SEO対策とリスティング広告を効果的に使うポイントは?

SEO対策とリスティング広告を効果的に使うポイントは?

「SEOとリスティング広告の違いは?」「どちらを使うべきなの?」と疑問に思っている方も多いと思います。

SEOとリスティング広告はそれぞれ違うメリットがあるため、特徴を把握し使い分けることで効果的に集客することができます。

このページでは長年ネット広告に携わっている私が、SEOとリスティング広告を効果的に使うポイントとして、以下のことを解説していきます。

  • SEO対策とリティング広告の違いは?
  • SEO対策とリスティング広告のメリットとデメリットは?
  • SEO対策とリスティング広告を効果的に使い分ける方法は?

このページをご覧いただければ、SEO対策とリスティング広告の効果的な使い方について理解でき、検索エンジンを利用したユーザーをより効率よく誘導できるようになります。

内容を簡単にまとめると・・・

  • SEO対策は検索順位を徐々に上げて行くため、上位に表示されるまである程度時間が必要
  • リスティング広告は、入札に勝てればすぐに検索結果の上位に表示できる
  • SEO対策は順位を取ってしまえばある程度の期間集客できる
  • 一方、リスティングは入札をやめた時点で検察結果に出ることはなくなる
  • SEO対策とリスティング広告は同時に使うべきだが、長期間の集客を見込めるので特にSEO対策に力を入れるのがおすすめ
  • SEO対策をする際には、smartASPというツールはとりあえず使うべき
  • smartASPは、サイトを自動で分析し修正すべき記事を抽出してくれ、SEO対策の中でも非常に重要である内部リンクを可視化してくれる
  • 特に内部リンク可視化ツールで競合サイトの内部リンクも可視化できるので、どのくらい内部リンクを当てれば自分のサイトが勝てるのかという目安を立てやすい
  • さらにsmartASPは全ての機能が無料なので、まだ登録していない人は今のうちに登録しておくべき
smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

SEO対策とリスティング広告はどちらを使うべき?

SEO対策とリスティング広告はどちらを使うべき?

SEO対策とリスティング広告は、ともに検索エンジンを利用したユーザーを誘導するための手段ですが、実際にどちらを使えばいいのでしょうか?

同じキーワードで検索したユーザーが、SEO対策とリスティング広告のどちらを選択してクリックするのかにかかっていますが、どちらが良くてどちらが悪いというようなことはありません。

  • 同じ検索ワードに対して重複するのではないか?
  • 本当に効果があるのか?
  • どちらが手間がかからないか?

と、質問をされることが多いのですが、結論から言うと、

「SEO対策とリスティング広告は同時に使うべき」

なのです。

その理由を説明するために、SEO対策とリスティング広告について理解しておく必要がありますので、順番に解説していきましょう。

SEO対策とリスティング広告の違う点は?

SEO対策とリスティング広告には、どのような違いがあるのでしょうか?

検索されるキーワードで表示される場所や、内容についてそれぞれ違いがあり、特徴がありますので、順番にご紹介していきましょう。

SEO対策とリスティング広告に共通することは、検索エンジンを通じてキーワードで検索したユーザーをターゲットにして、成果報酬やクリック報酬などの収益につなげること言う意義は同じです。

大きく違う点は、大きく分けて3つのポイントがあります。

  • 広告費用の有無
  • 反映スピードの違い
  • クリック率の違い

これらの違いについては、SEO対策とリスティング広告との特性を、順番に解説していきましょう。

リスティング広告について

リスティング広告とは、検索されたキーワードを表示されるうえで、必ず上位表示されるテキスト型の広告です。

表示順は、それぞれキーワードごとに入札があり、もっとも高い金額を入札した広告を先頭に表示され、表示回数も多くなります。

クリックするたびにコストが発生し、1クリックにつき入札額が課金されていく仕組みになっています。

リスティング商標とリスティング商標外

商標・・・いわゆる商品名のことを指します。

ユーザーにとって、検索する際に、商品名で検索することが多く、認知度が高ければ高いほど、リスティング広告においては、検索されやすく、クリックされやすいキーワードになります。

