Googleペナルティとは?原因や確認方法、解除の仕方までを解説

Googleペナルティとは?原因や確認方法、解除の仕方までを解説

「Googleペナルティとは何?」「Googleペナルティの原因や確認方法が知りたい」という方も多いでしょう。

実は、適切な改善策、予防策を打つことによってGoogleペナルティを受けることを防ぐ、また既に受けてしまっていたとしても解除させることができます。

このページでは、実際にメディアを運営し、一度はGoogleペナルティを受けるも適切な対処によって利益を再び上げた経験のある筆者が以下について詳しく解説していきます。

  • そもそもGoogleペナルティって何?種類は?
  • Googleペナルティの確認方法・解除方法は?
  • Googleペナルティを回避する方法は?

もしあなたが今Googleペナルティに引っかかっており、改善策を探しているのであれば、この記事を読むだけで有効な施策を打つことができます。

もしくは、今Googleペナルティを回避するために前もって予防策を打ちたいと考えているのであれば、この記事を読むだけで万全の予防をすることができます。

内容を簡単にまとめると・・・

  • Googleペナルティはガイドラインに違反しているwebサイトに対してGoogleが課す処罰のこと
  • Googleペナルティは手動ペナルティと自動ペナルティの2つに分かれる
  • ペナルティを解除するにはガイドラインの違反箇所を改善する必要がある
  • 全ての問題箇所を改善したとしてもペナルティが解除されるのはクローラーの巡回が終わり、自サイトに問題がないと判断されてから
  • そもそも、ペナルティになりそうなSEO対策をしないことが大切
  • SEO対策をするなら無料のツールのsmartASPがオススメ
  • smartASPは自動でサイト分析をし、修正すべき記事を抽出してくれる
  • SEOで最重要と言っても過言ではない内部リンクを可視化
  • また、競合サイトの内部リンクを可視化できるのは日本で唯一smartASPだけ
smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

Googleペナルティとは

Googleペナルティとは、Googleがオフィシャルに発表している「ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)」に準拠していない、もしくは違反しているwebサイトに対してGoogleが課す処罰のことです。

Google公式は「ペナルティ」という用語を使わずに「対策」や「アルゴリズム」といった表現をしていますが、なされる対処の内容から一般的にはペナルティと呼ばれています。

これを受けてしまうとインデックスの削除をされたり、検索エンジンから検索順位を下げられたりと、Webサイトにとって非常にダメージの大きい処罰を受けてしまいます。

Googleペナルティの原因

Googleペナルティの原因

Googleが公式に発表しているガイドラインを確認すると、Googleペナルティの原因と考えられるものはおおまかに分けると2種類存在します。

オリジナル性の無い低品質なコンテンツ

当然のことですが、なにか別のものに酷似コンテンツが蔓延することによって、そのオリジナルを作ったサイト作成者が不利益を被ります。

繰り返しになりますが、オリジナル性に欠けるコンテンツは長期的に見ると何も良いことが無いため、避けるようにしましょう。

そのため、

  • 自動生成されたコンテンツ
  • 内容の薄いアフィリエイトページ
  • ほぼ同内容で複数生成されたコンテンツ
  • 他サイトから無断で内容をコピーしているサイト
  • 商品紹介やレビューをコピーしただけの独自性が無いアフィリエイトサイト

などの要素を含むとGoogleに判断されたwebサイトはGoogleペナルティを課される可能性があります。自サイトに以上の要素を含むコンテンツが無いようにしましょう。

不自然なリンクが貼られているサイト

質の高いコンテンツを持っているサイトは自然と他のサイトからリンクが張られます。

Googleは確かに沢山のリンクが張られているサイトを高く評価しますが、そのような評価を誘導するためにリンクを意図的に操作しているサイトには処罰を下します。

具体的には、

  • 無意味な相互リンクを大量に張り合っているサイト
  • 質の低いブックマークサイトやディレクトリからのリンク
  • アフィリエイトサイトからのリンク
  •  報酬を与えてレビューをしてもらい張ったリンク

などが挙げられます。

他にも隠しテキストや隠しリンク(背景色と同化させることによってユーザーには分からないが検索エンジンには分かる文章等を差し込むこと)などの、キーワードを大量に詰め込む行為もペナルティの原因になりえます。

