ペンギンアップデートとは?その概要から対策方法を解説

ペンギンアップデートとは?その概要から対策方法を解説

「ペンギンアップデートとは?」「どんな対策をすべきなの?」とペンギンアップデートについて疑問をお持ちの方も多いと思います。

実は、ペンギンアップデートのことを知らずにサイト運営をしてしまうと、Googleからペナルティを受けてしまう可能性もあるのです。

このページを読めば、ペンギンアップデートでペナルティを受けずにすむ方法が理解でき、サイトを長く続けることができるでしょう。

 

内容を簡単にまとめると・・・

 

  • ペンギンアップデートとはスパム行為やブラックハットSEOを行なうサイト対象として行われたアップデート
  • このアップデートの目的はユーザーにとって有益ではないサイトの評価を下げること
  • 通常のSEO対策を行えば気にすることはない
  • SEO対策なら無料ツールのsmartASPがおすすめ
  • 内部リンクを可視化することができたり、作業効率化の強い味方
  • まずは登録することから始めよう

smartASP

 

ペンギンアップデートとは

ペンギンアップデートとは

ペンギンアップデートとは、Googleのアップデートのひとつです。

スパム行為やブラックハットSEOを行なうサイト対象としており、それらのサイトの検索ランキングを下げるために行なわれています。

万が一、不正が見つかった場合には、ペナルティが与えられます。

対象となった場合には、検索順位が下がったり、場合によってはサイトのインデックスが削除されたりすることもあるのです。

※サイトのインデックスが削除されると、検索結果に表示されなくなります

このアップデートは、検索上位にランキングするために作成されたサイトが主な対象です。

スパム行為が認められるサイトなど、ユーザーにとって有益とはいえないサイトの評価を下げるために行うアップデートといえるでしょう。

このアップデートが行われることにより、ユーザーにとって価値のある、品質の良いサイトが、上位で表示されやすくなりました。

仮に、自社サイトがPV数や売り上げだけを意識して、検索上位を狙うだけの存在意義の薄いサイトであった場合には、検索ランキングを落としてしまうでしょう。

さらに悪い場合には、インデックスが削除されてしまう可能性も否定できません。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

ペンギンアップデートの歴史

ペンギンアップデートの歴史

ペンギンアップデートは、2012年4月に1回目が行われてから、2018年9月に7回目が行われるまで、およそ5年間で合計7回行われたとされています。

1回目:ペンギンアップデート1.0 2012年4月
2回目:ペンギンアップデート1.1 2012年5月
3回目:ペンギンアップデート1.2 2012年10月
4回目:ペンギンアップデート2.0 2013年5月
5回目:ペンギンアップデート2.1 2013年10月
6回目:ペンギンアップデート3.0 2014年10月
7回目:ペンギンアップデート4.0 2016年9月

Googleは、ペンギンアップデート4.0までは、手動で行われていたために、実施前に周知することは可能でした。

事前に、何らかの対策をことができる可能性がありましたが、ペンギンアップデート4.0以降では、自動的に行われています

これは、Googleの基本的なアップデートである「コアアップデート」に組み込まれたために、実施前の周知はされなくなったということです。

したがって、ペンギンアップデートは、いつ行われるかは分かりませんので、アップデート前に対策を行うことは実質不可能となりました。

常に対策を考えながら、サイトの作成に取り組む必要があるでしょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

ペンギンアップデートの対象になるサイトとは

ペンギンアップデートの対象になるサイトとは

ペンギンアップデートの対象となるものは、スパムが認められるサイトやGoogleが定める「ウェブマスター向けガイドライン」等に違反するサイトなどです。

スパムが認められるサイトとは、意味のないリンクが貼られたサイトなどで、ユーザーの利益にならず、Googleを攻略しようとするための施策をうっているようなサイトです。

また、サイト作成者が、スパムを自覚しないで作成した善意のサイトでも、リンクの貼り方によっては、スパムだと判断されてしまうこともあります。

背景と文字の色が一緒であったり、同じ場所へのリンクを繰り返したりしてる場合には、検索エンジンにスパム行為があると判断されてしまうことがあるので、注意が必要です。

それから、リンク集などのように、単調なサイトや複数のサイトからの寄せ詰められただけのオリジナル性の低いサイトもペンギンアップデートの対象となりやすいでしょう。

このようなことから、検索順位を上げるには、スパムやブラックハットのような対策はせずに、ユーザーに有益なサイトを作成する事が大切ではないでしょうか。

サイトを運営する際には、自社サイトの有益性を自問自答しながら、行なうのが良いと言えるでしょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