商標外・・・ダイレクトに商品名を言わずに、効能や特徴や連想される単語を使い、その言葉に対して入札します。

商標外は商標よりもキーワードがぼやけている分、ユーザーの検索意図とは違ったりすると、クリックされないことも多く、商標よりも効果が低くなります。

また、さまざまな単語に入札され、より商品名に近いビッグワードになればなるほど、入札が競われ高いクリック単価になっていきます。

よりスモールワードで、ターゲットを連想しやすい単語を攻めることで、クリック単価を抑えて大きな成果を出すことができます。

例えば、化粧品で言えば、ポーラから発売されているシミ対策化粧品「リンクルショット」を例にすると、

商標・・・リンクルショット

商標外・・・シミ対策(ビッグワード)

シミ対策 クリーム(ミドルワード)

シミ対策 クリーム ニールワン(スモールワード)※

このような形になります。

※ニールワンとは、リンクルショットに入っている成分の一つで、より絞られた検索ワードになり、その分リスティング広告における1クリックの入札単価が低くなります。

商標をリスティング広告に使用する場合はメーカーの許可が必要になります。

自社商品の場合も、初めは商品名の認知度がほとんどないため、商標外でのリスティング広告で連想されるキーワードを用いて配信することになります。

しかし、予算をあまりかけずに商品やサービスを宣伝したいという場合にはやはり、SEOで集客するのがおすすめです。

Googleアドワーズと一緒にSEOでの集客も考えているという方は、smartASPというツールを使うのがおすすめです。

smartASPは自動でサイト分析をし、修正すべき記事を抽出してくれるだけでなく、SEOで最重要と言っても過言ではない内部リンクを可視化できます。

また、競合サイトの内部リンクを可視化できるのは日本で唯一smartASPだけです。

さらに全ての機能が無料で、損をすることもないためまだ登録していない方は今のうちに登録しておきましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

リスティング広告は一番上部に表示される

リスティング広告は、ページ上のデザインに違和感が出ないテキストで表示され、上位表示されることから、検索ユーザーには必ず目にとまるように設計されています。

上位表示されているテキストの左端に「広告」と表記されているものがリスティング広告で、検索ワードに合わせて、似ている内容の広告をテキスト表示するのです。

リスティング広告の種類は?

リスティング広告は、以下の2つを抑えておけば、後はほとんど必要ありません。

それだけ、この2つが大きなシェアを持っているからで、最も普及している広告と言っていいでしょう。

Google AdWords(Google広告)

2018年7月24日より、Google AdWordsからGoogle広告に名称変更がされました。
Google広告と提携している、WEBサイトやブログに広告を掲載でき、

  • テキスト広告
  • 画像広告
  • 動画広告
  • リッチメディア広告

と、4種類の広告が掲載できます。

Google広告の強みはなんと言っても、YouTubeに広告掲載ができることが大きなポイントです。

その他にも、食べログやアメブロなどとも提携しており、広告掲載においてインプレッション(掲載回数)が多く、リスティング広告を行う場合は、一番に抑えておきたいところです。

この他にも、Google AnalyticsやGoogleタグマネージャーが使用できるので、配信手段を分析しながら改善し、より効率の良いリスティング広告を配信できるようになります。

Yahooプロモーション広告

Yahooプロモーション広告は、他の検索サイトやポータルサイトと連携しており、BingやExciteといったサイトに広告が表示されることもあるのが特徴です。

この他にも、大手新聞社のウェブサイトやプロバイダ系のポータルサイトにも掲示されるので、幅広い世代に広告を配信することが可能になります。

これら2つのGoogle広告とYahooプロモーション広告を実際に使ってみた感覚では、利用頻度は、

Google広告:Yahooプロモーション広告=8:2

これくらいの比率の差があります。

原因はインプレッションの違いと、Google Analyticsなどの分析成果によって効果を検証しながら、キーワードを変更したり、文言を変えたりして、再度配信することを繰り返すので、yahooプロモーション広告よりも利用することが多くなるためです。

