内部リンクとは?SEO効果と設置の際のポイントを解説

内部リンクとは?SEO効果と設置の際のポイントを解説

「内部リンクのSEO効果は?」「設置するにはどうすれば良いの?」と内部リンクのことを疑問に思っている人は多いのではないでしょうか?

実は、内部リンクを最適化させることでGoogle検索での上位表示を狙うことも可能なのです。

このページでは、日本最大級のWEBメディアであるWeb Reach編集部が、SEO対策にために必要な内部リンクの設置の際のポイントについて以下のことを解説します。

  • 内部リンクのSEO効果
  • 内部リンクの設置方法
  • Google検索で上位表示させる方法

この記事を読むことで、内部リンクの基本とSEO効果のある設置方法を理解することができるので、是非参考にしてみてください。

内容を簡単にまとめると・・・

  • 内部リンクはクローラーが巡回しやすくなることによる、SEO効果がある
  • 内部リンクを設置することはGoogleから評価を得ることに繋がる
  • 内部リンクは無料ツールsmartASPの内部リンク可視化ツールを用いて作る
  • smartASPはウェブサイト運営者のために作成されたツール
  • smartASPを使ってウェブサイトを更に改善
smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

内部リンクとは?

内部リンクとは?

内部リンクとは、同一Webサイト内で内部のページ同士を繋ぐリンクのことです。

例えば、あなたがウェブサイトを運営していて、「パスタの茹で方」についての記事を書いたとします。

すると、次に読者はパスタソースの作り方が気になると予想することができるので「パスタソースの作り方」についてのリンクが設置してあることがよくあります。

つまり、内部リンクとはこのように読者のユーザビリティを考え、関連ページを同じサイト内でつなぐリンクのことを表すということです。

このことにより、読者をウェブサイト内に長時間滞在させ、より多くのページを閲覧してもらうことができるわけなのです。

また、内部リンクとよく比較されるものに外部リンクがあります。

外部リンクは外部サイトからリンクを受けることを表しており、被リンクとも呼ばれています。

サイト内部にリンクが設置されているか、サイト外部からリンクが貼られているかどうかが内部リンクと外部リンクの違いです。

外部リンクについては、「被リンクとは?SEOにおける効果や獲得方法を解説」で詳しく解説していますので、気になる方はご覧ください。

それでは、内部リンクのSEO効果について解説していきます。

内部リンクを入れるならsmartASP!

smartASPはウェブサイト運営者のための無料ツールです。

smartASPがあれば、あなたのウェブサイトは更に良くなっていくことでしょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

内部リンクのSEO効果とは

内部リンクのSEO効果とは

内部リンク施策を行うことで得られる効果は2つあります。

  • クローラーが巡回しやすくなる
  • 外部リンクと同じ「被リンク」として活用できる

Webサイトを運営しているのであれば、適切に行うことで、Google検索で上位を狙うことが可能です。

もちろん、内部リンクを行うだけでなく、良質なコンテンツを発信することも必要になります。

クローラーが巡回しやすくなる

クローラーが巡回することで、検索エンジンにインデックスされるようになります。

クローラーがWebサイト内を巡回しやすいのは、ユーザーにとっても閲覧しやすいWebサイトです。

関連性のあるコンテンツの場合には、内部リンクを設置してクローラーにも、ユーザーにとっても便利なWebサイトを目指しましょう。

内部リンクを設置することで、インデックスされやすいWebサイトの構築にもなり、検索結果で上位表示させることもできます。

また、クローラーの巡回情報はGoogleサーチコンソールで確認することができます。

Googleサーチコンソールについて気になる人は「Googleサーチコンソールとは?」の記事を参照してください。

「被リンク」のような効果が期待できる

内部リンクは、「内部の被リンク」として「被リンク」のような効果を得ることもできます。

内部リンクを重要な記事に集めることで、「評価の良い関連サイトから評価されている」とGoogleに伝えることができ、関係性のあるキーワードで上位表示させることができます。

