ワードプレスのパーマリンクを正しく設定してSEOの効果を高めよう

ワードプレスのパーマリンクを正しく設定してSEOの効果を高めよう

「ワードプレスのパーマリンクの設定方法」や「SEOに強いパーマリンクの設定」など、正しい設定方法について気になりますよね。

パーマリンクを設定して後から変更するのはSEO的に悪い影響を与えるため、ワードプレスでのパーマリンクの設定方法を知っておくことは非常に重要になります。

このページでは、日本最大級のWebメディアであるWeb Reach編集部メンバーの筆者がワードプレスでパーマリンクを正しく設定する方法を詳しく説明し、以下のことを解説します。

  • ワードプレスのパーマリンク設定を変更してはいけない理由
  • そもそもパーマリンクとは?
  • ワードプレスのパーマリンクの設定方法
  • パーマリンクの変更に役立つプラグイン

このページを読めば、ワードプレスでのパーマリンクの正しい設定方法を深く理解でき、Googleから高評価を受けるコンテンツ作成の一歩に繋がるでしょう。

内容を簡単にまとめると・・・

  • Googleから全く同じページが2つある低品質サイトだと判断される可能性があるため、ワードプレスのパーマリンク設定は変更すべきでない
  • また、パーマリンクの設定を変更すると内部リンクや外部リンクが無効になったりSNSからのシェアも無効になる
  • パーマリンクを日本語にするとURLが長くなってしまうので、英語でつけるべき
  • パーマリンクだけでなくコンテンツや内部リンクなどSEOに不安がある人はsmartASPというツールを使うのがおすすめ
  • smartASPは、サイトを自動で分析し修正すべき記事を抽出してくれ、SEO対策の中でも非常に重要である内部リンクを可視化してくれる
  • 特に内部リンク可視化ツールで競合サイトの内部リンクも可視化できるので、どのくらい内部リンクを当てれば自分のサイトが勝てるのかという目安を立てやすい
  • さらにsmartASPは全ての機能が無料なので、まだ使ったことがない人は一度使ってみるべき
smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

ワードプレスのパーマリンク設定を変更してはいけない理由

ワードプレスのパーマリンク設定を変更してはいけない理由

ワードプレスで、パーマリンクの設定を後から変更していけません

投稿のリライトを行った際や、投稿名などを変更した際に、合わせてパーマリンクを変更したい場合がありますね。

しかし、ワードプレスでパーマリンクを変更すると、いくつかの問題が発生してしまいます。変更してはいけない理由をご紹介していきます。

内部リンクと外部リンクの記事リンクが無効になる

内部リンクとは、自分のサイト内の他のページ同士を繋ぐリンクを指します。

外部リンクは、別名「被リンク」とも呼ばれています。外部のサイトに自分のサイトのリンクが貼られている場合を指します。

パーマリンクを変更すると、内部リンクと外部リンクのリンクが切れてしまいます

自分のサイトに内部リンクを貼っている場合、パーマリンクの設定を変更するとその内部リンクが切れてしまうでしょう。もしユーザーが切れたリンクをクリックしたらページが削除されています。と表示されてしまいますし、Googleからの評価も下がってしまいます。

また、自分の記事が外部リンクで掲載されている場合も、パーマリンクを変更するとリンク切れが起こってしまいます。せっかく、他の人が自分のサイトのリンクを貼ってくれているのに、リンク切れを起こしてしまっては勿体無いですよね。

SEO対策に重要な被リンクの効果が切れ、そこから訪れるユーザーも0になってしまいます。

SNSでシェアされている記事リンクやシェア回数が無効になる

サイトの投稿を新規追加した際に、SNSなどでサイトを更新したことを記事リンクを貼って宣伝することがあると思います。

また、公開している投稿を読んでくれたユーザーが、SNSで記事リンクと一緒に宣伝や感想を発信してくれている場合もあるでしょう。

しかし、パーマリンクを変更するとSNSで発信されていた記事リンクは無効になってしまいます。そうなると、SNSであなたの記事リンクが貼られた投稿を目にして、気になり読んでくれようとしているユーザーを逃してしまいます。

