ブログで稼ぐ仕組みは?収入を得るために必要なことを解説

ブログで稼ぐ仕組みは?収入を得るために必要なことは?

「ブログで稼ぐ仕組みを知りたい」「本当に稼げるの?」とブログでどうやって稼ぐことができるのか気になりますよね。

今でもブログで稼ぐのは十分に可能ですが、稼ぐ仕組みや適切な手順を知らないと失敗する可能性が非常に高くなってしまいます。

そこで、複数のサイトを運営し、実際にブログで収入を得ている筆者が以下のことを解説します。

  • ブログで稼ぐ仕組みとは?
  • ブログで稼ぐために必要なことは?

このページを読めば、ブログで稼ぐ仕組みを理解することができ、ブログでの収益を増加させるのに役立つでしょう。

内容を簡単にまとめると・・・

  • 一番利用者の多いブログで稼ぐ仕組みは、クリック報酬型広告と成果報酬型広告からなる広告収入
  • プログラミングやSEOの教材をブログで販売して稼ぐこともできる
  • ブログのジャンルは一つに絞り、できれば詳しかったり本業の知識や体験が活かせる分野で始めるのがおすすめ
  • ブログで稼ぐための仕組み作りをするには、インターネット検索からのユーザー流入を確保できるSEO対策が非常に大切
  • SEO知識に自信がないという方は、SEO対策をサポートしてくれるsmartASPというツールを活用するのがおすすめ
  • smartASPはブログを分析し、自動で修正すべき記事を抽出してくれるので、SEO知識に自信がない人でも本格的なSEO対策が可能
  • さらに全ての機能が無料なので、まだ登録していない人は今のうちに登録しておくべき
smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

ブログが収入になる理由

ブログ収入で稼ぐ仕組みについて

ここでは、ブログで稼ぐための仕組みづくりについて説明しますがまだ自分のブログを持っていない方は、ブログの始め方を解説を見ながらブログを始めてみてください!

また無料ブログで始めて良いのかワードプレスで始めるべきかわからないという方は、ブログ初心者におすすめの無料・有料ブログサービスをご紹介を読んでみてください。

ブログで稼ぐためにはブログと収入を生む広告について知識が必要です。

ブログは優秀な広告メディアだから

多くの方はわからないことや知りたいことが出てきたときに検索してヒットしたオウンドメディアやブログで問題を解決するはずです。

ですからブログは読者に有益な情報を提供するメディアとして優れていることは体感的に理解している方は多いでしょう。

ですがブログは読者だけではなく、商品やサービスを販売したい広告主にも優秀なメディアなのです。

一昔前はテレビCMが広告の代名詞で影響力の強い媒体でしたが、2000年代からインターネットが普及することで娯楽の多様化が進み、ネット広告の需要が高まりました。

さらに2010年代にはスマホが生まれたことによって若者のテレビ離れが進み、視聴率が全体的に下がったことによってテレビCMの影響力も弱くなりました。

2018年に電通が発表した「2018年 日本の広告費」では、インターネット広告費は1兆7,589億円で地上波テレビの広告費である1兆7,848億円に迫っています。

いずれインターネット広告費がテレビ広告費を抜くことも時間の問題でしょう。

出典:dentsu-2018年 日本の広告費

当然ですが、アクセス数が多ければ多数の人に広告を見てもらえるため、その分商品やサービスの見込み客獲得や購入につながります。

また、アクセス数が多ければ、ブログを運営している人にもそれに応じた報酬が支払われることになります。

そのため、アクセス数が多ければブログを稼げる仕組みにできるわけです。

ブログのアクセス数を多くする方法についてはブログをアクセスアップさせる方法を解説を読んでください。

ネット広告の需要が大きいから

多くのユーザーがインターネットに時間を使うようになったため、ネット広告の需要は大きくなりました。

事実、2017年の時点で世界全体の広告市場においてネット広告は首位を獲得しています。

ネット広告市場では、スマホの普及からパソコン向けブラウザ広告よりもスマホ向け広告の勢いが強く、市場を牽引しています。

広告の種類では、ユーザーが検索したキーワードや検索の結果、趣味嗜好などを参考に自動で広告を出してくれるリスティング広告の需要が高く、多くのウェブサイトが利用。

リスティング広告は広告主が持つ商品やサービスのターゲットとなるユーザーに対して効果的にアピールし、かつ広告費は成果が出たときのみ支払えば良いという特徴があります。

