発リンクとは?発リンクのSEO効果を詳しくご紹介!

発リンクとは?発リンクのSEO効果を詳しくご紹介!

「発リンクとは何?」「発リンクはSEOに効果があるのか」などといった疑問をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

実は、発リンクはあればいいわけでもないのです。

このページでは、実際に複数のメディアを運営し、多くのSEOに関する仮説検証を回してきた筆者が自身の経験を踏まえつつ、以下のことを解説します。

  • 発リンクとは?
  • 発リンクの利点とは?
  • 発リンクのSEO効果とは?
  • 発リンクのSEO効果を高めるためには?

このページをご覧いただければ、発リンクや発リンクのSEO効果を理解でき、ご自身のメディアを効率的に伸ばすことができるでしょう。

内容を簡単にまとめると・・・

  • 発リンクとは、自分のサイトから他サイトへのリンクのことをいう
  • 発リンクをすることによって、自分のサイトの信憑性を増すことができる
  • 同じドメイン内で発リンクをすることを内部リンクという
  • 順位をあげたい記事に内部リンクを集めると非常に有効
  • 一番おすすめの分析方法はsmartASPの内部リンク可視化ツールを使うこと
  • 他にも作業効率化機能や強力なSEO機能があるにも関わらず、全ての機能が無料
smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

発リンクとは

発リンクとは

発リンクとは、WEBサイトに内部や、外部のリンクを張り付けることをいいます。

それでは概要やメリットなどをご紹介します。

発リンクの概要

リンクには発リンクと被リンクの2種類があります。

他のWEBサイトから自分のサイトへリンクをしてもらうのが被リンク、自分のページから他のページへリンクをすることを発リンクといいます。

自分のページに発リンクを載せてしまうと、折角の訪問者が他のサイトへ流入してしまうのではないかという懸念がありました。

しかし、発リンクは信憑性の高いWEBサイトを載せることによって、ソースを明示することに利用できるのです。

Googleは年々WEBサイトに信憑性を求めており、ソースを載せることによって情報の信憑性が高くなることから、SEO対策に繋がるのです。

またGoogleだけでなく訪問者にとっても安心できるWEBサイトである、といった評価につながるのです。

Googleガイドラインでの発リンクの定義

発リンクはGoogleガイドラインでは「1ページのリンクを妥当な数に抑えます(最大で数千個)」となっています。

つまり1ページに載せるリンクは妥当な数でなければ、評価が下がるだけでなく、ペナルティを受けることもあるのです。

しかし通常のWEBサイトでリンクが1,000を超えることはほとんどないので、それほど気にする必要はないでしょう。

発リンクの利点とは

発リンクの利点とは、公的機関など信頼度の高いWEBサイトをリンクすることで情報源にすることができ、WEBサイトの評価を高めることができます。

そして、被リンクのように一時的なSEO対策ではなく、長期的なSEO効果を期待することができるのです。

また、さらにSEO対策をしたいという方にはsmartASPがおすすめです。

smartASPは自動でサイト分析をし、修正すべき記事を抽出してくれるだけでなく、SEOで最重要と言っても過言ではない内部リンクを可視化できます。

また、競合サイトの内部リンクを可視化できるのは日本で唯一smartASPだけです。

さらに全ての機能が無料で、損をすることもないためまだ登録していない方は今のうちに登録しておきましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

