グーグルアドセンスのインプレッション収益とは?ページRPMとの違いも解説

グーグルアドセンスのインプレッション収益とは?ページRPMとの違いも解説

「そもそもグーグルアドセンスのインプレッション収益って何?」「ページRPMとはどこが違うの?」と思っている方も多いのではないでしょうか?

グーグルアドセンスで収益を増加させる上で、無視することのできないグーグルアドセンスのインプレッション収益ですが、その概要についてしっかり理解している人は少ないです。

このページでは、日本最大級のWEBメディアであるWeb Reachの編集部がグーグルアドセンスのインプレッション収益について以下のことを解説します。

  • Googleアドセンスのインプレッション収益とは?
  • ページのインプレッション収益とは?
  • インプレッション収益とページのインプレッション収益の違いとは?
  • インプレッション収益を上げるためには?

このページを読めば、Googleアドセンスのインプレッション収益についての理解がかなり深まり、Googleアドセンスでの収益増加に役立つでしょう。

内容を簡単にまとめると・・・

  • Googleアドセンスのインプレッション収益とは、広告の表示回数1000回あたりの見積もり収益額のこと
  • インプレッション収益の計算式は、見積もり収益額/広告表示回数×1000
  • インプレッション収益と似たものに1000PVあたりの見積もり収益額のページRPMがある
  • Googleアドセンスで、サイトのアクセスを伸ばさなくてはならず、SEO対策が必須
  • 本格的なSEO対策をしたいという人には自動でサイトを分析したり売り上げを管理してくれるsmartASPというツールがおすすめ
  • smartASPでは内部リンクを可視化できるなど、SEO対策に役立つ機能が全て無料で使えるので一度試してみるのがおすすめ
smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

Googleアドセンスのインプレッション収益とは?

Googleアドセンスのインプレッション収益とは?

ここでは、Googleアドセンスのインプレッション収益について解説しますが、Googleアドセンスが何かよくわかっていないという人はまず、Googleアドセンスとは?を読んでみてください!

Googleアドセンスのインプレッション収益(RPM)とは、広告の表示回数1000回あたりの見積り収益額のことです。
つまり、あなたのサイトやブログで、広告が1000回表示されると、どれくらいの収益が見込めるのかという、想定額になります。

Googleアドセンスのインプレッション収益は、[Googleアドセンス]→[レポート]→[インプレッション収益]で確認することができます。

気を付けなければいけないのは、Googleアドセンスのインプレッション収益は、実際にもらえる収益とは、異なるということです。
Googleアドセンスのインプレッション収益は、あくまで見積額なので、あなたのサイトやブログにおけるGoogleアドセンス収益の目安として考えるようにしましょう。

インプレッション収益の計算と平均

Googleアドセンスのインプレッション収益の計算式は、以下のようになります。

 

見積もり収益額/広告表示回数×1000=インプレッション収益(RPM)

 

全体の見積もり収益額を、全体の広告の表示回数で割ることで、あなたのサイトやブログにおける広告表示1回の見積もり収益が出ます。
そこに1000をかけることで、あなたのサイトやブログで仮に広告が1000回表示されたとすると、これくらいの収益になるということが分かるということです。

では、仮にあなたのブログやサイトが以下のような条件を持っている場合の、Googleアドセンスのインプレッション収益を計算してみましょう。

 

例)
広告表示回数:300回
見積もり収益額:90円

90円/300回×1000=300円

 

上記のステータスのサイトやブログの場合、広告が1000回表示されれば、300円の収益になるということが分かります。
このように、広告1000回表示あたりの収益額の概算を出すことで、そのサイトやブログが収益を生む力をどれくらい持っているかを、測りやすくなります。

Googleアドセンスのインプレッション収益の平均は、だいたい250円といわれているので、250円より低くなるようなら改善することを考えた方が良いでしょう。

さらに、アドセンス広告で稼ぐならSEO対策は必須です。

具体的には、SEO対策ができていない記事を割り出し、修正していくことが必要ですが、自分一人じゃ厳しいという方もいますよね。

そういった方には、ブログのデータを分析し修正すべき記事を抽出してくれるsmartASPがおすすめです。

ブログを運営していると、どうしても思い込みや、偏った見方で修正すべき記事を探してしまうため、客観的なデータをもとに割り出してくれるsmartASPには本当に助けられています。

他にも、競合分析やASP案件比較を効率化する機能がついており、全ての機能が完全無料なので登録していない人は今のうちに登録しておきましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

ページのインプレッション収益とは?

ページのインプレッション収益とは?

