェッカーを利用する

Serposcope(サーポスコープ)

無料ダウンロードすることで利用できるようになる、SEOチェックツールSerposcope。

自分のサイトに対するGoogleの評価や、検索順位について調べることができます。

便利なツールではありますが、日本語表記ではないので少し使いにくいのが難点です。

>>Serposcope(サーポスコープ)を利用する

BULL(ブル)

BULLは、月額1,100円から利用できる検索順位自動チェックツールで、Google・Yahoo!などの検索順位を同時にチェックすることが可能です。

スマホからもデータをチェックでき、常に検索順位を確認することができます。

初回登録で2週間の無料トライアルを体験できるので、有料級のSEOツールを使用してみたいという方は、是非トライアル版を利用してみてください。

>>BULL(ブル)を利用する

無料/有料で利用できるキーワード出現率チェックツール4選

対象のページに対して指定したキーワードの出現率を%で検出してくれるキーワード出現率チェックツール。

上位記事のキーワード出現率の分析にも利用可能です。

狙うべきキーワードに対してその説明が記事内でどのくらい網羅的に行われているかはSEOにおいてとても重要な要素。

サイトを上位表示させるためにも分析しておく内容です。

そこでここでは特におすすめなキーワード出現率チェックツールについて紹介していきます。

キーワード出現率チェックohouku.jp

ohouku.jpは、キーワードの出現率を無料でチェックできるSEOチェックツールです。

チェックできる単語の数は最大50個まで。

サイト内でも検索上位になっている記事とそうでない記事のキーワード出現率を見比べることで見えてくるデータもあるかもしれません。

うまく活用することで読者にとって読みやすい文章に改善することも可能です。

執筆記事でなかなか上位記事を執筆することができないという方は、現在の検索上位の記事と自分の記事のキーワード出現率を比較し、自分の記事に落ち度がないかなどを確認してみてください。

>>キーワード出現率チェックohouku.jpを利用する

高屋のSEO診断チェックツール

高屋のSEO診断チェックツールは無料でSEO分析をしてくれるツールです。

記事内のキーワード出現率、ページの読み込み速度、更新日、発リンクなどをチェックすることができます。

自分のサイトだけではなく、競合サイトのSEO分析にも活かせるツールです。

>>高屋のSEO診断チェックツールを利用する

ファンキーレイティング

ファンキーレイティングは、キーワードの出現率を無料で確認できるSEOチェックツールがです。

すでに公開されている記事はもちろん、公開されていない記事の文章やキーワード出現率も調べることができます。

利用方法も簡単でURLまたはテキストを入力し調査したいキーワードを指定するのみ。

サイト運営者はもちろん、ライターさんも記事を納品する前に使用するのがおすすめなSEOツールです。

>>ファンキーレイティングを利用する

FC2キーワード出現率チェッカー

他のキーワード出現率チェックツールよりも具体的にキーワードの情報を表示してくれるFC2キーワード出現率チェッカー。

出力順位の範囲を自由に設定でき、名詞や形容詞などの品詞を指定してチェックすることができます。

自分の執筆した記事と検索上位記事のキーワード出現率を見比べるのにおすすめなSEOチェックツールです。

>>FC2キーワード出現率チェッカーを利用する

無料/有料で利用できるキーワード調査分析ツール6選

執筆するキーワードの検索ボリューム(月間検索数)や難易度などを調べることができるキーワード調査分析ツール。

最良なSEO対策を行うためにもとても重要なツールです。

キーワードと合わせて関連キーワードも表示してくれるものもあるので、ツールを活用すれば網羅的なコンテンツを作成することもできます。

Googleに限らず、yahoo!の検索ボリュームを検出してくれるツールもあるので是非利用してみてください。

Ubersuggest(ウーバーサジェスト)

