Googleサーチコンソールとは?使い方・登録方法まで詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Googleサーチコンソールとは?使い方や登録方法などを解説

「Googleサーチコンソール(search console)ってなに?」「Googleサーチコンソールの使い方がわからない」というようにGoogleサーチコンソールという言葉は聞いたことがあっても活用方法や操作方法がわからない方も多いのではないでしょうか。

GoogleサーチコンソールはGoogleが無料で提供しているSEO分析ツールで、機能を使いこなすことでリアルなデータから読者行動に元付いた対策を行うことができます。

しかし、Googleサーチコンソールは多くのデータを得ることができるがゆえに、利用者は混乱してしまい、機能を上手く活用出来ていない方が多いのが現状です。

そこでこのページでは、Googleサーチコンソールの機能をフル活用し、複数のメディアでSEO施策を繰り返してきた筆者が、以下の内容に付いて紹介していきます。

  • Googleサーチコンソールとは?
  • Googleサーチコンソールと連携して使用すべきおすすめツール
  • 新バージョンのGoogleサーチコンソールの使い方
  • Googleサーチコンソールの登録手順

Googleサーチコンソールは現在旧バージョンと新バージョン2つの機能画面が存在します。

新バージョンの方が機能の幅が広く、Googleも使用を推奨しているため、よほどの理由がない限りは新バージョンでGoogleサーチコンソールを利用するのがおすすめです。

他のサイトでは、旧バージョンのGoogleサーチコンソールについて詳しく解説された記事は存在しますが、新バージョンの画面に対応して使い方を解説しているのはこの記事のみ。

このページを読み込めば、新バージョンのGoogleサーチコンソール使い方や活用方法を深く知ることが出来るので、よりサイト利用者が求めている事にコミットしたサイト作りができるようになるでしょう。

簡単に内容をまとめると・・・

  • Googleサーチコンソールでページ毎のクリック率・クリック数やクローラーの巡回状況、どのキーワードから流入しているかが確認できる
  • Googleサーチコンソールは分析できる期間やページがインデックスされない理由の表示などをしてくれるため、新しいバージョンを使うべき
  • Googleサーチコンソールでは、エラーが出ているページや、どこから被リンクが来ているのかなども確認できる
  • Googleサーチコンソール・Googleアナリティクスを自動分析し、リライトすべき記事を出してくれるsmartASPを使ってサイトを運営するのがおすすめ
  • 特に、SEO知識に自信がなかったり、副業でサイトを運営していてできるだけ時間を節約したい人は、smartASPを使うべき

smartASPの公式サイトはこちら

\無料で登録/

Googleサーチコンソールとは

Googleサーチコンソールとは?

Googleサーチコンソール(旧:Googleウェブマスターツール)は、サイトのパフォーマンスを管理・分析をすることができる、Googleが提供している無料のSEO分析ツールです。

Googleサーチコンソールをうまく活用することで、

  • ページ毎のクリック数
  • クローラーの巡回状況
  • ページに流入したユーザーのクエリ(検索時に入力したキーワード)

などを知ることができ、Googleに自分のサイトがどのように認識されているか、確認できるツールと言えるでしょう。

ユーザーが自分のサイトに訪れるまでの動線や、サイトの問題など精度が高いデータを知ることができる無料ツールはGoogleサーチコンソールのみ。

Googleからのサイトの認識やユーザーの行動を知り改善を行うことで、より満足度の高いサイト運営を行うことができるでしょう。

smartASPと連携して使うのがおすすめ

Googleサーチコンソールは、smartASPというSEOのデータ分析にも優れたASP一括管理ツールと連携させて活用することで、容易に分析を行うことが可能となります。

抽出したデータをsmartASPと連携し分析を行うことで検索からの流入を増やすリライトを行うこと可能となり、よりサイトを飛躍させることができるでしょう。

ASP一括管理でき、Googleサーチコンソル・Googleアナリティクス・Googleアドセンスと連携できるツールはsmartASPのみです。

効率的にサイト運営を行う、満足度の高いサイト運営を行うためにもGoogleサーチコンソルとsmartASPの連携活用は必須と言えます。

smartASPにまだ登録していない方は、無料かつ3分程度で登録することができるので是非登録してみてください。

smartASPの公式サイトはこちら

\全ての機能が無料/

アナリティクスとの違い

Googleサーチコンソールはユーザーがサイトに流入してきた経路などを分析できるツールなのに対し、Googleアナリティクスはサイトに訪れたユーザーがサイト内でどのような行動をとったかを分析できるツールです。