Googleアドセンスが計測しているデータには、インプレッション収益と似たものに、ページのインプレッション収益(ページRPM)というものがあります。
ページのインプレッション収益とは、1000PVされたときの見積もり収益額のことです。

Googleアドセンスのインプレッション収益は、[Googleアドセンス]→[レポート]→[ページのインプレッション収益]で確認することができます。

こちらのページのインプレッション収益に関しても、実際に発生した収益ではなく、あくまでどれだけの収益が見込めるかという目安です。
あなたのサイトやブログのPV数における収益はどれくらいになるのかの、参考にすると良いでしょう。

ページのインプレッション収益の計算と平均

Googleアドセンスのページのインプレッション収益の計算式は、以下のようになります。

 

見積もり収益額/ページビュー(PV)数×1000=ページのインプレッション収益(ページRPM)

 

全体の見積もり収益額を、全体のページビュー(PV)数で割ることで、あなたのサイトやブログにおけるページビュー(PV)1回の見積もり収益が出ます。
そこに1000をかけることで、あなたのサイトやブログが仮に1000PVされた場合には、これくらいの収益になるということが分かるということです。

では、仮にあなたのブログやサイトが以下のような条件を持っている場合の、Googleアドセンスのページのインプレッション収益を計算してみましょう。

 

例)
ページビュー(PV)数:300回
見積もり収益額:90円

90円/300回×1000=300円

 

上記のステータスのサイトやブログの場合、サイトやブログが1000PVされれば、300円の収益になるということが分かります。
このように、1000PVあたりの収益額の概算を出すことで、目標の収益額を達成するためには、そのサイトやブログでどれだけのPV数を稼げばいいのかという目安となるでしょう。

Googleアドセンスのページのインプレッション収益の平均は、だいたい300円といわれているので、3万円のアドセンス収益を得たい場合は、平均10万PV必要だということになります。

インプレッション収益とページのインプレッション収益の違いとは?

インプレッション収益とページのインプレッション収益との違いとは?

インプレッション収益とページのインプレッション収益の違いは、上で説明した通りですが、端的にまとめると以下のようになります。

  • インプレッション収益(RPM):広告が1000回表示されたときの見積もり収益額
  • ページのインプレッション収益(ページのRPM):1000PVされたときの見積もり収益額

どちらもブログやサイトにおけるGoogleアドセンス収益の目安となりますが、特に意識したいのは、ページのインプレッション収益(ページのRPM)の方です。
なぜなら、1000PVあたりのだいたいの収益額が分かれば、目標の収益額を達成するためには何PV必要なのかが分かりやすいからです。

では、ページのインプレッション収益(ページのRPM)を基に、目標とするGoogleアドセンス収益を達成するにはどれだけのPVを稼げばいいのか計算してみましょう。
ページのインプレッション収益(ページのRPM)は、[Googleアドセンス]→[レポート]→[ページのインプレッション収益]で確認することができます。

 

例)
ページのインプレッション収益:500円
目標のGoogleアドセンス収益:10万円

10万円/500円×1000=20万ページビュー(PV)

 

上で紹介したページのインプレッション収益の計算式に当てはめると、ページのインプレッション収益が500円で、目標のGoogleアドセンス収益が10万円の場合、20万PVが必要だということが分かります。
以下の計算式に、あなたのGoogleアドセンスのデータと、目標収益額を当てはめて、どれくらいのPV数が必要なのか、計算してみると今後の目標が立てやすいでしょう。

 

計算式)

目標のGoogleアドセンス収益/ページのインプレッション収益×1000=必要なページビュー(PV)数

 

また、Googleアドセンスで稼ぎたいなら、無駄な作業は出来るだけ削って執筆の時間にあてるべきです。

そのため、売り上げ管理やブログの分析などツールで簡略化できるところは簡略化するのがおすすめです。

作業を効率化させるには、smartASPがおすすめです。ブログの売り上げ管理ツールは世の中にたくさんあるのですが、Googleアドセンスを管理できるのは、samrtASPだけです。

全ての機能が無料なので、まだ登録していない人は登録しておきましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

インプレッション収益を上げるためには?

インプレッション収益を上げるためには?

Googleアドセンスのインプレッション収益と、ページのインプレッション収益については理解できたけど、どうやって収益を増加させればいいのか気になりますよね。

ということで、ここでは、インプレッション収益を上げるためには、具体的にどんな対策を打てば良いのかを、紹介していきます。

Googleアドセンスのインプレッション収益、及び、ページのインプレッション収益は、つまるところ、あなたのサイトやブログの収益を生む力を表しているといっていいです。
そんなインプレッション収益の数値を上げることで、効率よくGoogleアドセンスで稼ぐことができるようになります。

ここで紹介する施策を参考にして、あなたのサイトやブログに役立ててみてください。

高単価ジャンルを選ぶ

Googleのアドセンス広告は、広告のジャンルによって単価が変わってきます

サイトやブログに表示されるGoogleアドセンスの広告は、基本的にサイトやブログで扱っているジャンルとリンクします。

そして、単価の高いジャンルのページに訪れるユーザーは、そのジャンルに興味があるので、単価の高い広告が表示されやすくなります。

そのため、まずはサイトやブログのジャンルは、広告が高単価になるものを選ぶようにしましょう。

Googleアドセンス広告の高単価ジャンルには、以下のようなものが挙げられます。

  • 金融関係
  • 就職・転職関係
  • 美容関係
  • 不動産関係

基本的に、人々がお金を使うジャンルは、広告単価も高くなる傾向にあります。
こういった高単価ジャンルの広告を狙っていくことで、Googleアドセンス収益の底上げが可能です。