用途の幅が広く、サイトやキーワードに対する情報を詳しく分析してくれるUbersuggest。

SEO無料チェックツールの中でも特におすすめなツールです。

キーワードの検索ボリューム、上位表示難易度、関連キーワードなどを調査することが可能で、サイトのURLを入力することでPV数の推移も分析することができます。

サイト運営者、ライターなど様々なwebの仕事に活用することができるSEO分析ツール。

時間帯によっては検索結果の表示に時間がかかる場合もありますが、多少待ってでも利用価値有りです。

>>Ubersuggest(ウーバーサジェスト)を利用する

aramakijake.jp(アラマキジャケ.jp)

aramakijake.jpは、キーワードの検索数と競合検索数をチェックできる無料分析ツールです。

主要検索エンジンのGoogle・Yahoo!の検索結果が一目で確認可能

aramakijake.jpの検索窓にでキーワードやURLを打ち込むだけなので、簡単に利用できます。

>>aramakijake.jp(アラマキジャケ.jp)を利用する

Googleサジェストキーワード一括DLツール

グーグルサジェスト キーワード一括DLツールは、Googleサジェストで表示されるキーワードを出力し、CSVでダウンロードできるツールです。

サジェストに対応したSEO無料分析ツールは希少なので重宝している方も多いと思います。

キーワード分析に力を入れたい方にとって、とても使い勝手の良い便利なツールと言えるでしょう。

>>Googleサジェストキーワード一括DLツールを利用する

goodkeyword(グッドキーワード)

goodkeywordは、Googleサジェスト・マルチサジェスト・楽天サジェストなど、様々な検索エンジンのサジェストに対応したSEO分析ツーツです。

複数の検索エンジンのサジェストを分析したい方におすすめの無料ツールとなっています。

>>goodkeyword(グッドキーワード)を利用する

キーワードマップ

サイトのSEO調査分析、web広告の調査、ユーザーニーズの可視化などを行うことができる有料SEOツールキーワードマップ。

競合サイトとのキーワード比較やドメイン調査など大きく12個もの機能を併せ持っています。

キーワードマップを導入することで他のサイトと差別化する明確な道筋を見つけることができるでしょう。

企業に負けないサイト運営を行なっていくためにも、導入したいSEOチェックツールの一つ。

1週間の無料トライアルも体験できるので、ぜひ試してみてください。

>>キーワードマップを利用する

KEYWORD FINDER(キーワードファインダー)

KEYWORD FINDERは主に重要・関連キーワードを自動収集、各検索順位の情報を抽出してくれる有料SEOチェックツールです。

グラフでの数字の可視化やツールデザインにも力を入れており、利用者の満足度が高いのが特徴。

大手サイトでも導入されているSEOツールです。

キーワード選定に悩む初心者は、1週間の無料トライアルをぜひ活用してみください。

>>KEYWORD FINDER(キーワードファインダー)を利用する

無料/有料で利用できる内部対策SEOチェックツール4選

内部対策はSEOの中でも特に重要な項目です。

そんな内部対策SEOチェックツールの中でも特に優れた4つのツールを紹介していきます。

運営サイトの表示スピード、見出しタグ、タイトルタグは最良のものになっていますか?

内部対策を見直すだけでもサイトを検索上位に表示させることも可能です。

適切なアドバイスなども行なってくれるツールばかりなので、是非利用してみてください。

SEO Pack(SEOパック)

SEO Packは、初めてSEO対策を行う運営サイトにおすすめなSEO分析ツールです。

コンテンツの分析から、内部・外部対策も行ってくれるため、正しい施策を学びながらサイトを運営することができます。

価格は6ヶ月の利用で月6,650円となっており、今だと新規の方は1ヶ月分の料金が無料です。

73%のサイトがSEO Packを利用してから4週間で表示順位が上昇したという実績もあります。

1万以上の利用者に愛されている人気有料SEOツールです。

>>SEO Pack(SEOパック)利用する

SEOマスター

SEOマスターは「日本初日本唯一の概念を持ったSEOチューニングソフトウェア」として売り出している有料SEO分析ツールです。

チューニング機能を用いた明確なSEOアドバイス、ページに最適なキーワードの提案、競合サイトの分析などを行うことができます。

利用価格は2つ種類あり、チューニング機能が月35,000円、ダッシュボード機能が月15,000円。

多少値ははりますが、強力なSEO対策のサポートを受けることが可能となるのです。

運営サイトを飛躍的に伸ばしたい方におすすめなSEO分析ツールです。

>>SEOマスターを利用する

SEO Site Checkup(SEOサイトチェックアップ)

