SEOに強い記事を作成し上位表示させるテクニックを解説

SEOに強い記事を作成し上位表示させるテクニックを解説

「SEOに強い記事とは何なの?」「書き方はどうするの?」とどういうSEOに特化した記事の書き方が分からないのではないでしょうか。

サイトのページに訪れるユーザーの8割は検索ユーザーであり、SEOを元にした検索から訪れる割合が多くを占めています。

このページでは、複数のサイトを運営し、SEOについて多くの仮説検証を行ってきた筆者が以下のことを解説します。

  • SEOに強い記事とは何なのか?
  • SEOに強い記事を作成し上位表示させるテクニック
  • SEO記事を書く際にやってはいけないこと

このページを読めば、SEOに強い記事の書き方についての理解がかなり深まり、より良いSEO施策が打てるようになるでしょう。

内容を簡単にまとめると・・・

  • SEOに強い記事とは、ユーザーが求める情報を網羅しておりユーザーにしっかりと読まれる記事
  • SEOの記事では、特にキーワードと記事構成が大切
  • ユーザーが読みやすい本文に仕上げることやリライトをし続け狙ったキーワードで1位を取ることも重要
  • SEO対策をするならsmartASPというツールはとりあえず使うべき
  • smartASPは、サイトを自動で分析し修正すべき記事を抽出してくれ、SEO対策の中でも非常に重要である内部リンクを可視化してくれる
  • 特に内部リンク可視化ツールで競合サイトの内部リンクも可視化できるので、どのくらい内部リンクを当てれば自分のサイトが勝てるのかという目安を立てやすい
  • さらにsmartASPは全ての機能が無料なので、まだ登録していない人は今のうちに登録しておくべき
smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

SEOに強い記事とは?

SEOに強い記事とは?

SEOに強い記事にするには、検索ユーザーが求める情報をしっかりと内容に含ませながら、利便性の高い内容に仕上げることが大切になります。

Web上にあるほとんどのサイトがSEOを意識したページの作成を心掛けている場合が多く、前述したようにサイトに流入してくるユーザーの多くは検索から訪れているため、Web上で集客するにはSEOを意識したページが必要不可欠です。

勿論、その他にも集客する方法は多数ありますが、一般的にはSEOを意識した検索順位からの集客が主であることをサイト運営者は理解しておくべきですね。

以下からその目的と施策について詳しくみていきましょう。

SEO記事の目的

SEO記事の目的は、ページの検索順位を上げてより自身のサイトに集客することです。

検索順位はページのキーワードとコンテンツの内容を元に検索エンジンであるGoogleが決めているので、SEO記事を作成する際にはよりユーザーのためになる内容であることと、ページのみやすさ、分かりやすさなどが求められます。

勿論、その他にも様々な要因はありますが一番大事なのはSEO記事(コンテンツ)なので、しっかりと検索キーワードを意識した、ユーザーのためのコンテンツ作成に注力しなくてはなりません。

“SEO対策”について

SEO対策とは、インターネット上で上位表示させてより多くのユーザーに、自身のページを見てもらうための取り組みとなります。

主にWeb集客と呼ばれる取り組みがSEO施策と言われることも多く、その特徴はコストをかけずにより効率的にインターネット上で多くのユーザーを集客することが可能となっています。

また、SEO施策自体は主にGoogleの検索エンジンに対して行う施策であり、Googleが定めているアルゴリズムに沿ってSEO施策を行い検索で上位表示を狙うことになりますね。

ただGoogleが定めているアルゴリズムには200以上の要素が含まれており、その中でも特に需要視されているのがサイトの「被リンク」の数と質また「コンテンツ」の内容の充実度等になります。

SEO施策に関してはGoogleアルゴリズムの変動により、毎回その方針が若干変わる場合があるので、常に自身のサイトの運営状況と変動が行われた後の変化を把握しながら試行錯誤する必要性があります。

しかし、SEO対策は難易度が高いものも多く簡単ではありません。

そんな方におすすめなのがsmartASPというツールです。

smartASPは客観的な数字を元に修正すべき記事を抽出してくれるため、SEO知識に自信がないという人でも本格的なSEO対策が可能です。

また、競合分析も効率化してくれるため、非常に便利です。

無料なので、万が一使わなかったとしても損をすることはないので、まだ使っていない人は1度使ってみることをおすすめします。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