ただyahooプロモーション広告は、根強いユーザーも多く、近年、若い世代をターゲットにしたゲームクライアントによる広告も増えてきており、取り扱う商品によっては効果が期待できますので見逃せない媒体です。

リスティング広告を実施する場合は、Google広告とYahooプロモーション広告の2つを併用すれば、十分効果的な広告効果が期待できますので抑えておきましょう。

SEO対策について

SEO対策とは、リスティング広告と同様に、インターネット検索結果で記事やWEBサイトを上位表示させるための対策のことです。

リスティング広告とは違い、「被リンク」と「コンテンツ」を重視することが上位表示させるポイントになります。

広告費用は無料のため、検索において上位表示させることができれば、大きな成果を残すことが期待できます。

1つのサイトを、同じ商品に対して、関連するキーワードを1つずつ抑えて記事を書く特化型SEOが有効です。

内部リンクや外部リンクを駆使し、コンテンツの厚みを持たせることで上位表示を狙います。

当然、広告費用を削減できることから、SEO対策で収益化したいところですが、Googleの評価が常に一定でなく、変更があるたびに修正が必要になるなど、メンテナンスに時間がかかるなどの難点があります。

1つの商品に対して、20記事を目安にライティングをし、リライトなどもしながら根気よく上位表示を目指す必要があります。

しかし、何を基準にしてリライトをした方が良いのかわからない人も多いと思います。

そんな方におすすめなのがsmartASPです。

smartASPは客観的な数字を元に修正すべき記事を抽出してくれるため、SEO知識に自信がないという人でも本格的なSEO対策が可能です。

また、競合分析も効率化してくれるため、非常に便利です。

無料なので、万が一使わなかったとしても損をすることはないので、まだ使っていない人は1度使ってみることをおすすめします。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

SEO対策とリスティング広告のメリット・デメリットは?

SEO対策とリスティング広告のメリットとデメリットは?

SEO対策とリスティング広告は、同じ検索エンジンを使った広告であっても、メリットとデメリットが存在します。

実は、SEO対策とリスティング広告は互いの長所と短所を補っているのです。

どちらも特徴をしっかりと抑えておき、うまく使い分けることで相乗効果を発揮します。

ここでは、SEO対策とリスティング広告にどのようなメリットとデメリットがあるのかを解説していきます。

リスティング広告のメリット

リスティング広告のメリットは、

  • 検索結果に強い関心を持ったユーザーに配信できる
  • 入札後、すぐに上位表示が開始される
  • クリック課金性のため低予算で効果を確かめられる
  • リアルタイムで効果がわかる
  • 継続と停止などのコントロールがしやすい

特に、リスティング広告を設定後に即効性があることが大きなポイントで、広告のコントロールがしやすいのが特徴です。

広告と聞くと、TVCMのような1本数千万円といったコストが掛かるというイメージがありますが、リスティング広告は、クリックされるたびに課金されるシステムで、1クリックにつき数円から設定できます。

ビックワードになればなるほど入札価格が上がりますが、それでも、1クリック100円前後で済みます。

自分なりに広告費の上限を決めて、キーワードごとに、

  • どのくらいの入札価格なのか
  • どのキーワードが人気なのか
  • どのくらい広告費を使えばやめるか

これを、手探りで行うのではなく、Google Analyticsでリアルタイムで分析しながら、繰り返しトライできることが魅力です。

様々な商品をアフィリエイトで販売する場合においても、

「現在、この商品の人気と手応えはどのくらいあるか?」

という、取り扱いをするかどうかを判断する材料にもなります。

ネット上には現在のものも過去のものも混在しており、今現在でも人気があるのかどうかを判断することは難しいです。

例えば、Aのダイエット商品とBのダイエット商品は、どちらのほうが成果報酬を貰いやすいかを判断するときに、リスティング広告を利用して、ネット上での反応を見ることができます。

