被リンクをチェックする方法は?チェックツールをご紹介

被リンクをチェックする方法は?チェックツールをご紹介

「被リンクをチェックする方法はあるの?」「あるとしたらチェックツールを知りたい」と疑問をお持ちの方も多いと思います。

実は、被リンクのチェック方法やツールを知らないと、Googleの評価が落ちてしまい取り返しのつかないことになってしまうかもしれないんです。

そこで今回は、実際に被リンクチェックツールを利用しつつサイトを運営している著者が、無料・有料で使えるチェックツールなどを一気にご紹介していきます。

  • 無料、有料ツール
  • 被リンクチェックツールを使うべき理由
  • 被リンクチェックをしてSEO対策をする方法

この記事を通して被リンクチェックツールだけでなく、チェックツールを使うべき理由やSEOに関連した内容も知ることができるので、より深く被リンクについても理解していきましょう。

内容を簡単にまとめると・・・

  • 被リンクをチェックできるツールには無料と有料のものがあり、GRCが最もおすすめ
  • 被リンクをチェックすることで、自分のサイトの大体の強さがわかり被リンク施策などうつべきSEO対策がわかる
  • 大量のスパムリンクはGoogleの評価を下げる可能性があるので、被リンクをチェックし悪いリンクが付いていないか確認することは重要
  • 被リンク対策以外でも、本格的なSEO対策をするならsmartASPというツールはとりあえず使うべき
  • smartASPは、サイトを自動で分析し修正すべき記事を抽出してくれ、SEO対策の中でも被リンクと並んで重要である内部リンクを可視化してくれる
  • 特に内部リンク可視化ツールで競合サイトの内部リンクも可視化できるので、どのくらい内部リンクを当てれば自分のサイトが勝てるのかという目安を立てやすい
  • さらにsmartASPは全ての機能が無料なので、まだ登録していない人は今のうちに登録しておくべき
smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

被リンクをチェックできるツール一覧

被リンクをチェックできるツール一覧

ネット上には数多くの被リンクチェックツールが存在しています。その機能や利用可能なサービスもツールによってまちまちです。

ここからは実際のツールを無料・有料で分けながら様々紹介していきます。

それぞれのサービスの差や特徴を理解しながら、ご自身に最適なツールを選択してしてみて下さい。

無料の被リンクチェック

Webマスターツール(サーチコンソール)

Googleが提供するWebマスターツールは、被リンクチェックのみならず検索流入のあったキーワードを確認したり、正しくサイトマップが送信されているかを確認できたりもします。

Webサイト運営をされている方なら必ずといって良いほど登録しておくべきシステムともいえるでしょう。

また、サーチコンソールでは外部リンクと内部リンクを一緒に確認することもできます。

どういった自分の記事が貼られたのかをURLで確認できるだけでなく、自分の記事が貼られているサイトのリンクも一緒に確認することができます。

そのため、実際にニーズのある記事がどんなものかを把握しやすいでしょう。

それらの機能に加えサーチコンソールで知っておくべきなのが、外部リンクの否認機能です。

外部リンクの否認に関しては後ほど解説しますが、サイト運営を行なっていると質の低いリンクを大量にかけられることがあります。

この質の低い被リンクをを放置していると、Googleからの評価が落ちてしまい、アクセスも大幅に減少してしまう可能性があるのです。

そういった悪意ある被リンクを排除するために被リンクを無効化することが外部リンクの否認であり、その設定をサーチコンソールから行うことが可能です。

SEOチェキ!

こちらも様々なサービスを無料で利用可能なチェックツールです。

サイトトップページに用意されたURL入力欄に、自身のWebサイトのドメインを入力して検索。

すると、被リンクだけでなくサイトの読み込み時間やサーバー情報、インデックス数など多数の情報を把握することができます。

リンクはまとめて確認することができ、被リンクと内部リンクだけでなくnofollowリンクも確認できるので、間違えてnofollowに指定しまっているリンクはないかといったチェックも行えます。

SEOチェキについてはSEOチェキの見方や使い方を解説を読んでみてください!