趣味でブログをやっていて、そのついでに収益が生まれればいいというくらいの感覚で運営している場合は別ですが、効率よく稼ぎたいなら高単価ジャンルを狙うことは必須です。
そもそもの広告単価があまりにも低いと、どれだけPVを増やしても、労力に見合った収益を得ることが出来ません。

これは、極端な例ですが、1円を生み出す広告を100回見せるのと、10円を生み出す広告を100回見せるのとでは、結果が10倍も変わってきますよね。

Googleアドセンスのインプレッション収益を効率よく増やすためには、高単価ジャンルを狙って、広告収益の底上げをしましょう。

サイトのデータを確認する

Googleアドセンスのインプレッション収益を上げるための2つ目の施策は、サイトのデータを確認するということです。
これは、何か目標を達成したいという場合、どんなことにも共通する基本中の基本といっていいでしょう。

Googleアドセンスのインプレッション収益を改善したい場合、「広告クリック率が高いページ」を確認しておくことをおすすめします

ここでポイントとなるのは、クリック数ではなく、クリック率を確認することです。
PVが多く集まっているページであれば、基本的にクリック数が多くなるのは当たり前なので、PVあたりのクリック数を確認するのが大事なのです。

「広告クリック率が高いページ」は、Google Analyticsの[行動]→[サイト運営者のページ]と進むと、確認することができます。
現在、広告のクリック率の平均は0.1%といわれているので、0.1%を下回る場合は次に紹介するような改善方法を試みてみましょう。

広告の設置方法を変える

広告の設置方法を変えて、広告のクリック率を上げることで、Googleアドセンスのページのインプレッション収益を改善することができます。
なぜなら、ページのインプレッション収益は、PVあたりの収益額(の見込み)を表しているので、クリックされる回数を増やせばPVあたりの収益額が上がるからです。

広告の設置方法を変える具体的な施策には、以下のようなものがあります。

  • 広告の配置場所を変える
  • 広告の種類やサイズを変える
  • 広告の数を減らす

例えば、広告の配置場所をサイドバーから記事内に移すというのも、1つの手でしょう。
現在では、PCユーザーよりもモバイルユーザーの方が多く、モバイル端末でサイトを表示すると、サイドバーが記事下に回ってしまいユーザーに広告を見られないからです。

また、サイトのデザインに合っていないサイズの広告も悪目立ちしてしまうので、サイズを変えて見ると、違和感なく自然にユーザーにクリックしてもらえるでしょう。

最後に、多くのサイトやブログの運営者がやってしまいがちなのが、広告をクリックしてもらいたいがために、広告をベタベタとたくさん貼ってしまうということです。

広告が多すぎてユーザーの利便性を下げたり、また、広告に嫌悪感を持っているユーザーが離脱してしまったりすると、広告は全くクリックされません。

広告の表示数を減らすのは勇気がいるかもしれませんが、思い切って広告の数を減らしてみるのも1つの施策です。

また、Googleアドセンスの収益が増え、アフィリエイト広告でも稼げるようになってくると売り上げの管理やどの商品から収益が発生しているのかなどが把握しにくくなります。

Googleアドセンス広告をクリックさせる手法について知りたい方は、Googleアドセンスクリックされない理由は?を読んでみてください!

そこでおすすめなのが複数のASPの案件・収益・Googleアドセンスからの収益を管理できるツールsmartASPです。

smartASPは無料でツールを使用できる他、上級者でも重宝する機能が豊富に盛り込まれています。

またGoogleアドセンス、アフィリエイト売り上げ管理ツールはsmartASPのみ。

これからGoogleアドセンスやアフィリエイトで収益を上げようと思ってる方は登録必須のツールと言えます。

無料で簡単に登録できるので、是非登録してみてください。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

まとめ:グーグルアドセンスのインプレッション収益とは?ページRPMとの違いは?

まとめ:グーグルアドセンスのインプレッション収益とは?ページRPMとの違いは?

このページでは、グーグルアドセンスのインプレッション収益や、ページのインプレッション収益との違いについて解説しましたが、いかがだったでしょうか。
このページの要点は以下になります。

  • グーグルアドセンスのインプレッション収益とは、広告の表示回数1000回あたりの見積り収益額のことである
  • ページのインプレッション収益とは、1000PVされたときの見積もり収益額のことである
  • ページのインプレッション収益を改善するためには、データを確認し改善を繰り返すことが大切である

ブログやサイトを運営し収益化する上で、グーグルアドセンスのインプレッション収益やページのインプレッション収益について理解し、その数値を改善していくことはかなり重要です。

グーグルアドセンスのインプレッション収益やページのインプレッション収益について、まだよくわからないところがあるという方は、もう一度解説部分を見返してみてください。

Googleアドセンスで稼ぎたいという人は、Googleアドセンスで稼げない理由を読んでみてください!

また、本格的なSEO対策をしたい方はサイト分析・競合分析などを効率化できるsmartASPを活用するのがおすすめです。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

コメントを残す