SEO対策や具体的な施策については、SEO対策とは?をご覧ください。

SEOに強い記事を作成し上位表示させるテクニック

SEOに強い記事を作成し上位表示させるテクニック

ここではSEOに強い記事を作成し上位表示させるための、具体的なテクニックに関して詳しく解説していきます。ざっくりとした手順としては、以下の通りです。

  1. キーワードを選定する
  2. 記事構成を作る
  3. タイトルを決める
  4. 構成に沿って書く
  5. SEO記事を運用する

また、サイト運営初心者の方でも理解しやすいように分かりやすくそれぞれの項目別に解説していますので、是非とも参考にしながら自身のサイトでも取り組んでみてくださいね。

それでは以下からそれぞれみていきましょう。

①SEO記事のキーワードを選定する

SEO記事のキーワードを選定する

SEO記事を書く際にもっとも重要となるのが”キーワード“となります。このキーワードとは、ユーザーがGoogleの検索エンジンを活用して検索窓に入力する際のキーワードを指しています。

以下から具体的にキーワードの選定方法や、その役割に関して詳しくみていきましょう。

大枠となるキーワードを抽出する

SEO記事を作る際には最初に大枠となるキーワードを抽出することから始めなければなりません。例えば転職メディアだったら「転職」の他に「仕事」「人間関係」などがあります。

こういったキーワードを出した後に、「仕事 やめたい」などのミドルキーワード、ロングテールキーワードを出していくという流れが一般的なキーワードの抽出方法となりますね。

また、ここでいう”ミドルキーワード”とは、検索数や競合数ともに、真ん中ほどの多さであるキーワードをさします。

最初に説明した大枠となるキーワードのことをビックキーワードといい、その次にくるキーワードのことをミドルキーワードといいます。

また、”ロングテールキーワード”とは検索数や競合数が少なく、キーワード数も3〜4つ程あるため他と比べてよりコンテンツの内容が絞れてくるキーワードを指します。

ロングテールキーワードの特徴としては、検索意図が絞れてくるのでよりCV(コンバージョン)しやすい傾向にありますね。

ミドルキーワード・ロングテールキーワードを出す

ビックキーワードは競合が多く、上位表示が難しい場合が多いのでミドルキーワードやロングテールキーワードを狙ってSEO記事を作成するのがおすすめです。

ミドルキーワード・ロングテールキーワードを抽出するためには、「関連キーワード取得ツール」と呼ばれるとても便利な無料ツールがあるのでそちらを活用してみてください。

使い方としては、検索キーワードの欄に大枠となるビックキーワードをいれるだけです。

仮にダイエットと入力するとダイエットに関連する、Googleサジェストや全キーワードリスト、Yahoo!知恵袋、中古ドメイン、教えて!Gooなどの検索結果がいっぺんに表示されます。

ビッグキーワードだけでなく、こういったミドルキーワードやロングテールキーワードの記事も書いてみてください。

キーワードの検索ボリュームを調べる

キーワードを決める際にはそのキーワードがどのくらいの割合でユーザーから検索されているのか、その検索ボリュームを調べる必要があります。

キーワードによっては全く検索ボリュームがないものもあるので、サイト運営初心者の方は注意が必要です。

仮に検索ボリュームが少ないキーワードでSEO記事を作成して検索で上位表示をとったとしても、全体的な検索ユーザーが少ないので思った程アクセス数は上がりません。

そうならないで良いように出来るだけキーワードは、献策ボリュームがある程度あるキーワードを選ぶようにしましょう。

また、キーワードの検索ボリュームを調べる際には多くの人がGoogleキーワードプランナーを使いがちですが、キーワードプランナーは広告出稿していないと正確に数値がでないため、正確に調べるのであれば「ubersuggest」がおすすめです。

キーワードの競合性を調べる

キーワードを選ぶ際にはそのキーワードの競合性もしっかりと把握しておくことが大切です。ここでいう競合性とは、そのキーワードに対してGoogle Adwordsの広告主が競い合っている度合をさします。