競合とのSEO比較や、具体的な分析結果のレポート提供など、一つのツールで内部対策が可能なSEO分析ツールSEO Site Checkup。

有料ツールではありますが最初の2週間は無料で利用することが可能です。

月額24.95ドル〜となっており比較的利用しやすい価格帯となっています。

2週間は無料で使用してみて自分に向いているかどうかを試してみるのも良いでしょう。

>>SEO Site Checkup(SEOサイトチェックアップ)を利用する

Site Analyzer(サイトアナライザー)

Site Analyzerは、サイトの内部対策について内部SEOに役立つ情報やアドバイスを提供してくれるSEO分析ツールとなっています。

月額約3300円〜利用することが可能で最初の2週間は無料でSite Analyzerを利用することが可能です。

とても便利で高クオリティなSEOツールでは有りますが、全て英語表記となっているのでその点を了承した上で利用してください。

>>Site Analyzer(サイトアナライザー)を利用する

無料/有料で利用できる外部対策SEOチェックツール4選

サイトのドメインの力を表す、ドメインパワー

そのドメインパワーに大きく作用する外部リンク対策に必須なのが外部対策SEOチェックツールです。

外部対策を確実に行うことで、Googleにもコンテンツが認知されやすくなり上位表示される確率がとても高くなります。

そこでここではサイトを大きく飛躍させることができる外部リンク対策におすすめなSEOチェックツールについて紹介していきます。

hanasakigani.jp(ハナサキガニ.jp)

hanasakigani.jpは、無料でサイトの被リンク数、被リンクの危険度をチェックできるツールです。

被リンクはサイトのドメインパワーに直結するとても重要な要素。

hanasakigani.jpを使用して自身のサイトと他社サイトを比較することで、より効果的なSEO対策・施策を行えるでしょう。

あくまで被リンクを確認するSEOチェックツールなので他のSEOツールと組み合わせて利用するのがおすすめです。

>>hanasakigani.jp(ハナサキガニ.jp)を利用する

akakurage.jp(アカクラゲ.jp)

akakurage.jpは、対象のサイトがGoogleからペナルティを受けていないかチェックできるツールです。

ルールに反したサイト運営を行なっていたり、質の低い被リンクがあてられていると、Googleからペナルティを受ける可能性があり、サイトを上位表示させることが困難となります。

akakurage.jpを利用すればすぐにサイトの被リンク状況を閲覧でき、そのデータからリンクされているサイトへリンクの取り消し依頼などのアクションを起こすことも可能です。

心配な方は一度運営サイトの被リンク状況を確認してみてはいかがでしょうか。

>>akakurage.jp(アカクラゲ.jp)を利用する

Majestic SEO(マジェスティックSEO)

URLの検索スコアを取得できる検索エクスプローラや競合ドメインとの伸び率が比較できる被リンク履歴チェッカーなど、SEO対策に必要な機能を備えたSEO分析ツール、Majestic SEO。

月額49ドルから使用でき、日本語にも対応しています。

一度に多くのSEO分析ツールを使用したい方におすすめです。

>>Majestic SEO(マジェスティックSEO)を利用する

Meet link Explorer(ミートリンクエクスプローラー)

被リンクの数や、被リンク元のドメイン数などを知ることができるSEOチェックツールMeet link Explorer。

自分のサイトだけではなく、競合サイトのURLを打つこむだけで、被リンク状況も分析することが可能です。

有料ではありますが、サイト内に隠れていた潜在的なリンクを発見することもできる魅力的なツールといえます。

>> Meet link Explorer(ミートリンクエクスプローラー)を利用する

無料/有料で利用できる外部サイトリンク切れチェックツール3選

運営サイトからリンクを貼り、外部のサイトに誘導することもありますが、中にはリンクが切れてしまうものもあります。

リンク切れはユーザビリィを大きく低下させる可能性を秘めているため、なるべく阻止したい内容です。

そこでここでは、サイト内のリンク切れを一括で確認する外部サイトリンク切れチェックツールについて紹介していきます。

takotubo.jp(タコツボ.jp)