neilpatel.com

全てのデータが出揃うまで少し時間はかかるものの、細部に至るまで情報を教えてくれるのがneilpatelの良いところです。

特にSEOアナライザーという機能に用意された被リンクチェックは非常に詳細で見やすいのが特徴。

どのサイトに被リンクが表示されいて、どういったリンクのタイプなのかテキストか画像どちらかで表示されます。

それに加え初めて被リンクとして検出した日時と最後に被リンクを確認できた日時もわかるため、今現在も他サイトからのリンクが貼られているか見ることができます。

Open Site Explorer

こちらもSEO関連のことでは有名なMOZが提供するチェックツールです。

ユーザーは無料の会員登録をすることで、サイトの分析を行うことができます。

被リンクの数がどれくらい集まっているのかを把握できるのはもちろんのこと、消えてしまった被リンクがどれくらいの数になるのかも確認できます。

また、被リンク掲載先のサイトがどれくらいの規模かを数値化して把握できる機能もあり、被リンクの影響を視覚的にも確認できます。

hanasakigani.jp

自サイトの被リンク数確認に関しては非常にシンプルで、実際に被リンクを獲得しているサイトがどういったところかURLとともに表示してくれます。

その被リンク確認に加えこのサイトの強みといえるのは、競合サイトの被リンクチェックを行える点です。

自分のサイトのジャンルに沿ったキーワードと自分のサイトのURLを打ち込むと、キーワードでの現在の順位が上位表示されます。

そこでサイトごとの被リンクの数やドメインの年齢を確認できるため、競合サイトがどれくらいコンテンツに力を入れているのかを結果から確認できます。

数値的にも敵わないようでしたら、データ比較の時点で潔く他のキーワードで戦っていくと方向転換するという戦略も取ることができるのです。

 OpenLinkProfiler

こちらは海外のサイトになりますが、URLを入力するとサイトのリンクの数をグラフ化しながらわかりやすく表示してくれます。

獲得被リンクが一挙に並んだ表では、リンク先のサイトはもちろんのこと、そのサイトがどれくらいのパワーを持ったサイトなのかも、独自の割合とともに表示してくれるのも魅力です。

WebMeUp

サイトに対する被リンクの数はもちろんのこと、どの国の人から被リンクを獲得しているかも確認できる、他のサービスでは珍しい機能が備わっています。

ユーザー登録なしでも簡単な被リンク確認で使う分には使うことができますが、サイトの規模が巨大化した時や、他のサイトと比較をしながら、被リンクやその他のデータを調べたい時にはユーザー登録して見た方が良いでしょう。

itomakihitode.jp

先ほど紹介したhanasakigani.jpのサイトと同じサービス業者が展開しているサービスで、こちらはもっと詳しい内容を取得できるサイトとなっています。

サイトのキーワードとURLを入力することで、そのキーワードで表示される競合サイトの平均的なデータを一緒に表示。

データを比較しながら自分のサイトがどれほど数値的な差別化を計れているのかを確認できます。

backlinktest.com

ドイツの会社が提供しているサービスです。言語が違うためかなり難しそうではありますが、独自のAPIを利用していることが一つのポイントです。

実際に調べてみると、他サイトが検出できていない被リンクを確認できることもあり、新たな気づきを得られる面白さもあります。

また、被リンク同じくらいSEOで重要なのが内部リンクです。具体的には、順位をあげたい記事に内部リンクを集めると非常に有効です。

ちなみに、具体的に内部リンクをどう当てるべきか知りたいという人は、実物を見ながら勉強するのが一番です。

つまり、カテゴリー分けと内部リンクを分析する必要があり、一番おすすめの分析方法はsmartASPの内部リンク可視化ツールを使うことです。

smartASP内部リンク可視化ツールを使えば以下のように、参考になるサイトがどのように内部リンクを張っているのか一発でわかります。

smartASPの内部リンク

他にも作業効率化機能や強力なSEO機能があるにも関わらず、全ての機能が無料なのです。

万が一使わなくても損はないので、smartASPを使うかどうかわからないという方でも、とりあえず登録しておきましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

 有料の被リンクチェック

Ahrefs(エイチレフス)

こちらは有料SEOツールとしてもかなり有名なツールです。月額料金を支払うとサービスを利用できる形で、最低価格は月$99から利用できます。

被リンクチェックはもちろんのこと、最適なキーワードを見つけ出したり、SNS受けが良いネタがどんなものかを詳しく見ていけるサービスもあります。

SEO対策を本格的に行い方へは特にオススメのチェックツールといえます。

7日間$7ではじめることができる有償体験プランも用意されているため、被リンクチェックも含めてしっかりとSEO対策を行いたい方は、体験プランからはじめてみるのも良いでしょう。

Seokicks

ドイツの会社が運営しているこのサイトは、一部の被リンクチェック程度なら無料で行うことができますが、全ての情報を見れるわけではありません。

月額最低€9.90から利用することができ、CSV出力にも対応しています。

独自のクローラーによる巡回で、他のサイトでは逃していた被リンクを確認することも。

Majestic SEO

イギリスの会社が運営するチェックツールです。

言語選択から日本語を選ぶことができ、完璧でないものの日本語での表示をさせることができます。

こちらのツールでは月額最低約$49から利用することが可能です。

被リンクの数や掲載サイトの情報に加え、独自のサイト評価指標があなたのサイトや競合サイトのレベルを数値化してくれるため、視覚的に状況を把握できます。

なぜ被リンクチェックするべきなの?