競合性が高ければそれだけ重要なキーワードである可能性が高く、よりCVに繋がりやすいキーワードであったり競合サイトが強いキーワードであったりするわけですね。

また、このキーワードの競合性に関してもGoogleキーワードプランナーもしくは前述した「ubersuggest」でも調べることが出来ます。

同じ検索意図のものをまとめる

キーワードを抽出して選ぶ際には、同じ検索意図のものをまとめる作業も必要になってきます。

例えば「発リンク」のキーワードだと、検索意図が同じものは以下の通りです。

  • 発リンクとは
  • 発リンク seo

これらは全て検索結果が同じであり、同時に検索意図が同じということが言えますね。仮に検索意図が同じなのに、全てのキーワードで記事を書いてしまうと、それぞれの記事で争ってしまい上位表示が難しくなってしまいます。

これを専門用語では”カニバリゼーション(cannibalization)“と呼び、検索意図が同じキーワードで複数の記事を書いてしまうとおこる現象です。

また、記事の上位表示を狙うにはリライトの作業が必要不可欠です。

そこでおすすめなのがsmartASPです。

smartASPはGoogleアナリティクスとGoogleコンソールを分析して自動で修正すべき記事を抽出してくれます。

他にも便利な機能が多数存在しているのですが、全て無料で使えるので、とりあえず自分に合っているか試してみるのがおすすめです。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

②SEO記事の記事構成を作る

SEO記事の記事構成を作る

SEO記事のキーワードを決めたら、次は記事の構成を作っていきます。ここで注意して欲しいのは、いきなり本文を書き始めずにしっかりと最初に記事構成を作り込むことです。

記事の内容をしっかりと充実させるためにも、その骨組みを最初に時間をかけて考えることで検索ニーズから外れないしっかりとした内容を書くことが出来ます。

仮にいきなり本文から書き始めてしまうと、途中で結局何が言いたいのか分からなくなり脱線してしまう場合が多いので、まずは始めに記事の構成を考えてみましょう。

また、以下から記事構成の作り方に関して詳しく解説して行くので、是非とも参考にしてみてくださいね。

検索意図を読み取る

記事構成を作る際にはどのようなコンテンツが記事に必要となるのか、予めリサーチすることが大切です。ここで自分が書きたい内容をそのまま構成にするのではなく、あくまでもキーワードから検索意図を読み取り、それに沿った内容であることが大切になります。

具体的にキーワードから検索意図を読み取る方法としては、以下のような項目が挙げられます。

  • 実際にそのキーワードで検索してみて上位表示されている記事を参考にする
  • 質問サービス(Yahoo!知恵袋等)を活用し、実際にキーワードで検索をかけて質問内容を参考にする
  • SNS等でキーワードを検索して、ユーザーが何を知りたいのか把握する

しっかりとキーワードに対するユーザーの検索意図を読み取り、SEO記事にする事でより質の高いコンテンツにすることができますね。

記事で一番伝えたい”結論”を最初に書く

記事構成を作る際には、最初の見出しに結論を持ってくることが大切です。

インターネットのサイトページというものは、基本的に最後まで読んで貰えない場合が多いので最初に結論から書くことで、ユーザーにその記事が自身に関係性が深い記事だと思わせることができます。

仮に記事構成の最初に全く記事タイトルと関係がないものがきてしまっていたら、ユーザーは関係がない内容だったと思い離脱してしまう可能性が高くなってしまいます。

そうならないように、記事で一番伝えたいこと(結論)は一番最初に持ってくるようにしてくださいね。

キーワードをH2に含める

SEO記事を作る際にはタイトルにキーワードを含めることが重要だと前述しましたが、記事の構成に関して同じことが言えます。

具体的にはh2の見出しにそれぞれキーワードを含ませることにより、よりキーワードに対する関連性が高い記事だとGoogleに判断してもらいやすくなります。

例を挙げると以下のような感じですね。

  • 狙っているキーワード:ブログ 始め方
  • タイトル:ブログの始め方|完全初心者にも分かりやすく徹底解説!

<記事構成>

  1. 初心者のブログの始め方
  2. 初心者がブログを始める時の注意点
  3. まとめ:初心者でも簡単!ブログの始め方

上記の記事構成を見てもらったらお分かりいただけると思いますが、それぞれの見出しにしっかりとキーワードである「ブログ 始め方」が含まれています。

このように自然に見出しにキーワードを含めることがSEO記事に関しては、大切になってくるので是非とも試してみてください。

キーワードに関連する部分の比率を大きくする

記事の構成を作る際には、キーワードに関連する部分の見出しの内容を一番充実させておくことが大切です。

例を挙げると以下のようなイメージですね。

  • 狙っているキーワード:ブログ 始め方
  • タイトル:ブログの始め方|完全初心者にも分かりやすく徹底解説!

