Googleアドセンスの審査に通るための申請方法・コツを解説

Googleアドセンスの審査に通るための申請方法・コツを解説

「Googleアドセンスの審査に通るためにはどうすればいいの?」「Googleアドセンスの審査ってそもそも何?」

このように思っているサイトやブログ運営者の方も多いでしょう。

Googleアドセンスの審査は年々変化しており、それなりの対策をしないと審査に通ることはできません。

そこで、今回は、長年に渡ってサイトを運営し、Googleアドセンスの審査にも通り、Googleアドセンスで収益を上げている筆者が以下のことを解説します。

  • Googleアドセンスの審査とは
  • Googleアドセンスに通るためにするべきこと
  • Googleアドセンスの審査に通った後の手順
  • Googleアドセンスの審査に落ちた場合の対処法

この記事を読めば、Googleのアドセンスの審査に通るためにするべきことが理解でき、その上で審査の申請をすることができるでしょう。

また、審査に落ちた場合にも、再び申請して審査に通るために何をするべきかを知り、次に活かすことができます。

内容を簡単にまとめると・・・

  • Googleアドセンスには審査がありGoogle・広告主・ユーザーに利益のあるサイトと判断されれば通る
  • Googleアドセンスの審査に通るためには、記事数を10記事以上にする、著作権違反をしない、定期的に更新するなどが大切
  • Googleアドセンスの審査の期間は、1日〜数ヶ月とかなりばらつきがある
  • Googleアドセンスの審査に通るには、Googleから良いコンテンツと判断される必要があり、smartASPというツールはそれをサポートしてくれる
  • 具体的には、自動でサイトを分析しページの検索順位の上昇をサポートする、つまりGoogleから評価の高いサイトにしてくれる
  • 全ての機能が無料なので、一度試してみるのがおすすめ
smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

Googleアドセンスの審査とは

Googleアドセンスの審査とは?

ここでは、Googleアドセンスの審査について解説しますが、Googleアドセンスが何かよくわかっていないという人はまず、Googleアドセンスとは?を読んでみてください!

Googleアドセンス(Google Adsense)とは、Googleが提供している広告配信サービスです。

Googleが提供している広告を自分のWebサイトやブログに設置し、ユーザーがその広告をクリックすると、その回数に応じてサイトやブログの運営者に報酬が発生します。

また、Googleアドセンスでは、ユーザーの行動履歴を分析してGoogleが自動でユーザーに最適な広告を表示するという特徴的な仕組みを採用しています。

しかし、このGoogleアドセンスは誰でも利用することができるというわけではありません。

広告を提供しているGoogleによって、独自の判断基準をもとに、サイトがユーザーにとって有益なコンテンツを発信しているか、広告掲載にふさわしいサイトかどうかを審査しているのです。

この審査によって、「Google」・「広告主」・「ユーザー」・「ブログ関係者」の4者の良好な関係が崩れないようにしています。

実際、Googleアドセンスの審査に落ちるという方も珍しくありません。

それでは、このGoogleアドセンスに通るためにはどうすればいいのか、以下で紹介していきます。

Googleアドセンスの審査に通るためには?

Googleアドセンスの審査に通るためには?

Googleアドセンスの審査は、場合によっては数ヶ月と、審査の結果が出るまでにも時間を要する上に、一度落ちてしまうと再度審査の申請をできるようになるために時間がかかってしまいます。

ですから、Googleアドセンスの審査に申し込むのであれば、きちんとGoogleアドセンスに受かるための準備をして、審査にストレートで通るのが理想です。

そのためには、準備したり意識したりするべきことがいくつもあるので、以下で紹介していきます。

Googleアドセンス審査申請までの準備

まずは、Googleアドセンスの審査申請をするために必要な準備を紹介します。

Googleアドセンス審査に申請するためには、所有しているWebサイトやブログの記載が必要で、独自ドメインを取得していることが条件になっています。

それによって、Amebaなどの無料ブログは基本的に審査に申請をすることができなくなっており、Googleアドセンスをしたいのでさればワードプレスを利用するのが一般的でかつ、おすすめです。

「ライブドアブログ」や「FC2ブログ」、「Seeassブログ」、「はてなブログ」などは独自ドメインさえ取得することができればGoogleアドセンスの審査に申請することができるのですが、カスタマイズ性に乏しく、自由に広告をおける枠の制限上、収益化を大きくすることが難しいです。