takotubo.jpは、外部サイトのリンク切れを始め、インデックス状況などを無料でチェックしてくれるSEO分析ツールです。

結果が表示されるまでに少し時間がかかるため、他の作業と併用して利用するのが良いでしょう。

>>takotubo.jp(タコツボ.jp)を利用する

dead-link-checker.com(デッドリンクチェッカー)

dead-link-checker.comは、選択したページのリンクが切れているかどうかを確認してくれる無料SEOチェックツールです。

サイト内全ての記事を一括でチェックすることもできるので、大型のサイトを運営している方は重宝しているでしょう。

比較的スムーズにリンク切れの有無を調査してくれるおすすめのツールです。

>>dead-link-checker.com(デッドリンクチェッカー)を利用する

Site Condor(サイトコマンダー)

Site Condorはリンク切れを検知する機能はもちろん、Googleから評価されるサイトにするための改善案などをを提案してくれる優れた有料SEOチェックツールです。

サイト内のリンク構造をビジュアル化したグラフを生成するのが特徴で、この機能は他のツールにはほとんど実装されていません。

最良の内部対策も提案してくれるサイト運営者は是非利用してみてください。

>>Site Condor(サイトコマンダー)を利用する

無料/有料で利用できるコンテンツSEOチェックツール3選

サイトをGoogleで上位表示させたり、ユーザビリティを高く保つためにもコンテンツはとても重要な要素の一つです。

そこで、ここでは競合サイトなどを確認し、コンテンツについて的確なアドバイスをくれる3つのコンテンツSEOチェックツールについて紹介していきます。

コンテンツ力に自信がない初心者におすすめなツールばかりなので是非参考にしてください。

ezorisu-seo.jp(エゾリスSEO.jp)

ezorisu-seo.jpは狙いたいキーワードを入力することで、そのキーワードでに対してどのようなワードを入れるべきか、競合サイトの文字数などについてアドバイスしてくれるSEO分析ツールです。

サイト運営の経験が浅い方や、駆け出しのライターにおすすめなSEOツールといえます。

>>ezorisu-seo.jp(エゾリスSEO.jp)を利用する

fukuro(フクロウ)

fukuroは有料SEO分析ツールSEOPackをリリースしている株式会社ディーボが提供している無料SEOツールです。

対象のキーワードを打ち込むだけで、上位記事の傾向をもとに「タイトルやh1にキーワードを必ず入れましょう」「上位記事に表示するには、被リンクが3つ以上必要です」などのアドバイスをもらうことができます。

有益なツールですが1日2回までしか使用できません。

>>fukuro(フクロウ)を利用する

SEO Monitor(SEOモニター)

SEO MonitorはGoogleAnalyticsと連携し、サイトに訪れたユーザーの行動分析を行なってくれるSEO分析ツールです。

キーワードの順位表示や制約しやすいキーワードのアドバイスも行なってくれるのが特徴

webサイトの運営の知識が少ない方のサポートに向いている有料SEOツールと言えるでしょう。

>>SEO Monitor(SEOモニター)を利用する

無料/有料で利用できるコピーコンテンツチェックツール4選

コピーコンテンツの掲載はGoogleからマイナス評価を受ける可能性が高く、最悪の場合ペナルティを課せられることになります。

ライターさんから納品された記事は特に注意が必要で、知らず知らずのうちにコピーコンテンツをサイトに掲載していることもあるのです。

そこでここではコピーコンテンツをチェックする4つのおすすめツールについて紹介していきます。

コピーコンテンツにならないように、上位記事の良い部分と運営サイトならではのオリジナリティを兼ね備えたコンテンツを作成しましょう。

sujiko.jp(スジコ.jp)

sujiko.jpは重複コンテンツ、ミラーサイト、類似ページを調査することができる無料SEOチェックツールです。

Googleの方針により重複コンテンツがあるサイトは検索順位が下げられる可能性があると言われています。

その重複コンテンツを簡単に調べることができるsujiko.jpをうまく活用することで現在から格段にサイトの検索順位をあげることができるかもしれません。

>>sujiko.jp(スジコ.jp)を利用する

Copydetect(コピーディテクト)

