h1タグとは?SEOとの関係や使用の際の注意点を解説

h1タグとは?SEOとの関係や使用の際の注意点を解説

運営しているサイトをより多くの人に見てもらうためには、適切なSEO対策をする必要があります。

検索順位を最適化するためにも必要とされるSEOは、正確な方法が公表されている訳ではないため確実性のあるものではありませんが、これまでのインターネット発達とともに多数の検証がなされてきました。

そうした中で複数考えられてきた現在のSEO対策の中でも、今回ご紹介するh1タグは重要度の高いものとなっています。

ですが、重要視されるSEO対策とはいえ、きちんとh1タグについて理解されていない方もいるのではないでしょうか?

今回はそんな方に向けて、h1タグについてを詳しく解説していきます。

  • h1タグとは
  • SEOとの関係
  • h1タグ使用時に気をつけること

この記事を通して、h1タグについてをしっかり網羅できますので、是非最後まで目を通してみてください。

 

内容を簡単にまとめると・・・

・h1タグとは見出しを記述するタグ
・h1タグは1度しか使えない
・見出しは階層構造になるように使うことが大切
・しっかり使えると間接的にSEO対策になる
・SEO対策なら数あるツールの中でも無料smartASPがおすすめ
smartASPなら効率よくSEO対策を行うことが出来る

smartASP

 

h1タグとは?

h1タグとは

htmlタグの概要

h1タグとは、見出しを記述するための一番重要なhtmlタグです。

webページは、html言語と呼ばれるコードを用いて作成されます。

このhtml言語は簡単にいえば、文字・文章を表示するための言語であり、各webページはこのhtmlが使用されています。

そのhtml言語の中の一つの要素でもあるのが、htmlタグです。

Webページを作成していく際には、ページ内のコンテンツをわかりやすく構成していくためにも、htmlタグを用いた見出しが使用されます。

このページ内にもいくつかの見出しを利用していますが、「h1タグとは?」「h1タグとSEOの関係」といったものがhtmlタグを用いた実際の見出しになります。

これは詳しく言えばh2と言われるものです。

タグはh1~h6まで、6つのタグが用意されており、数字が小さいタグほど重要度の高いタグとして検索エンジンに判断される仕組みです。

特に、h1タグはページ内で一番重要度の高いコンテンツが何かを示す役割を持っているため、最上級のタグとして扱われます。

titleタグとの違い

h1タグと同様に考えられやすいものとして、titleタグがあります。

titleタグは検索ページに表示されるページのタイトルです。

それに対してh1タグは、ページ内の見出しとして使われるものとなります。

厳密にはもっと専門的な違いがあるのですが、titleタグが検索ページでユーザーがサイト閲覧を行うかどうかの判断材料ともするのに対して、h1タグはあくまでもページ内の見出しの一部であるといった違いがあります。

また、altタグも重要なタグです。

詳しく知りたい方は「altタグとは」の記事を参考にしてください。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

h1タグとSEOの関係

h1タグとSEOの関係

数年前までは検索順位として直接的な効果があったh1タグですが、現在では検索順位へ直接的な影響を及ぼすものではないとされています。

とはいえ、全くSEOと関係がない訳ではありません。

h1~h6の見出しタグは、ページ内のコンテンツ構造をわかりやすくするために用いられます。

そのため、検索エンジンに対してサイトのコンテンツがどのような構成かや、特にh1タグで重要なコンテンツが何かを示す役割を果たします。

また、検索ユーザーに内容をわかりやすく伝えることができるため、うまくコンテンツ内容を評価してもらうことができれば、検索エンジンにもサイトの有用性を示すこともできます。

昨今Googleの検索エンジンは、ユーザーファーストでのアルゴリズムが開発されてきました。

そのため、ユーザーに有益なサイトやページであればあるほど、しっかりと評価してもらいやすい傾向があります。

h1タグをはじめ、各タグをうまく活用することでわかりやすく有益な内容のページが作成できれば、間接的にサイトの順位アップを図っていくことができます

そうした意味で、直接的なSEOの関係はないものの、間接的にSEOと関係するため正しい使い方をすることで、SEOの効果を発揮させることができるのです。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

h1タグで気をつけること

h1タグで気をつけること

これらのことを踏まえて、実際にh1タグを利用する際には、どのようなことを注意すべきでしょうか?