しかもリアルタイムで、今どのくらい費用を使っているのか、どのくらい表示されたか、何回クリックされて成果報酬を獲得できたかがわかります。

その際に、クリックがまったくなかったり、アクセスが少ない場合は、クリック課金制のため、すぐに止めることができ、ダメージを最小限に抑えることができるのです。

運用におけるコントロールと、コスト管理をしながらGoogle Analyticsで分析ができるので、WEB広告のスタートラインとして、リスティング広告を活用できることが大きなメリットです。

また、Googleアナリティクスでどのようにデータを活用したら良いのかわからない方も多いと思います。

そんな方におすすめなのがsmartASPです。

smartASPでは、GoogleアナリティクスやGoogleサーチコンソールのデータを簡単に分析することが出来ます。

さらに、自動でリライトすべき記事を抽出してくれるため大変便利です。

完全無料で、万が一使わなくなっても損することがないので、1度使ってみるべきでしょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

リスティング広告のデメリット

リスティング広告は、万能な広告というわけではありません。

もちろん、リスティング広告にもデメリットがあります。

  • 広告表記されるため、ユーザーからスルーされることが多い
  • 安価であっても広告費用がかかってしまう
  • 設定と検証を繰り返し行うので、手間がかかる
  • 検索したユーザーに限定表示され認知度アップには繋がらない

リスティング広告の弱点は、「広告」であることです。

リスティング広告は表示の際に、上位表示をされるのですが、テキストの左隅に「広告」と表記されます。

人間心理の中で、広告は敬遠される傾向にあります。そのため、ユーザーの目に入る上位表示されても、スルーをされてしまうことが多く、表示回数の割にはクリック率が高くないことが多いのです。

もちろん広告費がかかってしまう上に、何度もキーワードの考案と、入札価格の設定を行い、検証を繰り返して改善していくという労力がかかります。

そして何より、検索されないと表示されない広告であるために、商品の認知度があがりにくい特徴があります。

商品そのものの認知度を上げたい場合は、リスティング以外に別の広告を併用する必要があります。

リスティング広告のデメリットを把握した上で、メリットを最大限に活かす運用を心がけるようにしましょう。

SEO対策のメリット

SEO対策は、ユーザーが購買行動を起こす前に、検索行動をする際の「辞書のような役割」を担っています。

ユーザーの疑問点にしっかりと答えを明示してくれると、信頼と期待を持ってクリックをしているのです。

SEO対策のメリットは以下のとおりです。

  • 広告に比べると信用性が高く、集客力がある
  • 広告に比べ費用対効果が高い
  • 資産価値が高く、中長期的に流入が見込める

SEO対策をされた記事が上位表示されていると、ユーザーもGoogleから客観的に優れた記事であることは認識しており、リスティング広告で表示されたテキスト広告が13%に対して、SEO上位エリアは52%と、なんと4倍ものクリックの差があるのです。

そのため、SEO対策で上位表示を獲得できると、広告に比べて効率よくユーザーを誘導でき、広告のようにコストを掛け続ける必要がないので、費用対効果が非常に高いことが大きなメリットです。

また、SEO対策の記事は、ネット上に存在し続けますので、うまくリライトや更新作業を続けていけば、中長期的にユーザーの流入元として貢献し続けてくれます。

SEO記事を更新し続け、サイト全体をうまくブランディングしていくことで、安定した収入源として貢献してくれるようになるので、資産価値が高いことも大きなメリットの1つです。

SEO対策のデメリット

SEO対策は、コストが掛からず費用対効果が高い反面、デメリットもあります。

  • 労力が大きくかかるにも関わらず成果の保証がないこと
  • 即効性がなく、上位表示されるには時間がかかることが多い
  • Googleの評価基準が変わると、大きく修正作業が必要になることがある