執筆した記事がコピーコンテンツではないかチェックすることが可能な無料のコピーチェックツールCopydetect。

コピーコンテンツを投稿することでサイト自体がGoogleからマイナス評価を受けてしまいます。

複数のライターさんを抱えるサイト運営者におすすめなツールです。

>>Copydetect(コピーディテクト)を利用する

CopyContentDetector(コピーコンテンツディテクター)

CSVアップロード機能、CSVダウンロード機能が備わった無料コピーコンテンツチェックツールCopyContentDetector。

無料とは思えないほどの精度で、登録などは一切行う必要はありません。

使用上限回数なども決められていないので、何度でも使用できる完全無料ツールです。

>>CopyContentDetector(コピーコンテンツディテクター)を利用する

影武者

影武者は月額4320円〜使用できる有料のコピーコンテンツチェックツールです。

有料ツールということもあり、コピーコンテンツを判別する精度はとても高いのが特徴。

コピーコンテンツの疑いがあるサイトなども表示してくれるので、ライターさんへ細かくフィードバックすることができます。

>>影武者を利用する

無料/有料で利用できるSEO総合診断チェックツール5選

運営するサイトを伸ばしていくためにも、競合サイトや上位サイトを比較することもとても大切です。

自分が行なっていない施策や、参考にすべき戦略が見えてくることもあります。

SEO総合診断チェックツールを利用すれば競合サイトの被リンク数、内部リンクなど細かく分析することが可能です。

そこでここでは今すぐ利用できるおすすめのSEO総合診断チェックツール5選について紹介していきます。

itomakihitode.jp(イトマキヒトデ.jp)

itomakihitode.jpは、自身のサイトと上位サイトのSEO要素を比較できるSEOチェックツールです。

サイトのURLとターゲットキーワードを打ち込むだけで、被リンク数やキーワード比率、内部発リンクなどがチャート・グラフで表示されます。

一目で傾向や特徴を分析できるので、自身のサイトを自己分析されたい方におすすめです。

>>tomakihitode.jp(イトマキヒトデ.jp)を利用する

SEOTOOLS(SEOトールズ)

SEOアクセス解析を無料で行うことができるSEO分析ツールSEOTOOLS。

Googleだけではなく、youtubeのSEOアクセスの解析を行うことも可能です。

結果が表示されるまでに時間がかかりますが、無料とは思えないほど利用価値があるSEO分析ツールです。

>>SEOTOOLS(SEOトールズ)を利用する

SEOピッシュ

Googleからの評価、内部SEOの評価などSEO全般の情報を解析することが可能なSEO分析ツールSEOピッシュ。

ツールを使用しないと知ることができない情報も得ることができるため、サイト運営者の方におすすめです。

>>SEOピッシュを利用する

DeepCrawl(ディープクロール)

対象のサイトのSEOを診断し的確なアドバイスをくれる有料SEO分析ツールDeepCrawl。

リンク切れなども検知してくれるため、ユーザビリティを高く保つサイト運営を実現することができます。

Googleの変動にもいち早く対応する海外でも重宝されている魅力的なSEOツールです。

>>DeepCrawl(ディープクロール)を利用する

MIERUCA(ミエルカ)

月額135000円〜 と圧倒的な料金を誇る有料SEO分析ツールMIERUCA。

他のSEOツールと比べると10倍以上の月額料金を誇るSEOツールですが、継続率は99.2%とかなり高く、利用者の満足度の高さが伺えます。

人工知能を活用し効率的かつ競合サイトよりも早く最良のSEO対策を促します。

100社以上の企業も利用しているMIERUCA。

まずは無料トライヤルで利用してみてください。

>>MIERUCA(ミエルカ)を利用する

無料/有料で利用できる検索結果順位変動チェックツール7選

Googleは定期的にアルゴリズムを変化させ、常にユーザーが役に立つサイトを上位表示させています。

ここで紹介する検索結果順位変動チェックツールを利用すればGoogleの変動にいち早く気づき、どのようなサイトが上昇したのかを分析することが可能です。

Googleが評価するサイトを参考にベストなSEO対策を行いましょう。

サイト運営者の中でも上級者におすすめなツールなので、ぜひ参考にしてみてください。

namaz.jp(ナマズ.jp)

namaz.jpは、Googleの変動やGoogleのアルゴリズム情報が一目で確認することが可能な無料SEO分析ツールです。

ツールを通して知ったGoogleの変動に対して自分のサイトがどうなったかを確認しましょう。

変動に対して正しくサイト方針を定めることでSEOで大きな成果をあげることができます。

>>namaz.jp(ナマズ.jp)を利用する

MOZCAST(モズキャスト)

