プログラマーが不足してるって本当?現状と噂の理由を紹介

プログラマーが不足してるって本当? 現状と噂の理由を紹介

WebやITが発達してきたことで、プログラマーの需要が高まっている今、プログラミングを学びたいと考えている方も多いかもしれません。

最後までお読みいただければ、プログラマーの実態や求められる理由などを知れ、どのようなプログラマーを目指せばよいのかがわかります

失敗することなく、プログラマーとして求められる人材になるためのヒントになるでしょう。

内容を簡単にまとめると・・・

 

  • プログラマー不足は本当で、実際に人手不足が深刻化している
  • しかし、人手不足の今だからこそプログラマーのスキルを身につける価値がある
  • そのため副業や転職を考えている人にはプログラミングはおすすめ
  • 学習するならスクールの方が「速く」そして「より効率的」でお得
  • 数ある中から厳選したおすすめのスクールはTECH CAMPDMM WEBCAMPそしてGEEK  JOB
  • その中でもTECH CAMPが転職成功率99%でおすすめ
  • まずは、公式サイトを見てみよう

TECHCAMPTECH CAMPの公式サイトはこちら

\転職できなければ全額返金/

TECH CAMPの
公式サイトを見てみる

【嘘?】プログラマー不足は本当なのか

【嘘?】 プログラマー不足は本当なのか

実際には「プログラマーが不足している」というよりも「きちんとしたスキルを習得し対応することのできるプログラマーが不足している」というのが正しい言い方かもしれません。

世の中では「プログラマーは不足している」と言われていますが、実際にプログラマー・エンジニアを名乗っている人が多いと感じている方も多いのではないでしょうか。

そんな状況で本当にプログラマーは不足しているのか疑問に感じるかもしれません。

これにはちょっとしたからくりがあります。

「プログラマー」自体はいるが、スキルレベルの差が大きく流動性が悪い

基本的にプログラミングを行うなら、誰でもプログラマーを名乗ることが可能ですので、それぞれが持っているスキルや経験は関係ないことになります。

実際には1つの作業を1人ではこなせず、数名で補い合いながら完了させるというレベルのプログラマーが多く、企業に入社しても即戦力と呼べない場合も多いのです。

プログラマーの人数が増えても、日々進化するスキルに対応できる人材が増えなければ、不足を補えません。

優秀なプログラマーが大手に集まり過ぎている

IT業界の大手では自社でWeb開発を行うことが少ない場合も多いのですが、そういった企業にいるエンジニアはレベルも高く、通常のプログラマーの3倍から10倍の仕事をこなせる人も少なくありません。

そういった優秀な人材が、実力に見合った量の仕事ができる環境なら生産性も高くなるのですが、必要な場所に必要な人材、必要な仕事が上手く回らないという現実があります。

その結果として、以下のように悪い印象も増え、悪循環が起きているのです。

日本でプログラマーが不足している理由

日本でプログラマーが不足している理由

海外では高収入を得られるため、プログラマーとして活躍している方々はエリートとして扱われることも多い人気の業種ですが、日本では不足しており、なり手も減っているとも言われています。

これは「2020年問題」とも揶揄され、ITやWeb業界全ての分野においてエンジニアが不足することになります。

その直接的な原因は2つあります。

 