ですから、Googleアドセンスの審査に通り、収益化のために利用したいのであれば、カスタマイズ性や収益性を考えてワードプレスを利用することをオススメします。

ワードプレスを利用する場合、以下の手順で進めましょう。

  1. サーバーを契約
  2. ドメインを取得
  3. ドメインをサーバーに設定
  4. ワードプレスをインストール
  5. 最小限の設定を完了

他のブログよりも始め方が難しいと言われるワードプレスですが、きちんと手順通りに進めれば誰でも簡単に使いこなせるようになります。

もしまだサイトやブログを持っていなくて、今から始めたいという場合には、以下の記事を参考にサイトやブログを運営していきましょう。

ブログでGoogleアドセンスを利用したい場合:「ブログをワードプレスで始める方法

ブログ以外でGoogleアドセンスを利用したい場合:「アフィリエイトをワードプレスで始める手順

Googleアドセンス審査申請前に確認すべき項目

ここまでで、Googleアドセンスの審査に申請をするためには独自ドメインを取得する必要があり、ワードプレスを利用するべきだということを紹介してきました。

ただ、勿論、これらの準備して審査に申請をするだけでは審査に通ることはできません。

Googleアドセンスの審査に通るためには、他にも多くの条件を満たしておく必要があります。

具体的には、Googleアドセンスの審査に通るため、申請前に以下の項目を満たしておくべきです。

  • Webサイトやブログのコンテンツがポリシー違反をしていない
  • 著作権違反をしていない
  • 一定数以上の記事をアップロードしている
  • 記事のボリュームも一定以上ある
  • ユーザーにとって有益な内容である
  • 定期的に更新をしている

以下で、それぞれの項目を順に解説していきます。

Webサイトやブログのコンテンツがポリシー違反をしていない

Googleアドセンスの広告を掲載しようとしているサイトは、以下のようなGoogleが禁止しているコンテンツを含んでいてはいけません。

もしGoogleアドセンスの審査に出す時点で以下のコンテンツを含んでいなくても、審査に通った後にコンテンツを以下のような内容に変更したとしたら、Googleアドセンスを利用する権限を剥奪されてしまう可能性が高いので気をつけましょう。

<禁止されているコンテンツ>

アダルトコンテンツ
性的な内容を含むことは厳禁です。

家族向けコンテンツに含まれる成人向けのテーマ
一般視聴者向けのように見せながら、成人向けのテーマを含んでいてはいけません。

危険または中傷的なコンテンツ
危険、または中傷的なコンテンツで収益を上げようとしてはいけません。

危険ドラッグおよび薬物に関連するコンテンツ
人々の安全が脅かされるような商品・サービスの宣伝をするコンテンツはNGです。

アルコールに関連するコンテンツ
アルコールに関連したテーマを発信するページにGoogleの広告を掲載することはできません。

タバコに関連するコンテンツ
タバコやその関連商品を宣伝するページにGoolgeの広告を掲載することはできません。

ギャンブルとゲームに関連するコンテンツ
賭け事に関するコンテンツもNGです。

ヘルスケアに関連するコンテンツ
法律や規制を遵守するため、ヘルスケアに関する特定のコンテンツは規制されています。

ハッキング、クラッキングに関連するコンテンツ
全てのハッキングやクラッキングに関するページにはGoogle広告を掲載することはできません。

報酬プログラムを提供するページ
広告のクリックやウェブサーフィンなどを行なったユーザーに支払いや報酬を約束するページには、Googleの広告を掲載することはできません。

不適切な表示に関連するコンテンツ
ユーザーが誤った認識を持ってしまうような、不適切な表示、虚偽表示、適切な情報の隠蔽をしているページにGoogleの広告を掲載することはできません。

衝撃的なコンテンツ
ユーザーに不快感を与えるような、生々しい内容や、暴力行為が含まれるコンテンツ、わいせつなコンテンツではGoogleアドセンスの審査に通ることができません。

武器および兵器に関連するコンテンツ
人々の安全の保護に反するような、損害、危害をもたらすような武器・兵器に関連するコンテンツはGoogleに認められていません。

不正行為を助長するコンテンツ
Googleは誠実さや公正さを重視しているため、ユーザーの不正行為を助長してしまうようなコンテンツを含む場合、そのページにはGoogle広告を載せることはできません。

違法なコンテンツ
違法なコンテンツ、違法行為を助長するコンテンツ、他人の法的権利を侵害するようなコンテンツを含む場合、Googleアドセンスの審査に通ることはできません。