広告主にとってネット広告は小さなリスクで大きなチャンスを呼び寄せることができるのです。

低リスク高リターンなネット広告の媒体となるブログも当然広告主からすれば貴重な存在。また、問題を解決したい多くのユーザーはブログから答えを得ようとします。

したがって、広告主とユーザーの需要が重なるブログは稼げる媒体といえるのです。

ブログで稼ぐ仕組み①Googleアドセンスなどのクリック報酬型広告(PPC広告)

ブログで稼ぐ手段の一つ目はアフィリエイト広告です。アフィリエイトを使用しているブログはアフィブログとも呼ばれており、この名前を目にしたことがある人も多いでしょう。

自分のブログにアフィリエイト広告を貼ることにより、企業の商品やサービスを紹介する機会を設けることによって収入を得る仕組みです。ブログで稼いでいる多くの人が利用している方法がアフィリエイト広告であり、一番メジャーな方法といえるでしょう。

アフィリエイト広告の中でも有名で利用している人も多いのがGoogleアドセンス広告。名前の通りGoogleが運用している広告で、自分のブログに広告枠を設置するだけで収入が発生するという手軽さが魅力です。ブログを見ていて四角い枠のバナー広告を見たことがありませんか?その多くがGoogleアドセンス広告です。

Googleアドセンス広告の仕組みで特徴的な点が、ブログを読む人の興味に合わせた広告を表示する点。ファッション関連のブログではファッションに関する内容の広告が表示されたり、ブログを読む人の閲覧履歴を遡って興味のありそうな広告を出すなどクリック率の高いと思われる広告を自動で表示してくれます。

Googleが自動判断で最適な広告を表示してくれる点は読者だけではなく、ブログ運営者にもメリットがあります。それは広告内容を選定せずに貼るだけで良いため、楽であるということ。つまり自分のブログに広告スペースを貸し出すだけで収入を得ることができるというわけですね。

とても簡単でかつ稼げるイメージのあるGoogleアドセンス広告ですが、注意しなければならない点が1点あります。それは審査に合格しなければ利用できないということ。合格の条件は明確に公表されていませんが、読者に有益となる記事が掲載されているブログであることが一番の条件であるという認識がメジャーです。

Googleアドセンス広告以外にも忍者Admaxやnendをはじめとした多数のアフィリエイト広告があります。それぞれ審査がない、スマホにだけ広告が表示されるなど特徴がありますが、収入を考えるとGoogleアドセンス広告がクリック単価30〜40円と一番高いためおすすめです。

ブログで稼ぐためにアドセンス広告を貼りたいと考えるのであれば、まずはGoogleアドセンス広告の審査に合格することを目標にしてブログを運営すると良いでしょう。

ただし、アドセンスのようなクリック報酬型広告は報酬が発生するまでのハードルが低い代わりに単価も低めのため、稼ぎにくいという点があります。クリック単価30円のアドセンス広告で3万円の収入を得るためには1,000クリック必要ですので、アクセス数を稼ぐことが重要になります。

ブログで稼ぐ仕組み②ASPやAmazonを使った成果報酬型広告

Googleアドセンスを代表するクリック報酬型広告は、ブログに掲載した広告のクリック数に応じて収入が入るという仕組みでした。それに対して、ここで説明する成果報酬型広告は、商品が売れたときにはじめて収入が発生します。

ASPとはAffiliate Service Provider(アフィリエイトサービスプロバイダー)の略。広告を出したい企業と広告を貼るブログ運営者の仲介を果たすサービスで、代理店や仲介業者のような存在です。

