リファラスパムとは?除外方法についても解説

リファラスパムとは?除外方法についても解説

「リファラスパムとはなに?」「除外する方法はどうやるの?」と疑問に思っている人も多いのではないでしょうか?

リファラスパムを除外しないと、Googleアナリティクスを使用して、サイトに訪れたユーザーの行動を分析しても正しい情報を得ることができません。

このページでは、日本最大級のWEBメディアであるWeb Reach編集部がリファラスパムについて以下のことを解説します。

  • リファラスパムかどうか調べる方法
  • リファラスパムとは?
  • リファラスパムの除外方法

このページを読めば、リファラスパムについての理解がかなり深まり、Googleアナリティクスを使用して、正確にアクセス分析を行うことができるようになります。

内容を簡単にまとめると・・・

リファラスパムとは、スパムサイトから特定のサイトにアクセスすることで参照元を確認したいと思ったサイト運営者をスパムサイトにアクセスさせる迷惑行為のこと

リファラスパムかどうかは、aguseというサイトにURLを打ち込めば簡単に判別できる

リファラスパムはGoogleアナリティクスのポットフィルタリング機能を活用すれば除外することができる

リファラスパムを確認・除外する以外にもサイト運営ではGoogleアナリティクスを活用すべき

また、Googleアナリティクスを分析するときにはsmartASPというツールがおすすめ

以下のように、特に大切な指標であるPV、UU、滞在時間、外部リンククリックを見やすくまとめてくれるためどのデータを見れば良いかわからないという状況を防げる

smartASPとGoogleアナリティクスの連携

全ての機能が無料で使えるので、まだ登録していない方は登録しておきましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

リファラスパムとは?

リファラスパムとは?

リファラスパムとは、参照元のサイトをスパムサイトにして、サイト運営者にアクセスさせるという迷惑行為です。

リファラスパムは、Googleアナリティクスを利用して行うサイト分析の正確性を脅かします。

リファラスパムが行われる理由は、以下の2つがあります。

  1. アクセスしたら悪質なWEBサイトに誘導して高額な金額を請求する
  2. ウイルスに感染させて個人情報を盗み出す

参照元のサイトを確認するという行為を悪用したものが、リファラスパムの手段です。

Googleアナリティクスを使用して参照元を確認するのも、正しい方法で行わないとリファラスパムの被害に合う場合があります。これから紹介する方法でリファラスパムか確認してください。

アナリティクスの使い方がわからない人はGoogleアナリティクスの使い方を読んでみてください!

アナリティクス自体何かよくわからないという人はGoogleアナリティクスとは?も併せて読んでみてください!

リファラスパムの確認方法

リファラスパムかどうか確認する方法は、2通りあります。

  1. リンク元の言語から調べる場合
  2. Googleから調べる場合

どちらの調べ方でもリファラスパムと確認することができます。

まだリファラスパムに馴染みのない人は、リファラスパムでないことを確認してからアクセスをしましょう。

特にはじめのうちは、「seo」や「success」などの入ったドメインや、運営しているサイトと関係ありそうなURLがあるとすぐにアクセスしたくなります。

しかし、参照元サイトの安全性を確認せずにサイトへアクセスしてしまうと、スパムサイトへ誘導されてしまう可能性があります。

リファラスパムは、Googleアナリティクスを活用している人に対しての迷惑行為ですので引っかからないようにしてください。

リンク元のサイトを確認する場合は、これから紹介する確認方法をもとに、安全に確認をするようにしましょう。

また、サイトのアクセスを伸ばすには運営元を確認するよりもPVやユーザー数などのデータを追うほうが本質的です。

しかし、実際にGoogleアナリティクスを見てみると、あまりにもデータが多すぎてどのデータを活用したら良いのかわからない人も多いのではないでしょうか。

そこで、おすすめなのがsmartASPです。

smartASPは自動でサイト分析をし、修正すべき記事を抽出してくれるだけでなく、SEOで最重要と言っても過言ではない内部リンクを可視化できます。

また、競合サイトの内部リンクを可視化できるのは日本で唯一smartASPだけです。

さらに全ての機能が無料で、損をすることもないためまだ登録していない方は今のうちに登録しておきましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

