SEOと記事の文字数の関係は?記事作成の具体的な方法とは?

SEOと記事の文字数の関係は?記事作成の具体的な方法は?

「SEOに記事の文字数は関係する?」や「文字数が多くて検索上位に表示される記事の作成方法は?」など、SEOには記事の文字数は関係するのか、また検索上位に表示される記事の作成方法に関して気になりますよね。

情報量の多いコンテンツは、ユーザーにとって有益性のある記事です。

情報量が多いイコール記事の文字数が多い」という状態になります。

そのため、SEOと記事の文字数は密接に関係しています。

このページでは、日本最大級のWebメディアであるWeb Reach編集部メンバーの筆者がSEOと文字数の関係について以下のことを解説します。

  • SEOと記事文字数の関係は
  • 文字数を多くしてSEOに強い記事を作成する方法は?
  • 文字数が多くても上位表示されない記事の特徴6つ
  • 文字数とSEOの関係は嘘?文字数が少なくても上位表示されることがある理由は?

このページを読めば、SEOと記事の文字数の関係が詳しくわかり、文字数の多いユーザーにとって有益性のある、Googleより高評価されるコンテンツ作成の一歩に繋がるでしょう。

内容を簡単にまとめると・・・

  • ただ文字数が多いだけでは検索結果に上位表示されない
  • 文字数を多くして、SEOに強い記事を作るにはユーザビリティを考慮する
  • 文字数が少なくても上位表示される場合もある
  • 記事を上位表示させるにはリライトが必要
  • リライトでオススメな無料ツールはsmartASP
  • smartASPはアナリティクスとサーチコンソールを分析し自動で修正すべき記事を抽出
  • 他にも便利な機能が多数存在して全て無料で使える
smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

SEOと記事文字数の関係は?

SEOと記事文字数の関係は?

ペンギンアップデートやパンダアップデートなどのGoogleのアルゴリズムアップデートがある前は、コンテンツの質が悪かったとしても、文字数が多いということだけで質の悪い文字数の多い記事が検索上位を占めていました。

しかし、Googleのアルゴリズムアップデート後は質の悪い記事はGoogleより低評価を受けるようになり、文字数が多かったとしても質が悪かったら検索順位が下がるようになりました。

そのため現在では、SEOに関してただ文字数が多いだけでは、検索順位は上がりません。

文字数の多い質の良いユーザーにとって有益性のあるオリジナリティな内容の記事を書くことで、SEOに大きな影響をもたらしGoogleより高評価を受け、検索順位を上げることができます。

ペンギンアップデート スパムや、低品質なリンクが検索上位に表示されにくくするための、

Googleの検索アルゴリズムのアップデート

パンダアップデート 質の悪い低品質なコンテンツを、検索上位に表示されにくくするための、

Googleの検索アルゴリズムのアップデート

文字数が多い方がSEOに有利?