以上のように、Googleが禁止しているコンテンツは多くあり、これらのいずれかを含んでいたらGoogleアドセンスの審査に通ることができません。

ですから、自分のサイト・ブログが以上の内容を含んでいないかどうかをきちんと確認して含んでしまっていたら、修正をするようにしましょう。

著作権違反をしていない

Webサイトやブログの中に著作権で保護されているコンテンツが含まれている場合、Googleアドセンスの審査に通らない非常に可能性が高まりますし、審査に申請しなくても、法律上も厳禁です。

例えば、インターネット上にアップロードされている画像は著作権で保護されている場合が多く、これらを無断で使用している場合、著作権違反になってしまいます。

ですから、自分のWebサイトやブログのコンテンツに著作権で保護されているコンテンツが含まれていないかどうか、Googleアドセンスの審査に申請する前にきちんと確認しましょう。

そして、もしあったら削除するか、無断転用ではなく適切な形で引用をするようにしましょう。

一定数以上の記事をアップロードしている

Googleアドセンスの審査に通るためには、サイトやブログにそれなりの数の記事があることが必要です。

例えば、サイト全体で2,3記事しか上がっていない場合には審査に通ることはできません。

これは、少数の記事しかアップロードされていないブログやサイトは、ユーザーから見ても不審で信憑性に欠けると判断されるからです。

ですから、少なくとも10記事以上、理想を言えば20記事以上をあげた上でGoogleアドセンスの審査に申請をするようにしましょう。

記事のボリュームも一定以上ある

記事数を意識することも必要ですが、記事のボリュームもある程度意識する必要があるでしょう。

内容にもよりますが、1記事あたりの文字数が数百文字程度だと、内容がユーザーのニーズをきっちり満たしているという場合を除いて審査に通ることは難しくなります。

具体的には、1記事あたり1000~1500文字以上のボリュームを持たせた方が賢明で、その方がサイトやブログの信憑性やユーザビリティが高まるため、Googleアドセンスの審査に通りやすくなります。

ですから、審査に申請をする前には自分のサイト・ブログの記事のボリュームを確認しておきましょう。

ユーザーにとって有益な内容である

Googleはユーザーを第一に考えているため、Googleの広告を載せたいのであれば、記事もユーザーにとってメリットがある内容にするべきだと言えます。

具体的には、自分の日々の日常を書いた所謂「雑記ブログ」よりも、特定のジャンルに特化した「特化ブログ」や、ユーザーの悩みや問題を解決したりノウハウを提供するサイト・ブログの方がユーザーには有益なので、審査にも通りやすくなるのです。

ですから、自分のWebサイトやブログがユーザーにとって有益であるかを審査申請前に確認しましょう。

そして、もしあまり有益ではないが、改善の余地がある場合には改善をし、改善の余地がない場合には、記事数や文字数を増やすなど、他の要素を充実させるようにしましょう。

定期的に更新をしている

Googleアドセンスの審査に通りやすくするためには、サイトやブログを定期的に更新する必要があります。

サイトやブログの記事がしばらく更新されておらず、昔の記事ばかりになっていたり、記事数が極端に少なかったりすると、ユーザーからするとそのブログは情報のリソースとして信頼しにくくなります。

また、サイトやブログを定期的に更新することで最新の情報をユーザーに届けることができますし、記事数も増えてコンテンツが充実してきます。

そして、ブログの信憑性が高まり、Googleからの信頼を築くことにもつながるのです。

ですから、記事は意識的に適宜アップロードするようにしましょう。

以上が、Gooleアドセンス審査に申請をする前に確認をしておくべき項目です。

これらを参考にサイトやブログの改善につとめ、審査に通る確率を高めましょう。

次は、これらを踏まえた上で、実際にGoogleアドセンスの審査に申請をする方法を紹介していきます。

Googleアドセンス審査の申請方法

Googleアドセンスに申請するサイト・ブログを、ここまでで紹介してきた項目を参考に改善・完成させたら、実際にGoogleアドセンスの審査に申請をしていきましょう。

申請をする全体の流れは以下のようになっています。

  1. Googleアカウントの取得・ログイン
  2. Googleアドセンスのホームページにアクセス
  3. ウェブサイトのURLとメールアドレスを入力
  4. Googleアドセンスのアカウントを作成
  5. お客様情報の入力
  6. 電話番号の確認と認証(省略される場合あり)
  7. サイトをアドセンスにリンク
  8. 申請完了