リンク元の言語から調べる場合

リンク元の言語を見ることにより、簡単にリファラスパムと気付くことができます。

リンク元の言語を確認するために下記の方法を行なってください。

<リンク元の言語の確認方法>

  1. Googleアナリティクスのレポート画面を開く
  2. 左側にある「地域」をクリックする
  3. 「地域」をクリックすると「言語」が表示されるので、「言語」をクリックする
  4. リンク元の言語を確認できるようになる

「ja」や「ru」となっている場合や「ja-jp」や「ru-ru」と表示されていることがありますが、どちらも意味は同じで国を表しています。

「ja」は日本、「ru」はロシアを意味しています。

他には下記の表にある国を参考にしてください。

cn China kr Korea South
es Spain my Malaysia

国コードは、ISO3166によって定められています。

日本からのアクセスの場合以外は、ほとんどがリファラスパムですので、アクセスしないでください。

Googleから調べる場合

リンク元が日本でのサイトの場合には、リファラスパムか判断をすることができません。

そこで、リファラスパムか確認をするために実際にGoogleで検索をします。

Googleでリファラスパムか検索をするために、まずはリファラドメインの確認をします。

<リファラドメインの確認方法>

  1. Googleアナリティクスのレポート画面を開く
  2. 左側にある「地域」をクリックする
  3. 「地域」をクリックすると「言語」が表示されるので、「言語」をクリックする
  4. ここまでは先ほどのリンク元の言語を確認する方法と同じです。
  5. 言語が表示されている上に「セカンダリディメンション」が表示されるのでクリックする
  6. セカンダリディメンションのメニューが表示されるので、「参照元」をクリックする
  7. 言語の横にリンク元のURLが表示されます

googleやyahoo、twitter.comにm.facebook.comなどは実際にアクセスのあったものです。

検索をするときには、「◯◯◯◯.com スパム」とドメイン名と一緒に「スパム」を検索するとすぐにわかるのでおすすめです。

それ以外のURLでリファラスパムと判明していないものをGoogleで検索を行います。

リファラドメインの調べ方

先ほどGoogleで検索をして、リファラスパムか確認をする方法をお伝えしましたが、Googleで検索をしても検索結果に出てこない場合もあります。

そういった場合には実際にサイトの中身を見て判断をしたいのですが、アクセスをしたあとにリファラスパムとわかった場合にはすでにウイルスに感染しているかもしれません。

リファラスパムではないとはっきりするまでは、直接アクセスしないようにしてください。

そんなときに便利なサイトが、直接アクセスをしなくてもリファラスパムかどうかを確認することができる便利なサイトで「aguse」があります。

まだリファラスパムに詳しくないのであれば、aguseを活用して、リファラスパムを調べてみるのもおすすめです。

<aguseの使用方法>

  1. aguseにアクセスをする。
  2. 「調べたいサイトのURLを入力してください」へリファラドメインを入力する。
  3. リファラドメインの情報を確認することができます。
  4. サイトの発行者情報と取得者情報を確認する。