<記事構成>

  • h2初心者のブログの始め方
  •  h3ブログサービスを選択
  •   h4ワードプレスの特徴
  •   h4はてなブログの特徴
  •   h4noteの特徴
  •   h4目的別!オススメのブログサービス
  •  h3初心者でも簡単!ブログの開設方法を解説
  •  h3ブログに書くべきこと
  •  h3ブログを書く際に気をつけるべきこと
  •  h3ブログは実名と匿名どちらで始めるべきか
  •   h4実名で始めるメリットとデメリット
  •   h4匿名で始めるメリットとデメリット
  •  h3ブログで収益化を目指すためにするべきこと
  • h2初心者がブログを始める時の注意点
  •  h3ブログを書く時間は自分で意識的に確保する
  •  h3目先のことだけを気にしない
  •  h3数値ばかりに気を取られない
  •  h3コンプライアンスには気をつけよう
  • h2まとめ:初心者でも簡単!ブログの始め方

圧倒的に「h2初心者のブログの始め方」の最初の見出しの内容のボリュームが多いです。このようにその記事で一番伝えたい結論の部分のボリュームを大きくすることが、記事構成を作る際には大切になってきますので覚えておきましょう。

記事構成の書き方はこれで完璧ですね。

では、これよりさらに高度なSEO対策をしたい人はどうすれば良いのでしょうか。

そのような方にはsmartASPというツールがおすすめです。

smartASPは客観的な数字を元に修正すべき記事を抽出してくれるため、SEO知識に自信がないという人でも本格的なSEO対策が可能です。

また、競合分析も効率化してくれるため、非常に便利です。

無料なので、万が一使わなかったとしても損をすることはないので、まだ使っていない人は1度使ってみることをおすすめします。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

③SEO記事のタイトルを決める

SEO記事のタイトルを決める

SEO記事の構成が決まったら今度は、記事の”タイトル“を決めていきましょう。

タイトルはSEO記事の中でもとても大事な項目であり、いかにコンテンツの内容が良くてもタイトルが悪かったりするだけでユーザーは読もうとしなくなってしまいます。

あなたが仮に本屋さんへ行ったとするならば、最初に目につくのは本のタイトルではないでしょうか。

タイトルをみてからその本がどのような内容なのかをイメージして、ちょっと手に取ってみようと思うはずです。

そのようにタイトルはユーザーに対する入り口の部分となるので、その入り口がしっかりと魅力的なタイトルになっていないと思うように検索ユーザーを集めることは出来ません。

といってもこれはキャッチコピーのスキルも必要なので、初心者の方には少し難しいと思いますが、SEO記事には分かりやすくタイトルを作る際の決まりがあるので、以下からそれぞれの決まり事に関して詳しくみていきましょう。

狙うキーワードをタイトルに含める

SEO記事のタイトルを作る際には、最初に決めた狙うキーワードをタイトルにしっかりと含めることが大切になってきます。

キーワードがタイトルに含まれていないと、意図したキーワードで上位表示が出来なくなってしまうので必ずタイトルにはキーワードを含めるようにしてくださいね。

タイトルの左側に狙うキーワードを入れる

先ほどの続きですが、タイトルにキーワードを含める際には出来ればタイトルの左側に狙うキーワードを入れるようにしてください。

なぜならこれには理由があり、読者は最初の2、3語を流し読みしてその記事を読むかどうか決めています。そのため、最初に自分が検索したキーワードが入っていないとクリックされにくい特徴があるからですね。

また、タイトルを決める際には「見なきゃ損!」のようなつり気味のタイトルはクリック率が低くなるというデータが出ているのでそのような大袈裟なタイトルは付けないように注意してください。

ただ、【2019年最新版】など読者が立ち止まりたくなるような言葉を入れるのはおすすめですね。

タイトルの文字数は出来るだけ32文字以内にする

SEO記事のタイトルを決める際には、出来うるだけ文字数を32文字以内にするようにしてください。

なぜなら、検索結果で表示される文字数が32文字までなので、それ以上長くなってしまうとそれ以降は表示されなくなってしまうからです。

そのほかにも、検索結果でタイトルが長く最後が…となっているものは、記事全体が長いという印象を与え読むのが面倒くさいと思われている可能性があります。

また、調査結果によるとタイトルが短い方がクリック率が高いというデータが出ているので、ユーザー的にはタイトルは長いものよりも短いものの方が心理的ハードルが低いと考えられますね。