それでは実際に、Googleアドセンス審査に申請をする方法を詳しく見ていきます。

①Googleアカウントの取得・ログイン
まず、Googleのアカウントを持っていない場合は、Googleのアカウントを作成をし、ログインしましょう。

すでにGoogleアカウントを持っている場合にはログインを済ませて先に進みましょう。

②Googleアドセンスのホームページにアクセス
Googleアドセンスのホームページにアクセスをします。

☟そして、以下のように赤く囲われている「お申し込みはこちら」をクリックします。

Googleアドセンス審査に通るアカウント作成

③ウェブサイトのURLとメールアドレスを入力
☟次に、「Googleアドセンスを利用したいウェブサイトのURL」と「Googleアカウントのメールアドレス」を入力します。

Googleアドセンス審査に通る個人情報入力

そして、メール配信はどちらかにチェックを入れ、「保存して次へ」をクリックします。

④Googleアドセンスのアカウントを作成
☟「国または地域を選択」で「日本」を選択し、利用規約に同意して「アカウントを作成」をクリックします。

Googleアドセンス審査に通る出身地入力

⑤お客様情報の入力
☟以下の画面が出ますが、「次へ進む」をクリックしましょう。

Googleアドセンス審査に通る次へ進む

☟個人情報入力の画面になったら、「名前」や「住所」などを入力して、「送信」ボタンをクリックします。

※この時、電話番号を入力する項目が出る場合とでない場合があります。

Googleアドセンス審査に通る住所など入力

⑥電話番号の認証(省略される場合あり)
先程の項目で入力した電話番号の認証をする必要がある場合があります。

「電話番号を確認してください」という画面が表示せれたら、「確認コードを取得」をクリックして、SMSで送られてきたコードを入力して「送信」をクリックしましょう。

これで電話番号の認証は完了です。

⑦サイトをアドセンスにリンク
次に、自分が登録したウェブサイトとGoogleアドセンスを紐付けます。

☟まず、アドセンスのコードをコピーします。

Googleアドセンス審査に通るコードコピー

☟そして、ワードプレスであれば、「管理画面」>「外観」>「テーマエディター」から「テーマヘッダー」に進み、headタグ内にコピーしたコードを貼り付け、「ファイルを更新」をクリックします。

Googleアドセンス審査に通るコード貼り付け

コードを貼り付け終わったら、Googleアドセンスのタブに戻り、「サイトにコードを貼り付けました」にチェックを入れ、「完了」をクリックしましょう。

⑧申請完了
以上で、Googleアドセンスの審査申請は完了です。

申請完了後、早ければ当日中、遅い場合には数ヶ月後にGoogleアドセンスから審査結果がメールが届きます。

この審査結果がGoogleアドセンスから送られてくるまでの期間はサイト・ブログごとに異なります。

そこで、以下でこの審査申請から審査結果が分かるまでの期間の長さについて解説します。

Googleアドセンス審査にかかる期間

Googleアドセンスの審査に要する期間は、Googleの審査基準によって定められた優先順位によって変動します。

具体的には、審査に要する時間は、「短期」・「中期」・「長期」の3段階に分かれています。

そして、短期の場合には1日、中期の場合は1週間ほど、長期の場合には1週間以上、長ければ数ヶ月ほどの時間が審査の結果が出るまでにかかります。

この審査期間の長さの差が生じる原因は以下の要因が関係していると言われています。

  • 見る人にとって有益なコンテンツかどうか
  • Googleアドセンスの禁止事項に抵触していないかどうか

見る人にとって有益なコンテンツであれば審査期間の長さは短くなり、有益なコンテンツとは言えない場合には審査期間の長さは長くなります。

また、Googleアドセンスの禁止事項に全く触れていない場合には審査期間の長さは短くなり、反対に、触れている可能性がある、あるいは触れている場合には長くなる傾向があります。

ですから、審査にかかる時間を短くするには、悩みや課題などを解決したりノウハウを提供したりするユーザーにとって有益なコンテンツで構成された、禁止事項に抵触していないサイト・ブログにするべきだと言えるでしょう。

