インデックス(index)とは?SEO用語としての意味などを解説

インデックス(index)とは?SEO上での意味や活用方法を解説

「インデックス(index)とはなに?」「SEOとどう関係するの?」とインデックス(index)という用語について知りたいという方が多いのではないでしょうか。

実は、インデックス(index)という概念を理解していないと、どんなに頑張って記事を出したとしても、その努力が全く結果に反映されないという事態になってしまうかもしれないのです。

そこで、このページではSEOでのインデックス(index)についてSEOのプロから学んだ筆者が以下のことを解説します。

  • インデックス(index)の意味を解説
  • SEOでどのような効果が期待できるのか
  • インデックス(index)に関連する用語
  • SEO以外で使われるインデックス(index)

これを読めば、SEOでのindex(インデックス)についてかなり理解が深まり、サイトをよりスムーズに運営できるようになるでしょう

内容を簡単にまとめると・・・

インデックスとは、検索エンジンのデータベースに保存されている索引データのこと

自分のサイトにクローラーが回ってきて、サイトの情報をデータベースに保存することをインデックスされるという

ページがインデックスされると検索結果に表示されるようになる。インデックスされないと、どんなに質の高いページでも検索結果に表示されない

自分のページを検索結果の上位に表示させたいなら、smartASPを使いながらSEO対策をするのがおすすめ

smartASPは、サイトの情報を分析し、修正すべき記事を自動で出してくれる

全ての機能が無料で、使わなくなっても損することはないので、まだ登録していない人は登録しておくべき

smartASPの公式サイトはこちら

\3分で登録/

 インデックス(index)とは?SEO用語としての意味などを説明

インデックスとは?SEO上での意味は?

SEO用語としてのインデックス(index)とは「検索エンジンの中に記録されているそれぞれのコンテンツなどのサイトのデータのこと」という意味です。

ただし、インデックス(index)に関して辞書などで調べてみると「索引」「見出しとなっています。

その他のジャンルでもインデックス(index)という用語が使われますが、今回解説するSEO用語での意味とは異なるので、間違った意味を覚えてしまっている人も時々います。

検索エンジンサイトには、多くのコンテンツの情報が記録されており、その情報の中で「〇〇について知りたい」と思った人が、キーワードを検索したとします。

そのときに表示される検索結果の元の情報にあたるのが、今回解説しているインデックス(index)なのです。

大手検索エンジンサイトのクローラーというロボット検索エンジンが、ひとつひとつのデータを認識して、データベース化してくれることで、コンテンツが検索結果として表示されるようになります。

このことから、クローラーが収集した情報をデータベースに保存する手順は「インデックス(index)される」と呼ばれます。

要するにindex(インデックス)されるということは、コンテンツへの集客率アップのためのSEO対策での基本中の基本の通過点ということなのです。

上で、「インデックス(index)は、クローラーが一つひとつのデータを認識してデータベース化する」と書きましたが、インデックス(index)されるという意味には=で「検索をより速くする」という仕組みもあります。

ただ、クローラーは集めてくるだけでデータ自体がバラバラになっており、まとめるための処理に時間がかかってしまうという難点があるのです。

そこで、効率化を図るために「インデクサ」と呼ばれるクローラーが集めてきたデータをあらかじめ、ページ解析やリンク解析などを行って整理してくれる役割を持っている仕組みも一役買っているおかげで「インデックス(index)=データベース化」が完了します。

文字だけではいまいちわからない!という人も多いと思いますので、ここで以下の表をご覧ください。

例えば下の表を見て「それでは皆さん会社の電話番号下一桁が2の人の所属を探してください」といわれたら、上から順に一つずつ見ていかないといけないので面倒ですよね。

会社の電話番号下一桁 所属
3
4
1
2
5

次にクローラーとインデクサのおかげでインデックス(index)されてデータが整理された表が以下になります。

会社の電話番号下一桁 所属
1
2
3
4
5

このようにすれば、会社の電話番号下一桁が2の人が大体どこにいるのか、わかりやすくなりましたよね。

ですがインデックス(index)されたとはいえ、まだコンテンツを作りたての状態だと膨大なデータの中からクローラーに見つけてもらうには時間がかかるので、「Googleサーチコンソール」というものからインデックス(index)をリクエストする必要があります。

Googleサーチコンソールで、インデックス(index)をリクエストしつつ、さらにインデックス(index)を促進させるために、自分のコンテンツ内で内部リンクを繋げると効果的です。

ここまでまとめてみて、インデックス(index)はSEO的に非常に重要な意味と役割を持っていることがおわかりいただけたかと思います。

インデックス(index)の効果

次はインデックス(index)の効果について解説します。

例えばコンテンツの1つのページがインデックス(index)されるということは、検索結果に表示されるようになるということですから、サイトのアクセス数の向上に繋がる可能性があります。