また、パーマリンクを変更するとSNSでのシェア回数が無効になってしまいます。

Googleは、ソーシャルシグナル(いかにユーザーに共有されて・関心を集めているかを判断する指標のこと)を見て評価を判断しています。

そのため、シェア回数が無効になってしまうと、ソーシャルシグナル分の評価が消えてしまう可能性があり、Googleからの評価も下がってしまいますね。

リダイレクト設定をしないといけない

投稿内容のリライトを行ったり投稿名を変更する際に、どうしてもパーマリンクを変更したい場合もあるでしょう。しかし、パーマリンクを変更すると様々な問題が起こるため避けたいですよね。

そんな時に、使えるのが「リダイレクト設定」です。リダイレクト設定とは、古いページから新しいページへURLを転送できる設定です。

しかし、この方法は頻繁にパーマリンクを変更する人にはおすすめできません。変更したパーマリンクをその都度リダイレクト設定しなければならないからです。一つずつ、リダイレクト設定するのには手間がかかってしましますね。

そこでワードプレスでリダイレクをしたい場合におすすめしたいのが、「Redirection」というプラグインです。

「Redirection」を使用すると、簡単にリダイレクト設定ができるため、是非活用してください。

ちなみにパーマリンクを変更したい場合には、あとで説明します「Custom Permalinks」というプラグインがおすすめですので、合わせてご覧ください。

パーマリンクがSEO対策に役に立つことはわかっていたでけたと思います。

他にもたくさんのSEO対策が世の中にはありますが初心者にはなかなか行いにくいものも多いです。

しかし、そんなSEO対策を簡単に行えるツールがあるんです。

それはsmartASPと言うツールで、客観的な数字を元に修正すべき記事を抽出してくれるため、SEO知識に自信がないという人でも本格的なSEO対策が可能です。

また、競合分析も効率化してくれるため、非常に便利です。

無料なので、万が一使わなかったとしても損をすることはないので、まだ使っていない人は1度使ってみることをおすすめします。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

ワードプレスのパーマリンクの設定方法

ワードプレスのパーマリンクの設定方法

ワードプレスでパーマリンクの設定を行う方法をご紹介します。

そもそもパーマリンクとは?

そもそもパーマリンクとはなんなのか、なんのためにあるのか皆さんご存知ですか?

パーマリンクとは、パーマネントリンク(Permanent Link)の略称で、ウェブサイトの住所であるURLの文末部分を指します。

1ページ以上で構成されるホームページサイトを所持している場合、同じURLでは見分けがつきませんよね。そこで、URLの文末にページを見分けるためにパーマリンクが設定されています。

ホームページのページ数が増えても、パーマリンクは変わらないリンクであるため固定リンクとも呼ばれています。

以下の赤い部分がパーマリンクです。
https://○○○.com/×××××××/

パーマリンクは正しく設定すると、直接的な影響はありませんがSEO効果にも繋がりますね。

1.デフォルトのパーマリンクを変更する

デフォルトのパーマリンクは、管理画面左メニューの「設定」→「パーマリンク設定」より変更できます。

ワードプレスでは、初めは以下のようなデフォルトの形式でパーマリンクが設定されています。

https://○○○.com/?p=1

その他にも以下のような形式で設定ができます。

  • 日付と投稿名 https://○○○.com/2019/00/00/sample-post/
  • 月と投稿名  https://○○○.com/2019/00/sample-post/
  • 数字ベース  https://○○○.com/archives/1
  • 投稿名    https://○○○.com/sample-post/
  • カスタム構造 https://○○○.com/カスタムタグ

カスタム構造では、パーマリンクを自分の好きなようにカスタムできます。カスタムは、以下のタグを使用してください。

※2019年01月02日03時04分05秒に投稿された記事の場合

カスタムタグ 内容
%year% 記事を投稿した西暦(半角数字4桁) 2019
%monthnum% 記事を投稿した月(半角数字2桁) 01
%day% 記事を投稿した日にち(半角数字2桁) 02
%hour% 記事を投稿した時間(半角数字2桁) 03
%minute% 記事を投稿した分(半角数字2桁) 04
%second% 記事を投稿した秒(半角数字2桁) 05
%postname% 記事のタイトル(半角英語単語推奨) title
%post_id% 記事の固有ID 10
%category% カテゴリー名(半角英語単語推奨) Category
%tag% タグ名(半角英語単語推奨) tag
%author% 著者名(半角英語単語推奨) name

