SEOのための無料・有料おすすめキーワードチェックツールをご紹介

SEOのための無料・有料おすすめキーワードチェックツールをご紹介

「キーワードチェックツールはどんなのがおすすめ?」など、ツールは自分一人では選びにくいと思います。

実は、1年間記事を書き続けたとしてもキーワードやテーマがズレていると、なかなか上位表示もされずアクセス数も上がらない…と努力が無駄になってしまうこともあります。

そのため、しっかりキーワードチェックツールを用いてウェブサイトを運営することが大切なのです。

この記事では、SEO歴7年の筆者がキーワードチェックの方法やツールを紹介しながら以下のことを解説します。

  • キーワードの順位チェックの方法とおすすめツール
  • 記事中のキーワード数のチェック方法とおすすめツール
  • 検索ボリュームのチェック方法とおすすめツール
  • 関連キーワードのチェック方法とおすすめツール

このページを読めば、結果につながり易い、正しい方向性で記事を書き始めることができるようになるでしょう。

内容を簡単にまとめると・・・

  • キーワード順位ならGRC
  • キーワードの数をカウントするならSEOチェキ
  • リライトするならsmartASP
  • smartASPはウェブサイト運営者のために開発された無料ツール
  • smartASPを用いればウェブサイト運営は今より更に効率化される
  • smartASPは客観的な数字を元に修正すべき記事を抽出してくれる
  • SEO知識に自信がないという人でも本格的なSEO対策が可能
  • また、競合分析も効率化してくれるため、非常に便利
  • 無料なのでまだ使っていない人は1度使ってみましょう
smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

SEOキーワードの順位をチェックできるツール

SEOキーワードの順位をチェックできるツール

SEO対策にあたり、日々の検索順位をチェックすることは変動をいち早く知るという点からも非常に重要です。

昨今ではSNSやYoutubeからの流入も増えており、他にもGoogle砲を受けると一時的にトラフィックが伸びますが、やはり多くのWEBサイトは検索エンジン経由のトラフィックがメインとなっています。

検索流入数を左右するのが検索順位で、順位が上昇すればアクセス数も比例して増えるのが一般的です。

ところが、Googleのコアアップデートがあったりペナルティを受けると昨日まで10位以内に表示されていたサイトが圏外に飛んでいくことも珍しくありません。

順位が下がった時、アップデートが原因の場合には、変動が落ち着くのを一時的に待つことはありますが、その後は何かしらの対策を行わなければ順位は戻ってこないケースが多いものです。

このような対策の初動を早めるためにも、順位を毎日計測し変動をいち早く把握することが大切なのです。

順位チェックツールには有料から無料まで様々な種類がありますので、各ツールの特徴やメリットを解説します。

それぞれのツールの特徴を知った上で活用するようにしましょう。

ツール以外にSEO対策がしたい方は「SEO対策とは?」の記事をご覧ください。

また、SEO対策をしたい方にはsmartASPと言う無料ツールがオススメです。

smartASPはウェブサイト運営者のために開発された無料の便利ツールです。

smartASPを使えば、あなたのサイトは以前より更に魅力的なものになるでしょう。

なぜなら、自動でサイト分析をし、修正すべき記事を抽出してくれるだけでなく、SEOで最重要と言っても過言ではない内部リンクを可視化できるからです。

無料なので今すぐ登録しましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

GRC

GRCは有限会社シェルウェアが運営するインストール型の順位チェックツールです。

2004年に配布を開始して以来、数多くのWEBマーケティング担当者様に使われ続けています。

登録したキーワードの順位を計測、記録し、データの推移をグラフで見ることででき、変化が一目で分かります。

毎回、PC起動時に順位チェックを実施する設定にしておくと、計測忘れもなくおすすめです。

グラフで調子の良いワード、悪いワードなど変化の傾向を把握しやすい特徴があります。

また、お勧めの機能が上位100サイト追跡機能です。

これは登録したキーワードの上位100サイトを自動で計測してくれる機能です。

アップデートが起こると上位サイトと下位サイトが入れ替わる現象がたびたび起こります。

そのような時に上がったサイト、下がったサイトの特徴を調査し、上がったサイトに共通する点を自サイトに取り入れることで順位の回復を目指す貴重なデータとなります。

GRCは無料版と有料版があります。

無料版では登録できるキーワード数がわずかですが、有料版では、プランに応じて登録可能なキーワード数が増えます。

ベーシックプランでは4500円/年間で500語なのに対し、スタンダードプランでは、9000円/年間で5000語までキーワード数が増えます。

5000語まであれば、大体のケースでカバーが出来るため、月あたり750円とコストパフォーマンスはかなり高いといえます。

GRCについて詳しく知りたい方は「GRCの使い方や機能は?」の記事をご覧ください。

SEOチェキ(検索順位チェック)