アドセンス広告はブログや読者の閲覧履歴を読み込んで自動で広告を表示する仕組みでしたが、成果報酬型広告はブログ運営者が登録されている広告から任意のものを選んでブログに掲載することになります。選べる広告にはそれぞれ報酬額が設定されており、100円程度のものから50,000円以上のものまで幅広く存在します。

成果報酬型広告は多くの商品を売ってくれるブログ運営者に対して、多くの報酬を得られる特別単価を提供するという仕組みがあります。50万円ほど売り上げを上げたり、商品に関するキーワードで検索上位に表示されているとASP担当者から連絡が来て特別単価がもらえて、売り上げを一気にあげることが可能です。

ASPは、Amazonアソシエイトなど一部のASPを除いて多くのものに審査がないため、ブログをはじめたばかりの方でも無料で登録できる点もメリットです。クリック報酬型広告はGoogleアドセンス一強の状態ですが、ASPの中ではPRESCOがトップクラスに報酬が高いため優先的に登録しておくのがおすすめです。PRESCOの案件をみて、自分のブログにあったものがなかったらほかのASPを確認してみるという流れで良いでしょう。

このようにブログで稼ぐ方法として主なものは広告収入になります。

この広告収入を稼げるようになってくると、それに伴って大変になるのが売り上げ管理です。

毎日各ASPにログイン・売り上げ管理画面に行ったり、Googleアドセンスの管理画面にアクセスして売り上げを確認しないといけないので、筆者の場合毎日1時間は取られていました。

そのため、これから稼ごうという人におすすめなツールがsmartASPです。各ASPやGoogleアドセンスの売り上げをこのツール1つで一括管理できるので、かなり売り上げ管理に割く時間を節約できます。

筆者の場合毎日1時間かかっていたのが、10分以下で終わるようになりました。ブログで稼ぐには無駄な部分は省いていくことが本当に大切なので、まだ使っていない人は登録しておくことをおすすめします。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

ブログで稼ぐ仕組み③純広告を使って商品やサービスの宣伝を行う

運営しているブログに多くのアクセス数があり、かつ名前が通っている場合はブログを目にした企業から広告を載せて欲しいという話が来る場合があります。これを純広告と呼びます。純広告では企業とブログ運営者の直接取引になるため、ASPは仲介しません。そのため、ASPを利用した広告よりも収入が多くなる傾向にあります。

純広告による直接取引のメリットはASPと比べて単価が大きくなるだけではなく、交渉が可能な点も挙げられます。交渉はブログ運営者の交渉スキルにもよりますが、上手く立ち回れば企業が提示した金額より多めにもらえる可能性があるでしょう。

また、企業の商品やサービスの広告を貼るだけではなく、紹介記事やレビュー記事を書いて欲しいと依頼が来ることもあります。紹介・レビュー記事執筆の依頼は専門的なブログに対してオファーが届きやすい傾向があり、例えばガジェット関連に特化しているブログであれば、最新のスマホやタブレットのレビュー記事依頼が届くなどです。

ブログを運営する場合、成果報酬型広告やクリック報酬型広告で稼ぐのが主流ですが、企業に対してブログ運営者から「広告掲載や紹介記事執筆を行います」と営業をかけるのも一つの方法としてアリでしょう。

ブログで稼ぐ仕組み④自分の商品やサービスを販売する

ブログで稼ぐ方法は、ここまで紹介した商品やサービスを売りたい企業の広告をブログに貼ることで広告収入を得るだけではありません。
ブログ運営者がイラストレーションやプログラミングといったスキルを持っている場合は、自分のブログでスキルを販売して収入を得る方法もあります。イラストレーションであればイラスト制作1枚○○円、イラスト指導○○円など自分のスキルに値段をつけて売るのです。