これらのタグは、自分で好きにつなぎ合わせてカスタムできます。

パーマリンクに年月日を設定したい場合は以下のようにカスタムできますね。
https://○○○.com/%year%/%monthnum%/%day%/

%postname%、%category%、%tag%、%author%は英単語で設定するのをおすすめです。

カテゴリーに関してはスラッグを設定する必要があるので、次の項目にて説明します。

また、英単語で設定しておく必要があるというのは別の下項目で詳しく解説しています。

2.カテゴリーのスラッグを設定する

投稿のカテゴリー別ページでは、パーマリンクにカテゴリー名が使用されるので、カテゴリーのスラッグ設定が必要になります。

カテゴリーのスラッグは、管理画面左メニューの「投稿」→「カテゴリー」より設定できます。

「新規カテゴリーを追加」でカテゴリー名を入力する欄の下にスラッグを入力しましょう。スラッグは、カテゴリーに関係する名前を設定するのをおすすめします。すべて半角小文字で、英数字とハイフンのみで入力するのが基本的です。

3.投稿画面でパーマリンクを変更する

パーマリンクは、記事投稿画面でも変更が可能です。管理画面左メニューの「投稿」→「新規追加」をクリックしてください。

新規の記事投稿画面が表示されるので、タイトルを入力してください。タイトルを入力したら次に「下書きとして保存」をクリックします。

入力したタイトルにカーソルを当てると、パーマリンクが表示されます。右端にある「編集」をクリックすると、「パーマリンク設定」画面に遷移します。

また、右メニューにある「パーマリンク」をクリックすると、パーマリンクを自分で好きにカスタムできます。

記事投稿画面でのパーマリンクの設定は、一度投稿を保存しないと表示されませんのでご注意ください。

パーマリンク以外にもウェブサイトを良くするための施策はたくさん打つことができます。

しかし、忙しい毎日でなかなか時間をとることができない方も多いと思います。

そんな方にオススメしたいのが、smartASPです。

これを使えば、自動でサイト分析をし、修正すべき記事を抽出してくれるだけでなく、SEOで最重要と言っても過言ではない内部リンクを可視化できます。

また、競合サイトの内部リンクを可視化できるのは日本で唯一smartASPだけです。

さらに全ての機能が無料で、損をすることもないためまだ登録していない方は今のうちに登録しておきましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

おすすめのパーマリンクの設定方法4つをご紹介

正しいパーマリンクの設定方法を4つご紹介します。

投稿名や投稿内容に関係する設定にしよう

パーマリンクはユーザーがみて、この投稿には何が書いてあるのかが一目でわかるようにしましょう。そのためには、パーマリンクに投稿名や稿内容に関係するものを設定する必要があります。

ただ、投稿名や投稿内容をパーマリンクに盛り込みすぎて、文字数が多くなってしまうとユーザーに伝わりにくくなるので、気をつけましょう。

英単語で設定しよう

パーマリンク設定で、一番重要なのが「英単語」で設定するです。パーマリンクは、英単語表記の投稿名形式で設定するのが一番ベスト。

英語表記にすると、外国人にも一目で記事の内容が伝わります。また、英語表記をおすすめする理由として、英語表記ではなく日本語表記を使用すると文字化けを起こす場合があるからです。

誰にでも意味のわかるように短くシンプルに設定しよう

パーマリンクは誰が見ても意味がわかって、短くシンプルに設定しましょう。パーマリンクは長すぎると、ユーザーに意味が伝わりにくいです。また、複雑な英単語や投稿名・投稿内容に関係のない言葉を使用すると、意味が伝わりません。

単語の区切りにはハイフンを使用しよう

パーマリンクに英単語を使用する際に、複数の英単語を組み合わせて使用する場合があるでしょう。

その際に、単語の区切りにはハイフンを使用してください。

単語をアンダーバーで区切っているパーマリンクを見かける場合もありますが、Googleはハイフンの使用を推奨しています。

また、以下のパーマリンクを見比べてください。

ハイフンあり
https://○○○.com/permalink-settings/

ハイフンなし
https://○○○.com/permalinksettings/

ハイフンありとハイフンなしを見比べると、見やすいのはハイフンありなのが一目瞭然です。

ハイフンを使用すると、ユーザーへのわかりやすさも考慮できますね。

ダメなパーマリンクの設定方法5つをご紹介

設定してはいけないパーマリンクを5つご紹介します。

日本語で設定している

パーマリンクに日本語を設定すると、一見投稿内容がユーザーに伝わりやすいように思えますよね。しかし、パーマリンクに日本語を設定すると、いくつかの悪影響を及ぼす可能性があります。