簡単に言うと、Googleサーチコンソールは外的なユーザー行動分析Googleアナリティクス内的なユーザー行動分析を行うことができます。

そのため用途が違っており、両方のツールを組み合わせることでより革新的なSEO対策を実現することができるでしょう。

GoogleアナリティクスもsmartASPと連携することができるため、Googleサーチコンソルと合わせて連携することで効率的にSEO施策に取り組め、競合サイトよりも有利にPDCAを回すことができます。

smartASPの公式サイトはこちら

Googleサーチコンソールの使い方は?戦略的に活用する7つの方法

Googleサーチコンソールの使い方は?7つの活用方法

Googleサーチコンソールは様々な機能が備わっていますが、使い方は大きく7つに部類されます。

しかし、画面表示されるデータを見ているだけでは、施策に繋げることは不可能。

そこでここでは、Googleサーチコンソールの戦略的な使い方について紹介していきます。

Googleサーチコンソールの使い方次第ではサイト収益を大きくアップさせることができるので、是非参考にしてみてください。

Googleサーチコンソールは新しいバージョンを利用するのがおすすめ

冒頭でも述べたとおり、Googleサーチコンソールには新バージョンと旧バージョンが存在します。

旧バージョンと比較し新バージョンでは、

  • データ分析できる期間が拡張された
  • サイトがインデックス(Googleに認知)されていない理由が表示される
  • サイトを高速表示させるための施策AMPの実装支援

などが行えるようになりました。

Googleも新バージョンの利用を推奨しているため、よほどの理由がない限りGoogleサーチコンソールは新バージョンを利用するのが良いでしょう。

サマリーの使い方

Googleコンソールのレポート

サマリーは、検索パフォーマンス・カバレッジ・拡張の機能を簡易的に一目で確認することができる項目でGoogleサーチコンソールのトップページです。

それぞれの機能については後ほど紹介しますが、「レポートを開く」をクリックすることでそれぞれの表の詳細を確認することができます。

検索パフォーマンス・カバレッジ・拡張それぞれのグラフを比較して、運営サイトの変化を確認することが可能です。

毎日サイト運営に時間を費やすことができない方は、最低限このサマリーの項目を確認しサイトに不具合がないかなどを確認しましょう。

検索パフォーマンスの使い方

検索パフォーマンス(旧:検索アナリティクス)は、サイトのクリック率やクエリに対する平均順位などを知ることができる項目です。

「検索タイプ」「日付」の項目で検索フィルタをかけることで、より細かなデータ分析を行うこともできます。

このようなフィルタは、赤丸で囲まれた「+新規」を押し、かけたいフィルタを選択すれば適用することができます。

Googleサーチコンソールの検索パフォーマンス

また、グラフ下のクエリ・ページ・デバイスなどの項目を確認することで、クエリ単位・ページ単位でのクリック数などのデータを取得することが可能です。

検索パフォーマンスを駆使し検索クエリの表示回数が多い記事をリライト・改善することで、サイトPV・CVRなどを飛躍的にアップさせることができるでしょう。

クリック率などのデータはsmartASPと連携させることでより精度の高い分析を行うことが可能です。

Googleアナリティクスのデータもすぐに切り替えて確認することができるので、smartASPのツール一つでサイト内の分析を完結させることができます。

また、GoogleサーチコンソールとGoogleアナリティクスを自動で分析し、リライトすべき記事を自動で出してくれるので、SEO知識がない方でも本格的なSEO対策ができ、かなり時間の節約になります。

smartASPの公式サイトはこちら

\全ての機能が無料/

URL検索の使い方

URL検査(旧:Fetch as Google)の項目では、インデックス登録の確認・検出情報・クロール状況などを確認することができます。

GoogleサーチコンソールのURL検査

上記にある検索窓に対象となるページのURLを貼り付けて検索を行うことで、そのページのデータを分析することが可能です。

URLが正常に認識されてる場合は、「URL は Google に登録されています」と表示されます。

エラーが発生している場合は「URL が Google に登録されていません」と表示され、その下にどのような理由でエラーが発生しているのか警告文が表示されるようになっています。

