リンク切れとは?SEOに悪影響が出る? 発見と対策方法まとめ

リンク切れとは?SEOに悪影響が出る? 発見と対策方法まとめ

「リンクが切れるってどういうこと?」「SEOに悪影響が出るの?」などと思っている方も多いと思います。

実は、Webサイトでは様々な原因から、リンクが切れて掲載されてるリンクにアクセスできなくなることがあるのです。

今回はそんな「リンク切れ」の発見方法から、見つけた後の対処法まで、日本最大級のWEBメディアであるWeb Reachの編集部が徹底解説していきます。

このページでは、リンク切れについて以下のことを解説します。

  • リンク切れとは?
  • リンク切れとSEOの関係
  • リンク切れの発見方法
  • リンク切れの対処方法

このページを読めば、リンク切れについての理解がかなり深まり、より良いSEO施策が打てるようになるでしょう。

内容を簡単にまとめると・・・

  • リンク切れとはリンクを踏んだのにもかかわらず、エラー画面が表示されてしまう状態
  • リンク切れを放置しているとSEOに悪影響
  • リンク切れの場合はリダイレクトなどの対策を打つ
  • リンク切れの発見以外にも簡単にできるSEO対策はsmartASPに登録すること
  • smartASPは自動でサイト分析をし、修正すべき記事を抽出してくれる
  • SEOで最重要と言っても過言ではない内部リンクを可視化できる
  • さらに全ての機能が無料で、損をすることもないためまだ登録していない方は今のうちに登録しましょう
smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

リンク切れとは?

リンク切れとは?

Webサイトを見ていると何気なくクリックしたら別のサイトやページに飛ぶことができる文字がありますよね?

あの移動する仕組みのことを「リンク」と呼びます。

一般的には、文字色が変わっていたり、アンダーラインが付いていたりして、リンクであることがすぐわかるのが特徴です。

リンク切れ」とは、その中で別ページ・サイトに飛ばずにエラー画面が表示されてしまうの状態ことです。

特に、長く運営しているサイトで起こりがちな現象で、別名「デッドリンク(dead-link)」と呼ばれることもあります。

この「リンク切れ」と呼ばれる現象は、ユーザーに迷惑をかけてしまうため、リンク切れが起こらないようにメンテナンスをするのがサイト運営者のマナーとされています。

また、このリンク切れが元で検索エンジンからの評価を下げるケースも少なくありません。

リンク切れの理由

リンク切れの理由

リンク切れの原因は大きく2つに分けられます。

1. スペルミスや、リンクの貼り間違え

1つ目は、単純なスペルミスやリンクの貼り間違えなどのケースです。

記事やメニューを作ってリンクを設定する際には、URLのスペルを誤ってしまったり、コピーを間違えてしまうことがよくあります。

スペルミスなんてそんなにしないのではないか?と思うかもしれませんが、これが結構多いのです。

よくあるパターンは、元記事のパーマリンクなどを変更した際、別記事に貼ったURLが、以前のURLのままで結果的にエラー(ミススペル)になるケースです。

こういったケースは、本人がどれだけ丁寧に記事を執筆しても、404エラーページが表示されて、リンク切れの判定になってしまいます。

2. リンク先のサイトが閉鎖、移転してしまった。

2つ目は、リンク先のサイト自体が削除されたり、移転してしまったケースです。

閉鎖および削除されたページURLにアクセスすると、404エラーページの原因になります。

ネットの世界では、今日あったページが明日には突然消えている…なんてことも少なくないです。

多くの場合、なんの予告もなく突然ページにアクセスできなくなったりします。

リンク切れの主な原因は以上です。

以上からわかるように、リンク切れは、自分が意図していなかったり、突然起こったりします。

そのため、定期的にサイトをチェックすると良いでしょう。

リンク切れはSEOにどんな影響を与える?

リンク切れはSEOにどんな影響を与える?

リンク切れは一般的に、ページの評価が落ち、結果的に検索順位に悪影響を与えます。

さらには、最終的にSEOにおいてマイナスに作用する可能性もあります。

では、なぜSEOがマイナスの作用になるのでしょうか。

その理由は大きく「ユーザーの利便性」と、「クローラビリティ」が低下するという2つがあります。

その原因について解説していきます。

また、普段からSEO対策をしたいとは思っていながらも、「できていない」などということはありませんか?

