Googleアドセンス広告の関連コンテンツの利用方法とは?

Googleアドセンス広告の関連コンテンツの利用方法とは?

「Googleアドセンス広告の関連コンテンツって何?」「どうやったら使えるの?」と、疑問に感じている人は多いと思います。

実は、Googleアドセンス広告の関連コンテンツは全員が利用できるわけではなく、一定の条件をクリアした人のみが使える機能なのです。

このページでは、日本最大級のWEBメディアであるWeb Reachの編集部がGoogleアドセンス広告の関連コンテンツについて以下のことを解説します。

  • Googleアドセンス広告の関連コンテンツの利用方法
  • 関連コンテンツを利用するメリット
  • 関連コンテンツの利用条件
  • 関連コンテンツの設置方法

このページを読めば、Googleアドセンス広告の関連コンテンツについての理解が深まり、よりGoogleアドセンス広告を使いこなせるようになるでしょう。

内容を簡単にまとめると・・・

  • Googleアドセンスの関連コンテンツとは、Googleが自動で関連する記事を読者に対して表示してくれる機能
  • 関連コンテンツを利用すると、回遊率が上がりそれに応じてPVも増える
  • PVが増えれば、その分Googleアドセンスやアフィリエイトで稼ぎやすくなる
  • Googleアドセンスやアフィリエイトの収益が増えると、各サービスや各ASPにログインして売り上げを確認しなければならないため、かなり時間が取られる
  • そこで、売り上げ管理にはsmartASPというGoogleアドセンス・各ASPの収益を一括で管理できるツールを使うのがおすすめ
  • Googleアドセンスの収益とASPの売り上げを管理できるツールは日本でsmartASPだけで、完全無料なのでまだ登録していない人は登録しておくべき

smartASPの公式サイトはこちら

\3分で登録/

Googleアドセンス広告の関連コンテンツの利用方法とは

Googleアドセンス広告の関連コンテンツの利用方法

ここでは、Googleアドセンス広告の関連コンテンツの利用方法とはどのようなものかを、解説していきます。

関連コンテンツとは

本題に入る前に、関連コンテンツについてご存じない方の為に関連コンテンツについて説明します。

関連コンテンツとは、Googleアドセンス広告の提供する無料のサービスの一つで、ウェブサイトを閲覧しているユーザーに対し、ウェブサイト内の他のコンテンツを簡単に宣伝することができます。

そもそも、関連コンテンツを設置する場所を関連コンテンツユニットといいます。

そして、この関連コンテンツユニットに表示することができるのはおすすめの関連コンテンツと広告の2種類です。

では、どのようなものがおすすめの関連コンテンツとしてウェブサイトのユーザーに表示されるのでしょうか。

実は、おすすめの関連コンテンツはトピックの類似性に基づいていて、ユーザーに合わせてカスタマイズされています。

つまり、ウェブサイトの運営者は関連コンテンツを表示させたいページを指定するだけでいいのです。

すると、勝手にGoogleアドセンス広告側が同じドメインのウェブサイトの中からカテゴリわけなどを判断基準としておすすめの関連コンテンツの表示内容をカスタマイズしてくれます。

そのため、とても手軽に行うことができます。

注意点

ここで、基本的な注意点について、3つご説明します。

1つ目は、関連コンテンツのユニットに表示されるおすすめコンテンツに、他に運営しているサイトへのリンクが表示できないことです。

先ほども書きましたが、おすすめコンテンツの内容は関連コンテンツユニットを掲載するウェブサイトの同じドメイン内に限られます。

2つ目は関連コンテンツが、パソコン、モバイル、タブレットの端末に対応していることです。

基本的にはどの端末でも表示されると考えて良いでしょう。

3つ目は、関連コンテンツにはリンク先の画像もセットで表示されますが、画像を使用していないウェブサイトの場合は関連コンテンツユニットのおすすめコンテンツはテキストのみの形式で表示されることです。