このことから、ペナルティを受けないSEO対策が一番効果的であるとわかっていただけたでしょうか。

具体的なSEO対策については、以下の記事が参考になりますので是非読んでみてください。

SEO対策とは?基本と具体的な手法を解説

しかし、SEO対策は簡単なものばかりではありません。

そこでオススメなのがsmartASPという無料のツールです。

smartASPは客観的な数字を元に修正すべき記事を抽出してくれるため、SEO知識に自信がないという人でも本格的なSEO対策が可能です。

また、競合分析も効率化してくれるため、非常に便利です。

無料なので、万が一使わなかったとしても損をすることはないので、まだ使っていない人は1度使ってみることをおすすめします。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

Googleペナルティの種類

Googleペナルティの種類

Googleペナルティの対象になるとある日突然検索結果の順位が下がったり、インデックスの削除がなされたりとサイトに悪影響をもたらします。

このペナルティの種類は大きく分けて2つあり、重いものは「手動ペナルティ」、軽いものは「自動ペナルティ」です。

手動ペナルティ

名前通り手動ペナルティはGoogleの人間が直接webサイトを確認し、ウェブマスター向けガイドラインに違反していると判断した場合、手動ペナルティを課します。

webサイトはこれに引っかかると検索順位で圏外になってしまったり、インデックスが削除されてしまいGoogleにwebページとして登録されない状況になってしまいます。

この通り手動ペナルティは主に重い処罰を下します。

自動ペナルティ

対して自動ペナルティは、Googleのアルゴリズムが自動でガイドラインに違反しているサイトを検出し、スパムと見なして検索順位を下げています。

一般的に自動ペナルティは手動ペナルティよりも軽い処罰であるということを前述しましたが、自動ペナルティであってもWebサイトの順位が圏外まで飛ばされてしまうことがあります。

そのため、この二種類のペナルティにはさほど大きな処罰の重さの差はないと考えてよいです。

Googleペナルティの確認方法は?

Googleペナルティの確認方法は?

上にペナルティの種類とその内容を示しましたが、この2つは種類によってペナルティの確認方法が異なります。

手動ペナルティのとき

手動ペナルティを受けると、Googleからその旨を伝える通知があります。

Google Search Consoleの「メッセージ」もしくは「手動による対策」で確認することができます。

もしこれらの2つによって手動ペナルティの存在を確認したら、必ずその原因を取り除くようにしましょう。

Googleはサイトのどういった部分がペナルティの対象だったのかということを記載してくれます。

指摘どおりに問題のあるコンテンツやリンクを改善したら、Googleに「ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)に違反していない」という旨とともに再審査リクエストを送信しましょう。

再審査リクエストがGoogleに受理され、違反が改善されており問題がないと判断されると、手動ペナルティが解除されます。

この時点で検索順位やインデックスについても元通りになるでしょう。

また、手動ペナルティには、問題を放置していても解除される場合があります。

しかし、これではサイト自体が改善されたわけではないため再びペナルティを課される可能性があります。

Googleからペナルティの通知が来た時点で問題点をしっかりと潰していきましょう。

自動ペナルティのとき

自動ペナルティのときは、手動ペナルティのときとは違いGoogleからの通知がありません

当然どこが問題点であるかも通知されないため、自サイトのトラフィック(データ量)が急に減る、自サイト名で検索するとトップページ以外のページが上位に表示されていたなどの現象が起きたときは自動ページ全体を見直しながら違反していると思わしき部分をコツコツと改善していく必要があります。

さらに、自動ペナルティの場合は手動ペナルティと違い再審査リクエストを送ることができないため、クローラーの巡回を待ち、再びアルゴリズムに評価されることを待つのみとなります。

ショッピングサイト等の場合、自動ペナルティを受けてしまうと売上に直結してしまうため致命的です。

このような状況に陥った場合でも落ち着いてトラフィックが減った理由を確認し、さらにウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)のどこに違反しているのかを確認しましょう。

また、本格的なSEO対策をしたいという方にはsmartASPという無量のツールがおすすめです。

smartASPは客観的な数字を元に修正すべき記事を抽出してくれるため、SEO知識に自信がないという人でも本格的なSEO対策が可能です。

また、競合分析も効率化してくれるため、非常に便利です。

無料なので、万が一使わなかったとしても損をすることはないので、まだ使っていない人は1度使ってみることをおすすめします。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

Googleペナルティの解除方法

Googleペナルティの解除方法

不自然なリンクの確認、改善

Googleは現在のリンクの中でガイドラインに違反している不適切なリンクの例を教えてくれます。

そのような不自然なリンクを消す、もしくはnofollow(検索エンジンに対して、このリンクは無効化してくださいと伝える)を用いてリンクパワーを無効にする必要があります。