他にも自分の得た専門知識をまとめた本やイベント、オンラインサロンなど広告以外にブログで収入を得られるさまざまな方法が存在します。

自分のスキルや商品、サービスを売る方法は仲介業者が入らないため、多くの収入を得ることが可能です。

ここまでブログで稼ぐための仕組みについて解説してきましたが、他にもブログを収益化する方法は存在します。

詳しく知りたい方は、ブログの収益化について解説をご覧ください。

ブログで稼ぐ仕組み⑥本業の広告にする

ブログでの稼ぎ方はなにも広告収入だけではなりません。

ブログを本業の広告として使う方法もあります。

仕事の内容や仕事で得た知識、テクニックなどを記事として書くことによって、自分をPRするのです。

例えば本業でマーケティング職についている場合は、プロフィールにマーケターであることを記載したうえ、マーケティングに関する記事を作っていけばブログを広告代わりに使うことができます。

良質な記事を作ればマーケターを求めている人にとっては実力があり、しっかりと知識をアウトプットできる人材に映るでしょう。

すると本業に関する仕事の依頼を呼び込むことが可能になります。

PV数を稼ぐことによって仕事依頼の可能性を上げられますし、自分の知名度を広げることができます。

また、記事内容から人となりを伝えることも可能です。

ブログを自分の広告として使用する方法は、本業でもっと頑張りたい人や本業で稼ぎたい人に合致しているやり方といえるでしょう。

ブログで稼ぐための仕組みの作り方

ブログで稼ぐためにはいくつかの準備を行い、収入を得るための仕組み作りが必要になります。

では、具体的にどのような準備が必要になるのでしょうか?ここではブログで収入を手に入れられる仕組みの作り方について説明します。

ジャンルは特化しているほうが良い

仕組み作りの最初に行う作業はブログに掲載するジャンルを考えること。ブログには大きく分けて、一つのジャンルに特化してある特化型のブログとさまざまなジャンルを扱う雑記型のブログが存在します。

雑記型のブログはネタが固定されないため、多くの記事を作りやすいというメリットがありますが、Google検索で上位に表示されにくいというデメリットがあります。

一方、特化型のブログは雑記型のブログに比べて記事のネタに制限ができてしまいますが、ブログがGoogleから受ける評価が偏ることによって、検索順位が上がりやすくなります。かつ関連する記事が増えることで内部リンクを貼りやすくなり、1人の読者が何記事も回遊してくれる可能性が高くなります。そのため、何度もブログを訪れてくれるリピーターの読者もつきやすく、特化型のブログでは検索から入ってくる読者とブログのファンになった読者2つのアクセスが期待できるのです。こういったことから、収入面では雑記型のブログより特化型のブログの方が強いといえるでしょう。

ブログで稼ぐことを第一とする場合は執筆するジャンルを固定した特化型のブログを選択することをおすすめします。

情熱の持てるジャンル1つに絞る

ブログを運営する上で重要なのが熱意を持って続けること。稼ぐことを目標にブログ運営を開始しても、興味のないジャンルを取り扱ったブログでは続かない可能性が高いでしょう。ですから、特化型のブログを運営する場合は情熱を持って取り組める好きなジャンルを選ぶべきです。

例えば筋トレが好きなのであればトレーニングに関する記事を並べるブログを運営することは苦にならないはず。また、情熱を持てるジャンルは自然とさまざまな情報に関するアンテナを張るようになるので、必然的にブログのネタ収集にも苦労しなくなるというメリットも存在します。

好きなジャンルでは上位記事には掲載されていないオリジナリティの高い情報や視点を記事に盛り込める可能性が高く、魅力的な内容に仕上げられることでしょう。

本業について書いてみるという手段もおすすめ

本業についてブログを書くという方法も有効です。日々の仕事の中で得た知識は、同業種の人たちに向けた最適な記事になります。例えばブログ運営者がシステムエンジニアの場合、業務を行うにあたって技術的につまずいた箇所とその解消方法などを現場の人目線で解説すると、上部の情報だけ書いてある記事よりも役に立つ記事を書くことができるでしょう。

また、Googleは独自の視点や情報などユーザーが求めている内容を含んだ記事を高く評価する特性があります。そのため、本業に詳しい記事を書ける人は検索上位に記事を表示させやすくなり、ブログで収入を得るのに有利なのです。