また、Googleクロウラーにクロールを要請するFetch as Googleも「URL検査」の項目から行うことが可能です。

Fetch as Googleの活用法

Fetch as Googleはサイトにページを追加したことなどをGoogleページ内を巡回するAIに知らせるためのものです。

  • サイトに新規のページを追加した時
  • リダイレクト設定をした時
  • ページをインデックスさせたい時

などの場合に使用します。

Fetch as Googleの使用方法は簡単でURL検査の検索窓に対象となるページのURLを挿入し、検索。

Googleサーチコンソールのインデックスをリクエスト

画像のような画面が現れるので、「インデックス登録をリクエスト」をクリックするのみです。

「インデックス登録をリクエスト」を押してから完了するまで、1〜2分程度時間がかかるので、連続で操作しないように注意してください。

カバレッジの使い方

Googleサーチコンソールでエラーの確認

カバレッジはサイトがGoogleにどのようにインデックスされているか、エラーなどが発生していないかを確認することができる項目です。

  • エラー
  • 有効(警告あり)
  • 有効
  • 除外

以上の4つの項目から、現在どのようなインデックス状況となっているか確認できるため、正常にインデックスして欲しいページでエラーが発生していないかなどを確認するために使用してください。

エラーが発生している場合は、原因を突き止め正しくインデックスされるようにページの改善を行いましょう。

詳細を確認することでエラーの直し方や、改善後Googleに修正を申告することができます。

サイトマップの使い方

サイトマップの項目は、サイトの構造などを示したサイトマップのURLをGoogleに送信することでサイトをより鮮明に認知してもらうことができます。

サイトに設置されているサイトマップは言わば、そのサイトの目次となる項目です。

そのサイトマップをGoogleに認識してもらうことで、より正確にサイト構造を読み取り正確な評価を得ることができるようにまります。

小規模なサイトであればFetch as Googleをこまめに使用すれば問題ありませんが、内部リンクが張り巡らされている大規模なサイトを運営している場合は、サイトマップ登録をするのがおすすめです。

モバイルユーザビリティの使い方

モバイルユーザビリティはスマホなどの端末で記事を閲覧した場合に、ユーザーが閲覧しにくいと感じるコンテンツをエラー表示してくれる項目です。

出力されているエラーをクリックすることで詳細を確認することができるほか、エラー対象となるページのサンプルリスト・修正方法・修正後にGoogleに深刻するまでの作業を一括で行うことができます。

スマホで検索され、サイトを閲覧される可能性が高い現代で、モバイルユーザビリティのエラーを最小限にし、ユーザビリティを高めることが今のサイト運営者に求められる事の1つと言えるでしょう。

リンクの使い方

リンクの項目では、運営サイトの内部リンク・外部リンク・上位のリンク元サイトを一覧で確認することができます。

新バージョンのGoogleサーチコンソールでは、リンクテキストの確認も可能です。

また、新バージョンでは旧バージョンと比較し、リンクの分析精度が高くなっています。

そのため、「旧バージョンよりもリンク数が減った」という方もおられますが、新バージョンで表示されているリンク数などが正しい表記となるので、決してエラーなどではないということを認識しておきましょう。

外部リンクの見方

外部リンクでは、外部のページから運営サイトへリンク(被リンク)されてるページを上位5位が、URLで表示されます。

どのページが評価が高くユーザーに認められているのか、評価されてるのかを認知することが可能です。

また、詳細を確認することでスパムサイトからのリンクも見分けることができるため、外部サイトとリンクの有効性について精査し、もしスパムリンクでは無いかと感じた場合は、リンクを否認するなど何らかの施策を取ることをおすすめします。

内部リンクの見方

内部リンクは、サイト内部間のリンク状況やリンク数を表すことができる項目です。

どのページから内部リンクを送るか、どのような内部リンク設計にするのか、正しく内部リンクが適応されいるのかなどを確認できるため、より強固なサイト・ユーザビリティが高いサイトを形成するためにも活用したい項目と言えます。

