Googleアナリティクスでのパラメータの設定方法は?具体例で解説

Googleアナリティクスでのパラメータの設定方法は?具体例で解説

「Googleアナリティクスでパラメータを設定する理由は?」「パラメータはどうやって設定するの?」と疑問に思っている方も多いでしょう。

本格的にブログやサイトを解析することのできるGoogleのアナリティクスですが、実は、トラッキングコードを設置しているだけでは、正確なデータは取ることができないのです。

このページでは、日本最大級のWEBメディアであるWeb Reachの編集部がGoogleアナリティクスのデータをより詳細に分析することができるようになる「パラメータ」について、以下のことを解説します。

  • Googleアナリティクスのパラメータの設定について
  • Googleアナリティクスのパラメータの設定方法
  • Googleアナリティクスでのパラメータの確認方法

このページを読めば、Googleアナリティクスのパラメータの設置方法が分かり、あなたのサイトやブログをGoogleアナリティクスでより詳細に分析することができるようになるでしょう。

内容を簡単にまとめると・・・

  • URLにパラメータを設定することによって、Googleアナリティクスでより詳細な参照元の把握が可能になる
  • Googleアナリティクスのパラメータは、パラメータ付きのURLを作成し、広告などのリンク先として設定する
  • パラメータは間違っていても気付きにくいため、Googleアナリティクスでの確認が必須である
  • アナリティクスのパラメータを設定するとデータをより詳細に計測できるため、SEO対策のための検証がしやすくなる
  • サイトのSEO対策には、様々な作業を効率化できるsmartASPというツールを活用すると効果的
  • 具体的にはsmartASPで、ASPの案件比較、売上管理、自分のサイト分析、競合分析を効率化できる
  • 筆者は1日1時間程度時間を節約できており、全ての機能が完全無料なのでまだ使ったことがない人は一度使ってみるべき
smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

Googleアナリティクスのパラメータの設定について

Googleアナリティクスのパラメータの設定について

ここでは、Googleアナリティクスのパラメータ設定について、基本的な概要を説明します。

アナリティクスの使い方がわからない人はまず、Googleアナリティクスの使い方を読んでみてください!

アナリティクス自体何かよくわからないという人はGoogleアナリティクスとは?も併せて読んでみてください!

パラメータがそもそもどんなもので、どういった役割を果たしているのかイマイチ分からないという方は、こちらの内容を把握してから次に進みましょう。

そもそもパラメータとは?

Googleアナリティクスにおける「パラメータ」とは、そもそも何なのかというと、URLの後ろに付いている「?(クエスチョンマーク)」以降の変数のことを指しています。

 

パラメータの例)
通常のURL:https://example.jp/page/
パラメータ付きのURL:https://example.jp/page/?ad

 

パラメータ付きのURLの「?ad」の部分がパラメータで、パラメータ付きのURLを利用しても、表示されるページは通常のURLと同じです。

パラメータは、いわばそのページの情報を計測するための目印のようなものだといえます。

詳しくは後で説明しますが、このパラメータをURLに設定することで、Googleアナリティクスでの分析をより詳細に行うことが可能です。

どうやって作るの?

Googleアナリティクスで利用するパラメータを説明する前に、一般的なパラメータの作り方について紹介しておきます。

多少理解しづらい部分もあるかもしれませんが、具体的には順を追って後から説明しますので、ここでは概要を掴んでいただければOKです。

①パラメータは「?(クエスチョンマーク)」で始める
通常のURLの後ろに「?(クエスチョンマーク)」を付けることで、パラメータであることが示されます。

例)
https://example.jp/page/?

 

②「?(クエスチョンマーク)」の後ろには「パラメータ名=パラメータ値」を設定する
「パラメータ名」は何に関しての情報であるかを示し、「パラメータ値」はその情報の内容を示します。

例)
https://example.jp/page/?utm_source=yahoo

※「utm_source」とは、どのサイトからアクセスされたかを示すパラメータ名です。

 

③複数のパラメータを付与する場合は「&(アンパサド)」で繋ぐ
「utm_source=yahoo」と「utm_medium=cpc」という2つのパラメータを設定する場合、以下のように「&(アンパサド)」で繋ぎます。

例)
https://example.jp/page/?utm_source=yahoo&utm_medium=cpc

※「utm_medium」は、媒体の種類を表すパラメータ名です。

パラメータを設定するメリット

パラメータはそのページの情報を計測するためのものだと説明ましたが、「実際に、パラメータを設定するとどんなメリットがあるの?」と疑問に感じた方もいるのではないでしょうか?