Googleは、ユーザーにとって利便性のある有益性のあるサイトを高く評価します。

情報が多く組み込まれている記事は、ユーザーが必要としているサイトであると判断されやすいです。

そして、情報量の多い記事を書こうとすると必然的に文字数が多くなるため、文字数の多い記事はGoogleより高評価を受けやすく、SEOにも有利になります。

ただし、情報量が多いと言っても、キーワードを多用しすぎていたり、異なるテーマがたくさん組み込まれた記事はGoogleより逆に低評価を受ける可能性があります。

情報量が多く、Googleの理に沿った文字数の多い記事がかけていれば、SEOにとても有利な記事と言えます。

そのため、文字数とSEOは間接的ではありますがとても関係性が深いです。

では、文字数や情報量が多い以外には、どのような内容のコンテンツを作成すれば良いのでしょうか。

以下の項目では、Googleより高評価を受け検索上位に表示される、SEOに強い記事をかけるのかをご紹介していきます。

SEO対策についてさらに詳しく知りたい方は「SEO対策とは?」をご覧ください。

Googleは情報量の多い記事を評価する

Googleはユーザーのニーズを全て網羅している、情報量の多い記事を高く評価してくれます。

しかし、情報量が多いと言ってもデタラメな情報を並べただけや、根拠のない情報をたくさん記述しているコンテンツではダメです。

キーワードから、ユーザーが他にも知りたいと持っているであろう関連するキーワードを調査し、それに沿った関連するキーワードなどの確かな情報を組み込みましょう。

また、「SEO対策をしたいけれど、難しくてなかなかできない」なんて思っている方も多いと思います。

そんな方にオススメな無料ツールがsmartASPです。

smartASPは自動でサイト分析をし、修正すべき記事を抽出してくれるだけでなく、SEOで最重要と言っても過言ではない内部リンクを可視化できます。

また、競合サイトの内部リンクを可視化できるのは日本で唯一smartASPだけです。

さらに全ての機能が無料で、損をすることもないためまだ登録していない方は今のうちに登録しておきましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

文字数を多くしてSEOに強い記事を作成する方法は?

文字数を多くしてSEOに強い記事を作成する方法は?

文字数がただ多いだけでは、SEOに強い記事とはなりません。

では、文字数が多くてどのような記事を執筆すればいいのかをご紹介します。

検索意図を絞る

検索意図とは、ユーザーがなぜそのキーワードで検索したのか、そのキーワードからどのような情報を必要としているのかということを意味しています。

そのため、検索したキーワード以外の情報が多く記載されている記事の場合、ユーザーは自分には必要のない記事だと判断してしまう可能性があります。

ユーザーの検索意図に沿った記事を書くためにも、1記事1キーワードに絞って記事を執筆しましょう。

キーワードを絞ることで、ユーザーの検索意図に沿った記事になるためです。

Googleからも、ユーザーの必要としている情報が的確に書かれた記事であると評価してもらえます。

そのため、検索上位に表示されることが期待できます。

詳しくは「SEOライティングとは?」の記事を参照してください。

競合サイトを分析し平均文字数を調査する

適切な文字数は、狙うキーワードによって大きく変わってきます

例えば「〇〇ショッピングモール 住所」というキーワードを狙った記事を書くとします。

ユーザーは、そのショッピングモールの住所が知りたくて、検索しますね。

そのため、コンテンツには〇〇ショッピングモールの住所がわかる簡単な情報のみを組み込めばよく、10000文字以上など、たくさんの文字数を書く必要はありません。

狙いたいキーワードの競合サイトを分析して、検索上位に表示されているサイトはどのくらいの文字数なのかを分析し、そのキーワードの平均文字数を調査してから記事を書くようにしましょう。

必要な情報を全て網羅する

ユーザーにとって有益な記事を書くためには、1ページで全ての情報が網羅された記事にする必要があります。

そのページだけを見れば、ユーザーにとって必要な情報が全て記載されているため、ユーザーは他のページを見に行く必要はありません。

ユーザーよりこのページは有益であると判断してもらえると、なんども閲覧してもらえる可能性があるためGoogleより高評価を受けて、検索上位に表示される可能性があります。

必要な情報を網羅するには「smartChecker」という無料ツールを使うと便利です。

例えば、「SEO対策 やり方」の記事を書きたいとします。

その場合まず、「SEO対策 やり方」と検索しますよね。

その際にsmartCheckerという拡張機能があれば、以下のように検索画面に表示されます。

smartchecker検索結果

一回クリックすると、このようになります。

smartchecker使い方1

「見出し概要」と「見出し一覧(表示順)」をクリックすると、以下のようになります。

smartchecker使い方2

つまり、smartCheckerでは上位記事のタイトルと見出しを、記事をいちいちクリックして開くことなく、検索画面から見ることができるので、記事の内容を考えるのに非常に役立ちます。

そして、この見出しの情報を調査すれば、キーワードを検索したユーザーがどのような情報を求めているのかを調査することができます。

使い方に関しては、「smartChecker」のノートをご覧ください。

smartCheckersmartASPという無料のツールに登録すると使えるようになる拡張機能なので、いますぐに登録をして作業の効率化を測りましょう。

また、smartASPは客観的な数字を元に修正すべき記事を抽出してくれる、などの機能もあるため、SEO知識に自信がないという人でも本格的なSEO対策が可能です。

さらに、競合分析も効率化してくれるため、非常に便利です。

無料なので、万が一使わなかったとしても損をすることはないので、まだ使っていない人は1度使ってみることをおすすめします。

smartASPに関する詳しい使い方は「smartASP 使い方ガイド」のノートをご覧ください。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