まず1つ目は、文字化けを起こす可能性があることです。パーマリンクで、変な数字と記号の羅列が長く続いているのを見かけたことはありませんか?日本語のパーマリンクを、ブラウザなどが自動変換しようとしてしまったために起こる現象です。

パーマリンクが文字化けすると、URLがとても長くなってしまいます。ユーザーがSNSやブログで記事を共有しようとした際に、URLが長いために共有してもらえない場合もあるでしょう。

2つ目は、ワードプレスのバージョンによっては、404エラーを起こす場合があることです。404エラーが起こる原因はワードプレスとサーバーの関係にあります。

404エラーは「HTTPステータスコード404」とも別名で言います。HTTPステータスコードとは、ブラウザからのリクエストによる、サーバーからの対応を3桁の数値で表したものです。

400番台は、サーバーが「リクエストが正しく処理できない状態」を表してます。

そして、400番台の中の404エラーは「ページが見つかりませんでした」という時に表示されるエラーです。

悪影響の3つ目は、リダイレクト設定がうまくできない可能性があることです。パーマリンクに、投稿名をそのまま日本語で使用していて、その中に「!」「、」などの記号が含まれている場合、リダイレクト設定がうまくいかない可能性が出てきます。

公開日時で設定している

パーマリンクに公開日程を設定している場合、投稿の更新を行ってもパーマリンクは古い日付のままになってしまいます。

例えば「2019年版・・・・」というような投稿を作成している場合、次の年度になると最新の記事に更新するためにタイトルを「2020年版・・・・」というように変更する場合があるでしょう。

しかし、パーマリンクは、初めに公開された公開日程のままのため、ユーザーがパーマリンクをみるとこのサイトは古い情報だなと勘違いされてしまう場合があります。

そのため、パーマリンクに公開日時を設定するのはおすすめしません。

数字のみで設定している

パーマリンクを数字のみで設定している場合、パーマリンクを見てもなんの記事なのかユーザーに伝わりませんね。

また、数字のみだと自動的なシステムでパーマリンクが設定されているとGoogleより判断される可能性があります。Googleは、ユーザーに伝わりやすいパーマリンクを設定するのを推奨していますので、大きくは影響はありませんが、SEOに少し悪い影響が出てくる可能性も0ではありません。

パーマリンクは、誰にでもわかりやすくシンプルに設定する必要がありますので、投稿名・投稿内容に関する英単語を用いてパーマリンクを設定しましょう。

カテゴリーキーワードで設定している

パーマリンクにカテゴリーを設定していると、パーマリンクを見ただけで記事の内容を把握してもらいやすくなります。

しかし、カテゴリー名を変更すると、全てのそのカテゴリーの記事のパーマリンクも変更されてしまうということを覚えておきましょう。

特に、パーマリンクにカテゴリーキーワードを入れている場合は要注意です。

デフォルト設定のままである

パーマリンクがデフォルト設定のままである場合、パーマリンクを見てもユーザーになんの記事か理解してもらえません。

しかし、デフォルトのパーマリンクは連番数字になっているため、データベースなどで記事を管理する際にはわかりやすいですね。

記事を管理する側はわかりやすいですが、ユーザーはわかりにくいため、ワードプレスでサイトを制作したら、初めにパーマリンクのデフォルト設定を変更するのをおすすめします。

記事を管理する上で大切なのがリライトをする記事の選別です。

しかし、初心者や時間のない方にとってはリライトの選別をすることが難しいのではないでしょうか。

そんな方にオススメなのがsmartASPと言うツールです。

smartASPは客観的な数字を元に修正すべき記事を抽出してくれるため、SEO知識に自信がないという人でも本格的なSEO対策が可能です。

また、競合分析も効率化してくれるため、非常に便利です。

他にも作業効率化機能や強力なSEO機能があるにも関わらず、全ての機能が無料なのです。

万が一使わなくても損はないので、smartASPを使うかどうかわからないという方でも、とりあえず登録しておきましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

【Custom Permalinks】パーマリンクの変更に役立つプラグイン

パーマリンクをどうしても変更したい場合に役立つ「Custom Permalinks」というプラグインをご紹介します。非常に簡単にパーマリンクを変更できるため、パーマリンクを変更する可能性のある方や、サイトの引越しを行う方にはおすすめです。