しかし、このリンクは前述の通り例であり一部であるため、不自然とみなされるリンクに関しては他にも自分の力で探す必要があります。

また、Google Search Consoleを用いるとリンクを否認することができます。

Google Search Consoleの使い方を知らない方は「Google Search Consoleとは?」の記事を参照してください。

手順としては

  1.  サーチコンソールにログインし、該当する自サイトのURLをクリックして選択したら、左のメニューから「リンク」をクリック。
  2.  リンクに関する情報が表示されるので、外部リンクをスクロールします。「上位のリンク元サイト」が出てくるので「詳細をクリック」。
  3.  各URLにカーソルを合わせるとサイトに飛べるので、それらを実際に確認。確認が終わり次第下に向いている矢印をクリック、「CSVをダウンロード」を選択します。
  4.  CSVをメモ帳で開くと、一行ごとにURL、リンクしているページ数、ドメイン数が表示されるので、URL以外を削除する。
  5.  全ての被リンクを削除してしまうと、自サイトにプラスに作用していたリンクすらも消してしまうので、消す必要のないサイトのURLの先頭には「#」を、消したいサイトのURLには先頭に「domain:」を付ける。
  6.  編集が終わり次第.txtファイルで保存。
  7.  サーチコンソールにログインした状態で、以下のリンク否認ページにアクセス。
  8.  対象ドメインを選択、「リンクの否認」をクリック。6で保存した申請用.txtファイルを選択したのち「送信」ボタンをクリック。

この後はリンクの否認ページに赤字を交えた表示が追加されます。

ここから1週間から10日ほどで処理が完了します。処理が完了した後も、「外部からのリンク」には表示し続けるため、そこについては注意しておきましょう。

再審査リクエスト

前述の通り、手動ペナルティの場合は再審査リクエストを送信することができます。

自サイトに存在する問題を取り除いた後、Google Search Consoleにて再審査リクエストを行うと、Googleが問題箇所が適切に直されてガイドラインに沿ったものになっているかを確認してくれます。

再審査に落ちた場合

再審査リクエストを送ったものの落ちてしまった場合、Googleからその旨を伝えるメッセージが届きます。

どこを直せばいいのかについて、おおまかな指標を示してはくれますが、詳細な改善点をGoogleは示してくれないため、再度自分で改善箇所を探す必要があります。

自動ペナルティの場合

自動ペナルティの場合、通知やメッセージがGoogleから送られてくるということはなく、自分でどこがガイドラインに反しているかなどを探して改善する必要があります。

ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)をよく読んでおきましょう。

自動ペナルティは手動ペナルティのように再審査リクエストなどのアクションを起こすことができず、クローラーの巡回を待つのみとなります。

ただし、修正箇所がGoogleに認識されたとしても、ペナルティ解除に少なくとも数ヶ月はかかってしまうことが多いです。

つまり、ペナルティを受けないSEO対策を行うことが大切なのです。

ですが、「SEO対策は難しい」と思っている方も多いと思います。

そこでオススメなのが無料のSEO対策ツールであるです。

smartASPは自動でサイト分析をし、修正すべき記事を抽出してくれるだけでなく、SEOで最重要と言っても過言ではない内部リンクを可視化できます。

また、競合サイトの内部リンクを可視化できるのは日本で唯一smartASPだけです。

さらに全ての機能が無料で、損をすることもないためまだ登録していない方は今のうちに登録しておきましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

Googleペナルティを受けないためには

コピペはしない

Googleの人間によってなされる手動ペナルティには「価値のない質の低いコンテンツ」というスパム判定が存在します。

これは主に独自性に欠けるコンテンツに下されるペナルティで、具体的には商品紹介などで公式が発表していることと同じことだけを書いたコンテンツ、また他のアフィリエイトサイトの文章のコピーがこれに該当します。

ユーザーからしてみれば他のサイトと類似しており特段の独自性も無いため「このサイトで買う特別な理由がない」と判断します。

そしてGoogleはこのようなコンテンツを「価値がなく質が低い」とみなし、ペナルティを下す可能性があります。

他サイトや公式サイトのコピーをするとペナルティの対象になるだけでなく、オリジナルのページよりも順位が上に行くことはほとんどないので、コピペは絶対にせず自分の文章で独自性を出すようにしましょう。

SEO業者の被リンクを購入しない

被リンク販売の業者からリンクを購入すると一時的には順位が上がるかもしれませんが、中長期的に見るとペナルティの対象になりかえって順位が下がる可能性があるので被リンクの購入はやめましょう。

2017年時点でGoogleのウェブマスタートレンドアナリストであるゲイリー・イリーズ氏が「ブログ記事内からのリンクを販売する業者から被リンクを購入することは窓からお金を投げ捨てることと同じだ」と発言しています。