外部リンクの場合は、質の良い被リンクを獲得して、SEO対策を行わなければいけません。

しかし、内部リンクを行うときには、良質なコンテンツを作成することでSEO対策を行うことが可能です。

また、被リンクに関しては外部のサイト運営者の協力が必要不可欠ですが、内部リンクは自分のサイト内で行うことができる施策のため行いやすい施策であるといえます。

更に、SEO対策について詳しく知りたい人は「SEO対策とは?」の記事を読んでみてください。

内部リンク設置の際のポイント

内部リンク設置の際のポイント

内部リンク設置をするのには、

  1. smartASPを使用する
  2. パン屑リストを設置する
  3. 関連性の高い記事に内部リンクをする
  4. 順位を上げたい記事に集める
  5. アンカーテキストにキーワードを集める
  6. サイトマップを作成する
  7. アンカーテキストにする

以上の7つのポイントがあります。

7つのポイントを行うことで、内部リンクのSEO対策を行うことができます。

smartASPを使用する

内部リンクを設置したくてもどの記事に対して内部リンクを設置すれば良いかわからない人も多いでしょう。

そこでおすすめなのが、「smartASP」です。

smartASPはwebサイト運営者の利便性を向上するために作られた無料ツールです。

smartASPを使用すれば、内部リンクを設置することは以前の数倍も楽になります。

なぜなら、smartASPには内部リンクを可視化するツールがあるからです。

具体的にはsmartASPの内部リンク可視化ツールを使えば以下のように、参考になるWebサイトがどのように内部リンクを張っているのか一発でわかります。

smartASPの内部リンク

この機能は、自分のサイトの状況を知るために使用しても、競合サイトの内部リンクを分析するために使用してもいいのです。

どのような使い方であれ、あなたのウェブサイトを以前より更に魅力的にするのに一役買うでしょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

 

また、smartASPの製作者のTwitterは、webサイト運営者なら一度チェックしてみてください。

更に、内部リンクについて詳しく知りたい方はSEOのきつねさんが出しているnoteをチェックして下さい。

noteを賈うほどでもない方は、SEOのきつねのTwitterをフォローしてみてください。

パン屑リストを設置する

パン屑リストとは、Webサイト構造をわかりやすくしたものです。クローラーとユーザーがWebサイト内のページの位置を確認することができるので、関連性のあるページを探すことも可能です。

パン屑リストには、「位置型パン屑リスト」「属性型パン屑リスト」「パス型パン屑リスト」の3つがあります。

パス型パン屑リストは、ブラウザの「戻る」と一緒のため、現在では使われることはほとんどありません。

パン屑リストを設置する場合は、位置型パン屑リストと属性型パン屑リストを作成することをおすすめします。

位置型パン屑リスト

ホーム/SEO内部対策/内部リンクとは?SEO効果と設置の際のポイントを解説

と表示されるパン屑リストです。

属性型パン屑リスト

記事のタイトルの下に表示される属性です。

「SEO内部対策」「アドセンス 」「アフィリエイト」

を表示させることができます。

クリックすることで関連性のある記事へ移動させることが可能です。

クローラーが巡回しやすく、ユーザーにとっても利用しやすいWebサイト構造は、Googleからも評価をされます。パン屑リストを作成する際は、「カテゴリー」や「属性」を考えて作成してください。

パン屑リストについて、詳しく知りたい方は「パンくずリストとは?」の記事を参照してください。

関連性の高い記事に内部リンクをする

内部リンクは被リンクとしての効果もあるため、高品質なコンテンツからの被リンクはユーザーの利便性を高めることになります。

関連性の高い記事を内部リンクにする際は、

  • 文章の繋がりを気にする
  • 記事のコンテンツに関係しているか考える

以上の2点に注意して内部リンクを設置するようにしてください。

関連性のない記事に対して内部リンクを設置すると、評価を落とす可能性もあります。

必ず、良質なコンテンツの内部リンクを設置するようにしましょう。

関連性について更に詳しく知りたい方は「ブログカテゴリ分けについて例を用いて解説!」の記事を参照してください。

順位をあげたい記事に集める

内部リンクを順位を上げたい記事に集めることにより、Google検索で上位を狙う記事に対してユーザーが集まりやすくなります。

クローラーやユーザーが回遊することにより、有益なコンテンツと評価されることができ、結果として順位をあげることが可能です。

ユーザーが満足できるコンテンツを作成し、関連性のある場合には、内部リンクを設置するようにしましょう。

内部リンクを設置するならsmartASPがオススメです。

smartASPを使えば、あなたのウェブサイトは更に良くなるでしょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