文字数は上位記事を参考にする

狙いたいキーワードで上位を撮りたい場合、文字数はそのキーワードで検索順位が1位になっている記事を参考にしましょう。

その記事よりも情報量が多く文字数も多い記事にするといいです。

検索順位で1位にきている記事よりも情報量を多くすることで、必然的に検索上位を狙えるようになる可能性があります。

ここで、記事の文字数をカウントする際に便利な拡張機能をご紹介します。

Google Chromeの「かんたん文字数カウント」という拡張機能です。

文字数を確認したい文章を、選択して右クリックで「選択したテキストの文字数をカウント」というボタンを押せば、文字数をかんたんにカウントしてくれます。

わざわざ、文字数をカウントしてくれるサイトを使用する必要がないためとても便利です。

関連キーワードを盛り込む

関連キーワードとは、ユーザーの検索や関連サイトなどの情報を元に、特定のキーワードを連想させる複合語をさします。

主に、検索エンジンの一番下に一覧で表示されています。サジェストキーワードや共起語と混同させることがありますが、意味が違いますのでご注意ください。

サジェストキーワードは、検索欄にキーワードを入力すると候補として出てくるキーワードをさします。

共起語は、特定のキーワードとともに頻繁に使用される語句をさします。

関連キーワードをなぜ多く盛り込んだほうがいいのかというと、狙っているキーワードのみにかかわらず、関連キーワードでも検索上位を狙える可能性があるためです。

しかし、狙っているキーワードとは全く関係のないキーワードを多く盛り込んでも、逆効果になりますのでご注意ください。

関連キーワードは、検索エンジンの一番下で探すだけではなく、「関連キーワード取得ツール(仮名・β版)」というサイトでも調べることができます。

このツールでは、検索キーワードに入力し、取得開始ボタンを押せば、関連キーワードを取得することができます。

関連キーワードのみでなく、「教えて!Goo」「Yahoo!知恵袋」のユーザーの悩みも表示してくれるので大変便利な機能です。

画像の挿入や装飾を行う

長い文章の羅列だけでは、ユーザーが記事を読んでいて飽きてしまう可能性があり、最後まで記事を読んでくれない場合があります。

ユーザーを飽きさせないためにも、文章内に画像を挿入したり、文字に装飾に装飾をつけましょう。

大切な部分は、太字やカラーを変えるなど工夫を施すことで、ユーザーが記事を読みやすくなり内容も伝わりやすくなります。

このサイトは、大切な部分がわかりやすく画像も使用させれていて読みやすいとユーザーより評価されれば、リピータにつながる可能性もありますね。

WordPressで記事を書く場合には、様々なテーマがありますので訪れたユーザーに目で楽しんでもらえるように、おしゃれなテーマを選択するのももいいです。

また、文字を簡単に装飾するプラグインもたくさん存在ていますので、便利な機能を賢く使用しながら記事を装飾してください。

キーワードを盛り込みすぎない

良質な記事を書いていたとしても、キーワードを詰め込みすぎているとGoogleの評価基準にそぐわないため、検索上位に表示されません。

キーワードを詰め込みすぎている場合、Googleが記事の内容を判別する際に「この記事は、なんの内容かわからない」と判断されてしまう可能性があります。

キーワードは1ページに1つを心がけましょう。

狙いたいキーワードは、記事のタイトルや見出しに用いることで、Googleにもキーワードが伝わりやすく、ユーザーにもわかりやすくなるため高く評価されるようになります。

記事作成サービスを利用する

ウェブサイトの運営を始めたては難しいかもしれませんが、慣れてきたら記事作成サービスを利用するのも1つの手かもしれません。

ここでは3つの記事作成サービスを特徴とともに紹介します。

サグーワークス

価格 1文字0.75円〜4.5円
納期 ディレクターが管理しているため厳守
納品形式 サグーワークスが納品
支払い方法 サグーワークスに一括支払い
主に指示出しをする人 サグーワークスのディレクターが全て代行