メリット

関連コンテンツの利用には、ユーザーエンゲージメントと滞在時間の3つの側面からのメリットがあります。

1つ目のユーザーエンゲージメントの観点からは、ページビューが9%向上することが分かっています。

ちなみに、エンゲージメントを簡単に言うと、ユーザーがいかにウェブサイトと強いつながりを持つかを指します。

また、2つ目の滞在時間も、関連コンテンツによって10%向上することが分かっています。

では、なぜ、関連コンテンツを利用するとこのようなメリットが発生するのでしょうか。

それは、先ほど説明しましたが、この関連コンテンツがトピックの類似性に基づいていて、ユーザーに合わせてカスタマイズされるからです。

具体的には、スポーツのカテゴリの記事を読んでいたユーザーにはスポーツの記事を、政治のカテゴリを読んでいたユーザーには政治の記事をおすすめコンテンツとして表示する、といったことです。

スポーツの記事を読んでいたユーザーに政治の記事を表示させても閲覧してくれる可能性は低いですよね。

それよりも、同じカテゴリの記事を表示した方が閲覧の可能性は高まります。

そのことにより、ユーザーのリピート率や、広告表示回数が向上するため、結果的にGoogleアドセンスの広告収入につながります。

これが3つ目のメリットです。

また、広告収入が増える前に、収益を管理する体制を作っておくのがおすすめです。なぜなら、本格的に広告収入が発生してくると各ASPやサービスにログインしなければならず、それだけで1日30分〜1時間は取られてしまうからです。

そこで、売り上げ管理を効率化するツールを活用するべきなのですが、最初から有料ツールを使うのは気がひけるという人もいるでしょう。

そんな人におすすめしたいのが、smartASPというツールです。

筆者の体感では、1日1時間ほどかかっていた作業を10分以内に短縮することができました。個人的には、必須ツールだと思っています。

もちろん無料なので、万が一使わなくなっても損はしません。まだ登録していないという人は、忘れないうちに登録しておきましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\3分で登録/

広告表示

関連コンテンツユニットは基本的には、ウェブサイトを閲覧しているユーザーに対し、ウェブサイト内の他のコンテンツを簡単に宣伝するために利用されますが、サイトをさらに収益化させるために広告の表示をすることもできます。

広告を表示させると、関連コンテンツユニット内に広告とおすすめコンテンツの両方が表示されるようになります。

関連コンテンツユニット内の広告は、ユーザーにも広告と認識することができるように「Powered by Google」や「広告」というラベルが付けられます。おおよそ、8つの関連コンテンツユニットがあった場合に2~3の広告が表示されます。

ここで関連コンテンツユニット内に広告を表示する際に知っておきたいことを5つご紹介します。

1つ目は、広告は適切なものがある場合にのみ表示されるということです。

つまり、関連するような広告がない場合には、広告を表示する設定にしていたとしても広告が掲載されないことがある、ということです。

2つ目は、関連コンテンツユニットのおすすめコンテンツの一部が広告に置き換わるということです。

つまり、おすすめコンテンツの表示場所が減ることで、広告が表示されるということです。

3つ目は、小さい関連コンテンツユニットには、広告は表示されないということです。

つまり、おすすめコンテンツのスロットが1つしかない関連コンテンツユニットに広告を表示する設定を施したとしても広告は表示されません。

4つ目は、広告の表示形式が、おすすめコンテンツの表示形式にあったものになるということです。

これは、2つ目で触れた通り、本来おすすめコンテンツを表示するところに広告を表示するためです。

5つ目は、関連コンテンツユニットに掲載された広告からの利益を計算する方法です。

これは、「レポート」ページ内の「広告ユニットレポート」を確認することで把握することができます。

関連コンテンツの利用方法

関連コンテンツの概要について説明してきましたが、ここでは本題である関連コンテンツの利用方法をご説明します。

条件

冒頭にも書きましたが、実は関連コンテンツの利用には条件が存在します。

この条件とはいったいどのようなものなのでしょうか。

それは、「ウェブサイトがトラフィック量とページ数の最低要件を満たす」ことです。

しかし、厳密に最低要件が定義されているわけではなく、どういうロジックで条件が決められているのか知ることはできません。

ですが、一般的には

  • トラフィック量が1000PV/日
  • ページ数が100

ほどあれば、解放される機能であると考えられています。

また、カテゴリーやサイトのページの関連性が強いと解放されやすいことも分かっています。

加えて言うと、広告の表示は「広告で収益化」というところで、関連コンテンツユニットを使用し始めた時点からデフォルトでオンになります。広告を表示したくない場合はオフにすれば、広告は表示されなくなります。