  • 需要が拡大した
  • プログラマーに対する悪い印象がある
  • 年収が低いというイメージがある

詳しく見ていきましょう。

需要が拡大した

まず、IT市場やWeb業界の成長拡大の勢いが大きく、それに対応できるプログラマーの数が追い付いてないのが一番の原因です。

電化製品などの身近な必需品も、アプリやWebと連携できて当たり前という時代になっていますし、さまざまな分野でIT技術を使用した事業に力を入れていますよね。

そうするとその分野を手掛けるエンジニアの数も、多く必要になるわけです。

また、市場拡大が始まった頃から活躍しているプログラマーたちの年齢も高くなり、2020年以降定年を迎える時期になっています。

今後、大量に退職する時期が来ることになりますので、企業は今確保している人材さえ失う可能性があるのです。

日々進化を続ける分野ですし、新しいスキルを身に付け、対応することのできるプログラマーが今後さらに求められるようになります。

プログラマーに対する悪い印象がある

プログラマーは「キツイ」「厳しい」「帰れない」という悪い意味での「3K」が浸透しています。

つまりはブラック企業が多いということでしょう。

良い印象がない職業に就くために、難しいプログラミングスキルを習得してまで就職をしたいと思う人材が少なくなっているのは当然のこととも言えます。

大手企業は比較的ホワイトだと言われていますが、プログラミングの業務を主に請け負っているのは下請けや孫請け企業ということが多く、下に行くほどブラックと言われています。

下請け・孫請けの企業はプログラミングのスキルが低くても、全くの未経験でも、1つの仕事を数人でカバーすることから入社が可能です。

その一方で、納期に間に合わせるためには、残業や徹夜は当たり前という噂も多く耳にします。

今の時代に進んでブラック企業に就職を希望する人はいないでしょうし、プログラマーの需要に対して人材が確保できない状態になっているのです。

年収が低いというイメージがある

プログラマーは知識や技術を身に付ける必要のある専門職で、海外では年収2,000万円を超える人も少なくない、エリートとも言われる業種の一つです。

しかし、日本では一分の大手企業務めのプログラマーを除けば、決して高給ではありません。

その理由は、海外のプログラマーが一人で全ての開発から納品までを行うのに対し、日本の企業の多くは下請けや孫請けへと業務を発注し、開発が行われるシステムが主流だからです。

中間業者である下請け・孫請けと下に行くほどに利益が少なくなるため、人件費の割合も減ってしまい、個人の手取り月収が20万円以下というプログラマーも少なくないのです。

先にお話しした「3K」を考えると、収入と仕事のバランスが悪く、決して収入が安定しているともいえません。

プログラマー不足の今こそプログラマーになるべき理由を紹介

プログラマー不足の今こそ プログラマーになるべき理由を紹介

ここまでプログラマーが不足する原因や難点について解説してきましたが、これだけ読むとプログラマーを目指す気持ちになれないという方も多いかもしれません。

しかし、この例に当てはまるのは「スキルを持たないプログラマー」になってしまった場合の話です。

有利になるしっかりとしたスキルを身に付けて「本物のプログラマー」になれれば、ホワイトな就業環境と、仕事に見合った収入を得られる可能性も高くなるのです。

その水準は会社員の平均より高く、魅力的な部分が多くあります。

理由①売り手市場

IT業界は現在、「稀にみる売り手市場」と言われています。

それほどに需要に対し、人材が不足しているのです。

企業ではプログラマーを確保するためにレベルのハードルを下げたり、20代以下に限定していることが多かった年齢制限を撤廃したりするところも増えています。

しかし、売り手市場を理由に罠にはまり、就職・転職に失敗しては意味がありません。

スキルを買いたたかれないように、プログラミングの知識をきちんと身に付けましょう

スキルを身に付ければ自分の希望する「就業スタイル」や「チャレンジしたい分野」を選んでも就職・転職に成功する可能性が高くなります。

理由②無料のプログラミングスクールもある

「高いスキルを持つプログラマーを目指す」と一言でいっても、技術は日々進化しますし、習得は難しいと感じるかもしれません。

特に未経験の場合、独学で習得しようとすることも不安ですし、スクールに通うことが一番の近道です。

ですが受講料に驚いて、プログラマーになることを諦めてしまう人も多いのです。

確かに検索で上位に上がって来る有名なスクールの場合、数十万という高額の場合が多いので無理もありません。

しかし、中には無料のプログラミングスクールもあり、多くはIT企業自らが運営しているため実践に必要なスキルを確実に身に付けることができる上、プログラマーとして活躍できる可能性が高くなるメリットもあります。