公式が既にこのような声明を出している以上、あえて被リンクを販売業者から購入するのは悪手でしかなく、本末転倒であるのは明らかです。

さらにイリーズ氏は「Googleのシステムはこれらの金銭によって購入されたリンクや、操作されたリンクを無視するのが上手くなってきている」と発言しています。

繰り返しになりますが、これは2017年時点での情報です。

不当に得たリンクの対処に関する機能が当時と比べて進歩しているのは確かでしょう。

システムの穴を突くようなSEO対策ではなく、Googleやユーザーが求めているような良質なコンテンツを提供するように心がけましょう。

SEO業者から被リンクを購入するのはやめましょう。

上にもある通り独自性のあるコンテンツを地道に積み上げ、適切なSEO戦略をなせば必ず結果や被リンクはついてきます。

そして、そのようなSEO対策を行うなら無料のツールであるsmartASPの利用をオススメします。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

更に詳しく知りたい方は、「相互リンクとは?注意したいペナルティの条件」を参照してください。

短期間に多くの相互リンク、自作自演リンクをしない

リンクを増やすためだけに全く無関係のサイトとリンクをするのはやめましょう。もちろん関連性のあるサイトとリンクするのは問題ありません。

また、自作自演リンクもやめましょう。

このやり方は上にある「SEO業者から被リンクを購入する」という手法と合わせてブラックハットSEOと呼ばれ、検索エンジンの穴を突きWebサイトの検索順位を不当に上げるというものです。

確かに短期間で順位を上げることができるのかもしれませんが、本当の意味で結果を出したければこの手法は避けましょう。

Googleは検索順位が健全なものになるように日々アルゴリズムにアップデートを施しています。

ブラックハットSEOもいずれ完全に淘汰される時が来るかもしれません。

誠実にサイトを運営することを心がけたほうが結果としてはプラスに作用するでしょう。

また、特段SNSでバズを起こしたわけでもないのに短期間で被リンクが大量につくこともGoogleから見ると不自然です。

短期間に大量の相互リンクなどの被リンク施策をすることは避けるべきだと言えます。

隠しテキスト・隠しリンクを入れない、またキーワードの入れすぎに注意する

隠しテキスト・リンクとは、ユーザーがブラウザ上では確認することはできないが、検索エンジンは読むことのできるテキスト・リンクのことです。

h1が隠れていたり、テキストが背景色と同化していたり、文字が見えなくなるくらいまでテキストサイズを下げて仕込む事がほとんどです。

このように不当な手段で検索順位を上げようとしても、Googleにはすぐに見抜かれてしまいます。

昔ほどこの手法を使っているサイトは無いようですが、隠しテキスト・リンクはこれからも使わないようにしましょう。

またキーワードの詰め込み過ぎにも注意してください。

詳しく知りたい方は、「隠しリンクとは?実はペナルティの対象に?

まとめ:Googleペナルティの確認方法と解除方法

まとめ:Googleペナルティの確認方法と解除方法

Googleペナルティの確認方法と解除方法について解説しましたがいかがだったでしょうか。

このページの要点は以下になります。

  • Googleペナルティは手動ペナルティと自動ペナルティの2つに分かれる
  • 手動ペナルティはGoogleの人間によって行われる重い処罰であり、Googleから処罰を受けた旨のメッセージが届く
  • 自動ペナルティはGoogleのアルゴリズムによって行われる軽い処分であり、手動ペナルティとは違い処罰を受けても通知はない
  • 手動ペナルティの場合、Googleがどの箇所がガイドラインに反しているかを教えてくれるため(全てではないため他にも自分で探す必要がある)、その箇所を修正した後に再審査リクエストを送る必要があります。
  • リクエストを送信してからペナルティが解除されるまでの期間は、実際の数値ではありませんが隠しテキスト・リンクで30日程度
  • 全ての問題箇所を改善したとしてもペナルティが解除されるのはクローラーの巡回が終わり、自サイトに問題がないと判断されてから

以上、Googleペナルティについて解説をしてきましたが、いかがだったでしょうか。

既にGoogleペナルティを受けてしまっていても、落ち着いてこの記事に書いてあるとおりの施策を打てば問題ありません。

また、Googleペナルティって何だろう?と考えこの記事を見てくださった方は、Googleペナルティを回避するための策について書かれた部分をしっかりと確認し、日々の運営に取り入れてみてはいかがでしょうか。

また、本格的なSEO対策をしたい方はサイト分析・競合分析などを効率化できる無料ツールsmartASPを活用するのがおすすめです。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

コメントを残す