アンカーテキストにキーワードを集める

内部リンクを設置するときには、アンカーテキストにキーワードを集めることがSEO対策になります。

しかし、キーワードを集めすぎてもSEO目的とGoogleに判断されてしまうので、注意が必要です。

アンカーテキストを入力するポイントは、

  • リンク先の内容を入れる
  • 具体的に記載する
  • キーワードを含めすぎない

の3つです。

<リンク先の内容を入れる>

クローラーやユーザーに対して、リンク先の情報を正しく伝える必要があります。

ここをクリック」や「こちら」といったアンカーテキストにすると、何に内部リンクされているのかわかりません。

内部リンクを設置する際には、リンク先の内容をクローラーやユーザーに対して正しく伝える必要があります。

<具体的に記載する>

内部リンクの情報を伝えるときにも、情報を具体的に伝えてください。

「内部リンクのSEOについて解説」「内部リンクの設置方法」など、クリックをすることで、どういった情報を確認することができるのかを伝える必要があります。

また、アンカーテキストを「内部リンクの設置についての方法とSEOに対してどういった効果があるか解説」と長くしてしまうと内部リンク先にどういった情報があるのかわかりにくくなってしまいます。

<キーワードを含めすぎない>

アンカーテキストにキーワードを入れることで、SEO効果を期待することができますが、必要以上に入れてしまうと効果を得ることができません。

SEO目的と判断された場合には、ペナルティを受けてしまうことがあります。

例えば、「内部リンク」というキーワードに対して、

「内部リンクを設置してSEO効果を得るための内部リンクの設置方法を解説!正しく内部リンクを設置しよう」

といったアンカーテキストの場合は、文章が長いだけでなく、何を言いたいのかわからなくなってしまいます。

リンク先の内容を入れ、簡潔で具体的な文章にキーワードが入ったアンカーテキストにしましょう。

サイトマップを作成する

クローラーの巡回やユーザーの利便性を向上させるためにも効果的なのが、サイトマップを作成することです。

Webサイトを運営したばかりのときには記事数が少ないですが、記事数が多いと、質の高いコンテンツも多くなります。

ユーザーが迷子にならずにコンテンツを見つける手助けをするためにもサイトマップがあった方が便利です。

また、サイトマップは作成すると全てのページに内部リンクを設置することができます。

内部リンクがあることにより、クローラーが隅々まで巡回しやすくなるメリットにも繋がります。

アンカーテキストにする

内部リンクを設置する際には、リンク先の内容とアンカーテキストを同じにすることが重要です。

具体的には、ページタイトルをアンカーテキストにすることで、ユーザーがリンク先の情報を確認したいときに気軽にクリックして移動することができ、クローラーもどのような情報がリンクしてあるのか理解することができます。

この記事の内部リンクを設置したい場合には、

内部リンクとは?SEO効果と設置の際のポイントを解説

に対して内部リンクを設置します。

まとめ:内部リンクとは

まとめ:内部リンクとは

今回は内部リンクについてとGoogle検索で上位に表示させるために効果のある設置場所について解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

内容を改めてまとめると

  • 内部リンクとはWebサイト内の記事ページ同士を繋ぐリンクのこと
  • クローラーがWebサイトを巡回する手伝いをすることができる
  • 外部リンクと同等の効果を得ることができる
  • 適切に内部リンクを設置する必要がある

内部リンクをSEO効果のある場所に設置して、良質なコンテンツの発信することにより、Google検索での上位を狙うことができます。

まだ内部リンクを設置していない人や効果のある方法を行えていない人は、もう一度解説部分を見返してみてください。

また、本格的なSEO対策をしたい方はサイト分析・競合分析などを効率化できる無料ツールsmartASPを活用するのがおすすめです。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

 

コメントを残す