SEOチェキ」では調査したいサイトのURLとキーワードを入力すると順位チェックをすることができます。

3ワードまで同時にチェックすることができ、Yahoo!では10位以内の場合にのみ計測ができます。

SEOチェキについて詳しく知りたい方は「SEOチェキの見方や使い方!」の記事をご覧ください。

ohotuku.jp(順位チェックツール 300

公開当初はキーワード順位が圏外が続くことも多くあります。

100位以上の場合には圏外と表示がされ計測ができませんが、「ohotuku.jp」では300位までの順位計測ができます。

圏外が続いていても、100位~300位の間で順位が上昇してきているケースもあるため、対策をしていく際の参考データになるでしょう。

他にもSEO検索順位チェックツールについて知りたい方は「SEO検索順位チェックツール13選」の記事を参考にして下さい。

順位をチェックし該当する記事へ対策を行う

順位が思うように上がらないワードは該当する記事へ対策をしていきます。

実は、順位が上がらないキーワードは記事に原因がある場合が多いのです。

ユーザーが求める検索キーワードに対する答えが書かれていない、テーマがぶれてしまっている等の理由により、検索エンジンに適切に評価されないことが主な原因として挙げらます。

このような場合には記事をリライトすることで、順位の上昇が見込めるケースがあります。

具体的な方法としては、サーチコンソールで流入ワードをチェックし、狙っていないワードで流入がされていないか見ていきます。

キーワードがズレている場合には、本来書くべきキーワードへ修正していきます。

Googleサーチコンソールの使い方について更に詳細に知りたい方は、「Googleサーチコンソールとは?」の記事をご覧ください。

また、コンバージョンの増加を目指すには、アナリティクスで成果が取れているページを出した上で、記事を最適化をしていきます。

Googleアナリティクスについて更に詳しく知りたい方は「Googleアナリティクスの使い方」の記事をご覧ください。

リライトには手間や時間がかかりますが、小さな作業の積み重ねで記事の質を上げていくことで、検索順位やCV率の上昇へ繋がっていきます。

しかし、このようなめんどくさい作業なしにリライトすべき記事を抽出してくれるツールがあるのです。

それは、無料ツールのsmartASPです。

分析ツールの代表格である「Google Analytics」や「Google Search Console」と連携しているので、サイトの分析から掲載順位の監視、管理、確認までの多くの機能を簡単に利用することが可能です。

無料なので、今すぐ登録しましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

記事中のSEOキーワードの数を調べられるチェックツール

記事中のSEOキーワードの数を調べられるチェックツール

昨今のSEO対策ではキーワード出現率はさほど重要視する必要はないといわれていますが、記事中のキーワード出現頻度(キーワード数)は記事の内容を調べる際に役立ちます。

狙っているキーワードの出現頻度が低い場合には、ターゲットワードに対する情報量が少ない可能性があるのです。

しかしながら、意図的にキーワードを盛り込むことはユーザビリティにも悪影響になるとGoogle公式サイトでもある検索エンジン最適化(SEO)スターターガイドでも解説されています。

避けるべき方法

サイトのすべてのページや多数のページにわたって 1 つのタイトルを使用する。

簡潔でわかりやすいタイトルを使用する

簡潔で有益なタイトルにします。タイトルが長すぎる場合や関連性が低いと見なされた場合、Google は検索結果にタイトルの一部のみや、自動的に生成されたタイトルを表示することがあります。ユーザーのクエリや検索に使用されたデバイスに応じて、異なるタイトルを表示することもあります。

