Googleアナリティクスの目標設定の方法を解説

Googleアナリティクスの目標設定の方法を解説

「Googleアナリティクスで目標設定をするべきなのは知っているけど、どうしたらいいのかわからない。」「目標設定とは言っても何を目標にすべきかわからない」ウェブサイトを作成したばかりの方はこのような方が多いのではないでしょうか。

Googleアナリティクスで目標設定をする事はアクセス解析の基礎であり、ウェブサイトの現状を分析する上で非常に重要な項目です。

この記事では、Googleアナリティクスで様々な目標設定を駆使してサイト運営をしている筆者が以下の事をお伝えします。

  • Googleアナリティクスの目標設定とは
  • 目標設定をする理由とメリット
  • 目的に合わせた目標の種類
  • 目標設定の設定方法
  • 覚えるべき用語

このページを読めば、Googleアナリティクスの目標設定について理解できサイトの目的自体も達成しやすくなるでしょう。

内容を簡単にまとめると・・・

  • Googleアナリティクスの目標設定とは、施策の成果が出ているのかを計測するために行う設定
  • 目標を設定することで、自身の目的にあったウェブサイトを運営をすることができる
  • Googleアナリティクス の指標が多すぎて分からないと言う方にはsmartASPがオススメ
  • smartASPでは、サイトの分析から掲載順位の監視、管理、確認までの多くの機能を簡単に利用することが可能
  • また、自動でサイト分析をし、修正すべき記事を抽出してくれるだけでなく、SEOで最重要と言っても過言ではない内部リンクを可視化
  • 全ての機能が無料で、損をすることもないためまだ登録していない方は今のうちに登録
smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

Googleアナリティクスの目標設定とは

Googleアナリティクスの目標設定ができない場合の対処方法

Googleアナリティクスの目標設定とは、自分のウェブサイトが目的に合った運営をされているのか、また工夫して行った施策の成果が出ているのかを計測するために行う設定です。

自分が工夫して施策を打ち出したが成果に繋がっているのかがよく分からないという事態にならないためにも、目標設定は大切です。

ウェブサイトではユーザーが目の前に見えない分、Googleアナリティクスで計測されるレポートを手掛かりに分析し、サイトを改善していかなければなりません。

Googleアナリティクスで目標設定をすることで、サイトの目的を達成できているのかを測ることができます。

目標設定をする理由とメリット

Googleアナリティクスで目標設定をする理由はいくつかあります。

  • 目標を設定することでウェブサイトの方針を決めることができる
  • 自分のウェブサイトの現状を確認することができる
  • 自分が行った施策に対する結果を検証することができる

これらのように、Googleアナリティクスで目標設定をすることで自身の目的にあったウェブサイトを運営をすることができます。

目標設定をする理由を理解した上でメリットを考えてみると以下のようなものが挙げられます。

  • 具体的にウェブサイトのどの部分に問題があるかわかる
  • 施策の効果検証を行い、どの点に問題があったかを抽出し、次の改善活動に繋げることができる
  • ユーザーの行動がわかるため、コンバージョンしたユーザーとそうでないユーザーの動きを検証することができる

目標設定をすることで、実際に自分のウェブサイトのどの部分に問題があったのかを確認できるところが大きなメリットです。

ウェブサイトではユーザーが起こす行動が見えづらいため、自身が本来意図していた行動をユーザーがしていない場合があります。

コンバージョンをしていても、ユーザー自分が打った施策の意図と別の行動をしていては成果に繋がりません。

しっかり目標設定をすることで、自分の施策の効果検証を行うことができ、本来の意図に近づけることができます。

そして、ユーザーを自分の意図に合わせて誘い込むことができれば高い成果を上げることができるのです。

何を目標とするのか決める

はじめに何を目標にするのかを決めましょう。

ここでの目標とはサイト運営者が目的とする行動をユーザーが行うことを指します。

多くの場合は目標(コンバージョン)というと最終的な購入完了や資料請求完了と言ったサンクスページに到達することを指す事が多いですが、それだけに限りません。

目標設定には「到達ページ」・「滞在時間」・「ページビュー数/スクリーンビュー数」「イベント」の4種類があります。

先ほど述べた購入におけるサンクスページは「到達ページ」を指します。

ではどいう場合に「到達ページ」以外の種類を目標とするのでしょうか。

例えば動画サイトなどは「滞在時間」を目標として設定することがあります。

滞在時間が長いことでユーザーがサイトをしっかり見てくれていると判断ができ、滞在時間が短いと文章や動画を見きらずに離脱したと考えられます。

このように、サイトの目的に合わせた目標を設定する必要があるのです。

また、Googleアナリティクスではデータが多すぎてどのデータを見ればいいか分からず、困った経験はありませんか。

そんな方にオススメなのがsmartASPです。

smartASPは分析ツールの代表格である「Google Analytics」や「Google Search Console」と連携しているので、サイトの分析から掲載順位の監視、管理、確認までの多くの機能を簡単に利用することが可能です。

また、smartASPは客観的な数字を元に修正すべき記事を抽出してくれるため、SEO知識に自信がないという人でも本格的なSEO対策が可能です。

また、競合分析も効率化してくれるため、非常に便利です。

無料なので、万が一使わなかったとしても損をすることはないので、まだ使っていない人は1度使ってみることをおすすめします。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

Googleアナリティクスの目標設定の方法は?