ここまで被リンクチェックツールはどういったものがあるかを一挙にご紹介してきました。

ですが皆さんの中にはなぜ被リンクチェックをすべきなのかまだ疑問に思っている方もいると思います。

私たちがWebページ運営において被リンクをチェックする理由は大きく二つです。

  • ページランクの予想が可能に
  • SEO対策をとるため

それぞれ詳しく解説していきます。

被リンクチェックをするとページランクが予測できる

被リンクをチェックするとある程度のページランクが予想できます

このページランクを簡単な指標として、今後のサイト運営をどうしたらいいか考えていくことができるのです。

ページランクとは?

ページランクとは2016年4月までGoogleが提供していた、サイトをランク付けするための独自の指標のことを指します。

0〜10の11段階でサイトを評価するもので、被リンクの集まっている数やその被リンクの質を元にGoogleのシステムが評価を行ってくれるシステムでした。

現在はページランクの表示が廃止されましたが、システム的には現在も内部のみで管理されているといわれています。

このようなシステムがあったということから、ある程度のページランクを被リンク数から予想することができるわけです。

被リンクの数が多いのは良いことですが、数だけでなくその中身にも重点を置いてるのが、Googleのアルゴリズムの優れているところです。

ページランクの評価ベースともなるGoogleのアルゴリズムでは、リンクが貼られているサイトのページランクについても焦点を当てており、被リンクとして貼られたサイトのページランクが低いと質の高い被リンクとして評価されません

例を出すと、10記事の被リンクを獲得しているAのサイトと、20記事の被リンクを獲得しているBのサイトがあったとします。

Aのサイトの被リンクのページランクがそれぞれ高く、Bのサイトの被リンクのページランクが低いと、Aのサイトの方がサイトランクが高くなります。

単純に考えればBのサイトの方がページランクは高くなりそうなもの。

ですが、獲得している被リンクのページランクによってはAのサイトの方が高く評価されることがあります。

ですので単純に被リンクを大量に獲得できれば良いわけではなく被リンクの質にもこだわる必要があるのです。

大手企業やメーカー、個人でも有名なブロガーやインフルエンサーといった方々が運営するサイトの被リンクを獲得できればそれだけで大きなパワーとなることでしょう。

また、被リンクを得たサイトと自分のサイトとの間に関連性があればあるほど、被リンクの質は高まります。

仮に自分が運営する鉄道系サイトのリンクを料理レシピサイトで紹介されて被リンクを獲得するよりも、同じ鉄道サイト同士で紹介された方が関連性は高まります。

ここに関してはこちら側が操作できるわけではありませんが、サテライトサイトを運営して被リンク獲得を狙う場合には、サイトの関連性も影響を及ぼすことを意識した方が良いといえます。

また、被リンク対策以外にも本格的なSEO対策をしたいという方にはsmartASPというツールがおすすめです。

smartASPは客観的な数字を元に修正すべき記事を抽出してくれるため、SEO知識に自信がないという人でも本格的なSEO対策が可能です。

また、競合分析も効率化してくれるため、非常に便利です。

無料なので、万が一使わなかったとしても損をすることはないので、まだ使っていない人は1度使ってみることをおすすめします。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

被リンクをチェックしてSEO対策をする

被リンクチェックツールやページランクについても理解したところで、ここからは実際に被リンクをチェックしてSEO対策を行う、具体的な方法をご紹介していきます。

被リンクをチェックすると見えてくるのが、被リンクを獲得しやすい記事の傾向です。

被リンクは誰かのサイト上で自分のサイトを紹介されていることがほとんどですので、何かしらの理由があってサイトを紹介されていることになります。

この記事が共感できたとか、すごくためになる記事だったとか、それぞれ記事によって被リンクを獲得しているおおよその理由がわかってくるでしょう。

被リンクを獲得するためには良質な記事を執筆しなくてはなりません。

同じ記事の被リンクが多ければ多いほど、その記事には多くの読者が望んでいる情報が記されていると考えることができ、それだけ良質な記事であるという証拠でもあります。

ですので、被リンクを獲得した記事がどんな記事だったのかを把握し、多くのユーザーが求めている情報が何かを、その記事をヒントに見つけ出してみましょう。

そうすることで良質な記事を執筆できるようになり、ますます被リンクを獲得できるようにもなっていきます。

それらに加えて、さらなる被リンク獲得を狙っていくにはSNSでバズらせることも重要になってきます。

一度記事がバズると瞬間的に拡散されるため、不特定多数の人に自分の記事をみてもらえます。

残念ながらSNS上で記事がRTされ、多くの人に記事のURLをクリックされる状態になっても、それは被リンクの対象となりません。

SNSの被リンクはnofollowとなるため被リンクとしてカウントされないのです。

それなら被リンクチェックすることとSNSは全く関係なくないか?と疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。