ペンギンアップデートで注意しておきたいこと

ペンギンアップデートで注意しておきたいこと

ペンギンアップデート4.0の実施時には、対象となったサイトは全体の1.0%ほどだと言われていますので、対象となったサイトは多くを占めません。

しかし、検索順位を下げてしまったサイトには、再び検索順位を上げるために何らかの対応が必要です。

まずは、ペンギンアップデートの対象にならないようなサイト作りをしていきましょう。

Googleウェブマスター向けガイドラインとは、言い換えると、サイト記事の質に関するガイドラインです。

それでは、具体的にどのような事をしてはならないかを見ていきます。

キーワードを多用しすぎる

SEO対策のサイト運営では、キーワードやサジェストワードを意識して、見出しや本文を作成する事は、Googleも推奨しています。

しかし、あまりに不自然にキーワードを多用すると、ペナルティを受けることになります。

同じ単語や言い回しを無意味に多数回にわたり使用するのもこれにあたります。

例えば、「SEO対策」というキーワードを使用してサイトを作成する際に、以下のように「SEO対策」を多用するタイトルや文章を作成してしまうことは避けましょう。

タイトル
・SEO対策とは?SEO対策の方法とSEO対策をする際の注意点!SEO対策をしよう

文章
SEO対策で、PVを上げるためには、SEO対策のキーワードを使用することが重要です。

例えば、SEO対策に適したキーワードを探すには、ユーザーが検索しているキーワードを入れた文章を作成するのがSEO対策にとって良い方法です。

上記の様な文章だと、何が伝えたいのが分からず、ユーザー体験は悪くなってしまいます。

キーワードは不自然に使用せず分かりやすく、明瞭に伝えられる文章を作していく事が大切でしょう。

テキストやリンクを隠す

検索上位を狙って、テキストやリンクを隠す行為が見受けられる場合があります。

例えば、フォントをゼロにしたテキストを入れたり、白い背景に白い文字テキストを挿入したりするものです。

また、テキスト内に小さな表示でリンクを隠すこともスパム行為にあたります。

このような文字やリンクは、ユーザーには認識できませんが、Googleの検索サイトでは認識できるようになります。

つまり、スパム行為で検索上位を狙う悪質なサイトだと判断されてしまうのです。

クローキングをする

クローキングとは、ユーザーが見るサイトと検索エンジンが認識するサイトが別のサイトであることを指します。

これは、Googleウェブマスター向けガイドラインに違反した行為です。

例えば、検索エンジンにキーワードを乱用したサイトを見せて上位の検索結果を狙うもので、一般のユーザーが閲覧しているサイトとは別のサイトを見せている状態になります。

他にも一般のユーザーには画像や音声やグラフィック画像で構成されるFashページを見せておき、検索エンジンではテキストで構成されるHTMLのページをみせるといったものを指します。

スパム行為を行う

ブログなどを運営する場合は、コメント欄にスパムを利用した悪意の書き込みをされる場合があります。

その目的は、悪意のあるサイトへ誘導することです。

海外からのコメントによくみられますが、このほとんどがスパムサイトへ誘導する為のもの。

これを防止するためには、スパムを予防するプラグインを利用するのがおすすめです。

記事制作をする際には、

「ユーザーにとって本当に役に立つ情報を掲載しているか」

「競合サイトにはないような自社サイトの魅力を持っているか」

「サイトを運営する上で、やましい気持ちはないか」

など、振り返ってみることで、ペンギンアップデートの対象となることは避けられるでしょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

ペンギンアップデートへの対策

ペンギンアップデートへの対策

ペンギンアップデートは、自動化されていているため、事前の告知はされません。

であるために、実施前の対策を取ることは難しいでしょう。

ペンギンアップデートへの対策は、日常的にユーザーにとっての有益な記事作りをすることになります。

具体的には、Googleウェブマスター向けガイドラインに遵守したサイトの運営を行うことが大切です。

例えば、次の項目で、思い当たるものがあれば、対応しておくと良いでしょう。

項目
  • 検索者やユーザーに、本当に有益な情報を載せているのか
  • 不要なリンクを付けていないか
  • スパムリンクがないか
  • 隠れているリンク外す
  • 検索キーワードを連発していないか

