動画ビジネスとは?現状や今後活用していく方法などを紹介!

動画ビジネスとは? 現状や今後活用していく方法などを紹介!

さまざまあるマーケティング手法の中で、特に注目されているのが「動画ビジネス」です。

SEOのきつね
SEOのきつね
何となくイメージはできるけれど、詳しく知らないという方も多いのではないでしょうか。
内容を簡単にまとめると・・・

 

  • 動画ビジネスは動画を活用したビジネスの総称
  • アメリカではすでに市場規模が拡大している
  • 情報や魅力を何よりもリアルに伝えやすい
  • 動画を活用したビジネスチャンスはたくさんある

動画ビジネスとは

動画ビジネスとは

動画ビジネスは、動画を活用したビジネスモデルの総称です。

SEOのきつね
SEOのきつね
動画を利用したマーケティングや、広告などをはじめとした、多くのものを指します。

日本で動画が浸透し始めたとされる年は2014年です。

しかし、アメリカではその時すでに動画視聴率は伸びていて、広告による収益に差が出ていました。

今でもまだ日本は大きく遅れをとっている状態であり、逆に伸びが期待される分野でもあります。

デジタルがテレビを超える時代がすぐそばまできているといっても過言ではないのです。
きつねの友達
きつねの友達

マーケティング分野でも、動画広告の方が収益が上がっている企業も多く、利用する割合も増えてきています。

動画マーケティングについては動画マーケティングを活用する方法の記事を参考にしてください。

動画ビジネス発展の背景

動画ビジネス発展の背景

動画をビジネスに活用して収益をあげることができるという理由はなんなのでしょうか。
きつねの友達
きつねの友達
SEOのきつね
SEOのきつね
近年、世界的に動画を目にする機会が多く、利用者も増えているから…というのが一番です。

動画ビジネスがこれから伸びるといわれる理由を理解するために、まず発展した背景について解説します。

スマホやインターネットの普及

近年、スマートフォンが普及し当たり前のように使う人が増えたことによって、インターネットはより身近なものになりました。

テレビなどのメディアからの情報収集も続いているものの、多くの人がインターネットから収集している時代ともいえます。
きつねの友達
きつねの友達

その情報伝達方法として注目されたのが動画です。

静止画や文章よりも、情報をリアルにわかりやすく伝えることができますよね。

スマートフォンでも手軽に動画を見ることができるようになったことで、利用率は急速に伸びました。

ただのテキスト記事を読むよりも、動画解説がついている記事を選ぶ傾向もあるようです。

動画配信プラットフォームの伸長

動画といえば「YouTube」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。
きつねの友達
きつねの友達