Custom Permalinksをインストールする

まず初めに「Custom Permalinks」をワードプレスにインストールしましょう。

管理画面左メニューの「プラグイン」→「新規追加」をクリックしてください。プラグインの検索に、「Custom Permalinks」と入力して検索します。

「Custom Permalinks」が検索に表示されたら、「今すぐインストール」をクリックしてください。

これで、プラグインがワードプレスにインストールされます。インストール完了後、「有効化」ボタンをクリックしましょう。

Custom Permalinksの設定方法

「Custom Permalinks」の設定方法をご紹介します。

まずは、パーマリンクを変更したい記事の記事投稿画面を表示しましょう。タイトルにカーソルを当てると、その記事のパーマリンクが表示されます。

次に、右端にある「編集」をクリックします。クリックすると、パーマリンクを好きにカスタムできるようになります。

変更したいパーマリンクを入力して、「保存」をクリックしてください。

これで、パーマリンクの変更は問題なく行われました。「Custom Permalinks」のプラグインを通して、パーマリンクが変更されているため、通常パーマリンクを変更した場合に起こる問題は一切発生しません。

パーマリンクの変更を行った記事は、管理画面左メニューの「Custom Permalinks」をクリックすると一覧で確認できます。

【WP Slug Translate】日本語パーマリンクを英語翻訳してくれるプラグイン

WP Slug Translate」は、日本語で入力したパーマリンクを自動で英語翻訳してくれる便利なプラグインです。

パーマリンクには英単語を用いるのを推奨しますが、パーマリンクを設定する際に投稿名や投稿内容に関する英単語をその都度調べるのは手間がかかりますよね。しかし、「WP Slug Translate」を用いれば、その必要がないため時間の短縮に繋がります。

WP Slug Translateをインストールする

まず初めに「WP Slug Translate」をワードプレスにインストールしましょう。

管理画面左メニューの「プラグイン」→「新規追加」をクリックしてください。プラグインの検索に、「WP Slug Translate」と入力して検索します。

「WP Slug Translate」が検索に表示されたら、「今すぐインストール」をクリックしてください。
これで、プラグインがワードプレスにインストールされます。インストール完了後、「有効化」ボタンをクリックしましょう。

WP Slug Translateの設定方法

「WP Slug Translate」の設定方法をご紹介します。

管理画面左メニューの「投稿」→「新規追加」をクリックしてください。新規投稿画面が表示されます。タイトルを入力して、保存をクリックしてください。

保存すると、右メニューでパーマリンクの設定が行えるようになります。右メニューのパーマリンク設定に、投稿に関する日本語を入力してください。

下に表示されているパーマリンクが自動で英語に翻訳されます。

まとめ:ワードプレスでのパーマリンク設定方法

まとめ:ワードプレスでのパーマリンク設定方法

パーマリンクについて解説しましたが、いかがだったでしょうか。

このページの要点は以下になります。

  • パーマリンクとは、URLの文末部分のことを指します。「https://○○○.com/×××××××/」
  • ワードプレスのパーマリンク設定を変更してはいけない理由は、内部リンクと外部リンクやSNSシェアなどが無効になるためです。また、SEO効果もリセットされ検索順位が下がってしまいます。
  • 正しいパーマリンクの設定方法は、投稿名や投稿内容に関する英単語を、短くシンプルに誰にでも伝わるように設定しましょう。
  • ダメなパーマリンクの設定方法は、日本語・公開日時・数字もみ・カテゴリーで設定されているものです。また、デフォルトのままパーマリンクを使用しているのもあまりよくありません。

パーマリンクは正しく設定していないと、ユーザーがサイトに訪れてくれずSEO効果にも多少悪影響がでてくる可能性があります。

SEO効果をあげて質の良いコンテンツを作るためにも、パーマリンクの設定はユーザーが一目見て投稿内容がわかりやすい英単語で設定しておきましょう。

パーマリンクを深く理解しておくことで、防げるアクシデントがたくさんあります。パーマリンクを正しく活用して、SEO効果の向上に繋げてください。

また、本格的なSEO対策をしたい方はサイト分析・競合分析などを効率化できるsmartASPを活用するのがおすすめです。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

コメントを残す