というようなことが考えられます。

元々の記事の質を上げるような工夫をしてみると、ペンギンアップデートによるペナルティを受けることはないでしょう。

ペンギンアップデートは、自動化されているので、実施に対する準備をするのは難しいでしょう。

万が一、アップデートの対象となり、検索上位が下がってしまうことがあれば、自社サイトのリライトを行うと良いです。

まず、スパム行為と判断されないように不要なリンクを外します。

スパム行為を意識したリンクではなくても、コメント機能を悪意的に利用したコメントスパムと呼ばれるものも存在します。

ペンギンアップデート時にリンクに対してペナルティが発生する場合がありますので、気を付けてチェックされることをおすすめします。

読者に有益なサイトを作成する

サイトを閲覧する人が、その情報を見て良かったと思えるようなサイト作りをすることが一番です。

情報をどこかのサイトから寄せ集めるだけではなく、閲覧する人が目を引くようなサイトの内容や文章力の質を向上させるとよいでしょう。

そうすれば、自然にペンギンアップデートに関する対策ができるようになるはずです。

ペナルティを改善する

ペンギンアップデートのペナルティを改善するには、ペナルティとなった原因を解決させる必要があります。

ペンギンアップデートが行われペナルティを受けた場合には、検索順位が下がったり、該当するページのインデックスが削除され検索結果に表示されなくなったりします

この状態を改善させるには、次の順に確認していくと良いのではないでしょうか。

  • ウェブマスター向けガイドラインに違反していないか

主に、キーワードの多用、不正なテキストの挿入、不自然リンクの有無などを確認します。

  • 第3者から悪意で、不要なリンクを貼られていないか

逆SEO攻撃と呼ばれる、第3者からの悪意があるものです。

大量のリンクをサイトに貼られてしまうことがあります。

大量のリンクを貼られていた場合、サーチコンソールで「リンクの否認」をしましょう

ホワイトハットSEOが検索順位を上げる

ホワイトハットSEOとは、Googleのウェブマスターガイドラインを遵守したサイト運営のことです。

ユーザーに有益なコンテンツを提供することで、ユーザーによく読まれるサイトになりGoogleの評価をあげることを目指します。

ホワイトハットと対峙するブラックハットと判定されたサイトが順位を落とせば、ホワイトハットによるSEO運営サイトの順位が上がる可能性が高いと判断できるでしょう。

ちなみに、ブラックハットとは、キーワードを乱用しているサイトやリンクのプログラム対策をしているサイトの事で、悪質なSEO対策を取っているサイトの事を指します。

このことから、ホワイトハットとして、Googleのウェブマスターガイドラインを遵守して、ユーザーに有益なサイトを作成するのが、ペンギンアップデートの対象になりにくいサイトなのです。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

パンダアップデートとのちがい

パンダアップデートとのちがい

ペンギンアップデートとパンダアップデートは、ユーザーにとって有益な意味のあるサイトを検索の上位へと導くためのアップデートです。

両者は、アップデートの中身が違います。

具体的な特徴は以下の通りです。

パンダアップデート

 

  • コンテンツの質を重視するアップデート
  • 検索ワードが羅列されただけのような低品質サイトを上位から外すのが狙い

ペンギンアップデート

 

  • スパムリンクを活用しているなどブラックハットSEOをしているサイトを上位から外すのが狙い

パンダアップデートもペンギンアップデートも手動で行なわれていましたが、現在では、どちらも自動化されています。

Googleの基本アップデートである「コアアップデート」で定期的に行われているようです。

どちらのアップデートも実施については、事前にアナウンスされないために、対策するために準備をするのは難しいでしょう。

コンテンツの作成段階から、ユーザーに有益な情報を提供することが、ペンギンアップデートやパンダアップデートへの最善の対策でしょう。

パンダアップデートについて詳しく知りたい方は「パンダアップデートとは?」の記事をご覧ください。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

まとめ:ペンギンアップデートとは

まとめ:ペンギンアップデートとは

このように、ペンギンアップデートは、以前は7回手動で行われていましたが、その後はGoogleのアリゴリズムに基づいたアップデートのひとつとして行われています。

事前告知されることなく自動で対応されていますので、いつ実施されるかが分からないため、前もってのペンギンアップデートへの対策は難しいでしょう。

最後にペンギンアップデートについて振り返ってみましょう。

 

ペンギンアップデートのまとめ

 

  • 突然に検索順位が下がってしまうサイト運営者も少なくない
  • 万が一、検索順位が下がってしまったら、原因はどこにあるのかを突き止め修正を試みることが肝心
  • 日ごろから気を付けておきたいことは、ユーザーにとって有益なサイトを運営すること
  • とはいえ、悪意のある第3者から、スパム攻撃などされている場合もある
  • ホワイトなSEO対策を行うなら無料ツールのsmartASPがおすすめ

 

身に覚えのない隠れたリンクなどには、気を付けるように日ごろからサーチコンソールを確認する癖をつけておくと良いでしょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

コメントを残す


CAPTCHA