ほかにも、SEO対策はたくさん存在します。

しかし、その多くは簡単にこなすことができず、難しいと感じている方も多いのではないでしょうか。

そんな方は、smartASPというツールを使うのがおすすめです。

smartASPは自動でサイト分析をし、修正すべき記事を抽出してくれるだけでなく、SEOで最重要と言っても過言ではない内部リンクを可視化できます。
また、競合サイトの内部リンクを可視化できるのは日本で唯一smartASPだけです。

さらに全ての機能が無料で、損をすることもないためまだ登録していない方は今のうちに登録しておきましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

④SEO記事の構成に沿って書く

SEO記事の構成に沿って書く

SEO記事の構成が決まったら今度は本文の執筆になります。

SEO対策の中でもとても重要視されているのがコンテンツの中身なので、しっかりとここでは先ほど決めた記事の構成に沿って執筆して行くことが重要になってきます。

記事構成がしっかりと作り込まれていれば、間違った内容を書くことは殆どないのでまずは記事の構成を最初に考え、その後に執筆作業に移っていきいきましょう。

以下から具体的な執筆の際のポイントに関して、解説していきますね。

記事の中でも”導入文”が一番大事な部分

ここでいう”導入文”とは、記事の最初の書き出しのことをさします。

検索から訪れるユーザーは、最初の導入文を読んでから自身にその記事の内容が関係があるのかないのか判断します。

そのため導入文で訪れたユーザーに関心を持ってもらうような内容が書けていないと、すぐに離脱してしまう可能性が高くなるので、ここではしっかりとユーザーにとって価値がある記事内容であることが分かるような内容を書くことが大切です。

また、よくある毎回決まった形の「こんにちは!〇〇です。」といった書き出しの多用もSEO的によくなので、出来るだけ違ったその記事の内容に合う導入文を考えてみましょう。

狙っているキーワードを含めて文章を書く

タイトルと構成を作る際の見出しにキーワードを含めることが重要であると前述しましたが、記事の本文にも同じことが言えます。

文章にバランスよくキーワードが含まれていることにより、Googleが狙っているキーワードにより関連性が高い記事だと判断するので、本文を書く際には狙っているキーワードを出来るだけ使うように心掛けてみてくださいね。

ただ、無理にキーワードを多用するのはユーザーに不快感を与えてしまうので、出来るだけ自然に活用するようにしてください。

そのほか、あまりにも無理にキーワードを含めてしまうとGoogleにスパムと判断されてしまい、ペナルティを受けてしまう場合もあるので注意が必要です。

漢字の使用は2割程度にしておく

読者に出来るだけストレスをかけないためにも本文での漢字の使用は、2割程度に抑えておくことが大切です。

また、狙っているターゲットユーザーに合わせて漢字の使用を多くしたり少なくしたりするのはアリなので、その点は個人で使いわけてみましょう。

例を挙げると、ユーザーが高齢者が中心だったら漢字多めでもOKですが、女子高生が中心なら漢字をあまり使わず、女子高生の口調に合わせた方が良いといった感じです。

難しい表現や言葉は使用しないこと

記事を書く際には難しい表現や言葉は使用しないようにしましょう。

あくまでも本文を書く際には、中学生が読んでも分かる内容にすることが大切です。

また、難しい表現や言葉を使う際には、補足説明を付け加えるなどして読者に対する配慮も忘れずに行うと良いですね。

そのほか、分かりやすい例え話を間に挟んだり、意味が同じでも簡単な言葉に言い換えをすることも一つのテクニックとして覚えておきましょう。

文字の装飾は過剰にやり過ぎないこと

やたら文章に装飾を施す方が中にはいますが、過度な文字装飾は読者にとって読みにくくなってしまうためやり過ぎは禁物です。

文字装飾は最低でも1〜2つ程度を使用するようにして、それ以上は使わないようにしましょう。

読者に極力ストレスを与えず、スラスラ読みやすいコンテンツを作ることがSEO記事にとっては大切なことなので、(使い過ぎているな…)と少しでも自身で感じるのであれば減らすようにしてみてくださいね。

