ロングテールキーワードとは?SEO対策での使い方も解説

ロングテールキーワードとは?SEO対策での使い方も解説

「ロングテールキーワドはどんなキーワード?」や「どうやってSEOに使うの?」など、ロングテールキーワードで検索上位を狙う方法が気になりますよね。

ロングテールキーワードは、競合が少ないためうまく戦略を立てれば、上位検索を狙えるチャンスがあります。

このページでは、日本最大級のWebメディアであるWeb Reach編集部メンバーの筆者が、ロングテールキーワードで上位検索を狙う方法や、SEO対策を詳しく説明し、以下のことを解説します。

  • ロングテールキーワードとは
  • ロングテールSEOとは
  • ロングテールキーワードのメリット・デメリット
  • ロングテールキーワードの探し方

このページを読めば、上位検索を狙えるロングテールキーワードのキーワード選定方法が理解でき、収益アップに役立つでしょう。

内容を簡単にまとめると・・・

  • ロングテールキーワードとは複数の単語を掛け合わせて検索されるキーワード
  • ロングテールSEOとは複数キーワードと、それに関連キーワード全てをヒットさせて、幅広くユーザーを獲得するためのもの
  • ロングテールキーワードのメリットは競合が少なく狙いやすいこと
  • ロングテールキーワードのデメリットは短期的な成功が見込めないこと
  • ロングテールキーワードよりも簡単にSEO対策をするならsmartASP
  • smartASPは自動でサイト分析をし、修正すべき記事を抽出してくれる
  • SEOで最重要と言っても過言ではない内部リンクを可視化
  • さらに全ての機能が無料で、損をすることもないため、まだ登録していない方は今のうちに登録
smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

ロングテールキーワードとは

ロングテールキワードとは、3~4語以上の複数の単語を掛け合わせて検索されるキーワードを指します。

例えば、以下のよう複数キーワードを使用したのものがロングテールキーワードに当てはまるでしょう。

「ロングテールキーワード SEO おすすめ 本」

ロングテールキーワードは検索ボリュームが少なく、競合が少ないです。目的を絞ったユーザーがキーワードを検索するため、的確にそのキーワードを狙った詳しいコンテンツを作成できれば、コンバージョン(CV)数に繋がりやすいのもロングテールキーワードの特徴。

ビッグキーワード・ミドルキーワードとの違いについて

ロングテールキーワードの他にも、「ビックキーワード」「ミドルキーワード」というキーワードが存在します。ロングテールキーワードを踏まえながら、それぞれの違いを説明していきましょう。

【ビックキーワード】
ビックキーワードとは、検索数が多い単体のキーワードを指します。ビックキーワードは上位表示を狙えれば、多くの流入を得られるでしょう。

Googleキーワードプランナーで、月に1万回以上検索されるキーワードがビックキーワードに該当します。

競合の少ないロングテールキーワードとは違い、ビックキーワードは競合が多いため、検索上位を狙うのためには長期的な戦略と難易度の高いSEO知識が必要です。

また、単体のキーワードだけではターゲットが広すぎて狙いにくいため、他のキーワードと合わせて対策される場合もあります。
※Googleキーワードプランナーに関しては、ロングテールキーワードの探し方にてご説明しています。

【ミドルキーワード】
ミドルキーワードとは、ビックキーワードとロングテールキーワードの丁度真ん中のキーワードに当てはまります。2つの単語を掛け合わせたキーワードです

ビックキーワードほどの検索数や競合は少なく、ロングテールキーワードよりも検索数や競合は多いことから、ミドルキーワードは比較的中小サイトでも、上位表示を狙いやすい人気のキーワード。

Googleキーワードプランナーで、月に月間1千回〜1万回ほど検索されるキーワードがミドルキーワードに該当します。

Googleのツールはキーワードプランナーだけでなくアドセンスやアナリティクスなど様々なものが存在します。

しかし、それらすべてを正確に活用するのは至難の技です。

そこで、おすすめなのがsmartASPです。

GoogleアナリティクスとGoogleコンソールを分析して自動で修正すべき記事を抽出してくれます。

また、競合分析も効率化してくれるため、非常に便利です。

無料なので、万が一使わなかったとしても損をすることはないので、まだ使っていない人は1度使ってみることをおすすめします。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