避けるべき方法:
ユーザーにとって役立たない極端に長いタイトルを使用する。
タイトルタグで不要なキーワードを乱用する。

出典: 検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド

あくまで記事のテーマを分かりやすく説明することに力を入れていく必要があります。

基本的にメインとなるキーワードは1ページ1キーワードといわれており、2つ以上のテーマが混在すると、いわゆるカニバリゼーション(共食い)になり、評価がうまく伝わらない可能性があるのです。

このような対策にも利用できる無料のキーワード数チェックツールを解説します。

SEOチェキ(キーワード出現頻度)

SEOチェキには順位チェック以外にキーワード出現度を調べる機能もあります。

キーワード出現頻度チェック」のタブを選択し、調査するURLを入力すると、出現回数と出現率が高い単語順に表示がされます。

SEOチェキについて詳しく知りたい方は「SEOチェキの見方や使い方」の記事をご覧ください。

ohotuku.jp(キーワード出現率チェックツール)

ohotuku.jp」ではURLを入力するとキーワードの出現率が高い順に表示がされます(デフォルトでは20件)

特徴としては、出現率目標を設定することで目標までに必要な単語数を表示してくれます。

形態素解析ツール

形態素解析とは意味を持つ最小限の単位の単語に分解をすることを指します。

例えば、「私は猫が好きです」と言う文があった際に、形態素解析で解析すると「私/は/猫/が/好き/です」のように分解されます。

形態素解析ツールでは、単語がどのように検索エンジンに認識されているか確認する方法の1つです。

ページタイトルには、単語を並べたり、語順を変えて入れることがありますが、その際に形態素解析ツールにかけることで、誤った意味で検索エンジンに認識がされていないかチェックすることができます。

内部リンクの構造も重要

ツールで記事中のキーワード数を調べることで、記事のテーマが検索エンジンにどのように認識されているか確認することができ、リライトをする際に追記する情報を把握しやすくなります。

一方で、リライトでは内部リンクの最適化も大切です。

カテゴリ内で内部リンクが貼られていることで、「もっと知りたい」と思ったユーザーが情報にたどり着きやすくなるのです。

そのため、関連のある記事同士は積極的にリンクで繋いでいくことをお勧めします。

内部リンクについて、更に詳しくするたい方は「内部リンクとは?」の記事をご覧ください。

また、重要な記事に内部リンクが集めることで検索エンジンに評価するべき記事が伝わりやすくなることから、見てもらいたい記事は各ページで紹介する機会を増やすようにします。

このように内部リンク対策は、簡単にもらうことが難しい外部リンク対策と比べて行いやい施策ですが、1記事ずつ内部リンクをチェックしていく手間のかかる作業です。

しかし、smartASPという無料ツールがあればもう問題ありません。

smartASPとはウェブサイト運営者のために開発された無料の便利ツールです。

smartASPを使えば、あなたのサイトは以前より更に魅力的なものになるでしょう。

なぜなら、smartASPの内部リンク可視化ツールを使えば以下のように、参考になるサイトがどのように内部リンクを張っているのか一発でわかるからです。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

他にも作業効率化機能や強力なSEO機能があるにも関わらず、全ての機能が無料なのです。

無料なので、今すぐsmartASPに登録しましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

SEOキーワードの検索ボリュームをチェックできるツール

SEOキーワードの検索ボリュームをチェックできるツール

狙っていくキーワードのSEO対策をする際に検索ボリュームを調査することは重要なステップです。

狙っているキーワードで1位を獲得したとしても、検索ボリュームが月に10回程では、アクセスにも繋がらず、努力が水の泡となってしまうこともあります。

一つの目安として月間ボリュームが1000〜1万程度あると理想です。

検索ボリューム以外に上位表示のし易さも考慮する必要があります。

PV型モデルでなければ、コンバージョン率も考える必要がありますが、コンバージョンに繋がりやすいキーワードであるほど検索ボリュームが少なくても競合が多く、上位表示が難しいのです。

一般的にビッグワードと呼ばれるキーワードでは、検索回数が多く、上位表示が難しいですが、コンバージョン率も低い特徴があります。

まずは広い意味を持つワードで検索し、その後に具体的な意味を持つ複数の単語で検索を行うケースが多いためです。

コンバージョン率が低いとはいっても、ビッグワードで上位表示ができれば、膨大なアクセスを集めることができ、コンバージョン率の低さをカバーするほどのインパクトがあるのも事実です。

