meta description(メタディスクリプション)とは?SEOとの関係は?

meta descriptionとは?SEOとの関係は?

「meta descriptionって何?」や「設定した方がいいの?」と思っている方は多いと思います。

実は、検索結果への影響が少なくなったため、重要視していない人も増えているmede descriptionですが、設定すると良い効果があります。

このページでは日本最大のWEBメディアであるWeb Reachの編集部がmeta descriptionについて以下のことを解説します。

  • meta descriptionとは何か
  • 設定した方が良い理由
  • 設定する際の文字数や内容

最後までお読みいたでければ、meta descriptionの利点を知り、効果的な設定のコツをつかむことができます。

内容を簡単にまとめると・・・

  • meta descriptionとはコンテンツの内容を100文字程度で表したもの
  • meta descriptionをキーワードを入れて作成するとクリック率が上がる可能性が
  • 設定する際は、前半50文字に重要な要素をまとめる
  • 他にもSEO対策をするならsmartASPがおすすめ
  • smartASPは客観的な数字を元に修正すべき記事を抽出してくれる
  • SEO知識に自信がないという人でも本格的なSEO対策が可能
  • また、競合分析も効率化してくれるため、非常に便利
  • 無料なのでまだ使っていない人は1度使ってみましょう
smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

meta description(メタディスクリプション)とは?

meta descriptionとは?

meta description(メタディスクリプション)は、コンテンツの概要を100文字程度で表したもので、HTMLに記述するものです。

設定しておくと、検索結果に表示される説明文の内容が、設定した文章になるのです。

meta descriptionを設定していない場合は、検索エンジンが生成した文章を表示してくれるのですが、内容はコンテンツなどをもとに自動で作られるため、本来の目的とは違った内容だったり、不自然に感じる文章だったりということも多々あります。

そのため、できる限り設定しておく方がユーザーに届きやすくなります。

また、ほかにもSEO対策をしたいなら無料ツールのsmartASPがおすすめです。

smartASPを使えば初心者でも簡単にSEO対策を行うことが可能です。

具体的にはリライトすべき記事の選別作業や内部リンクを可視化することができる機能などです。

これらは、SEO対策を行う上でとても重要な要素なのでウェブサイト運営者には必須です。

無料なので今すぐダウンロードしましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

meta descriptionはSEO対策に必要?

meta descriptionはSEO対策に必要?

mete description(メタディスクリプション)は現在、検索順位には影響を与えなくなったために、前に比べれば重要視されなくなっています。

しかし、検索結果の中で、ユーザーが検索したワードが含まれている場合は、太字でハイライトされて表示されるため、ユーザーが求めているサイトである可能性の高さをアピールすることができます。

これによって、ユーザーのクリック率に影響を与える要素の一つであることは変わりません。

meta descriptionを設定する効果の可能性
  • ユーザーのクリック率が上がる
  • 興味を持ってアクセスするユーザーが増える
  • サイトを閲覧する時間が長くなる
  • Googleでは検索結果のランキングでシグナルとして使用される

適切なmeta discription(メタディスクリプション)を記入することは、SEO内部対策の一つです。

もし他の内部対策について知りたいという人がいれば、SEO内部対策について解説を読んでみてください!

また、本格的なSEO対策をしたいという方にはsmartASPという無料のツールがおすすめです。

smartASPはウェブサイト運営者のために開発された無料ツールです。

smartASPを用いればウェブサイト運営は今より更に効率化されることでしょう。

なぜなら、smartASPは客観的な数字を元に修正すべき記事を抽出してくれるため、SEO知識に自信がないという人でも本格的なSEO対策が可能だからです。

また、競合分析も効率化してくれるため、非常に便利です。

無料なのでまだ使っていない人は1度使ってみましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

meta description設定のコツ

meta description設定のコツ

meta description(メタディスクリプション)を設定する上で、重要になってくるポイントは、「ユーザーに伝えるために」することになります。

検索の上位を目指すことにポイントをおいてしまうと、対策ワードを盛り込みすぎたユーザーに魅力のない文章が表示される結果になってしまう可能性が高くなりますよね。

先にも書きましたが、設定することで検索順位に大きくかかわるということが少なくなってきている現在では、これを設定することによって、ユーザーの目に留まりやすく、興味を持ってサイトを利用してくれるようにすることです。

その結果として最終的に検索順位も上がっていくという関係性を意識し、優先する部分を間違えないようにする必要があるのです。

文字数の目安

実際に表示される文字の数は、PCとモバイルなど、端末の検索結果によって異なります。

  • PCの場合      :120文字程度
  • モバイルの場合 :50文字程度

現在Googleで採用している文字数ですが、この文字数は頻繁に増減しているため、今後も実際の文字数が増えたり、減ったりする可能性はあります。

しかし、上記の文字数で表示されることが多いですので、設定する際はこの文字数を目安として文章を作成すると良いでしょう。

内容

PCとモバイルでは、表示の文字数が大きく違いますが、どちらの端末で検索した場合でも肝心の情報がユーザーに届くように、文章を決めるのがポイントです。

モバイルで表示される最初の50文字に、重要な概要を入力しましょう。

それ以降の部分はPCでしか表示されませんが、重要な部分の補足となる内容を入力しておくと、無駄なく情報を伝えることができます。

また、サイトのページそれぞれで伝えたいことが違う場合も多いものですので、設定はページごとに行うことが望ましいです。

ページの内容と無関係なものにならないように注意し、ユーザーがクリックしたくなるような、魅力的な内容を盛り込めるように意識・工夫をしましょう。

ここまでmeta discription対策について解説してきましたが、SEO対策全般について知りたいという人は、SEO対策とは?基本と具体的な方法について解説を読んでみてください!

まとめ:meta descriptionとは

まとめ:meta descriptionとは

meta description(メタディスクリプション)について解説しましたが、内容と設定の必要性を理解いただけたでしょうか?

解説した内容をまとめると以下のようになります。

  • meta descriptionは検索結果と共に表示される100文字程度の説明文のこと
  • 設定しておくことによって、ユーザーにページの内容が伝わりやすくなる
  • ユーザーが興味を持ちやすく、クリック率などが上がる可能性がある
  • 設定する際は、前半50文字に重要な要素をまとめる

検索順位に直接影響を与えないとは言っても、サイトの目的を達成する手助けになる可能性が高いものです。

100文字程度に要素を詰めるのは大変かもしれませんが、設定してクリック率の向上や目的達成のための手段にしましょう。

また、本格的なSEO対策をしたい方はサイト分析・競合分析などを効率化できる無料ツールcを活用するのがおすすめです。

無料なので、今すぐ登録しましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

コメントを残す


CAPTCHA