Googleアナリティクスの目標設定の方法は?

Googleアナリティクスにログインをしてから目標設定をする方法を解説します。

  1. アナリティクスにログイン後、左下の「管理」をクリック
  2. ビュー内の「目標」をクリックする
  3. 「新しい目標」をクリックする
  4. 目標設定画面で「カスタム」を選択。「続行」をクリック
  5. 目標の説明画面にて目標名を入力し、「タイプ」より必要な目標を選択する

実際の管理画面と目標設定画面の画像を入れる。

目的に合わせた目標の種類を選ぼう

先ほどの目標設定手順の最後に「タイプ」を選択する部分があります。

ここでは必要な目標の種類を解説します。

目標設定では4つの項目があります。

  1. 到達ページ
  2. 滞在時間
  3. ページビュー数/スクリーンビュー数
  4. イベント

基本的に多く目標設定されている項目ははじめに「到達ページ」です。

他の項目に関しては目標設定をせずとも別指標としての数値分析も可能なので、はじめは「到達ページ」を目標にすることをおすすめします。

しかし、先ほどもお伝えした通り、サイトの内容や目的が違う場合は他の目標設定にするべき場合があります。

その場合はサイトの目的に沿った目標設定をしましょう。

それぞれ4つの項目を簡単に解説をします。

到達ページ

指定したページに対して訪問があった場合に、目標が達成されたとしてカウントがされます。

多くの場合は「購入完了」や「申し込み完了」と言ったサンクスページになります。その場合は「thanks.html」や「complete.html」と言ったユーザーが最後に到達するページのURLを入力します。

滞在時間

訪問滞在時間を「時間・分・秒」で設定する事ができすので、設定はそれで完了です。

例えば15分サイト内に滞在をした場合に目標達成と設定ができます。

これは指定した滞在時間を超える訪問があった場合に目標が達成されたとカウントされます。

商材を多く扱うサイトで「サイト内の回遊性を高めて滞在時間を高めたい」と言った目的があった場合はこれを目標設定すると良いでしょう。

テキストや動画サイトなど滞在期間が長くなる事が予想されるサイトの場合もオススメです。

滞在時間が短い場合サイト内のコンテンツをしっかり読み込まれずに離脱されているという指標が作れます。

その指標を参考にサイト内のコンテンツ分析や、サイト内の構成の分析に役立てる事ができます。

ページビュー/スクリーンビュー数

1訪問あたりの閲覧ページを指します。

一般的に『PV』数と表現されます。

この場合は「1ユーザーが5ページを超える訪問があれば目標達成」と言った設定です。

ECサイトやメディアサイトが回遊率を高めて多くのページを見てもらう事が目的の場合は、この目標を設定すると良いでしょう。

この場合の設定の仕方は、目標設定画面で「ページビュー/スクリーンビュー数」を選択し、「続行」を押します。

目標の詳細に「ページビュー/スクリーンビュー数」の入力欄が出てきますので任意の数値を入れれば完了です。

イベント

イベントは「リンクのクリック・ファイルのダウンロード・動画再生」などが何回押されたかを計測します。

サイト内のコンテンツやリンクが押されたかを知る事でユーザーの行動を分析する事ができます。

それによりサイト内のユーザーにとって効果的なコンテンツを組み込む事ができているかを分析する事ができます。

この目標を設定するためには事前にイベントトラッキングの設定をしておく必要があります。

目標到達プロセスの設定の方法と意味

目標到達プロセスを設定することは非常に重要です。

それを設定することでユーザーがランディングページ(ユーザーが最初に訪問したページ)からコンバージョンに到る経緯を見る事ができます。

ユーザーははじめに訪問したページだけを見て購入に到るケースは少なく、いくつかのページを閲覧して購入に到るケースが多いでしょう。

そこで目標到達プロセスを設定することで購入に到るまでのパターンを分析する事ができるのです。

コンバージョン率が高いパターンが発見できれば、そこに誘導するサイト構成にする対策をできますし、コンバージョン率が低いページを改善する方法も探ることもできます。

目標到達プロセスは目標設定で「到達ページ」を選択し、以下の流れで行います。

  • 「目標設定」→「到達ページ」→「到達ページの条件:等しい」を選択
  • 「目標にするページのURLを入力」→「値」に金額を入力
  • 「目標到達プロセス」をオンにする