MOZCASTは、Googleのアルゴリズムの変化を天気と気温を使用して利用者にわかりやすく教えてくれる無料SEO分析ツールです。

数字やグラフを読み取るのが苦手な方でもGoogleの変化を察知することができます。

>>MOZCAST(モズキャスト)を利用する

SERPmetrics(SERPマトリックス)

SERPmetricsは、月間の検索エンジンの変動性を表してくれる無料のSEO分析ツールです。

日本語表記の設定ができないため、英語が得意な方でないと使いこなすのが難しいでしょう。

>>SERPmetrics(SERPマトリックス)を利用する

Algoroo(アルゴロー)

Algorooは、Googleのアルゴリズムの変化をグラフにして表してくれる無料のSEO無料のSEO分析ツールです。

Googleのアルゴリズムの変化に対してその週に順位が上がったサイトと下がったサイトをランキング形式で紹介しています。

>>Algoroo(アルゴロー)を利用する

RankRanger(ランクレンジャー)

RankRangerは、監視を行なっている1万以上のドメインのキーワードに対する読者の検索結果(SERP)を解析し、Googleのアルゴリズムの変化を検知するSEO分析ツールです。

変動が大きい日は赤色のバーで示されるので、一目でGoogleアルゴリズムの強弱を確認することができます。

>>RankRanger(ランクレンジャー)を利用する

AccuRanker(アックランカー)

AccuRankerが提供している無料SEO分析ツールのGrumpは、Googleのアルゴリズムの変化に対してグラフとメインキャラクターの虎表情で変動の強さを表します。

英語表記ですが、わかりやすいカラーリングとイラストなので、一目でGoogleのアルゴリズムの変化を捉えることができるでしょう。

>>AccuRanker(アックランカー)を利用する

Google Algorithm Changes(グーグルアルゴリズムチェンジ)

Googleのアルゴリズムの変化を検知してくれる無料のSEO分析ツールGoogle Algorithm Changes。

Googleの変動を追うことで、よりユーザビリティの高いサイトを運営することが可能になります。

英語表記なのが難点で日本で利用しているユーザーは少ないです。

>>Google Algorithm Changes(グーグルアルゴリズムチェンジ)を利用する

無料/有料で利用できる競合先SEO分析ツール5選

ここでは競合サイトをより詳しく調査できる競合先SEO分析ツールについて紹介していきます。

競合サイトよりも独自性のあるコンテンツを生み出していくにも必須なツールばかり。

運営サイトに足りないものを付加しながらサイトを運営することができます。

無料ツールでも高精度のものばかりなので、是非利用してみてください。

SimilarWeb(シミラーウェブ)

SimilarWebは競合サイトのドメインパワーやアクセス数などを知ることができる無料のSEO分析ツールです。

有料版も存在し、有料で契約した場合は競合サイトの情報をより細かく知ることができます。

GoogleやMicrosoftなど国内外の有名企業が使用している、圧倒的な実績と信頼を誇ります。

>>SimilarWeb(シミラーウェブ)を利用する

eMark+(イーマーケット)

無料版がと有料版があり、競合サイトのアクセス解析などを行うことができるSEO分析ツールのeMark+。

サイト内の人気コンテンツや広告別の効果などもグラフで容易に確認できる便利なツールです。

大規模なサイトを運営している方に特におすすめで、競合サイトの分析結果から差別化し、優位な地位を形成することができます。

有料版の場合は少し高価ですが、回収できるほどの成果を出すことができるでしょう。

>>eMark+(イーマーケット)を利用する

User Insight(ユーザーインサイト)