ただし、インデックス(index)されているからといっても必ず質が高く、専門性が高い素晴らしいコンテンツだとは限らないのです。

逆にインデックス(index)されない記事は質や専門性の前に「過去にGoogleからペナルティを課されたことがある」などの何かしらの問題があるという方が正しく、それ以外にもコンテンツを作成したばかりだとなかなかインデックス(index)されなということもあります。

インデックス(index)の関連用語3つ

次はインデックス(index)の関連用語を3つ解説します。

①SEO対策

SEO対策とは、自分のサイトを検索結果の上位に表示させる対のことです。

このSEO対策の基本中の基本が、今回解説しているインデックス(index)だということは、これまでの解説がおわかりいただけたかと思います。

インデックス(index)なくしては、自分のサイトを検索上位に表示することはおろか、少しのアクセスさえ見込めない状態になってしまうのです。

万が一インデックスされたとしても、サイトが検索結果の上位に表示されなければアクセスは増やせません。

自分のサイトを上位表示させるために必要であるSEO対策に自信がないという方は、smartASPというツールを使いましょう。

smartASPはサイト分析、競合分析などを強力にサポートしてくれるので、初心者の方でも本格的なSEO対策が可能です。

無料なので、万が一使わなくなったとしても何も損をすることはないので、一度登録しておくのがおすすめです。

smartASPの公式サイトはこちら

\3分で登録/

②ノーインデックス(noindex)

インデックス(index)は、クローラーに自分のコンテンツを認識させてデータベース化、そして検索結果に表示させることだと解説しました。

ノーインデックス(noindex)はその逆で、サイトのヘッダーにnoindex」を入れることで、Googleの検索結果にも表示されないようにすることです。

例えば、サイト内で重複している内容のページがあったり内容が薄いと感じるページがあると、サイト自体の評価を下げてしまうことに繋がります。

そこで、そのようなページに対してノーインデンクス(noindex)を使うことで、サイトの評価を下げることを防ぎ、品質が良く専門性の高いページだけを検索結果に表示させることができます。

③ディスクリプション

ディスクリプションとは、検索エンジンがそのコンテンツをインデックス(index)した後にそのコンテンツを検索すると表示される説明文のようなもののことです。

皆さんが何かを検索した時に、そのページタイトルの下に「このコンテンツに何が書いてあるのか」などの説明文があると思いますが、それをディスクリプションといいます。

そのため、インデックス(index)されたのにディスクリプションを記入しないと、タイトルの下部分が空白で表示されることがあります。

そうなると検索したユーザーに怪しいと思われ、開いてもらう可能性が低くなってしまいます。

【補足】SEO用語以外で使われるインデックス(index)

次はSEO用語以外で使われるインデックス(index)について解説します。

①投資信託用語でのインデックス(index)

投資信託用語でのインデックス(index)は、ある特定のマーケットの動向の指標という意味や市場全体の動きを数値化したものという意味があります。

②大辞林第三版でのインデックス(index)

大辞林第三版でのインデックス(index)は、

    • 見出し-索引
  • 指標
  • 数値

という意味があります。

上の投資信託用語にも当てはまりますね。

③データベースでのインデックス(index)

データベースでのインデックス(index)は、冒頭でご紹介したように検索を速くするための仕組みという意味です。

記事にインデックス(index)をさせることで、記事が見つけやすくなる利点があります。

このようにインデックス(index)と一口にいっても、ジャンルによって意味は変わるのです。

ただ辞書などは共通して「見出し-索引」と紹介されているので「え?パソコンの見出しや索引のこと?」と勘違いしてしまう人も多いので、注意してください。

まとめ:インデックス(index)とは?SEO的意味は?

まとめ:インデックスとは?どういう意味?

今回はインデックス(index)のSEO的意味などについて解説しましたが、いかがだったでしょうか。

このページでのポイントを改めて整理します。

  • インデックス(index)とは「検索エンジンの中に記録されているそれぞれのコンテンツなどのサイトのデータのこと
  • インデックス(index)にはクローラーとインデクサがあって成り立つ
  • インデックス(index)される=必ず品質が良いor専門性が高いページ・コンテンツとはいえない
  • これからの検索エンジンは「品質の良さ・専門性の高さ」を重視する
  • ノーインデックス(noindex)というSEO対策もある

インデックス(index)のSEO的意味は、自分のコンテンツを検索結果に表示させるという意味があります。

これからコンテンツを立ち上げる人も「もう結構ページ数あるんだけど、インデックス(index)されないな」という人も、この記事を参考にしてみてください。

コメントを残す