そんな方におすすめなのがsmartASPというツールです。

smartASPは客観的な数字を元に修正すべき記事を抽出してくれるため、SEO知識に自信がないという人でも本格的なSEO対策が可能です。

また、競合分析も効率化してくれるため、非常に便利です。

無料なので、万が一使わなかったとしても損をすることはないので、まだ使っていない人は1度使ってみることをおすすめします。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

ユーザーの利便性の低下がSEOに悪影響

リンク切れはユーザーの利便性を低下させると言われています。

確かに、「リンク先にページが存在しますよ!」と書かれて飛んだらエラーが出たら、ユーザーの混乱を招きます。

Googleが公式に発表しているガイドラインでは、リンク切れとユーザーの利便性の関連性について言及しています。

ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。新しいウェブブラウザを開発するときも、トップページの外観に手を加えるときも、Google 内部の目標や収益ではなく、ユーザーを最も重視してきました。

—【引用】Googleについて

以上から分かるように、Googleはユーザーの利便性を何よりも第一に考えていることが伝わります。

では、具体的に「リンク切れについてはどう考えているのか?」というのもGoogle公式が見解を出しています。

ユーザーは無効なリンクをクリックしたり、誤った URL を入力したりして、サイト上に存在しないページにアクセスしようとすることがあります。ユーザーをサイト上の公開中のページに導く親切なカスタム 404 ページを用意することで、利便性を大幅に改善できます。404 ページにルートページに戻るリンクを表示し、サイト上の人気のあるコンテンツや関連するコンテンツへのリンクも掲載すると良いでしょう。Google Search Console を使って、「ページが見つかりません」エラーを引き起こす URL のソースを特定できます。

—【引用】Google Search Consoleヘルプ

以上のことから、リンク切れを改善することで利便性を大幅に改善できる、つまり「リンク切れ(404ページ)が存在することは、ユーザーの利便性を低下させること」と定めており、TOPページや公開中のページに戻りやすいカスタムの404ページを作成するとユーザーにとって親切であるとしています。

そのため、リンク切れがユーザーの利便性を損ね、結果的にSEOに悪影響を与えることが示唆されています。

SEO対策に不可欠なクローラビリティが低下

2つ目は、クローラーの動きが鈍くなり、結果的にSEOに悪影響が出るというものです。

Googleなどのロボット型検索エンジンは、世界中のWebページの情報を取得し、その情報を元に検索結果に表示させています。

このWebのページの情報を収集するためのプログラムのことをクローラーと呼びます。

このクローラーによって収集された巨大な検索データーベースの中から、人々は情報を検索します。

クローラーが情報収集のためにWebページを移動する際、Webページのリンクを介して移動しています。

そのため、リンク切れが多発していたり適切なリンクが設定されていない場合、クローラがうまく巡回できません

Googleはリンク切れによって直接的にはSEOの評価を落とすことはないとしていますが、クローラーの訪問回数と検索順位には、相関関係があります。

もし、内部リンクが「リンク切れ」していたら、来るはずだったクローラーが訪れる機会を損失している状態だと言えます。

クローラーが一度の訪問で、クローリングできる回数はサイトの規模などによって決まっているので、クローリング回数の無駄遣いになってしまうといえます。

そのため、この「クローラビリティ」の低下は、SEO的に直接的なマイナスにならないものの得られるはずだったプラスの評価を取りこぼしてる、いわば機会損失をしてるということになるでしょう。

リンク切れの発見方法

リンク切れの発見方法

では、リンク切れはどうやって発見するのが良いのでしょうか。

今回はその発見方法を3つほど、紹介します。

Googleサーチコンソールを定期的に確認

1つ目は、検索パフォーマンスを管理するツール「Googleサーチコンソール」を確認することによって、リンク切れを発見する方法です。

機能の一つである「クロールエラー」からリンクをチェックすることができます。

トップページ左にあるメニューバーの「クロール」から「URL検査ツール」と「インデックスカバレッジレポート」を見ることで、現在リンク切れになっているページの確認をすることができます。

「インデックスカバレッジレポート」では、主にサイト全体を見ることができ、URL検査ツールではより詳細なレポートを見ることができます。

そのため、エラー発見のために「インデックスカバレッジレポート」を小まめに確認し、エラー発見したら「URL検査ツール」で状態を確認する等、用途によって使い分けていきましょう。

加えて、サーチコンソールはSEOに取り組む上では必須ツールです。

サイト検索のトラフィックや自サイトの掲載順位を測定できるほか、問題を修正し、Google検索結果をサイトの順位を高めるヒントになります。

SEO対策をしたい方で導入していない方は、ぜひまずは登録してみることを強くオススメします。

また更に、SEO対策を充実させたい方にはsmartASPがおすすめです。

smartASPは自動でサイト分析をし、修正すべき記事を抽出してくれるだけでなく、SEOで最重要と言っても過言ではない内部リンクを可視化できます。

また、競合サイトの内部リンクを可視化できるのは日本で唯一smartASPだけです。

さらに全ての機能が無料で、損をすることもないためまだ登録していない方は今のうちに登録しておきましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

プラグインでチェック

2つ目は、WordPressのプラグイン「Broken Link Checker」を使用することによって、リンク切れを発見する方法です。

もし、あなたのメディア(ブログ)が、WordPressであれば、このプラグインを使用するのが1番オススメの方法です。

Broken Link Checkerは、自サイトにある他サイトのへのリンクの中からリンク切れがあるかをチェックしてくれるプラグインです。

使用方法は、サイト内にリンク切れが発生した際に、メールでの通知や、ダッシュボードに知らせてくれるため簡単です。

そのことにより、リンク切れをそのままにしておくことを防げます。

リンク切れチェックツールの使用

3つ目は、リンク切れチェックツールを使うという方法です。チェックツールを使うと、一括で調べる方法です。この記事ではその中で、リンク切れチェックツールを3つ紹介します。どれも似たような機能なので、好みで使ってみてください。