なんといっても、SEO対策を成功させるには、時間と労力がかかります。

短期間で成果を上げることが非常に難しく、記事の更新と修正を繰り返して、記事に厚みを持たしたり、内部リンクや外部リンクを行うことで、記事の信憑性と価値を高めていく作業が必要になります。

時間と労力で積み上げてきた情報を管理し、磨き続けていても、突然Googleの評価基準が変わったりすると、記事の内容をすべて見直して、変更基準に沿って記事内容の変更をしないといけないという手間が発生することも大きなデメリットの1つです。

このように、リスティング広告とSEO対策には長所と短所があり、それぞれの特徴を活かすことで効果的な広告として運用できるようになります。

それでは、どのように使い分ければよいかを詳しく解説していきましょう。

リスティング広告とSEO対策を効果的に使い分けるには?

リスティング広告とSEO対策を効果的に使い分けるには?

リスティング広告とSEO対策には、効果の現れ方に大きな違いがあります。

有料広告となるリスティング広告は、設定が完了すると、検索したユーザーに対してすぐに表示される即効性があり、SEO対策は即効性はないかわりに、上位表示されると安定したクリックと閲覧件数を獲得することができるようになります。

リスティング広告はあくまでも広告で、ユーザーからの信用性は低いので、スルーされる可能性が高いです。

そのため、初期の段階ではリスティング広告で上位表示させ、その間に信用性の高いSEO対策を進めていき、上位表示をめざします。

この特性を活かせば、短期中期的にはリスティング広告、中長期的にはSEO対策に取り組むことでユーザーをうまく誘導することができるようになります。

リスティング広告で手応えチェック

リスティング広告は、どんなワードが広告として適しているかをチェックすることができます。

入札と設定が終わると、すぐに上位表示が開始されますので、リアルタイムで分析することができますので、検索される商品名やキーワードにおいて、ユーザーが興味を持っているかどうかを探ることができます。

1クリックからの課金のため低コストで運用ができるので、クリックされなければコストは掛かりません。

そのため、いくらでもキーワードを再設定して、何度でも試すことができることができるのです。

本格的に商品を取り扱う前には、まずネット上での手応えをリスティング広告で確認してみましょう。

売れる商品名かどうかを比較検証できる

OEMで商品を作るときに大切なのが、ネーミングの考案です。

無名の商品を売るときに、似た名前の商品やワードがネットにすでに存在していると、ユーザーが検索するときに、リスティング広告の入札金額が高騰したり、上位表示されにくいという問題が発生します。

いくら良い商品であっても、効果的な広告戦略ができないと、なかなか認知度が上がらず、効率の良い販売ができず苦戦を強いられてしまいます。

そこで、商品名を複数用意し、リスティング広告を使って、それぞれのネーミングがどのような反応があるかを、クリック数と表示回数でチェックします。

入札金額が低く、よりクリック数と表示回数の多いネーミングを商品名として採用すれば、今後の広告効果が大きくなるので、OEMで商品を作る際は、まずはリスティング広告を利用して、ネーミングの考案のテクニックとして利用してみてください。

サイトの記事ボリュームがない場合に有効

ネット上に上位表示させるためには、一定の記事数やコンテンツが必要になります。

もともと、サイトに有効な記事が少なく、すぐにでも成果を上げたいと考えている場合に有効です。

特に、シーズン品や、話題商品、新商品などの今が旬の商品を取り扱うときには、時間が勝負になることがあります。

今すぐに売りたい場合に、SEO対策をしていては、記事を上位表示には時間と労力がかかり、成果が確約されていないため、無駄な労力となりかねません。

SEO対策を始める前に、まずは即効性のあるリスティング広告から取り掛かり、クリック数などの反応を検証して、効果があったものだけを選別し、SEO対策を始めると良いでしょう。