サグーワークスの特徴はディレクターが記事の管理を一括で行ってくれるため、自分たちでライターと取引をしなくても良い、という点が挙げられます。

価格は、多少高くついてはしまうものの、ディレクターは記事の発注からライターとのやりとり、コピペチェック、校正まで全て行ってくれるため、「質の高い記事が欲しい」と思っている方にはぴったりでしょう。

 

サグーワークスの公式サイトはこちら

\SEOに強い記事を作るなら/

ココナラ

価格 幅広く対応可能
納期 クラウドソーシングのため遅れることもしばしば
納品形式 ライターから直接納品
支払い方法 ライターごとに個別に支払い
主に指示出しをする人 自分

ココナラはクラウドソーシングサイトで、記事作成サービスに特化したサイトではありませんが、ライターを探すことはもちろん可能です。

ライターとのやりとりなど、自分でやらなくてはならないことが多いですが、安く依頼したいならココナラで間違い無いでしょう。

ココナラの公式サイトはこちら

\安価にすませるなら/

 

文字数が多くても上位表示されない記事の特徴5つ

文字数が多くても上位表示されない記事の特徴5つ

文字数が多くても、検索上位に表示されない記事の特徴を詳しくご紹介していきます。

文字数が多いのに、なかなか検索上位に表示されない記事があるという人は、以下の6つの項目に当てはまっている可能性がありますので、ご注意ください。

コンテンツの中身がない

同じ内容を繰り返しているだけや、冗長な文章の記事は文字数が多くても、検索上位に表示されません。

Googleはユーザーにとって価値のかる記事かそうでないかを判断しているため、同じ内容が繰り返させている記事は、ユーザーにとって価値のある記事とは判断されにくいです。

また、冗長な文章はユーザーに読みにくさを与えてしまう可能性があります。

この冗長な文章は、文字数を稼ぐために気づかないうちに多くの人がしてしまっている文章の書き方です。

1行に同じ単語を何度も使用するや、必要のない言い回しを多用している文章は、できるだけ控えましょう。

無駄な文章は全てカットするのをおすすめします。

できるだけスリムな文章を心がけることで、読みやすくなりユーザーにとって価値のある文章に繋がります。

他サイトのコンテンツをそのままコピペ・少しリライトしただけ

Googleはオリジナリティのあるサイトを作ることを推奨しており、たくさんのサイトを検証して検索結果に表示するようにしています。

もしコピペした記事や少しリライトしただけの記事を上位表示してしまうと、ユーザーが同じようなサイトしか見れなくなってしまいます。

そうすると、ユーザーはGoogleでたくさんの情報を手に入れにくくなりGoogleを使う人が減ってしまいます。

そのため、他のサイトからコピーした文章を使用していたり、似通った文章を使用していると、Googleの検索順位が上がらないのです。

また、Googleよりペナルティを受けて、検索順位が低下してしまう恐れもあるでしょう。

では、コピーしたコンテンツを作らないためにどうしたらいいのかというと、「無料コピペチェックツール【CopyContentDetector】」というサイトを使用するのをオススメします。

無料で、25文字から4000文字のコピーチェックを行えます。有料プランは8000文字までチェックできます。

チェックを行いたい文章を、調査対象テキストに入力して登録ボタンをクリックします。

すると、「類似判定」「一致率判定」「テキスト判定」の3種類の判定を行ってくれます。

判定率が高い場合は、コピーコンテンツとしてGoogleに判定される可能性が高いため、コンテンツの書き直しを行うことをおすすめします。

画像や動画に大切な情報が掲載されている

現在では、AIなどが発達しており画像を読み取る技術も発展してきています。

Googleでも、AIの技術は発展してきていますが、まだ検索結果に画像や動画を読み取って検索順位に反映させる技術は搭載されていません。

そのため、画像に文字を記載していたり、動画で内容を伝えていたとしてもそれは検索結果には一切反映されません

画像や動画に記事の大切な情報を組み込みすぎていると、Googleより質の低いコンテンツとして認識され検索順位が低下してしまう可能性があります。

画像や動画を使用するのは、ユーザーに読みやすく飽きさせない記事を書くのにはいいです。

ですが、画像や動画を使用する際は、補足で文章を付け加えるなど工夫が必要となるでしょう。

1記事内で複数のテーマが書かれている

SEOを考えたサイトを作成する場合、通常は1サイトにつき1つのテーマに絞る必要があります。

全く関係のないテーマを複数扱っている場合、ユーザーは自分の必要としている以外の情報が掲載されていると、自分には必要のない情報ばかりのサイトだと判断されてしまう可能性があります。