Googleサーチコンソールに登録を行う手順

Googleサーチコンソールに登録するにあたり、まずはGoogleアカウントを作成しましょう。

Googleアカウントを作成した後Googleサーチコンソールに登録することが可能となります。

Googleコンソールの新規登録

Googleアカウントに登録した後はGoogleサーチコンソールのページを開きます。

「今すぐ開始」をクリックするGoogleサーチコンソールを使用して分析を行いたい自分が所有しているサイトのURLを確認するページが表示されます。

Googleサーチコンソールの新規登録でURLを入力

www.と通常のページなど、複数のURLが作成されてしまうサイトは、左の『ドメイン』にサイトのドメインを入れてください。

大部分のサイトは右のURLプレフィックスにURLを入れれば大丈夫です。

このURLを入れる工程で、間違ったURLを入れてしまうと今後設定を進めて行く中でエラーが発生するため、間違わないように注意してください。

URLを入力した後は、「プロパティを追加」という項目があるのでクリックすることで次の工程に進むことができます。

この時点でGoogleサーチコンソールに対象となるサイトを登録することができました。

しかしこの状態ではまだ、登録したサイトが本当に持ち主の物か確認できないため次のGoogleサーチコンソールの設定方法に移ります。

Googleサーチコンソールの設定方法

GoogleサーチコンソールにサイトのURLを登録した後は、サイトの「所有権の確認」を行います。

確認方法には以下のようなものがあります。

  • HTMLファイル
  • HTMLタグを挿入する
  • Googleアナリティクスのアカウントを使用する
  • Googleタグマネージャーのアカウントを使用する
  • DNSの設定を編集

GoogleアナリティクスやGoogleタグマネージャーで対象のサイトのアカウントを作成しているので、あれば「アカウントを使用する」という項目を使用することで簡単に所有権の確認を行うことが可能です。

まだGoogleアナリティクスなども登録していないのであれば、HTMLタグを挿入するのがおすすめ。

「HTMLタグ」の項目を選択することでHTMLコードが発行されます。そのコードをサイト内のHTMLに挿入することで承認してもらうことができます。

まずは発行されたHTMLコードをコピーします。

自分のサイトのWordPressの管理画面を開き、サイドバーの「外観」→「テーマの編集」→「header.php」の順番で各項目をクリックしていきます。

複数のタグが並んだ画面が表示されるので、</head>と記載されたタグを探します。

その</head>タグの直前にGoogleサーチコンソールで発行されたHTMLコードを挿入してください。

この時、他のタグを削除したり追加したりしてしまうとサイトが崩れてしまう可能性があるため注意が必要です。

HTMLコードを挿入したところで、ファイル更新をクリックしGoogleサーチコンソール側の画面を承認することで自分の運営サイトにGoogleサーチコンソールを挿入することができます。

挿入した後に何らかのエラーが発生する場合はGoogleサーチコンソールヘルプを参考にしてください。

>>Googleサーチコンソールヘルプはこちら

Googleサーチコンソールに登録したサイトを削除する方法

Googleサーチコンソールに登録したサイトをツール上から削除したい場合は、今から紹介する手順を追うことで簡単に削除することが可能です。

まず削除したいサイトを対象にしてそのサイトのGoogleサーチコンソールの画面を開きます。

その後左のカテゴリー内になる歯車マークのついた「設定」というボタンをクリックします。

Googleサーチコンソールの設定

すると、プロパティ設定・概要などの項目が記載されたページが表示されます。

そのプロパティ設定・概要の両項目の間に「プロパティを削除」という項目があるのでクリックします。

Googleサーチコンソールでプロパティを削除

最終確認の画面が表示されるので、自分が削除したいページのURLと画面に表示されている画面のURLが一致することを確認した上で、「プロパティを削除」をクリックし削除完了です。

Googleサーチコンソールでプロパティを削除の最終確認

Googleサーチコンソールで起こるエラー/不具合の対処法

新バージョンになってからは減少しつつありますが、時折Googleサーチコンソールでも不具合が発生することがあります。

Googleサーチコンソールの画面で表示されているデータがあまりにもおかしいと感じた場合は、不具合が発生している可能性が高いでしょう。

不具合が生じた場合どのような対策を取ればいいのか、どのような状況なのか確認したい場合はGoogleサーチコンソールのヘルプ画面で正しい情報を収集し普及を待つのが良いです。

>>Googleサーチコンソールヘルプはこちら

まとめ:Googleサーチコンソールとは?使い方も解説

まとめ:Googleサーチコンソールとは?使い方も解説

Googleサーチコンソールについて説明してきましたがいかがでしたでしょうか?

このページでの要点は、

  • Googleサーチコンソールはサイト内のパフォーマンスを分析することができる無料ツール
  • smartASPと連携することでより効率的にサイトを改善できる
  • Googleサーチコンソールの使い方をマスターすることで競合サイトにも勝てる施策が打てる

サイトのクオリティを高めていくためにもGoogleサーチコンソールは必須なツールです。

またGoogleサーチコンソールと同様に、分析・ASP管理などに適したsmartASPも今後のサイト運営には必須

どちらのツールも無料で登録することができるので、是非登録してみてください。

GoogleサーチコンソールとsmartASPを連携させて競合サイトが行なっていない画期的なSEO施策を先に打ち出していきましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\3分で登録/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す