発リンクのチェックをするには

発リンクのチェックをするには

折角発リンクをしても、効果がなければ意味がありません。

Googleなどで上位表示されるにはさまざまな要素があるため、発リンクのチェックをすることが大切です。

発リンク比率評価チェックツール

発リンクをチェックするためにはチェックツールを使うと便利です。

さまざまなツールがありますが、SEOチェキがおすすめです。

SEOチェキでは検索順位やキーワード出現頻度、また発リンクチェックをすることができます。

同じキーワードでどのようなWEBサイトが上位に表示されているのかがわかるのが特徴です。

そのため、自分のページがどこが足りないのか、どのような工夫をしたら上位表示されるのかなど勉強をすることができるのです。

自分のページの発リンクなどを確認する利用方法はURLを入力するだけと簡単です。

Googleに上位表示されるためには、さまざまな要素があるため上位表示されるために、自分のWEBサイトに足りない内容を修正する必要があります。

修正点を知るためにも、チェックツールを使って定期的にチェックをすることが大切となります。

発リンクと被リンクの違いとは

発リンクと被リンクの違いとは

被リンクは他のWEBサイトから、自分のWEBサイトにリンクしてもらうことで、読者を誘導するものです。

そのため、SEO効果があるといわれています。

発リンクはSEOに直接効果があるわけではないのですが、被リンクにはない大きなメリットがあります。

以前は発リンクをすることでリンク先のWEBサイトの価値をあげてしまう、つまりリンクジュースを流してしまうことになるためSEOの効果は少ないといわれていました。

しかし、現在では発リンクをはることで、WEBサイトの評価をあげることができるのです。

被リンクの特徴

被リンクは他のWEBサイトにあなたのURLに飛べるよう、リンクを張ってもらう方法です。

そのため他のサイトへの訪問者が自分のWEBサイトに訪問してもらえる可能性があります。

つまりSEO対策に直結しているリンクだといえます。

被リンクと比べた発リンクのメリット

被リンクは他のWEBサイトから自分のWEBサイトへのリンクをしてもらうことであり、SEO対策に直接つながります。

一方で発リンクをしたからといって、直接的なSEO効果があるわけではありません。

しかし発リンクには大きなメリットがあります。

それは政府など公式の団体や企業が発表している数値を載せているWEBサイトを発リンクすることで、正しい情報であると認識してもらうことができるのです。

Googleは近年数値や情報が正しいWEBサイトを高く評価するようになっており、特に健康関連のWEBサイトではソースが非常に重要になります。

ソースが信頼できるWEBサイトであれば、WEBサイトの信頼性が高くなることになりGoogleの評価が高くなり、SEO対策につながるのです。

同ドメインと他サイトへの発リンク

同ドメインと他サイトへの発リンク

発リンクには、同ドメインにリンクする内部リンクと他サイトをリンクする2種類があります。

同じドメインに発リンクをする

被リンク同じくらいSEOで重要なのが内部リンクです。

具体的には、順位をあげたい記事に内部リンクを集めると非常に有効です。

ちなみに、具体的に内部リンクをどう当てるべきか知りたいという人は、実物を見ながら勉強するのが一番です。

つまり、カテゴリー分けと内部リンクを分析する必要があり、一番おすすめの分析方法はsmartASPの内部リンク可視化ツールを使うことです。

smartASPの内部リンク可視化ツールを使えば以下のように、参考になるサイトがどのように内部リンクを張っているのか一発でわかります。

内部リンク可視化ツール

他にも作業効率化機能や強力なSEO機能があるにも関わらず、全ての機能が無料なのです。

万が一使わなくても損はないので、smartASPを使うかどうかわからないという方でも、とりあえず登録しておきましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

他サイトに発リンクをする

一方で、他のサイトに誘導するような発リンクをすることもできます。

主にWEBサイトの内容を証明するようなサイトに発リンクをすることが多いです。

発リンクがソースとなるため、WEBサイトの信頼性が高まり、結果的にSEO対策へとつながります。

発リンクのSEO効果とは?

発リンクのSEO効果とは?

発リンクは被リンクのような直接的なSEO効果があるわけではありません。

しかし発リンクには被リンクと違った方法で、SEO効果があるのです。

被リンクにおけるSEO効果との違い

被リンクは他のWEBサイトから、自分のWEBサイトにとべるようにリンクを載せることにより訪問者を増やす目的があります。

そのため直接的なSEO効果があります。

被リンクに比べて、発リンクは直接的な効果はないのですが、発リンクには上記のように、WEBサイトの信頼を高める効果があります。

発リンクとSEOペナルティ

発リンク先の信頼性が重要なのですが、あまりに信頼度が低いサイトをリンクしている場合は、SEOペナルティを受け逆にWEBサイトの信頼度を下げることになります。

それほど信頼性のあるWEBサイトを、発リンクすることが重要なのです。

発リンクのSEO効果を高めるために

発リンクのSEO効果を高めるためには、数と質の両方必要です。

特に発リンクの大きな目的がWEBサイトの信頼性を高めるといったことから、リンク先が信頼できるサイトであることが重要となります。

政府や公的機関などの権威あるページを発リンクし、コンテンツの内容をより信頼性をあげることにより評価をあげることになるのです。

一度評価をあげることができると、一時的ではなく長期的なSEO効果があるといえます。

発リンクとnofollowの関係

発リンクをする上で、最も気を付けなければいけないのはリンク先のWEBサイトの質です。

リンク先のWEBサイトが突然有料サイトになったり、アダルトなどの有害サイトであれば発リンクをはっているWEBサイトの評価も下がります。

そうならないように、発リンクにnofollowを付けることによりGoogleの図式からnofollowを付けたリンクが除外されるのです。

Googleでは以下のようなサイトには、nofollowをつけるように推奨しています。

  1. 信頼できないサイト(アダルトサイトなど)
  2. 有料なサイト
  3. クロールの優先順位をさげたい場合

まとめ:発リンクとは

まとめ発リンクとは

発リンクについて解説しましたがいかがだったでしょうか。

このページのポイントは以下の通りです。

  • 発リンクとは内部また外部のリンクを自分のページに載せること
  • 発リンクをすることで、ソースを載せることができること
  • Google評価をあげるためには、信頼できるWEBサイトである必要があること

SEO対策をするために被リンクばかりが注目されがちですが、Googleなどで上位表示されるためにはWEBサイトが評価されなければいけません。

そこで発リンクの知識はかなり重要になります。発リンクについてまだよくわからないことがあるという方は、もう一度解説部分を見返してみてください。

また、本格的なSEO対策をしたい方はサイト分析・競合分析などを効率化できるsmartASPを活用するのがおすすめです。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

コメントを残す