一文の長さや句読点の使い方に気を付ける

基本的にはSEO記事において一文の長さは、40文字前後が一番読みやすくておすすめです。

仮に文章が長くなってしまう場合は、分割して内容を分けてかくと良いでしょう。

分割する際には接続詞をうまく活用すると簡単に分けることができるので、文章が長くなりがちな方は「しかし」や「また」などを活用してみて下さいね。

また、句読点に関しては20字以内に一つ打つと読みやすくなりますので、是非とも試してみてください。

読みやすいように小まめに改行を入れること

最近は殆どの方がスマホでサイトを見るようになりました。

そのため、スマホの画面に特化した内容にするために文書を書く際にはこまめに改行を入れることが重要になってきます。

あまりにも文章が詰まっているとユーザーは、読みにくいと感じてしまい離脱してしまう可能性が高くなるので、最低でも2文に一回は改行を入れるように心掛けてみて下さいね。

また、一度記事を書き終わった後にスマホで記事を確認してみる作業も忘れずに行って下さい。

見出し(h2)ごとに画像を挿入する

文章ばかりだとユーザーが疲れてしまうので、最低でも見出し(h2)毎に1枚は画像を挟むようにしてみましょう。

そうすることでユーザーの離脱を防ぐことにも繋がりますし、休憩ポイントにもなります。

ただ過度な画像の多用はSEO記事的にはあまりよくないので、要点に絞って挿入するようにしてみて下さいね。

あくまでも必要箇所だけに絞って挿入することで、質の高いコンテンツにすることができます。

そのほかにもリライトなどの作業をするとさらに質の良いコンテンツへと変化していきます。

しかし、リライトをする記事の選定作業は案外大変であったりしますよね。

そんな方におすすめなのがsmartASPです。

smartASPは自動でサイト分析をし、修正すべき記事を抽出してくれるだけでなく、SEOで最重要と言っても過言ではない内部リンクを可視化できます。
また、競合サイトの内部リンクを可視化できるのは日本で唯一smartASPだけです。

さらに全ての機能が無料で、損をすることもないためまだ登録していない方は今のうちに登録しておきましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

⑤SEO記事を運用する

SEO記事を運用する

SEO記事を書き終わってホッと満足したいところですが、しっかりとその後の運用も行うことでより長く検索で上位表示できるように努めることが大切です。

書いた後に放置しておくと最初は上位表示できるかも知れませんが、その後にライバルサイトが質の高いSEO記事を書いて公開してきたら負けてしまいます。

そうならないようにしっかりと公開後も定期的なメンテナンスを行うことがここでは、大切になってきます。

以下からSEO記事の具体的な運用方法に関して詳しくみていきましょう。

検索で上位表示出来ていない記事を見つける

SEO記事を公開した後は2〜3ヶ月ほど経つと検索で順位が付くようになります。

その際に検索順位があまりにも悪い記事は、リライトして改善する必要があるため、まずは低品質な記事を見つけなくてはなりません。

中でも弊社で運用している「smartASP」であれば、自動でリライトすべき記事を抽出してくれる機能があるので、大変便利ですので是非とも活用してみてください。

また、その他の検索で順位が悪い記事を見つける方法としては、

  • Googleアナリティクス
  • Googleサーチコンソール

といった、無料のツールを活用することで簡単に割り出すことができるようになっています。

具体的な方法としては、Googleアナリティクスの場合だと以下のようになります。

  1. Googleアナリティクスの画面を開く
  2. 管理画面から「行動」>「サイトコンテンツ」>「すべてのページ」の順に選択する

これで簡単に検索順位が悪い記事を見つけることが可能となります。

また、Googleサーチコンソールの場合は以下のようになります。

  1. Googleサーチコンソールを開く
  2. 「検索パフォーマンス」を開いて「合計クリック数」「合計表示回数」「平均CTR」「平均掲載順位」の全ての項目にチェックを入れます
  3. 同じ画面で下にスクロールし「ページ」を選択する

ページを選択した後は、全てのページのデータが表示されるのでそこで掲載順位が悪いものを探すことができます。

検索で上位表示するために記事をリライトする

検索で上位表示できていない記事が明確に把握できたら今度は、それらをリライトしてみましょう。

ここでいう”リライト”とは、サイトの記事を修正して今よりも良いコンテンツにすることを意味します。

基本的にSEO記事は時間をかけて少しずつ検索順位を上げていく場合が多いです。

その為、リライトするタイミングとしては記事を公開してから3ヶ月以降でも遅くはありません。

また、具体的なリライトの方法としては、自身が狙ったキーワードでライバルサイトが何を書いているのか調べて、自身のページに足りない内容を付け足す方法が一番効果的で簡単な方法になります。