そこで、ここでは、パラメータを設定することで、できるようになることを、具体的に紹介していきます。

パラメータを設定すると、サイトやブログを運営している方にとって、多くのメリットが得られるので、要チェックです。

ユーザーの参照元を把握できる

当然なのですが、ユーザーは様々な参照元から、あなたのサイトやブログにアクセスしてきます。

具体的には、少なくとも、以下のような参照元からのアクセスが考えられます。

例)
Googleの検索結果
Yahoo!の検索結果
リスティング広告
アフィリエイト広告
メールマガジン
スマートフォンアプリ

Googleアナリティクスでは、参照元を解析することができますが、これら全ての参照元を正確に分析できるわけではありません。

パラメータをURLに付与することで、より詳細にユーザーの参照元の情報を把握することができるようになります。

ブラウザ以外からの流入を把握できる

Googleアナリティクスには、参照元の分類に「direct」という項目があり、ブラウザ以外からのアクセスは全てこの「direct」として数えられてしまいます。

「direct」として計測される参照元は、具体的には以下のようなものです。

例)
メールマガジン
スマートフォンアプリ
QRコード

通常、Googleアナリティクスでは、これらの参照元を特定することができないため、それぞれの施策の効果を正しく測定することができません

パラメータを設定すると、詳しいアクセス元がわかるので、「メールマガジン」や「QRコード」などの施策を行った結果の分析・改善に役立てることができます。

自然検索と広告流入を区別できる

リスティング広告は検索結果ページに表示されるため、同一検索結果ページからの自然検索からの流入と、区別することができません。

Googleのリスティング広告であれば、Googleアナリティクスと連携することで、自然検索による流入と区別することはできます。

一方、Yahoo!のリスティング広告からの流入は、Yahoo!の検索結果からの自然流入とは区別することができず「Yahoo/organic」に全て分類されてしまいます

広告からの流入と自然検索からの流入を区別できないと、広告による効果を正しく測定することができません。

そこで、パラメータを設定することによって、これらの流入経路をはっきりさせると、広告による流入を正しく計測できるので、広告出稿の改善に役立ちます。

どの広告から流入したかを把握できる

さらに、パラメータを利用すれば、同一ページ内に複数の広告があっても、どの広告から流入したかを把握することができます

通常、参照元が同一ページの場合、全て1つにまとめて計測されてしまうので、広告の効果を正しく測定することができません。

一方、パラメータを設定することで、例えば、「ページ内の一番上に設置されている広告」からのアクセスと、「ページの真ん中辺りに設置されている広告」からのアクセスとを明確に判別することが可能です。

広告を設置した位置まで特定できるので、広告の出稿を改善することにかなり役に立つといえるでしょう。

また、広告には売り上げ管理がつきものですよね。

なので広告収入が増える前に、収益を管理する体制を作っておくのがおすすめです。

なぜなら、本格的に広告収入が発生してくると各ASPやサービスにログインしなければならず、それだけで1日30分〜1時間は取られてしまうからです。

そこで、売り上げ管理を効率化するツールを活用するべきなのですが、最初から有料ツールを使うのは気がひけるという人もいるでしょう。

そんな人におすすめしたいのが、smartASPというツールです。

筆者の体感では、1日1時間ほどかかっていた作業を10分以内に短縮することができました。個人的には、必須ツールだと思っています。

もちろん無料なので、万が一使わなくなっても損はしません。まだ登録していないという人は、忘れないうちに登録しておきましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

Googleアナリティクスのパラメータの設定方法

Googleアナリティクスのパラメータの設定方法

Googleアナリティクスのパラメータ設定方法といっていますが、実は、Googleアナリティクス側の設定をいじる必要はありません

パラメータをURLに設定することで、Googleアナリティクス側でその情報を勝手に読み込んで、データ上に反映してくれるという仕組みとなっています。

あなたがやらなければならないことは、計測したい参照元からあなたのサイトへのリンクを、通常のURLではなくパラメータ付きのURLに変更しておくだけです。

例えば、Yahoo!広告からあなたのサイト(http://example.jp)のトップページへのアクセスを測定したい場合、広告からのリンク先を以下のように設定します。

例)
http://example.jp?utm_source=yahoo

※「utm_source」とは、どのサイトからアクセスされたかを示すパラメータ名です。

ただし、このパラメータは何を設定しても良いわけではなく、Googleアナリティクスが参照元を分類するのに適したパラメータがあります。

ここでは、最適なパラメータの作り方に関して説明していきますので、以下のルールにのっとってパラメータを作成しましょう。

カスタムキャンペーンパラメータの一覧

ここでは、Googleアナリティクスが推奨しているカスタムキャンペーンパラメータを、一覧で紹介していきます。

自分で考えたパラメータを使用すると、既存のデータと食い違ってしまい、Googleアナリティクスで表示されるデータが分かりにくくなってしまいます

以下のカスタムキャンペーンパラメータを利用し、あなたのサイトの詳細なデータを計測するのに役立てましょう。

①utm_source
どの参照元からアクセスされたのかを示すパラメータです。

パラメータ値:google、yahoo、twitter、facebook
パラメータ付きのURL例:http://example.jp?utm_source=yahoo

②utm_medium
広告媒体やマーケティングメディアを示すパラメータです。

パラメータ値:cpc、cpm、email、affiliate、display
パラメータ付きのURL例:http://example.jp?utm_medium=cpc

③utm_campaign
広告のキャンペーン名などを表すパラメータです。

パラメータ値:任意の文字列を設定。例)sprng_sale、summer_sale
パラメータ付きのURL例:http://example.jp?utm_campaign=sprng_sale