ですが、大切なのは拡散後のユーザーの行動と拡散された記事を可視化できることにあります。

バズればバズるほどネズミ講のシステムのように枝分かれしながら閲覧者が増えていくため、閲覧者数は雪だるま式にどんどん増えていくこともあるでしょう。

こうして驚異的な数の人にSNS上で記事を見てもらうことになれば、中には自分のサイト内でネタとして扱いたいと思う人も出てきます。

この流れも上手く取り入れることができれば、サイトのレベルをさらに爆発的に成長させていけるのです。

多くの人にシェアされる良質な記事を書くことはもちろんのこと、少しでもSNSで拡散されたら(数RTや、数十RTレベルでも)その記事をもう一度自分で研究して、何が大切だったかを把握することが大切になります。

被リンクが多数集まった記事はそれだけSNSでバズった記事でもあります。

ですので、被リンクチェックすることによってシャアされやすい記事がどんなものかを参考にもできるのです。

これが繰り返されるとサイトをもっと大きな物へと成長させていけるでしょう。

そして被リンクチェックを行うとかなり役立つこともあります。

それは大量にスパムリンクを自分のサイトに対して貼られていた時です。

サイトを運営していると海外からのユーザーや所在がよくわからないユーザーによる様々な行為がサイトへ行われることがあります。

コメント欄への大量のスパムコメントなどは経験した方もおられるかもしれません。

そういった行為のように意味を見出さないリンクがスパムリンクになります。

スパムリンクは自分のサイトのリンクをなんの目的もないリンク集ページなんかに貼り付けられることによって被リンクと認識され、サイトの評価を落とすといったものを指します。

スパムリンクが貼られている場合、そのサイトは低品質なサイトでしかないため被リンクの質が低いと判断され、かえってサイトの評価を落としてしまうのです。

また、スパムリンクのケースとは違った部分で、被リンクを互いに獲得すべく相互リンクを依頼する際にもチェックツールは大いに役立ちます。

相互リンクを依頼サイトへ集まっている被リンクをチェックする時です。

サイトに集まる被リンクの質は自サイトへも影響を与えます。

仮に相互リンク依頼先のサイトに集まる被リンクが反社会的サイトからのリンクであった場合、自サイトへも間接的に反社会的サイトからのSEOに関する影響を受けることにつながります。

こういったサイトの関連性はGoogleの評価にも直結し、サイトの評価を落としかねないので注意が必要です。

これらスパムリンクや相互リンクによる危険性を確認するためにも、今回ご紹介したようなチェックツールが役に立ちます。

チェックツールによって悪質な被リンクを発見したら、サーチコンソールからリンクの否認作業を行なっていきましょう。

このリンクの否認は、指定することによってその被リンクを無効化してくれるものです。

否認しないと検索順位へも影響しかねないリスキーな側面も持ち合わせていることは確かですので、慎重にスパムリンクを否認指定するようにしましょう。

また、また、SEOに役立つツールを【2019年最新】おすすめの無料・有料SEO分析チェックツールで紹介していますので、ぜひ読んでみてください!

まとめ:被リンクチェックツール一覧!調べる方法を解説

まとめ:被リンクチェックツール一覧!調べる方法を解説

被リンクチェックツールや調べる方法について解説しましたが、いかがだったでしょうか。

今回の内容をまとめると

  • 有料・無料様々なチェックツールがある
  • 被リンクチェックでページランクが予想できる
  • 現在ページランクの表示はされなくなったけど重要な指標
  • 被リンクチェックでSEO対策
  • 特にスパムリンクチェックに有効

被リンクを確認することで、サイトや記事としての良さを確認できる部分と、スパムリンクのような不必要な要素を確認し排除できるきっかけをも生み出せる部分があることがわかりました。

被リンクは、出来るだけ質の高いものをたくさん獲得したいものです。

一定の読者獲得が実現できていたり莫大な数のフォロワーをSNSで抱えている場合は別ですが、多くの数の被リンク獲得は簡単にできることではありません。

日々検証を重ねつつ、地道に内容の濃い有用性のある記事の執筆を行なっていきましょう。

また、本格的なSEO対策をしたい方はサイト分析・競合分析などを効率化できるsmartASPを活用するのがおすすめです。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

コメントを残す