ロングテールSEOとは

ロングテールキーワードはSEO対策にも使用され、「ロングテールSEO」と言われています。

複数キーワードと、それに関連キーワード全てをヒットさせて、幅広くユーザーを獲得するためのものが「ロングテールSEO」。

ビックキーワードのような特定のキーワードだけで上位表示を狙うのではなく、ロングテールキーワドの3~4語以上の複数単語のキワードで上位表示を狙っていきます。

ロングテールSEOの詳細はロングテールSEOとは?の記事で解説していますので、合わせて読んでみてください。

SEO対策全般について知りたいという人は、SEO対策とは?をご覧ください。

ロングテールキーワードのメリット

では、ロングテールキーワードを取り入れるメリットについてご紹介します。

競合が少ないため検索順位が上がりやすい

ビックキーワードの単体キーワードの場合、検索ボリュームが多いため、競合も多く検索上位を狙うのは容易ではありません。

しかし、ロングテールキーワードは複数単語を組み合わせたキーワードのため、競合もビックキーワードより随分少なくうまく戦略を立てれば、検索上位を狙いやすいです。

特定のユーザーを狙いやすい

ロングテールキーワードは複数単語を組み合わせるため、キーワードの検索ボリュームが非常に少ないです。そのため、目的を持ってキーワードを検索したユーザーの目に留まります。

ロングテールキーワードはキーワードだけで検索したユーザーの意図を汲み取りやすいため、ユーザーがどのような情報を求めているのかを把握しやすいです。うまくコンテンツを作成できれば、特定のユーザーを狙いやすいでしょう。

コンバージョン(CV)につながる可能性が高い

ロングテールキーワードは購買意欲の高いユーザーがコンテンツに訪れやすいため、コンバージョン(CV)に繋がる可能性が非常に高いです。

例えば、ユーザーが「ロングテールキーワード SEO おすすめ 本」と検索したとします。そのユーザーは、ロングテールキーワードを用いたSEOのおすすめの本を探しているというのがわかりますね。

キーワードに関連した詳細で具体的なコンテンツを作成できていれば、コンバージョン(CV)数がアップするでしょう。

ロングテールキーワードのデメリット

ロングテールキーワードのメリットをご説明しました。それでは、逆にロングテールキーワードのデメリットに関してご説明していきます。

特定のユーザーにしか検索されない

メリットにて、特定のユーザーを狙いやすいとご説明しました。しかし、それは裏を返すと特定のユーザーしか狙えないということですね。

ロングテールキーワードは複数単語を掛け合わせたキーワードのため、ビックキーワードのように幅広いユーザーに検索される可能性は極めて低いです。

キーワードの管理が大変

ロングテールキーワードは、ビックキーワードのように上位検索を狙えたからといって、多くの流入を得られる訳ではないです。

ロングテールキーワードで上位表示されたとしても、特定のユーザーからのコンバージョン(CV)しか得られません。

数少ない特定のユーザーからの流入を継続して得るためにも、常に新しい情報・詳細なコンテンツであるように、様々なロングテールキーワードで検索上位を狙っていく必要があります。

ロングテールキーワードの数が増えるにつれて、全ての検索順位の管理や、記事ごとのリンククリック率・コンバージョン率(CV)をあげるにはかなりの労力が必要となります。

短期的な成功は見込めない

きちんと戦略を立てればロングテールキーワードで上位検索を狙うのは不可能ではありません。しかし、特定のユーザーからの流入を得れたとしても、ビックキーワードほどのコンバージョン(CV)数や流入は、一つのロングテールキーワドでは得られません。