アフィリエイト商品の選定時に有効

広告代理店が取り扱うアフィリエイト商材は多数存在しており、担当からのおすすめ商材は紹介されます。

しかし、実際にネット上でどれくらいの反応があるのかがわからないため、絞り込みをする際にリスティング広告を使って検証をすれば、リアルタイムでのネット上の反応がわかります。

より効率の良いアフィリエイト商品を見つけたい場合に、リスティング広告を利用すると効果的です。

SEO対策で包囲網を張る

リスティング広告のネット反映が早いという特性を活用し、リスティング広告で反応があった商品は、継続してリスティング広告を出し続けながら、SEO対策で、商品の検索されやすいサジェストキーワードをもとに、20記事を目安に包囲網を貼っておくようにします。

リスティング広告を出し続けると、コストが掛かり続けますが、作成したSEO対策の記事で成果が出始めてくると、SEO対策記事にはコストが掛からないため、費用対効果が上がっていきます。

SEO対策は一度作成してしまえば、定期的なリライトや更新作業を行えば、上位表示された状態を維持することが可能になりますので、中長期的な視野で運用することができ、継続的な収益を上げることができるようになります。

ですが、リライト作業に時間を取られたくはないですよね。

そんな方におすすめなのがsmartASPです。

smartASPは自動でサイト分析をし、修正すべき記事を抽出してくれるだけでなく、SEOで最重要と言っても過言ではない内部リンクを可視化できます。

また、競合サイトの内部リンクを可視化できるのは日本で唯一smartASPだけです。 さらに全ての機能が無料で、損をすることもないためまだ登録していない方は今のうちに登録しておきましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

すでにSEO対策が好調であってもリスティング広告は始めるべき

すでにSEO対策が好調であってもリスティング広告は始めるべき

人によっては、記事を書き貯めて、一定の集客に成功している方もいますが、SEO対策だけでずっと運用するのはリスクがあります。

Googleによるアルゴリズムの変更が突然行われる傾向があり、ネット上での序列が大きく変わってしまう事があるからです。

そのため、SEO対策で成果が上がっているときこそ、リスティング広告を始めるべきなのです。

さらなる成果報酬の拡大を図ると同時に、新たな切り口を発見していくことで、新たな顧客を獲得できるようになる可能性を秘めているからです。

例えて言うなら、ネットの世界は「海」であり漁場です。

リスティング広告は穴場ポイントを探すサーチ能力があり、SEO対策は、漁場で獲物を待ち構える網に例えられます。

Googleによって潮目が変えられてしまえば、獲物のポイントが別の場所へ変わってしまいます。

そのため、常に穴場ポイントを探し続けて複数の収益ポイントを確保しておけば、1つのポイントがだめになってしまっても、ダメージを軽減することができます。

つまり、SEO対策だけを追求したり、リスティング広告だけを追求するではなく、両方を使いこなすことで、報酬獲得アップとリスク対策にもなるということを理解しておきましょう。

まとめ:SEO対策とリスティング広告は併用するのが理想

これまで、SEO対策とリスティング広告について効果的に使うポイントを解説してきましたが、いかがでしたか?

SEO対策とリスティング広告には一長一短あり、併用することで、短所を補い長所を活かすことができます。

ネットという大きな海には、獲物がどこにいるかがわかりにくいものです。

手当たりしだいにSEO対策という網を仕掛けても、無駄に終わってしまう可能性があります。

また、リスティング広告という撒き餌だけをしても、獲物を逃してしまう可能性もあります。

まずはリスティング広告で撒き餌をして手応えをつかみ、SEO対策で周りを囲い込んでユーザーを獲得する手法が、もっとも効率的で効果が高いのです。

低コストで、高収益を狙う方には、SEO対策とリスティング広告をうまく組み合わせることで、大きな成果を残すことが可能になりますので、ぜひチャレンジしてみてください。

また、本格的なSEO対策をしたい方はサイト分析・競合分析などを効率化できるsmartASPを活用するのがおすすめです。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

コメントを残す