以上がリファラドメインの情報の確認方法です。

海外サイトの場合は、ほとんどの場合リファラスパムですので、参照元にある場合でもすぐにアクセスをしないようにしてください。

また、aguseでは、外部と接続するオブジェクトやブラックリスト判定結果をみることもできます。

ブラックリストになっているサイトへは絶対にアクセスをしないようにしてください。

しかし、ブラックリストにも載っていない場合で、サイトの所在地が日本の場合にはリファラスパムであると判断することができません。

実際にスパムサイトの場合には、サイトへアクセスをしてしまっては被害を受ける場合がありますので、まだ慎重に行動をしなくてはいけません。

そんなときにおすすめのサイトが、「aguse.GATEWAY」です。

サイトにアクセスをしなくてもサイトの中身を確認することができます。

気になるサイトを安全に見ることができるので、すぐにリンクを確認したいときにもおすすめです。

<aguse.GATEWAYの使用方法>

  1. aguse.GATEWAYへアクセスをする。
  2. 検索バーにリファラドメインを入力する。
  3. サイトの中身が表示されます。

以上が、aguse.GATEWAYの使用方法です。

簡単にリファラドメインのサイトの中身を見ることができます。

リファラスパムと判断することができなくても、運営しているサイトと関係のない場合には、リファラスパムである可能性が高いので、アクセスしないでください。

ほとんどの場合は、ここまでやらなくてもリファラスパムと判断することができますが、気になるサイトがあるときには、aguse.GATEWAYで中身を見てみることもできます。

リファラスパムの除外方法

リファラスパムの除外方法

ここまでリファラスパムの確認方法を紹介してきましたが、リファラスパムとわかったあとにすることは、リファラスパムを除外してください。

正しく情報を解析するためには、リファラスパムを除外してGoogleアナリティクスで情報を解析する必要があります。

特にサイト運営を初めて最初のうちは、リファラスパムが多くては、どういったページからユーザーが訪問したかを知ることができません。

すぐに除外するようにしましょう。

除外した後にすることは、Googleアナリティクスでの情報の解析ですが、初心者には難しくて活用することが出来ないことが多々あります。

そのような際に活用することが出来るのがsmartASPというツールです。

smartASPは自動でサイト分析をし、修正すべき記事を抽出してくれるだけでなく、SEOで最重要と言っても過言ではない内部リンクを可視化できます。

また、競合サイトの内部リンクを可視化できるのは日本で唯一smartASPだけです。

さらに全ての機能が無料で、損をすることもないためまだ登録していない方は今のうちに登録しておきましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

ボットフィルタリング機能を使用する

最初に行なってもらいたいリファラスパムの除外方法は、ボットフィルタリング機能を使用する方法です。

誰でも簡単に行うことができるので、まだ行なっていない人は行うことをおすすめします。

<ボットフィルタリング機能の設定方法>

  1. Googleアナリティクスを開く
  2. 左側の「管理」メニューから「ビュー」欄にある「ビュー設定」をクリックする
  3. 「ボットのフィルタリング」の◻︎へチェックをする
  4. 「既知のボットやスパイダーからのヒットを全て除外します」が設定されます

以上がボットフィルタリング機能を使用したリファラスパムの除外方法です。

10分もしないで設定をすることができますので、まだ設定をしていない人はすぐに設定することをおすすめします。

フィルタ設定を使用する

フィルタを設定することにより、ボットフィルタリングで除去することができなかったリファラスパムを除外することができます。

フィルタ設定をする場合には、

  • 特定のURLからのアクセスを除外する
  • 言語がnot setのURLからのアクセスを除外する

の2つを行うことができます。

どちらの設定も行うことにより、精度の高いアクセス分析を行うことができます。

これから紹介する方法で簡単に設定をすることができますので、まだ設定をしていない人はぜひ行なってみてください。

特定のURLから場合

フィルタの設定を行うとほとんどのリファラスパムを除外することができますが、リファラスパムとして参考元に残ってしまう場合があります。

特定のURLがいつも残っている場合には、直接URLを登録して除外しましょう。

<特定のURLを除外する方法>

  1. Googleアナリティクスを開く
  2. 左側の「管理」をメニューから「アカウント」欄にある「すべてのフィルタ」をクリックする
  3. 「フィルタを追加」をクリックする
  4. フィルタの設定を行う
  5. フィルタ設定を適用するビューを選択し、保存をクリックする