検索回数が少ないワードでは上位表示が狙いやすいですが、回数が少ないとそれだけコンバージョンされる機会も失ってしまっているのです。

コンバージョンについて詳しく知りたい方は「コンバージョンとは?」の記事をご覧ください。

ここで、ポイントとなるのはキーワード内に行動につながるワードが含まれているか、と言うことです。

例えば、「新宿 ラーメン」で検索をするユーザーより「新宿 博多風とんこつラーメン 深夜営業」で検索をするユーザーの方が具体的なニーズが高く行動を起こしやすいのです。

各検索ボリュームチェックツールでは、月間検索ボリュームの他に競合性も調査することができるので、キーワードを決める前にこれらのツールを活用するようにしましょう。

キーワードプランナー

キーワードプランナー」はGoogleが提供するGoogle広告のためのツールです。

広告を出稿していないと取得できるデータに制限があり、実際の検索ボリュームが「1,000~1万」といった幅のある数値でしか見ることができません。

しかしながら、キーワードの傾向を掴むという点では、この精度でも十分活用できます。

キーワードプランナーでは、広告運用のデータとして競合の強さも見ることができ、SEO対策の参考にすることができます。

リスティング広告は入札制で掲載順位が決まるため(広告ランクは考慮しないものとして)広告を出したい=成約しやすいキーワード程、競合が多くなります。

キーワードプランナーで調査した競合性が低いから上位表示がされやすいというわけではありませんが、被リンクやコンテンツSEOなど、いわゆるゴリゴリのSEO対策がされたサイトが少なくなるのも事実です。

キーワードプランナーの検索ボリュームは、実際のサーチコンソールでの運用データと乖離がある場合も多くあるので、見込みがあるワードでは実際に運用した上で、検索ボリュームを見てみることをお勧めします。

キーワードアドバイスツール

「キーワードアドバイスツール」はYahoo!が運営している検索ボリューム取得ツールです。

キーワードプランナー同様、広告を出稿する際の参考ツールとして提供されています。

Yahoo!ビジネスアカウントがあれば、無料で登録ができるため、アカウントを取得しておいて損はありません。

GoogleとYahoo!ではユーザー層が違うため、検索ボリュームにも差異がみられることもあるのです。

しかし、Googleからの流入の方が大きく、Googleの検索エンジンをYahoo!も使用していることから、「キーワードプランナー」の使用をオススメします。

aramakijake.jp

検索ボリュームチェックツールではキーワードプランナーが有名ですが、無料版では取得データに制限があります。

aramakijake.jp」は無料で利用できますが、データが信頼できるのか不安に思う人もいるかもしれません。

精度はキーワードにもりますが、キーワードプランナーと大きな差はなく信頼ができるツールの1つです。

複数のツールを併用しながら、検索ボリュームをチェックすることをお勧めします。

また、本格的なSEO対策をしたいという方にはsmartASPという無料のツールがおすすめです。

smartASPはウェブサイト運営者のために開発された無料ツールです。

smartASPを用いればウェブサイト運営は今より更に効率化されることでしょう。

なぜなら、smartASPは客観的な数字を元に修正すべき記事を抽出してくれるため、SEO知識に自信がないという人でも本格的なSEO対策が可能だからです。

また、競合分析も効率化してくれるため、非常に便利です。

無料なのでまだ使っていない人は1度使ってみましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

SEO対策のためにサジェスト・関連キーワードをチェックできるツール

SEO対策のためにサジェスト・関連キーワードをチェックできるツール

質の高い記事を書くためには関連キーワードのチェックは欠かせません。

検索をすると文字を入れている途中で候補が出てきたり、検索結果ページの下に2語の関連キーワードが表示されています。

その他にもAmazonで買い物をしようとした時など様々な場面で関連キーワードが活躍しています。

これらの関連キーワードは「このワードで検索した方は、こんなワードでも検索していますよ」という検索エンジンからのメッセージです。

一度調べた後に、さらにキーワードを変えて検索をするのは面倒なものです。

そこで、予め「関連キーワード=ユーザーが再検索しているワード」を盛りんでいる記事はユーザーの手間を省くユーザビリティの高いサイトとしてGoogleから評価されるのです。