  • リンク切れチェックツール
  • dead-link-checker.com
  • Website Explorer

リンク切れチェックツール

まずは初めに紹介するツールは、「リンク切れチェックツール」です。

リンク切れを確認したいページのURL を入力して「Check」ボタンを押すだけで、「エラーリンク」「応答名がないリンク」「確認できなかったリンク」の3タイプのリンク切れを自動で取得してくれます。

また、「正常なリンク」「転送されているリンク」も自動取得してくれるため、自サイトのリンク状況をこの5種類の中から無料でチェックできます。

注意すべき点を挙げるとすれば、デフォルトでは「http://」で表示されていることです。

皆さん運営している多くのサイトでは「https://」を採用している場合も多いと思うので、その場合には「s」を追加してからドメインを記入するとわかりやすいです。

dead-link-checker.com

2つ目は、「dead-link-checker.com」というツールです。

使い方はとてもシンプルです。

画面上部ににある検索窓から、リンク切れをチェックしたいURLを入力 します。

そして、「チェック」のボタンをクリックするだけでサイトのすべてのページをチェックしてくれます。

「エラー数」と共に、「調査済数」や「残調査数」も表示され、リンクチェック進捗状況がリアルタイムにわかる無料ツールです。

チェックを実行すると、最初に内部リンクを確認し、その後外部リンクを確認し、「終了しました」と表示されます。

エラーがある際には、「エラー詳細」という部分に、エラー内容が表示されます。

エラー内容には、「リンク切れがあるページ」と「リンク切れとなっているリンク(URL)情報」を見ることができ、詳細な情報を確認できます。

Website Explorer

3つ目のツールは、「Website Explorer」です。

URLを入力すると、サイトの構造やファイル構成をエクスプローラー風に表示してくれるフリーソフトです。

他のツールと異なり、ダウンロードしてから使用します。

リンク切れだけでなく、サイトの更新頻度や外部リンクの数なども調べることができ、結果をテキスト形式やエクセルで扱えるCSV形式での保存が可能です。

有用なツールなのですが、一つ注意点なのはwindowsのみの対応ということです。

macには非対応なので、他のツールで対応すると良いでしょう。

これで、リンク切れのチェックは出来るようになったと思います。

ですが、他にも様々な施策を打つことがSEO対策においては出来るのです。

しかし、難しそうと思っている方も多いと思います。

そんな方におすすめなのがsmartASPというツールです。

smartASPは客観的な数字を元に修正すべき記事を抽出してくれるため、SEO知識に自信がないという人でも本格的なSEO対策が可能です。

また、競合分析も効率化してくれるため、非常に便利です。

無料なので、万が一使わなかったとしても損をすることはないので、まだ使っていない人は1度使ってみることをおすすめします。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

リンク切れの対処方法

リンク切れの対処方法

ここまでは、リンク切れの発見方法を紹介してきました。

では最後に、具体的に「リンク切れにどう対応すれば良いのか?」について紹介していきます。

具体的には自分のサイトから見て、外部サイトへの「外部リンク」と、「自サイトへの内部リンク」の2つのパターンについて解説していきます。

自分のサイトでのリンク切れの場合

  • コンテンツを移動してリンク切れを起こした場合
    →前のURLから、コンテンツの新しい移動先のURLへリダイレクトを追加することで対策する。

 

  • コンテンツを完全に削除した場合
    →コンテンツを完全に削除したURLから、404もしくは410エラーを返す対策をする。

 

  • そもそも不明なURLの場合(存在しないページのURL)
    →URLがそもそも不明なので、対策をする必要がない。

他のサイトでのリンク切れの場合

正しいURLでなく、ミススペルのあるURLでリンクし、404エラーのページが表示されている場合は、以下のような対処法があります。

  • 正しいURLヘの301リダイレクトを作成して、サーバーにスペルミスのあるURLを登録する方法です。この対策を使用すると、結果的には1回のクリックだけで済むのでユーザーにとっては親切と言えるでしょう。
  • リンクが間違っているサイトのお問い合わせフォームから連絡をして、リンク更新や削除のお願いをする。

まとめ:リンク切れとは?

まとめ:リンク切れとは?

「リンク切れとはなんなのか」「発見・対策方法はどうすればよいのか。」について解説しましたがいかがだったでしょうか。

このページの要約は以下になります。

  • リンク切れがあるとSEOに良くない
  • リンク切れを発見するツールを使うことで防げる
  • リンク切れをしていたらリダイレクトなどの対策を打つ

Googleは、SEOが直接的に落ちることはないとしてるものの、ユーザービリティの低下によって間接的に悪影響を及ぼすことが高いといえます。

知らず知らずのうちに、リンク切れが起きてることもあるので、そのまま放置しないためにも、早期発見・対策に取り組んでみてはいかがでしょうか。

また、本格的なSEO対策をしたい方はサイト分析・競合分析などを効率化できるsmartASPを活用するのがおすすめです。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

コメントを残す