また、ブログは本業のポートフォリオとしても使えます。例えばデザイナーの場合は今まで制作した作品を掲載することによって仕事の依頼につながるともあります。

読んでほしいユーザーを想定する

ブログに書くジャンルが決定したら、ブログを読んでもらいたいユーザー像を想定します。年齢や性別、趣向を考えて読者となるモデルを作り出すのです。

そして、作りだしたユーザーモデルはどのような悩みや関心を持っているのかという観点からニーズを考え、どんな検索キーワードを使うか想像を働かせて記事作りの方向性を決めることが重要になります。

ブログサービスの選定を行う

ブログを運営する上で、数多く用意されているブログサービスのうち、どれを利用するかはとても重要な選択です。それぞれ違った特徴や魅力を持っているため、情報を収集して自分にあったブログサービスを選択する必要があります。
ブログサービスの中でも代表的なのが以下の3つです。

  • WordPress
  • はてなブログ
  • ライブドアブログ

最初はWordPressです。WordPressは厳密にいうとブログサービスではなくCMS(コンテンツマネジメントシステム)と呼ばれるものです。

簡単にいうとブログを管理するアプリのようなもので、レンタルサーバーと独自ドメインを取得しなければ使うことができません。

使用するまでのハードルは高いのですが、他のブログサービスでは実現できない幅広いデザインのカスタマイズや機能拡張性を持っており、広告収入を得ている多くのブログで使用されています。

WordPressは自動的にページ構成やページ内容を検索エンジンが理解できるできるように内部対策が行われるためSEOに強く、記事を検索上位に持っていきやすいように作られています。

そのため、ブログで稼ぎたいと考えているのならばWordPressが一番おすすめです。

次に紹介するはてなブログはユーザー数も多く、人気のブログサービス。はてなブログの最大の特徴は「はてなブックマーク」と呼ばれるソーシャルブックマークの存在です。

はてなブックマークは、ユーザーがブックマークした記事を公開することによって共有・拡散できるためSEOに強いといわれています。

そのため、自分の書いた記事が他人の目に止まりやすくなり、アクセスを集めやすいというメリットが存在します。

また、はてなブックマークの特性上、バズりやすいという点も見逃せません。

最後にライブドアブログは、LINEを運営しているLINE株式会社のブログサービス。ライブドアブログはセキュリティが強固なので、ハッキングやブログ乗っ取りなどに対して心配不要。

また、サイトを検索上位に表示させるために重要な要素であるドメインパワーも強く、ブログで収入を増やすために必要となるアクセス数も稼ぎやすい構造になっています。

独自ドメインとレンタルサーバーを契約する

ドメインには自分でドメイン取得業者から有料で取得する独自ドメインとブログサービスで提供している無料ドメインの2種類があります。
ブログを運営して収入を得たいと考えているのならば独自ドメインを取得することをおすすめします。なぜなら現在の検索結果を見ると、独自ドメインは無料ドメインよりSEO的に有利だからです。

また、独自ドメインはブログのコンテンツを拡充させて育てていくことで検索エンジンから高く評価されるようになり、執筆した記事が検索上位に表示されやすくなります。
つまり、独自ドメインを使い続けることによってアクセス数をより多く稼ぐことが可能になるため、収入を向上させていくことが可能になるのです。

無料ドメインは該当するブログサービスが終了してしまうと使えなくなってしまいますが、独自ドメインは取得した人の所有物になるため、所有権を放棄しない限りずっと手元に残り続けます。

また、ブログ運営に必須となるレンタルサーバーは、さまざまな業者が運営していますが、そのなかでもエックスサーバーが特におすすめです。なぜならエックスサーバーは回線が高速であることから、ブログの読み込み速度も速くなるためSEOの面で有利だからです。

また、エックスサーバーはレンタルサーバーの貸し出しのほかにもドメイン取得サービスも合わせて行なっています。ブログ初心者の方は、レンタルサーバーとドメインの手続きで挫折する方もいるので、手続きは出来るだけ簡単にすべきです。そのため、当サイトではレンタルサーバーもドメインもエックスサーバーで取ることをおすすめしています。