40代未満の世代を中心として、全体の70%以上が利用しているとも言われ、かなり身近なプラットフォームです。

自治体単位でも広報用チャンネルを開設し、ライブ配信を行うなど、積極的に活用されています。

SEOのきつね
SEOのきつね
ビジネス面でもインターネット広告を活用したり、テレビCMより濃い内容を特別編として公開したりしていますよね。

他にも動画を配信することのできるサービスはいくつか存在し、個人での発信なども増えました。

それによって動画がさらに身近なものになり、リアルな情報を得るための手段として認知されています。

5Gの到来

4Gの普及で日常的に動画を目にする環境が整いました。

そんな中、2020年は次世代システムである5Gがスタートします。

5Gは通信スピードが高速化するだけでなく、IoT ( Internet of Things )などへの対応もできるようになっています。

SEOのきつね
SEOのきつね
スマートフォンでも、より解像度の高い動画視聴がスムーズに再生可能になるのです。

想像を絶するほどの高画質な動画を目にすることが日常化し、作られる動画のクオリティも格段に上がることでしょう。

クオリティの高い動画なら、「もっと観たい」という気持ちも高くなりそうですよね。

動画ビジネスを活用するメリット

動画ビジネスを活用するメリット

動画ビジネスが今後さらに発展する理由を理解したところで、ビジネスにおいての動画の魅力を整理してみましょう。

これをみれば、「確かに動画を活用する方が有利になる」ことをイメージできると思いますよ。

多くの情報を伝えることができる

動画は文字や静止画よりも、はるかに多い情報をより短い時間で伝えることができます。

SEOのきつね
SEOのきつね
その差は静止画の5000倍、1分で180万文字分ともいわれるほどすごいのです。

魅力もよりリアルに感じることができますし、言葉で表現することが難しいような内容も、視覚を通して直感的に伝えやすいのです。

文章を読んでイメージするよりも、その状況や流れを実際に見る方が分かりやすいですよね。
きつねの友達
きつねの友達

ただ動画を流すだけでなく、そこに加工を加えることで印象を強くすることができるのも特徴です。

インパクトのある演出が施された動画は印象に残りやすく、見た人が思い出すきっかけを増やすことができます。

それが知人同士の話題として広まることも、流行のきっかけになりますし、印象に残ることは大きなメリットです。

SNSで拡散されやすくなる

動画は再生されやすいと同時に「拡散されやすい」ともされています。

SNSが浸透・活用されている今、見た人が「面白い」「おすすめ」と感じた動画はすぐに拡散され、より多くの人の目に留まるのです。

爆発的に拡散される場合、そこから繋がる収益も大きくなるといえるのではないでしょうか。
きつねの友達
きつねの友達

爆発的に拡散されることを「バズる」と表現し、多くの人が使用しています。そのような言葉が定着するほど、SNSの拡散力はすごいということです。

SNSにも載せやすい動画はその可能性を大きく秘めているでしょう。

動画ビジネスを活用するデメリット

動画ビジネスを活用するデメリット

動画ビジネスの魅力を感じてきたと思いますが、何事にも「デメリット」はつきものです。

SEOのきつね
SEOのきつね
この分野においても決して無縁ではなく、場合によっては参入が難しいと感じるかもしれません。

ビジネスに活用するために必要な投資と考える部分になるかもしれませんが、最初に理解しておく必要はあります。

動画編集をできる人が少ない

動画をビジネスに利用するには、その動画を作る人材が必要になります。

SEOのきつね
SEOのきつね
YouTubeに投稿する人が増え、多少編集の経験がある人は増えているとはいえ、本格的に対応できる人はまだ少ない傾向です。

特に知識や技術が全くない状態だと、外注するとしても的確な指示を出せず、思ったような出来栄えにならない可能性があります。

その結果、動画ビジネスの効果を思うように得られないことになりかねないので、スキルを持つ人材は必須なのです。

予算が高くなる傾向にある

動画を製作会社に外注する場合のコストは高くなる傾向にあります。
きつねの友達
きつねの友達

これは動画制作・編集という作業に多くの経費と時間がかかることにも理由があり、重視する部分によっても変わります。

動画制作の需要が高まっていることもあり、予算は今後も高くなっていく可能性があります。

外注先によって、同じ内容でも見積額に大きな差が出ることがありますが、イメージ通りの出来栄えを実現できるところを選択することが重要です。

SEOのきつね
SEOのきつね
安く見積もっても数十万単位でかかることが多いので、十分な予算を確保できなければ、成功は難しいかもしれません。

動画ビジネスの様々な形

動画ビジネスの様々な形

動画を活用したビジネスはどのようなものがあるのでしょうか。
きつねの友達
きつねの友達
SEOのきつね
SEOのきつね
アイディア次第で他にもいろいろな方法が登場する可能性があるかもしれませんが、今特に注目されているものを紹介します。

動画コンテンツマーケットプレイスを活用

コンテンツマーケットプレイスとは、情報コンテンツを商品として販売する場所のことです。

特に有名なのは「Udemy」でしょうか。

Udemy

オンライン学習動画を作成し、出品・販売することと、その講座を受講したいと思う方がお金を払って購入する仕組みです。

誰でも講師としてコンテンツを出品可能で、得意なことがあるなら個人でも稼ぐことができます。

パソコン操作やプログラミング学習など、実際に見ることで格段にわかりやすい動画コンテンツは、非常に人気です。

SEOのきつね
SEOのきつね
「Udemy」はコンテンツを作成してアップロードする以外、特にしなければならないことはありません。

担当者からアドバイスをもらうこともできるので、初めてでも安心して取り組むことができるのです。

他にもコンテンツマーケットプレイスはいくつかありますし、使い方を工夫すれば誰にでもチャンスがある方法です。
きつねの友達
きつねの友達

動画配信プラットフォームを活用

SEOのきつね
SEOのきつね
動画配信のプラットフォームといえば「YouTube」が分かりやすいでしょう。

YouTube

スマートフォンからの閲覧が増えているので、YouTubeに投稿された動画が人の目に触れる機会は多くなっています。

収益化するには、チャンネル登録者数と一定期間の再生数・再生時間の条件などを満たす必要があります。

しかし、それをクリアすれば再生数に応じた広告収入を得ることができます。

トップクラスのYouTuberは、地上波に出演したり、イベントゲストとして招待されたりと、YouTube以外の部分での収入も得ているようですよね。
きつねの友達
きつねの友達