複数のロングテールキーワードをヒットさせて、コンテンツを長期的に育てていく必要があるため、短期的な成功を見込むのは難しいと言えます。

また、検索結果で上位を獲得するためにはリライト作業が欠かせません。

しかし、どの記事をリライトすれば良いのかわからない方も多いと思います。

そこでおすすめしたいのがsmartASPです。

smartASPを使えば、GoogleアナリティクスとGoogleコンソールを分析して自動で修正すべき記事を抽出してくれます。

他にも便利な機能が多数存在しているのですが、全て無料で使えるので、とりあえず自分に合っているか試してみるのがおすすめです。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

ロングテールキーワードの探し方

ロングテールキーワードの探し方についてご説明します。

Googleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナーは、Google広告の無料ツールです。GoogleキーワードプランナーはGoogle広告にて、広告配信を行なっている配信者に対して、情報収集の効率化を向上させるために提供しています。

狙いたいキーワードの検索ボリュームや、その関連キーワードをすぐに調査できます。

キーワード難易度チェックツール

SEOパックのキーワード難易度チェックツールは、キーワードを入力すると難易度・月間検索予想・月間アクセスと関連するキーワードを表示してくれます。

SEOパックのキーワード難易度チェックツールは、SEO対策の基礎を固めるのには適したツールです。

また、どのキーワードを狙っていくのか困った際には、キーワード無料相談窓口というサービスも設けられています。

他の便利なSEO対策ツールについては以下の記事で詳しく解説していますので気になった方は読んでみてください。

【2019年最新】無料/有料SEO分析チェックツールおすすめ60選を紹介

intitle,allintitleを使う

intitleとallintitlは、検索の際に検索したいキーワードの前に打ち込む特殊コマンドです。

  • intitle・・・検索したキーワードが1つでも記事タイトルに含まれている
  • allintitle・・検索したキーワードが全て記事タイトルに含まれている

以下のように検索欄に打ち込みます。

intitle:ロングテールキーワード SEO おすすめ 本

allintitle:ロングテールキーワード SEO おすすめ 本

ロングテールキーワードの見つけ方ですが、検索した複合キーワードが5(intitle)対1(allintitle)以下のキーワードを狙いましょう。それほどライバルが多くないため、そのロングテールキーワードを用いて記事を執筆すれば、上位表示を狙える確率は非常に高いと言えます。

intitleとallintitlをうまく活用すれば、まだヒットしていない隠れたキーワードを発見できますね。

まとめ:ロングテールキーワードとは

まとめ:ロングテールキーワードとは

ロングテールキーワードについて解説しましたが、いかがだったでしょうか。

このページの要点は以下になります。

  • ロングテールキーワードとは、3~4語以上の複数の単語を掛け合わせて検索されるキーワードを指します。例えば、「ロングテールキーワード SEO おすすめ 本」のようなキーワードです。
  • ロングテールSEOとは、複数キーワードと、それに関連するキーワード全てをヒットさせて、幅広くユーザーを獲得するためのSEOを指します。
  • ロングテールキーワードのメリットは「競合が少ないため検索順位が上がりやすい」「特定のユーザーを狙いやすい」「コンバージョン(CV)につながる可能性が高い」。デメリットは「特定のユーザーにしか検索されない」「ホームページを頻繁にメンテナンスする必要がある」「短期的な成功は見込めない」です。
  • ロングテールキーワードを探す際には、「Googleキーワードプランナー」「キーワード難易度チェックツール」「intitle」「allintitle」を活用しましょう。

ロングテールキーワードは特定のユーザーしか狙えないため、上位表示されたとしても短期的な成功を見込めません。

しかし、競合が少ないためうまくロングテールキーワードを探しだし戦略を立てれたら、複数のキーワードで継続して上位検索を狙える可能性が高いです。

ロングテールキーワードをうまく活用して、SEO効果を高めてください。

また、本格的なSEO対策をしたい方はサイト分析・競合分析などを効率化できるsmartASPを活用するのがおすすめです。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

コメントを残す