サイト内の記事の精読率やECサイトの商品ページのレイアウト分析などを行うことができる分析ツールUser Insight。

ヒートマップを利用し読者が見ているコンテンツを可視化し、的確なデータを得ることができます。

スマホ、PC両方に適応できるこれからの時代にマッチしたツールといえるでしょう。

>>User Insight(ユーザーインサイト)を利用する

DemandMetrics(デマンドマトリックス)

SEOツールの中でもトップクラスの評価を誇るSEO分析ツールDemandMetrics。

月額100000円〜と高額で個人のサイト運営者が利用するには少し厳しい価格帯ではありますが、価格以上の満足度と成果を出すことができると評判です。

有名企業や大手サイトも使用しており、サイトを飛躍的に伸ばすのにもってこいのツールといえるでしょう。
>>DemandMetrics(デマンドマトリックス)を利用する

Woorank(ウーランク)

アフィリエイターに利用されている人気SEO分析ツールWoorank。

圧倒的な分析精度は他のツールと比べても頭一つ飛び抜けているほどです。

月額59ユーロ(約7600円)で利用できるので、比較的利用するハードルが低いSEOツール。

サイト運営からの収益を伸ばしたい方におすすです。
>>Woorank(ウーランク)を利用する

無料/有料で利用できるHTML構文SEOチェックツール2選

定められた用途に沿ってHTMLをマークアップすることがSEO対策の中でもとても重要となります。

そこで今から紹介するHTML構文SEOチェックツールを利用すれば正しくマークアップがされているのか確認することが可能です。

様々な要素を確認しつつ、Googleに認知されるコンテンツを築き上げることが求められます。

The W3C Markup Validation Service(マークアップバリデータサービス)

HTML、XHTML、SMIL、MathMLなどの有効性をチェックすることができる無料分析ツールThe W3C Markup Validation Service。

コンテンツの検証や壊れたリンクを発見することが可能です。

>>The W3C Markup Validation Service(マークアップバリデータサービス)を利用する

Another HTML Lint5(アナザーHTMLリント5)

Another HTML Lint5は、無料で利用できるHTML構文分析ツールです。

300を超える詳細オプションの設定も可能で細かく解析できます。

>>Another HTML Lint(アナザーHTMLリント5)を利用する

SEO分析チェックツールはサイト運営者以外でも活用できる

SEO分析チェックツールは、サイト運営者におすすめなソフトウェアではありますが使い方次第ではwebライターや広告運営者の方も活用できます。

同じwebライターでもサイト運営者目線でコンテンツを作り込めるかどうかで存在価値が大きく変わるのです。

最初は文章の執筆のみを任せられていたとしても、SEO分析チェックツールを活用して構成の作成やキーワード選定などを担当できるようになることで、より高単価な案件を獲得することができるでしょう。

広告運営者もサイト運営者目線と同じくライバルの広告形態や広告キーワードを調べて、分析などを行うことが可能です。

このようにSEO分析チェックツールは活用次第で多くのweb系の業種の作業をサポートすることができます。

今回紹介したSEO分析チェックツールは有益なものばかりなので、自分のサイトに最適なものを利用してみてください。

まとめ:SEO分析チェックツールを活用して収益アップに繋げよう

SEO分析チェックツールの選び方、おすすめのSEO分析チェックツールなどについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

このページの要点は以下になります。

  • SEO分析チェックツールは費用対効果を考えて選ぼう
  • 分析に力を入れすぎて施策を疎かにしないようにしよう
  • 詳しいデータを手に入れたいなら有料のSEO分析チェックツールを使用しよう
  • どのSEOツールを利用しようか迷った場合は登録すべき3つのSEOツールを使用してみる

SEO分析チェックツールを利用して様々なデータを分析し、仮説を立てSEO対策を行なっていきましょう。

PDCAを繰り返し回すことで、多くのキーワードで上位表示ができるサイトを作り上げることができます。

まだSEO分析チェックツールについてわからないことがあるのであれば、何度もこの記事を読み直してみてください。

サイトを上位表示させるための糸口となるSEO分析チェックツールに出会えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す