無料スクールはプログラマーが不足の対策として行っている場合がほとんどですので、人材が十分に確保できるようになれば行わなくなる可能性が高いです。

学べる言語を選択することはできませんが、やりたいと思う分野に合っていて、プログラマーになるという意志が固まっているなら、メリットしかないとも言えます。

まさに今がチャンスなのです。

無料で学習できるおすすめのプログラミングスクールを紹介の記事も参考にしてください。

理由③プログラミングスクールの転職率はおおよそ90%以上

プログラマーを増やすために、多くのプログラミングスクールでは転職のサポートをしています。

その成功率は90%以上のスクールが多く、きちんと学習しスキルを習得できれば、その後を心配する必要はほぼないともいえるのです。

この転職成功率の数字から分かるのは、スクールそれぞれで高いスキルを習得できるカリキュラムを独自に開発していて、即戦力となれる卒業生を多く輩出しているからでしょう。

【プログラマー不足の今こそ】プログラミングスクールがおすすめな理由

【プログラマー不足の今こそ】 プログラミングスクールがおすすめな理由

独学でプログラミングを学んでも、プログラマーになることは可能です。

もし、途中で分からないことがあれば、それをきっかけに先に進むことが困難になり諦めることになりかねません。

回り道をして、多くの時間を費やしたら結果的にスクールの方が安かった、なんてこともあり得るので最初からプログラミングスクールを利用することがおすすめです。

スクールには以下のような魅力もあります。

 

  • 転職保証がついている
  • 数ヶ月で現場にでることができる
  • 正しい方法に導いてくれる

詳しく解説していきます。

転職保証がついている

プログラミングを独学で学ぶ場合、そのスキルを証明することは難しく、就職や転職も自力で行わなければなりません。

しかし、プログラミングスクールは転職のサポートを行っている場合が多く、転職成功率も非常に高いことが魅力です。

また、万が一転職ができなかった場合に受講料を全額返金するなどの保証制度が付いている場合が多いです。

転職を目的として通っている方にはとても嬉しい制度ですよね。

転職保証のあるプログラミングスクールを厳選して紹介!の記事でも詳しく解説しています。

数ヶ月で現場にでることができる

プログラミングスクールは全くの初心者を対象としている所が多く、短期間で集中して学習するため、平均で3か月から半年、早い所だと1か月程度でスキルを身に付けることができます。

そういったスクールの多くは、転職して即戦力となることを想定してカリキュラムを組んでいることがほとんどです。

また、同時に転職サポートも行ってくれるので「プログラミングスクールに行ってもエンジニアになれなかった」ということはなかなか起こり得ないでしょう。

正しい方法に導いてくれる

独学で学習する場合、途中で疑問が生じても自力で解決する以外に方法はありません。

プログラミングは「わからない」ことが原因で挫折してしまうことが多いので、プログラミング学習には質問できる環境は必須といえるでしょう。

その点、スクールを利用すれば現役のプログラマー講師などから、リアルな回答を聞くことができますし、確かな指導も受けられます。

途中、躓きがちなポイントも丁寧に指導をしてくれるため、間違った道を進み時間を無駄にすることがなくなります。

他にも、プログラミングを学ぶメリットとは?今すぐ学ぶべき7つの理由の記事で解説しているので是非参考にしてください。

【プログラマー不足の今】おすすめのプログラミングスクールを紹介

【プログラマー不足の今】 おすすめのプログラミングスクール

プログラマーが不足している今こそ、回り道せず確かなスキルを身に付けたプログラマーを目指しましょう。

最も無駄がない最短ルートは何よりもスクールに通うことです。

ライフスタイルや目指すキャリアなど、自分に合ったスクールを選択することが大切ですので、何ヶ所かは比較検討して最終決定することが大切です。

特に学習レベルが高く、人気のあるスクールを紹介しますので参考にしてください。

TECH CAMP

TECHCAMP

転職できなければ全額返金という保証制度がある安心のスクールです。

転職成功率は99%と非常に高いのが魅力です。

それだけの高い成功率を誇っている理由は何より、高いスキルの技術を身に付けられることにあるでしょう。

全くの未経験から始め、システム開発の設計開発から運用までを一人で行えるプログラマーを600時間で目指します。

ライフスタイルに合わせて通学のスタイルも選べますし、教室だけでなくオンラインを利用して学習することも可能です。

強い勧誘がなく安心の無料カウンセリングは、スクールの説明だけではなく、自分の目指すキャリアについての相談や、「興味はあるけど素質があるかわからない」という本当に初歩の相談にも応じてくれます。