また、関連キーワードは本文だけでなく、タイトル内でも重要です。

タイトルやディスクリプションは検索順位以外にクリック率にも関わるものです。

関連キーワードはユーザーがまだ気付いていない潜在的なキーワードを含んでいる場合もあり、その関連キーワードを見たユーザーは、「このページには知りたい情報が書いてありそう」と直感的に感じ、クリックしてサイトに訪れてくれる可能性が高まるのです。

よりSEO効果を高めるためには、hタグの各見出し内にも関連キーワードを盛り込み目次にすることで、ユーザーがサイトに訪れてすぐに目的の情報を見つける手助けとなります。

そして、リライトをする際にも関連キーワードが役立ちます。関連キーワードを眺めているとユーザーの検索意図、つまり、この情報が知りたくて検索しているといった検索の目的が見えてきます。

この目的から外れてしまうと、質の良いコンテンツであったとしても上位表示は難しくなります。

例えば、
「北海道 10月」
「北海道 10月 気温」
「北海道 10月 寒い」
といった関連ワードが出ている場合に「北海道 10月」検索するユーザーが知りたいことは北海道の10月の気温はもちろんですが、どんな服装で行けばいいのかを知りたくて検索をしている場合が多いのです。

このようにユーザーの行動までを考えたコンテンツを作る必要があります。

Googleサジェスト機能

検索エンジンにキーワードを入力すると候補にそのワードに続く単語が表示された経験のある人も多いのではないでしょうか。

これはサジェストと呼ばれる、そのキーワードと組み合わせて検索されることの多いワードの候補を表示させる機能です。

中でもGoogleのサジェストはオートコンプリート機能があり、入力途中でもワードの候補を表示してくれます。

では、サジェストのキーワードはどのようにして決まっているのでしょうか。

サジェストの選定には検索ボリュームが影響しています。

検索される機会が多いワードはニーズが高いと判断され、候補に表示されます。

また、検索されている位置情報も関連性があります。

例えば、東京でカフェを検索している人へ「カフェ 大阪」といった候補が表示されたとしてもニーズは低いでしょう。

関連キーワード取得ツール(仮名・β版)

SEO対策では情報の網羅性も求められています。

対策をしたいキーワードだけで記事を書いていくと情報の幅が狭くなりがちです。

そこでユーザーがターゲットキーワードで検索した時に合わせて知りたいと思われる情報を追加していくことで、ユーザーが再検索する手間を減らすことができ、利便性の向上に繋がります。

関連キーワード取得ツール(仮名・β版)では、キーワードのサジェストをはじめ、キーワードが含まれる質問サイトの記事まで抽出してくれます。

goodkeyword

goodkeywordでもほかのツール同様チェックしたいキーワードを入力するだけで、関連キーワードを一覧で表示させてくれます。

「Google/Bingサジェスト」「Googleサジェスト」「マルチサジェスト」「楽天サジェスト」「GooglePlayサジェスト」の5つからサジェストを選ぶことができるのが特徴です。

それぞれのプラットフォームによりユーザーが異なるため、自分がターゲットとしているユーザーが多いサジェストを調べることをお勧めします。

例えば、楽天市場ではシニア層が多いといわれています。

取り扱う商品やサービスに応じて、サジェストで取得する関連ワードも合わせていく必要があります。

実際に関連キーワードを取得したら、smartASPのリライト分析機能等を利用し、記事に不足していたコンテンツをリライトし、情報を厚くしていきましょう。

\今なら完全無料!/

他にもSEOツールについて更に知りたい方は「SEOチェックツールをご紹介」の記事を参考にしてください。

まとめ:SEO対策のための無料・有料キーワードチェックツール

まとめ:SEO対策のための無料・有料キーワードチェックツール

SEO対策のためのキーワードチェックツールを解説しましたがいかがだったでしょうか。

このページのポイントは以下です。

  • 順位チェックツールで各ワードの変動をいち早く把握
  • 関連キーワードツールを活用してリライト
  • smartASPのリライト分析機能で作業を効率化

SEO対策には現状を把握し、改善点を見つけたうえで記事をリライトしていくことが重要です。

各ツールを利用するとともに、smartASPを活用することで作業の効率化を行うことができます。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

コメントを残す