しかし、ウェブサイト内で広告による利益があまり上がっていない場合は、関連コンテンツユニットを利用し、「広告で収益化」をオンにしていても、関連コンテンツユニット内には広告が表示されません。

条件の確認方法

ここでは、実際にウェブサイトが関連コンテンツの機能を使うことができるのか、その確認方法をご紹介します。

  1. Googleアドセンスアカウントにログイン
  2. 「サイト」をクリック
  3. 「関連コンテンツ」をクリック
  4. 「関連コンテンツ」ページに自分のウェブサイトのURLが表示されているか確認をする

3の時点で、そもそも「関連コンテンツ」が表示されない場合は、関連コンテンツの機能は解放されていません。

4の時点で表示されていたら、そのサイトには関連コンテンツの機能を使うことができます。

表示されていない場合は、現在は関連コンテンツを利用することはできません。

しかし、ウェブサイトの状況は随時変化していますし、Googleアドセンス広告によっても定期的に審査される為、定期的に関連コンテンツの機能が解放されているかチェックすることをお勧めします。

設置方法

ここからは、条件を確認した前提で、具体的な設置方法をご紹介します。

  1. Googleアドセンス広告のアカウントにログイン
  2. 「広告」をクリック
  3. 「広告ユニット」をクリック
  4. 「新しい広告ユニット」内の「関連コンテンツ」を選択
  5. 関連コンテンツユニットに名前を付ける
  6. 「スタイル」で関連コンテンツユニットの表示形式を決定
  7. 「サイズ」で表示形式にあった広告サイズを選択
  8. 「広告オプション」の「広告で収益化」はデフォルトでオンになっているため、広告を表示したくない場合にのみオフにする
  9. 「保存してコードを取得」をクリック
  10. この広告コードをコピーして、該当のウェブサイトのソースコードに張り付ける

ここで、おすすめの設置設定について2つ説明します。

1つ目は、設置方法6の表示設定の際にレスポンシブレイアウトを使用することです。

レスポンシブレイアウトを利用することで、モバイル、パソコン、タブレットなどの画面サイズがまちまちなものでもプレビューのドラッグハンドルを利用してコンテナごとに関連コンテンツユニットの表示の変化を確認することができます。

なぜなら、レスポンシブレイアウトは、コンテナのモバイル、パソコン、タブレットなどの画面サイズに対応して変化するからです。

2つ目は、設置方法7のサイズ設定でカスタムサイズを設定する際に、幅と高さの比率を横長では 2:1、縦長では 1:2 に設定することです。

カスタムサイズでは、高さと幅はどちらも 1,200 ピクセルまでと決まっています。

また、600 ピクセルを超える長さを指定できるのは高さか幅のいずれか一方だけです。

つまり、2:1又は1:2が最も効率よく設置することができるのです。

どこに設置すべき?

ここまで、関連コンテンツの概要からその設置方法について解説してきましたが、関連コンテンツユニットはどこに設置するのが適しているのでしょうか。

一般的に最も設置されている場所は、ウェブサイトのページの一番下です。

なぜなら、そのページを読み終わった後におすすめの関連コンテンツに飛んでページを閲覧してもらいやすくなるからです。

こうすることによって、ユーザーの潜在的な需要にこたえることができるのです。

まとめ:Googleアドセンスの関連コンテンツの解放条件とは?

まとめ:Googleアドセンスの関連コンテンツの解放条件とは?

Googleアドセンス広告の関連コンテンツについてや、そのメリット、設置方法について解説しましたがいかがでしたか。

このページの要約は以下になります。

  • Googleアドセンス広告の関連コンテンツの機能は解放条件がある
  • 関連コンテンツユニットで広告を必ずしも表示できるわけではない
  • 関連コンテンツユニットの設置場所はウェブサイトの一番下が効果的

Googleアドセンスで多くの利益を上げたい人にとっては、この関連コンテンツの機能は必要不可欠です。

是非、この記事をしっかりと読み込み、関連コンテンツの機能を使いこなして、より良いウェブサイト作りをしてください。

コメントを残す