フィルタの設定方法

フィルタ名 リファラスパムやサイト名などわかりやすい名前をつけるのがおすすめ
フィルタの種類 「カスタム」を選択する
フィルタフィールド 「参照」を選択する
フィルタパターン 除外したいURLを入力する

以上が、特定のURLを除外する方法です。

not setの場合

リファラスパムは、言語設定がされていないのが特徴としてあります。

Googleアナリティクスでは、言語環境を測定することもできるので、not setであるリファラスパムを除外して正しい情報で解析することができるようにしましょう。

しかし、正しく解析できてもデータをどのように活用するのか知らなかったら元も子もないですよね。

正しく活用するにはsmartASPというツールがおすすめです。

smartASPは客観的な数字を元に修正すべき記事を抽出してくれるため、SEO知識に自信がないという人でも本格的なSEO対策が可能です。 また、競合分析も効率化してくれるため、非常に便利です。

無料なので、万が一使わなかったとしても損をすることはないので、まだ使っていない人は1度使ってみることをおすすめします。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

<not setを除外する方法>

  1. Googleアナリティクスを開く
  2. 左側の「管理」をメニューから「アカウント」欄にある「すべてのフィルタ」をクリックする
  3. 「フィルタを追加」をクリックする
  4. フィルタの設定を行う
  5. フィルタ設定を適用するビューを選択し、保存をクリックする

not setを除外する方法は先ほど紹介した特定のURLを除外する方法とほとんど変わりません。

フィルタの設定方法を変えるだけで行うことができます。

フィルタの設定方法

フィルタ名 リファラスパムやnot setとつけるのがおすすめ
フィルタの種類 「カスタム」を選択する
フィルタフィールド 「言語設定」を選択する
フィルタパターン (not set)と入力をする

先ほどの特定のURLを除外する場合と違うのは、フィルタフィールドとフィルタパターンです。

特定のURLを除外するのと一緒にnot setも除外するようにしてください。

リファラスパムが除外されているか確認する方法

リファラスパムが除外されているか確認する方法

ここまでリファラスパムを除外するのに必要な設定方法について紹介しました。

最後に、ここまでの設定ができているか確認をする方法を紹介します。

リファラスパムは日々進化して、新たなスパムサイトが誕生しています。

しっかりと設定をすることにより、自分の運営しているサイトが被害を受けないように対策をしましょう。

<リファラスパムが除外されるか確認方法>

  1. Googleアナリティクスを開く
  2. 左側の「管理」をメニューから「アカウント」欄にある「すべてのフィルタ」をクリックする

ここまでで紹介した、特定のURLを除外するフィルタとnot setを除外するフィルタを作成していた場合は2つのフィルタを確認することができます。

まだ作成していない人は、もう1度特定のURLを除外する方法から参考にして、リファラスパムを除外するフィルタの作成をしてみてください。

まとめ:リファラスパムとは?除外方法は?

まとめ:リファラスパムとは?除外方法は?

リファラスパムにについて解説しましたが、いかがだったでしょうか。

このページの要点は以下になります。

  • リファラスパムによってスパムサイトに誘導される
  • スパムサイトへ訪問してしまい、ウイルス感染の可能性がある
  • 正しい情報でアクセスを分析することができなくなる
  • 安全にリンクしているサイトを確認したい場合はaguse.GATEWAY
  • リファラスパムを除外するのにはまずはボットフィルタリングの設定を行う
  • ボットフィルタリングの次はフィルタを使って除外する
  • リファラスパムを除外したあとには必ず確認する

運営しているサイトやブログの状況を知る上で欠かせないのがサイト分析です。Googleアナリティクスを活用してのサイト分析は、リファラスパムがあると正確なデータを解析することができません。

リファラスパムについてや除外方法がまだよくわからないところがあるという方は、もう一度解説部分を見返してみてください。

また、本格的なSEO対策をしたい方はサイト分析・競合分析などを効率化できるsmartASPを活用するのがおすすめです。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

コメントを残す