まずは気軽な気持ちでカウンセリングを受けることが、プログラマーとして成功する第一歩になります。

テックキャンプエンジニア転職(旧TECH::EXPERT)の評判・口コミについて徹底解説の記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

TECH CAMPの公式サイトはこちら

\10週間で人生を変えるなら/

DMM WEBCAMP

DMM

実践ですぐに生かせるスキルや経験を積めことが魅力のスクールです。

未経験から始め、1ヶ月目に基礎、2か月目にチームでの開発、3ヶ月目では1人で全ての工程を経験するというスタイルです。

そのため、問題にぶつかった際の解決力も培うことができます。

好きな時間に好きなだけ通い放題なので、ライフスタイルに合わせて通学できますし、学んだ分だけ着実にスキルアップできるのも魅力です。

転職できなければ受講料の返金保証制度ももちろんありますが、卒業生のスキルの高さは評判が良く、転職成功率は98%となっています。

まずは気軽に受けられる無料カウンセリングで、不安や疑問などを解消しましょう。その上で他社と比較して決定することをおすすめします。

DMM WEBCAMPの口コミ・評判とは?の記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

DMM WEBCAMPの公式サイトはこちら

\エンジニア転職なら/

GEEK JOB

tech academy

個別指導でしっかり学べるスクールで、質問などにも現役のプログラマーが答えてくれるため、鮮度の良さが魅力です。

通学スタイルを選ぶことが可能なので、学生や社会人など時間の制約がある方も通いやすく、それでも難しいという方はオンラインで学習することも可能です。

これだけ魅力的なスクールでありながら、受講料は無料という点は驚き以外にないのではないでしょうか。

「プログラミングに興味があるけれど、受講料が高い点がネックで一歩を踏み出せない」という人こそ、通ってほしいスクールです。

もちろん、いきなり受講するわけではなく、無料体験・説明会がありますので、まずはそこからスタートしましょう。

GEEK JOBの公式サイトはこちら

\未経験から正社員への転職/

【まとめ】プログラマー不足の今こそプログラマーを目指そう

【まとめ】 プログラマー不足の今こそ プログラマーを目指そう

プログラマーが不足している理由と、これから目指すべき理由について解説しました。

まとめ

 

  • WebやITは常に進化しており、新しいスキルを身に付ける必要がある
  • ブラックが多い下請け企業に当たらないためには、しっかりとしたスキルを身に付けることが大切
  • 自社開発を行う大手企業に就職できれば、平均より高い水準の収入も可能
  • プログラマーが売り手市場である今が最大のチャンス
  • プログラマーへの最短ルートはスクールを受講すること

プログラマーについて悪い噂も多いですが、これは人材が不足している現状では起こって当然ともいえることなのかもしれません。

1人でも多くの人が、この仕事に興味を持ち、実際にプログラマーになることで環境も変わっていくのではないでしょうか。

確かなスキルを身に付ければ、さまざまなスタイルで働くことが可能になります。

さらに将来性もある業種なので、少しでも興味がある方はチャンスの多い今こそ学習を始めることをおすすめします。

他にも【2020年度最新版】おすすめのプログラミングスクールを徹底比較の記事や【コスパ抜群】安く学べるおすすめプログラミングスクールを紹介!の記事などもおすすめです。

TECH CAMPの公式サイトはこちら

\10週間で人生を変えるなら/

コメントを残す


CAPTCHA