そのため、リピータも見込めませんね。

これは、1記事内でも言えることです。

1記事内に複数の異なるテーマが分散されていた場合、ユーザーは自分に必要のない情報は求めていませんので、記事が読まれないかもしれません。

また、1つのテーマに特化していない記事は、ユーザーからの信頼性を得ることも難しいです。

様々な情報を、1記事内に盛り込みたい場合は、キーワードに関連性のあるものを扱って記事を書きましょう。

自分の書きたいことだけを書いた記事

ユーザーの必要としている情報を記事にするのではなく、自分の書きたいように書いた記事は文字数が多くても上位表示されません。

例えば、日記などが当てはまります。

芸能人などの日記は、ユーザーへの需要はありますが、よっぽど有名でない限りは日記など自身の書きたいように書いた記事はGoogleから評価されません。

また、Googleから記事を評価されるにはリライトの作業も重要になってきます。

しかし、リライトの記事を厳選するのもなかなか難しいと思っている方も多いと思います。

そんな方におすすめなのが無料のSEO対策ツールであるsmartASPです。

smartASPは客観的な数字を元に修正すべき記事を抽出してくれるため、SEO知識に自信がないという人でも本格的なSEO対策が可能です。

また、競合分析も効率化してくれるため、非常に便利です。

無料なので、万が一使わなかったとしても損をすることはないので、まだ使っていない人は1度使ってみることをおすすめします。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

文字数とSEOの関係は嘘?文字数が少なくても上位表示されることがある理由は?

文字数とSEOの関係は嘘?文字数が少なくても上位表示されることがある理由は?

Googleのジョン・ミューラー氏が、記事の文字数について以下のように発言しています。

From our point of view, we don’t have an algorithm that counts the words on your page and says “Oh, everything until 100 words is bad. Everything between 100 and 500 is fine, and over 500 needs to have five pictures.”

We don’t look at it like that. We try to look at the pages overall and make sure that this is really a compelling and relevant search results to users. And if that’s the case then that’s perfectly fine if that’s long or short or lots of images or not. That’s essentially up to you.

https://youtu.be/MYkPRo8T44M

これを翻訳すると

「Googleは、100文字以下のページはダメで、100文字から500文字もしくは、500文字以上だと画像を5枚以上使用するのが良いとされる、アルゴリズムは作っていません。

全体的なページを見て、ユーザーにとって非常に魅力的で関連性の高い検索結果であれば、その場合は長い・短い・画像が多いは関係ありません。あなた次第です。」

と上記のように回答しています。

ユーザーにとって魅力的なコンテンツであれば、文章が長い、短いという問題はないということです。

そのため、文字数が短くても検索上位に表示される場合があります。

では、具体的にどのようなコンテンツが文字数が少なくても検索上位に表示されているのかをご紹介していきます。

検索意図がはっきりしすぎている

ユーザーが検索するキーワードの、検索意図通りの内容の記事は文字数が少なくても検索上位に表示されやすいです。

例えばユーザーが「〇〇病院 住所」というキーワードで検索したとします。

ユーザーは、〇〇病院の住所を知りたくて情報を求めています。

そのため、文字数が少なかったとしても〇〇病院の住所が記載されている記事であればなんでもいいわけです。

ユーザーの検索意図にぴったりあった記事であれば文字数の多さは関係ありません。

影響力のある企業や人が記事を書いている

公式サイトや、芸能人・有名人など影響力のある企業や人が書いた記事は文字数が少なくても検索上位に表示されます。

GoogleはAIで情報の正確性を判断できない(これはGoogleが公式に発言しています。)ので、信頼できるサイトや著者のページを検索上位に表示させやすくしているのです。