その後はしっかりとリライトした効果があったのか、確認する作業も忘れないようにして下さいね。

リライト作業でのおすすめツールはsmartASPです。

GoogleアナリティクスとGoogleコンソールを分析して自動で修正すべき記事を抽出してくれます。

他にも便利な機能が多数存在しているのですが、全て無料で使えるので、とりあえず自分に合っているか試してみるのがおすすめです。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

SNS等で記事をシェアする

記事を書いた後もしくはリライトした後に、SNS等でシェアするのも効果的です。

例を上げると弊社で運営しているこちらのサイトの記事がSNSでバズった(1時間で500ユーザーくらい)際に、検索順位30位付近から9位まで一気に上がったことがあります。

この事例からもわかるように、積極的にSNS等で更新や新しい情報を付け加えたことをフォロワーに知らせる事で、検索順位を上げることに繋がることが証明されています。

SEO記事を書く際にやってはいけないこと

SEO記事を書く際にやってはいけないこと

SEO記事を書く際にやってはいけないことは、大きく分けて3つあります。

  1. 関連キーワードを無理矢理見出しに入れる
  2. 文字数だけを無駄にかさ増しする
  3. 情報を詰め込み過ぎて結局何を一番伝えたいのか分からない

それぞれとても大事なことなので、以下からサイト運営初心者の方でも分かりやすく解説していきますね。

関連キーワードを無理矢理見出しに入れる

記事にキーワードを入れることが大切であると前述しましたが、無理にキーワードを本文に入れようとすると読者に不快感を与えるほか、文章の流れが悪くなってしまう可能性があります。

あくまでも記事を書く際には、読みやすさを重要視しないといけませんので、それが二の次になるような無理なキーワードの入れ込み等はしないようにして下さいね。

文字数だけを無駄にかさ増しする

SEO記事において文字数はとても重要な要素です。

出来るだけ多くの関連キーワードを含ませようと考えるなら、長文の方がキーワードが多くなるのは必然なので、文字数を多くしようとする”長文SEO“といった施策もあるほどです。

しかし、無駄に関係のないことを書いて文字数稼ぎの為だけに増やしてしまうと、読者からしたらとてもストレスになるのであくまでも必要な情報だけに絞って書くことが大切です。

情報を詰め込み過ぎて結局何を一番伝えたいのか分からない

一つの記事であれもこれも伝えようとすると、情報を詰め込みすぎて結局読者に何を一番伝えたいのか分からなくなる場合があります。

基本的には一つの記事で伝えたいことは一つに絞って書くことが大切であり、情報が多くなる場合は他の記事に分けて書くなどの工夫が必要です。

まとめ:SEOライティングで記事を作成し上位表示させるテクニックを大公開

まとめ:SEOライティングで記事を作成し上位表示させるテクニックを大公開

SEOに強い記事にするにはどうすれば良いのかや、その具体的な書き方等について解説しましたが、いかがだったでしょうか。

このページの要点は以下になります。

SEOに強い記事にするには、検索ユーザーが求める情報をしっかりと内容に含ませながら、利便性の高い内容に仕上げることが大切になります。

<SEOに強い記事を作成し上位表示させるテクニック>

  1. SEO記事のキーワードを選定する
  2. SEO記事のタイトルを決める
  3. SEO記事の記事構成を作る
  4. SEO記事の構成に沿って書く
  5. SEO記事を運用する

SEO記事を作成する際にはしっかりとその方法に関して理解し実践しなければ、思うようにユーザーをサイトに集めることができません。

SEOに強い記事にするにどうすれば良いのかや、その具体的な書き方等について、まだよくわからないところがあるという方は、もう一度解説部分を見返してみてください。

また、本格的なSEO対策をしたい方はサイト分析・競合分析などを効率化できるsmartASPを活用するのがおすすめです。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

コメントを残す