目標到達プロセスでは目標にするページに到るまでのステップページのURLを入力します。

最大20個まで登録できるので、目的に合わせた購入パターンを想像して登録をします。

(例)申し込みページから完了までのプロセスを測る場合。

完了ページの前の画面の入力確認ページや入力ページURLを登録します。

そうすることで入力ページまで来たユーザーが最終的に何人完了ページまで行ったのか、途中で離脱したユーザーがどこで離脱したのかを調べる事ができます。

それらを分析する事で、入力ページのどこを改善すれば成約率が上がるのかを分析する事ができます。

「値」の設定方法と意味

目標設定ではそれぞれ金額を表す「値」を設定する事ができます。

例えば、ウェブサイト上で1万円の商品を販売する事が目標達成であれば、到達ページの値は「10000」と入力します。

つまり、目標が達成された場合その金額は1万円としてアナリティクス上に計上されるということです。

この設定ではコンバージョンをした目標を金額として「ページの価値」を表してくれます。

また、売上に直結しているページはもちろんですが、売上に直結しない目標に対しても価値をつける事ができます。

例えば、あるページで「10分滞在で100円」・「10ページ閲覧したら1000円」といったように売上金が発生していなくても、ページに価値をつける事が可能です。

直接的に売上が上がっていなくても、ウェブサイトに金額として「価値」をつける事で、今後収益を上げれるだろうという予測を立てる事ができます。

特にウェブサイトで対策を打った場合、その価値がどれだけの収益を産むかを予測する事で、単にコンバージョン率のみで計測するよりも、具体的な実感が出てきます。

それぞれの値が計上されると、アナリティクスのレポート上で「目標値」と表されます。

それは「コンバージョン数×各目標に割り当てられた値」つまり、売上金だけでなく、様々に設定した目標の達成率を金額の価値として表してくれるのです。

Googleアナリティクスで目標設定をしたら、他にどんなSEO対策を行えば良いのか分からないと言う方も多いとおもいます。

そんな方にオススメなのがsmartASPです。

smartASPは客観的な数字を元に修正すべき記事を抽出してくれるため、SEO知識に自信がないという人でも本格的なSEO対策が可能です。

また、競合分析も効率化してくれるため、非常に便利です。

無料なので、万が一使わなかったとしても損をすることはないので、まだ使っていない人は1度使ってみることをおすすめします。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

Google目標設定の後にすべきこと

Google目標設定の後にすべきこと

目標設定後にすべき設定が大きく3つあります。

  1. 正しく設定ができているか確認をする
  2. 自社IPからのアクセスを除外する
  3. サーチコンソールを設定する

それぞれ解説をします。

正しく設定できているか確認をする

目標ページのURLを設定した後に、保存ボタンの上にある「この目標を確認」をクリックします。

そうすると過去7日間のデータを遡って計測がされます。

自社IPからのアクセスを除外する

自社メディアの場合、一般ユーザーの他に自社の社員もサイトにアクセスする場合があります。

そうなると自社社員が訪問数として計上されてしまうため正しく計測ができません。

したがって、自社IPからのアクセスに除外設定をする必要があります。

IP除外方法は以下の通りです。

  • 管理画面から「ビュー」→「フィルタ」→「フィルタの追加」をクリック
  • 「除外するフィルタ名」と「IPアドレス」を入力
  • フィルタの種類の選択では「定義済み・除外・IPアドレスからのトラフィック・等しい」で入力

サーチコンソールを設定する

サーチコンソールはユーザーがサイトにどのような経緯で訪問したかを計測・分析ができるツールです。

Googleアナリティクスではユーザーが訪問後にどのような行動をしたのかを分析をするため、サーチコンソールと連動する事でより高度な分析ができます。

サーチコンソールを設定する事で以下のようなメリットがあります。

  • どのようにクエリでユーザーが自サイトに訪問しているか
  • 掲載順位がわかり、クリック率に高いキーワードが分析できる
  • Googleのクローラビリティを高めSEO対策ができる

サーチコンソールを設定する事でユーザーがどのようにサイトにアクセスしたかを分析できるため、SEO対策ができます。

アナリティクスで内部対策を行い、サーチコンソールで外部対策をすれば効果的なサイト運営ができるようになるでしょう。

設定の方法は以下の通りです。(事前にアカウントをサーチコンソールに登録している必要があります。)

  • アナリティクス設定画面「プロパティ」の「プロパティ設定」をクリック
  • プロパティ設定の1番下の「Search Console」から「Search Consoleを調整」をクリック
  • 連携可能なサーチコンソールが出てくるのでそれを選択し保存をクリック