また、公式サイトなどは確かな情報が書かれている可能性が高いことから、ユーザーからの信頼を得ることができるため、多くのユーザーが流入しやすいです。

今すぐ必要な情報が簡潔に書かれている記事

ユーザーが今すぐに必要としている情報が簡潔に書かれている記事は、文字数が少なくても上位表示されます。

例えば、天気予報のサイトなどが当てはまります。

ユーザーはその日の天気を知りたいだけのため、それ以外の多くの情報は必要としませんよね。

そのため、文字数が多くなくても上位表示されるのです。

今すぐ必要な情報が簡潔に書かれている記事というのは、信頼性のあるサイトでないと上位表示を狙うのが難しいため、一般的には企業などが運営しているサイトが該当します。

競合がいないキーワードで記事を書いている

競合がいないキーワードで記事を海底いる場合、文字数が少なくても上位表示さえる場合があります。

他にそのキーワードの情報を扱っている記事がないため、ユーザーは情報が少なくてもその記事を閲覧するしかありません。

そうすると、Googleよりユーザーの必要としている記事が書けているという評価を受け文字数が少なくても上位表示されます。

競合の少ないキーワードを探すためには、以下の点に注目するのがポイントです。

  • 狙っているキーワードをタイトルに含んでいるサイトがない
  • 狙っているキーワードを使用した影響力のあるサイトが少ない

狙いたいキーワードを検索エンジンで調査してみて、競合の少ないキーワードを探してみてください。

被リンクを多く獲得している

被リンクとは、外部リンクから自分のサイトへ繋がっているリンクをさします。

被リンクはSEOにとってとても重要性が高く、良質なコンテンツからの被リンクが多いほど、Googleから高評価を受けやすくなります

そのため、良質なコンテンツからの被リンクを多く獲得している場合、文字数が少なくても検索上位に表示されます。

しかし、逆に質の低いコンテンツからの被リンクはGoogleからの評価が下がってしまいますのでご注意ください。

では、被リンクを調べるにはどうしたりいのかというと「hanasakigani」というサイトを活用しましょう。

マイサイトのURLを入力して、チェックするボタンをクリックすれば、被リンク数と被リンク元のタイトルとURLが一覧で表示されます。簡単に被リンクを調べられますので活用してみてください。

また、被リンク同じくらいSEOで重要なのが内部リンクです。

具体的には、順位をあげたい記事に内部リンクを集めると非常に有効です。

ちなみに、具体的に内部リンクをどう当てるべきか知りたいという人は、実物を見ながら勉強するのが一番です。

つまり、カテゴリー分けと内部リンクを分析する必要があり、一番おすすめの分析方法は無料ツールであるsmartASPの内部リンク可視化ツールを使うことです。

smartASPの内部リンク可視化ツールを使えば以下のように、参考になるサイトがどのように内部リンクを張っているのか一発でわかります。

内部リンク可視化ツール

他にも作業効率化機能や強力なSEO機能があるにも関わらず、全ての機能が無料なのです。

万が一使わなくても損はないので、smartASPを使うかどうかわからないという方でも、とりあえず登録しておきましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

まとめ:SEOと記事文字数の関係は

まとめ:SEOと記事文字数の関係は

SEOと記事文字数の関係について解説しましたが、いかがだったでしょうか。

このページの要点は以下になります。

  • SEOと文字数の関係は、ユーザーが必要としている情報を全て網羅した良質な記事を書くことで、大きく影響し関係している
  • SEOに強い記事作成には、主に「競合サイトを分析し平均文字数を調査する」ことが大切
  • 上位表示されない記事は、「1記事内で複数のテーマ」を扱っていたり、ユーザビリティを考えていない記事
  • 文字数が少なくても上位表示されるページは、「今すぐ必要な情報が簡潔に掲載」されているなど、ユーザビリティに優れた記事

SEOに効果のある、良質なコンテンツをするためには、ただ文字数が多いだけではダメだということを理解してもらえたのではないでしょうか。

文字数が多く、ユーザーが求めている全ての情報を網羅できた良質なコンテンツを作成して、Googleより高評価を受け検索上位を獲得してください。

また、本格的なSEO対策をしたい方はサイト分析・競合分析などを効率化できる無料ツールsmartASPを活用するのがおすすめです。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

コメントを残す