エックスサーバーの公式サイトはこちら

\5分で登録/

ドメインの契約はこちらから

ブログの記事は3,000字以上書く

執筆する記事は3,000字以上が望ましいといわれています。なぜかというと長文であればGoogleの検索順位に関係する要素の「キーワードの網羅性」と「記事量の多さ」の面でGoogleから評価されやすくなるためです。

ユーザーは悩みや調べたいことをキーワードにして検索しますが、検索したキーワードに関連する内容を記事本文に書いておくことによって上位に表示されやすくなります。また、網羅性を高めようとすると必然的に文章が長くなるため、Googleからの評価が上がるという仕組みになります。

ブログ初心者が1記事あたり3,000字書くというのは骨の折れる作業ですが、続けることによって苦ではなくなる文字量ではあるので継続してみましょう。

ブログでさらに稼ぎたい場合に覚えるべきこと

ブログを使ってさらに収入を向上させたいと考えるのであれば、Webマーケティングに関係する知識を覚える必要があります。

SEOを学習してアクセスアップ

ブログに対してより多くのアクセスを集めたいと考えた場合に避けては通れないものがSEOに関する知識です。SEOは「search engine optimization」の略で、検索エンジン最適化を意味します。簡単にいうと、Googleなどの検索エンジン検索上位に記事を表示させるために必要となる知識です。

「ブログの記事は3,000字以上書く」で紹介したキーワードの網羅性や記事の情報量などはSEOに関係することで、他にも被リンクや内部リンクなどさまざまな要素があります。

詳しいSEO対策について知りたい方は、ブログのSEO対策について解説を併せて読んでみてください。

しかし、まだSEO知識に自信がないけど、SEO対策はしたい!という方もいますよね。

そんな方は、ブログの上位表示を助けてくれるsmartASPというツールを使いましょう。

smartASPはサイト分析、競合分析などを強力にサポートしてくれるので、初心者の方でも本格的なSEO対策が可能です。

無料なので、万が一使わなくなったとしても何も損をすることはないので、一度登録しておくのがおすすめです。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

アクセス解析ツールでブログの改善点を見つける

自分のブログを訪れる読者がどのようなキーワードを検索して来ているのか、どれくらいのあいだ滞在しているのかなどを調査して需要や改善点を見つけることもアクセス数を上げるために重要です。

アクセス解析ツールはさまざまなものがリリースされていますが、一番有名なものは「Googleアナリティクス」でしょう。GoogleアナリティクスはGoogleアカウントを持っている読者なら誰でも無料で使用することができます。

Googleアナリティクスを使えば読者が自分のブログにいる滞在時間や一つの記事を読んだあとブログから移動してしまうことを表す直帰率などを細かく調査することが可能になります。そのため、自分のブログにある問題点を確認できるようになるのです。

Googleアナリティクスを使いこなして問題点を改善することで、効率よくアクセスを集める施策を打つことができるようになります。

SNSを使用してアクセスを集める

TwitterやFacebook、InstagramなどのSNSは、自分のブログにアクセスを集めるために最適な媒体です。特に、ブログを始めたばかりの時点でSNSからユーザーを流入させると、順位が着くのが早くなります。フォロワー数が多いほどブログに対するアクセスを期待できるので、ブログ収入を向上させるためにはSNSでのフォロワー作りも重要です。

まとめ:ブログで収入を稼ぐ仕組み

まとめ:ブログ収入で稼ぐ仕組みについて

ブログで収入を得るために最初はGoogleアドセンス広告の審査をパスすることを目標に根気強くブログを更新しましょう。

Googleアドセンス広告を自分のブログに貼れるようになったらSEOを意識してアクセス向上に取り組むのがベターです。

ブログは開始してすぐに稼げる媒体ではありません。ブログが大きな収入になるまで時間がかかるため、気長に続けることを意識すると良いでしょう。

コメントを残す


CAPTCHA