ここからは、具体的に気をつけていきたい点についてを解説していきます。

気を付けるべき点

・タグの順番
・h1タグの複数回使用
・文字サイズ変更としての使用
・内容

タグの順番

先ほどもお伝えした通り、htmlタグにはh1~h6まで6つのタグが用意されています。

このタグを使用して見出しを作成する際には、基本的に1~6まで順番に使用していくことが大切です。

例えば、このページの内容を例としてあげると以下のような順番になります。

<h1>h1タグとは?SEOとの関係や使用の際の注意点を解説<h1>

<h2>h1タグとは?<h2>

<h3>titleタグとの違い<h3>

<h2>h1タグとSEOの関係<h2>

<h2>h1タグで気をつけること<h2>

<h3>タグの順番<h3>
<h3>h1タグの複数回使用について<h3>
<h3>h1タグの文字数<h3>
<h3>文字サイズの変更としての使用<h3>
<h3>内容<h3>

<h2>まとめ:h1タグとは<h2>

このように、順番になるようにタグを使用していきます。h1タグは一番重要なコンテンツを表すため、ページの最初に持ってくるようにしましょう。

また、以下のように使用すると間違った使い方となってしまうので、注意が必要です。

<h3>h1タグとは?<h3>

<h2>titleタグとの違い<h2>

<h4>h1タグとSEOの関係<h4>

<h2>h1タグで気をつけること<h2>

タグの順番が前後することがないように、気をつけながら使用しましょう。

h1タグの複数回使用

h1タグの使用については、特別に上限が設けられている訳ではありません

ですが、特段SEOやサイト作成に詳しい訳でなければ1ページ内にh1タグ1つを使用するようにしてください。

  • ページの中で一番大切な内容を伝えるもの
  • 一番重要な役割を示すもの

といった属性をh1タグは持っていますので、特に初心者の方はh1タグを乱用せずに、ページ内に1つにしてわかりやすいページ作成を目指しましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

h1タグの文字数

先述した通り、h1タグがページ内の見出しとして使用されるのに対して、titleタグが検索順位に表示されるページタイトルといった役割を持ちます。

titleタグは、検索エンジンで最大32文字まで表示させることができます。

そういったことから、32文字以内で記述することを心がけてみてください。

文字サイズの変更としての使用

各見出しタグはサイトの構成をわかりやすくするための、重要な役割を担うものです。

そのため、文字サイズを大きくしたいといった思いや、h1タグの方がオシャレだからといった思いで使用することは避けてください

特に初心者の方が陥りがちですが、それぞれのhタグは実際に文字サイズが変更されます。

また、設定しているテンプレートによって見出しのデザインも違ってきます。

こういったことから、順番や役割を意識せずに安易に見出しタグを使ってしまう場合があるのです。

そういった見た目重視での使い方をすると、サイトの評価を下げかねませんので、特に注意してください。

内容

h1タグ内に入れる内容としては、狙うキーワードを入れることを忘れないようにしてください。

検索エンジンはページの中で特に重要なコンテンツ内容が何かをh1タグから把握します。

そのため、記事作成時にベースとしたキーワードをh1タグに挿入することは欠かすことができません。

このようなちょっとした部分でも、SEO対策としては地道に積み重なりますので、キーワードを入れることを忘れないようにしてください。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

まとめ:h1タグとは

まとめ:h1タグとは

今回はh1タグがどのようなものかについてをまとめてきましたが、いかがだったでしょうか?

改めて内容をまとめると

  • 各見出しの中でも一番重要なタグ
  • titleタグとは違った働きをする
  • SEOには間接的に関わるため、無視できない
  • 特に順番や見た目目的での使用に注意する

先ほどもお伝えしたように、特に初心者の方はデザイン・見た目目的で各見出しを使ってしまうことがあります。

そうなってしまっては、サイトへ悪影響を与えかねません。

今回の記事をぜひ参考にしていただきながら、各タグの正しい使い方をマスターしてみてください。

また、効率よくSEO対策を行いたい方にはsmartASPがおすすめです。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

コメントを残す


CAPTCHA