これでGoogleアナリティクスは使えるようになったと思います。

そこで、この後も本格的なSEO対策をしたいという方にはsmartASPというツールがおすすめです。

smartASPは客観的な数字を元に修正すべき記事を抽出してくれるため、SEO知識に自信がないという人でも本格的なSEO対策が可能です。

また、競合分析も効率化してくれるため、非常に便利です。

無料なので、万が一使わなかったとしても損をすることはないので、まだ使っていない人は1度使ってみることをおすすめします。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

Googleアナリティクスの目標達成を表す上で覚えるべき用語

Googleアナリティクスの目標達成を表す上で覚えるべき用語

では目標設定ができた後には、そのレポートを読めるようにならなければなりません。

ここまでコンバージョン(CV)について学んできました。

その上で覚えるべき基本的な用語を解説していきます。

これらはウェブサイトを運営していく上で、自分たちが立てた目標がどれだけ達成されているかを表す指標になりますので覚えておきましょう。

これらの指標を読み解くことで、これまで行ってきた施策がどれだけの効果が出ているのかを測ることができます。

ここで紹介する覚えるべき用語は2つです。

  1. コンバージョン数(CV数)
  2. コンバージョンレート(CVR)

ではそれぞれを以下で詳細の紹介をします。

コンバージョン数(CV数)

これは単純にコンバージョンをした数を表します。

コンバージョンは基本的にはサンクスページといった最終到達ページを設定することが多いです。

しかし、目的によってはその途中の中間プロセスなどをコンバージョンとして設定することもあります。

コンバージョンと一言で表してもいくつか種類があります。

コンバージョンの種類の詳細に関してはコンバージョンとは?が参考になりますのでぜひご覧ください。

コンバージョンレート(CVR)

コンバージョンレート(CVR)とはサイトで成果が発生した割合を数字で表した指標になります。

例えば1ヶ月の間に1000件のセッションがあり、コンバージョン数が100件あった場合のCVRは10%となります。

セッションとはユーザーが流入してから、離脱するまでの一連の流れを表します。

CV数とCVRは密接に関わっており、両者を比較して分析をする事がとても重要になっています。

例えCV数が多くても、サイトへの流入数に対してCV数の割合が少なければ効果的なサイト運営ができておらず、機会損失が多いと考えられます。

逆に、流入数が少なくても効果的なサイト運営ができていればCVRが上がり安定的な収益を出す事ができ、流入数が増えれば収益拡大も期待できます。

CVRを分析する事で、サイトの中で成果が出ているページと成果が出ていないページを比較する事ができ、対策を考える事ができます。

CVRについての具体的な目標値やCVRを上げる対策はコンバージョンの改善方法は?が参考になりますので、ぜひ読んでみてください。

Googleアナリティクスの目標設定ができない場合の対処方法

Googleアナリティクスの目標設定ができない場合の対処方法

目標設定が正しく計測されていない場合は以下の原因が考えられます。

  • 目標ページの設定条件が間違っている
  • 入力したURLが間違えている(サイトドメインの「/」が抜けている)
  • サイトドメインから全て入力している

目標ページの条件設定で到達ページのURLに対する条件設定が間違えていると正確な計測ができません。

到達ページのURLマッチタイプに「等しい・先頭が一致・正規表現の」3種類が選択できます。

よく間違えるパターンとして、マッチタイプを「等しい」で選択している場合があります。

この場合、指定したURLの最初から最後までが全て一致しないと計測されません。

例えば「/thanks.html」にURLを「等しい」で設定をすると末尾まで一致する場合しかカウントされません。

ユーザーの訪問によってはIDなどがURLに付く場合があります。

その場合カウントがされなくなってしまいます。

ここでは「先頭が一致・正規表現」のパラメーターに変更をしましょう。

まとめ:Googleアナリティクスの目標設定について

まとめ:Googleアナリティクスの目標設定について

アナリティクスで目標を設定する事でゴールを決めることができます。

ゴールがあることでその目的に向かった分析と対策を打つことができます。

では、最後に目標設定について簡単にまとめます。

  • 目標設定をする事で自身の目的に合ったサイト運営ができる。
  • サイトの現状を分析する事で対策を練る事ができる。
  • 複数の目標から目的に合わせた目標設定を行うべき。
  • 「値」を設定する事でサイトが見込める収益を金額化できる。
  • 目標設定と合わせてコンバージョン(CV)という用語を覚えるべき。

サイトを運営する上で目標設定は重要な項目です。

目標設定自体は手順に沿って行えば簡単にできます。

自分のサイトの現状を分析しどこが課題なのかを抽出する事で収益を上げるための対策を打つ事ができます。

目標設定は分析ツールの基本となりますので、ぜひ自分のサイトの目的に合わせて目標設定をしてみてください。

また、本格的なSEO対策をしたい方はサイト分析・競合分析などを効率化できるsmartASPを活用するのがおすすめです。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

コメントを残す