しかし、YouTuberとして収益を上げるには、かなりの努力が必要になります。

多くの人の目につくようにSEO対策などさまざまな対策もしなければなりません。

しかし、それで集客することができれば、流入などを利用し他のビジネスに生かすこともできますし、使い方は広がるでしょう。

YouTubeでの稼ぎ方についてはYouTubeで稼ぐ方法!の記事を参考にしてください。

ライブ配信プラットフォームを使用

アメリカのマーケティング手法として多く利用されているのがライブ配信です。

配信者と視聴者がコミュニケーションをとることができるのがポイントで、リアルで質問に答えるなども可能です。

リアルだからこそ「ごまかしがきかない」のも特徴で、嘘偽りのない配信は信用度も違います。
きつねの友達
きつねの友達

今までその場に行かなければ体験できなかったリアルなセミナーなども、ライブ配信を利用すれば自宅でできますよね。

多くの人が対応しやすく、ライブ配信の視聴率は上がりやすいのです。

SEOのきつね
SEOのきつね
ライブ配信中にセールスを入れることで、売り上げが一気に上がるというデータもあります。

YouTubeやFacebookなどのSNSでもライブ配信機能が実装されていて、気軽に配信できるのも魅力です。

ある程度のフォロワーがいれば、効果を上げるのも比較的簡単ですので、まずは認知度を上げる必要はあるでしょう。

動画ビジネスを進めていく上では、ぜひチャレンジしたい方法の一つです。

動画ビジネスの活用方法

動画ビジネスの活用方法

ここまでは「動画そのものをメインとして収益を得る」方法でした。

これ以外にも「動画を活用する」ことでビジネスに良い影響を与えたり、変化させたりすることもできます。

「動画で稼ぐ」のは、新たなスタートとなりますが、「動画を利用して稼ぐ」なら、今すでに何らかのビジネスをしている人も活かせます。

広告として動画を活用する

SEOのきつね
SEOのきつね
動画は販促目的で使用することで高い効果が期待できます。

先にもお話ししましたが、動画は文字や画像で伝えるより、よりリアルに内容や魅力を伝えることができます。

さらに加工によってインパクトを追加し、見た人の印象に残るようにする力もあります。

自社で提供しているサービスや商品があるなら、それを紹介する動画を作成し、ホームページなどに掲載することで、売り上げアップにつなげます。

実際に商談などを行う場合があるなら、その動画を見ていただき、リアルなイメージと共に説明を加えることも可能です。
きつねの友達
きつねの友達

TikTokにおける事例についてはTikTokにおけるマーケティングの方法や過去の事例を解説の記事を参考にしてください。

自分が動画編集者になる

動画ビジネスは「動画をビジネスに活用する」ことですが、決して動画で事業をアピールすることだけではありません。

動画編集を学び、ある程度の経験を積めば、自分が動画を製作する側になることができます。

外注する際のコストが高くなっている理由に「人件費の高騰」も入っています。

需要の高まりによって、スキルを持つ人が得られる報酬単価が上がっているのです。

そう考えると、自分が動画編集者として制作を受注する立場になることは、安定したビジネスになります。

SEOのきつね
SEOのきつね
YouTuberなどのように、自分自身が顔出しし、ブランド化することも可能ですが、それなりのリスクもあります。
それを避けつつ、安定した収入を得る方法が、「動画編集者」になることかもしれません。
きつねの友達
きつねの友達

動画編集の方法などについて知りたい方は、動画編集のやり方を解説おすすめの動画編集スクールを紹介!の記事を参考にしてください。

【まとめ】動画ビジネスを活用していこう

【まとめ】 動画ビジネスを活用していこう

動画ビジネスについて解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

動画が今後、どれだけのビジネスチャンスを持っているか理解いただけたと思います。

内容を簡単にまとめると・・・

 

  • 動画ビジネスは動画を活かしたビジネス全般のこと
  • 先進的なアメリカではすでに市場規模は大きく、日本でも期待されている
  • 今後は5Gが開始され、より質の高い動画が溢れるようになる
  • 動画そのものを利用して収益を得ることも、今のビジネスに導入して収益を上げることも可能
  • 動画作成には予算が大きくかかるため、自分でスキルを身に付けることもおすすめ

市場は年々伸びていますが、アメリカとは相当な差がある状態で、活用していない企業さえ多くあります。

今のうちに知識を身に付け、先行することは将来的にチャンスを大きくするはずです。

ぜひこのチャンスにスタートし、安定したビジネスに結び付けましょう。

他にも詳しく知りたい方には、動画編集の副業で稼ぐ方法の記事や動画編集のスキルを身につける方法の記事がおすすめです。

コメントを残す


CAPTCHA