④utm_term
検索広告のキーワードや、広告の配信日などを特定するためのパラメータです。

パラメータ値:任意のキーワードや日付。例)SEO コンサルティング、20191004
パラメータ付きのURL例:http://example.jp?utm_term=20191004

⑤utm_content
同一ページ内の広告の種類を分類するために使われるパラメータです。

パラメータ値:任意の文字列。例)01、02、aa
パラメータ付きのURL例:http://example.jp?utm_content=01

実際にパラメータを作成する

GoogleアナリティクスのURL生成ツールを利用すれば、上記のパラメータを簡単に作ることができます。

今回は、Yahoo!に出稿した「サマーセールのcpc広告」から、http://example.jpへのリンクを作成する、という具体例を基に説明していきます。

URL生成ツールを開き、下の画面を表示する。

パラメータのためのURL生成ツール パラメータのためのURL生成ツール

②「Website URL」に、あなたのWEBサイトのURL(今回はhttp://example.jp)を入力する。

③以下の各項目に、生成したいパラメータの情報を入力する。
「Campaign Source」:yahoo
「Campaign Medium」:cpc
「Campaign Name」:summer_sale

④「Share the generated campaign URL」にパラメータ付きのURLが生成されて完了です。

パラメータのためのURL生成ツール

よくあるパラメーターの設定の間違い

ここまでの説明で、一通りパラメータを作成できるようになるかと思います。

ただ、パラメータの設定ミスで、データが計測できないということがよくあります

そこで、ここではよくあるパラメータ設定の間違いを、具体例を挙げながら紹介していくので、あなたが作ったURLと照らし合わせてみてください。

パラメータを通常のURL中に含んでしまっている

パラメータは必ず、通常のURLの最後に付けなければ、パラメータとして認識されません。

 

間違った例)
http://example.jp?utm_source=yahoo/page

正しい例)
http://example.jp/page?utm_source=yahoo

 

?(クエスチョンマーク)を使っていない

パラメータは、必ずURLの後ろに付ける「?(クエスチョンマーク)」から始まります。

 

間違った例)
http://example.jp/page&utm_source=yahoo

正しい例)
http://example.jp/page?utm_source=yahoo

 

?(クエスチョンマーク)を2回使っている

パラメータは、パラメータ付きURLに含まれる、一番後ろの?(クエスチョンマーク)以降のものが認識されます。

それ以前にパラメータを設定していても無効となるので、注意が必要です。

 

間違った例)
http://example.jp?utm_source=yahoo?utm_medium=cpc

正しい例)
http://example.jp?utm_source=yahoo&utm_medium=cpc

 

ここまで間違った例を紹介してきましたが、パッと見では間違っているかどうかの判断が難しいのが、難点です。

こういったミスをなるべく起こさないようにするためにも、上で紹介したURL生成ツールを利用するようにするのが良いでしょう。

Googleアナリティクスでのパラメータの確認方法

実際にパラメータを作成し、広告などのリンク先として適用したら、Googleアナリティクスに反映されているか確認しましょう。

参照元/メディアを確認する

Googleアナリティクスで、「参照元/メディア」を確認する手順は以下の通りです。

  1. Googleアナリティクスを開き[集客]をクリックする
  2. [集客]→[全てのトラフィック]と進みます
  3. [参照元/メディア]をクリックすると参照元の一覧が表示される

パラメータが正常に機能していれば、「yahoo/organic」という項目から、「yahoo/cpc」という項目が独立するなど、より詳細な参照元が確認できます

キャンペーンを確認する

utm_campaignのパラメータ値を利用したURLを作成し、利用している場合、以下の手順でキャンペーンを確認することができます。

  1. [集客]をクリックし、[キャンペーン]を選択する
  2. [すべてのキャンペーン]をクリックするとキャンペーンの一覧が表示される

utm_campaignを適切に設定していれば、正確にデータが表示されるはずですが、何も表示されない場合は、上で説明した設定の間違いを疑ってみてください

まとめ:Googleアナリティクスのパラメータの設定方法は?

まとめ:Googleアナリティクスのパラメータの設定方法は?

このページでは、Googleアナリティクスのデータをより詳細に分析することができるようになる「パラメータ」について解説しましたが、いかがだったでしょうか。

このページの要点は以下になります。

  • URLにパラメータを設定することによって、Googleアナリティクスでより詳細な参照元の把握が可能になる
  • Googleアナリティクスのパラメータは、パラメータ付きのURLを作成し、広告などのリンク先として設定する
  • パラメータは間違っていても気付きにくいため、Googleアナリティクスでの確認が必須である

サイトやブログのアクセスを改善する上で、アクセスの参照元を明確にし、適切な改善策を打っていくことはかなり重要です。

パラメータとは何かや、パラメータの設定方法について、まだよくわからないところがあるという方は、もう一度解説部分を見返してみてください。

SEO対策について体系的に学びたい方は【2019年最新】SEO対策とは?基本と具体的な方法を解説を読んでみてください!

また、本格的なSEO対策をしたい方はサイト分析・競合分析などを効率化できるsmartASPを活用するのがおすすめです。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

コメントを残す