また、そうすることで、Googleアドセンスの審査に通る可能性も高まります。

Googleアドセンス審査通過後の手順

次は、実際にGoogleアドセンスの審査に通った後にどうやって広告を自分のサイト・ブログに載せればいいのかを軽く紹介します。

Googleアドセンス広告の取得方法

Googleから審査に通ったという旨のメールが届いたら、メールの本文にある「今すぐ開始」をクリックするか、Googleアドセンスのホーム画面に移動しましょう。

そして、「ホーム」>「広告の設定」>「広告ユニット」>「+新しいユニット」>「テキスト広告とディスプレイ広告」に進み、名前と広告サイズを設定し、「保存してコードを取得」をクリックしましょ。

※この際、名前はサイト名を入れるなどわかりやすい名前に、広告サイズは特にこだわりがなければ「推奨」・「レスポンシブ」を選択しましょう。

そして、画面に表示されているコードをコピーすればGoogleアドセンスの広告のコードの取得が完了します。

次は、このコードを自分のサイトやブログに貼っていきます。

Googleアドセンス広告を貼りたいサイト・ブログに貼る方法

前項で取得した広告のコードをサイト・ブログに貼っていきます。

Googleアドセンス広告を貼る方法は以下の2通りあります。

  • 記事を書いた時点で自動表示させる方法
  • 記事中の任意の場所に手動で貼る方法

それでは、それぞれの方法について以下で順に紹介していきます。

記事を書いた時点で自動表示させる方法
広告を自動で表示させるには、プラグインを使います。

プラグインには複数の種類がありますが、詳細な設定が可能で、他のプラグインよりも便利な機能が多くある「Advanced Ads」を用いるのが主流です。

以下の手順で簡単にAdvanced Adsを用いて観点に広告を自動表示させることができます。

  1. Advanced Adsをインストール
  2. Advanced Adsの「広告」でタイトルを入力
  3. Advanced Adsに広告コードを貼り付け
  4. Advanced Adsの「広告の編集」で設置場所を設定

記事中の任意の場所に手動で貼る方法
次に、記事中の任意の場所に手動で広告を貼る方法を紹介します。

この方法でもAdvanced Adsを利用します。

以下の手順で簡単に広告を手動で貼ることができます。

  1. Advanced Adsをインストール
  2. Advanced Adsの「広告」でタイトルを入力
  3. Advanced Adsに広告コードを貼り付けて公開
  4. 広告のショートコードをコピー
  5. 記事の任意の場所にショートコードをペースト

この際、「AddQuicktag」というプラグインを利用することでショートコードを簡単に早く挿入することができるので、この方法で広告を貼りたい場合には是非AddQuicktagを活用しましょう。

また、Googleアドセンスで収益が出てくると、アフィリエイト収益と併せて売り上げ管理をする必要が出てきます。

その売り上げ管理を簡略化してくれるのがsmartASPというツールです。

ブログの売り上げ管理ツールは世の中にたくさんあるのですが、Googleアドセンスを管理できるのは、samrtASPだけです。

また、全ての機能が無料なので、まだ登録していない人は登録しておきましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

Googleアドセンスの広告を貼る際の注意点

Googleアドセンスの広告を自分のサイトやブログに貼る際には注意が必要です。

Googleアドセンス広告で禁止されている表示方法があるのです。

具体的には、以下の方法で広告を表示すると警告を受ける場合があるので注意しましょう。

  • スマホのファーストビューから328px以上離れた位置に設置
  • 画像と広告を重ねて設置
  • 誤クリックしそうな位置に設置
  • ポップアップ内に設置
  • 過剰量の広告設置
  • 大型広告を複数設置
  • スクロール追従機能での広告設置
  • 不適切な広告ラベル表示
  • アドセンスのコードを変更

また、自分で自分の広告をクリックする行為や、他人に広告をクリックするように頼む行為も警告を受ける可能性が高いので注意しましょう。

Googleアドセンス審査に落ちた場合

次に、Googleアドセンスの審査に落ちてしまった場合について紹介します。

実際、Googleアドセンスの審査は他の広告提供サービスの審査に比べると厳しく、落ちることも珍しくありません。

ですから、Googleアドセンスの審査に通ることができなかったからといって、悲しんだり諦めたりする必要はありません。

それよりも、何が足りなかったのかを考えてサイトやブログを改善して、再度審査の申請をしましょう。

Googleアドセンス審査に落ちた原因

Googleアドセンスの審査に落ちてしまう原因として、以下の内容が考えられます。

以下の内容と自分のサイト・ブログの内容を照らし合わせて、もし当てはまっていたら改善するようにしましょう。

  • Googleの規約に反したコンテンツを含んでいる
  • アフィリエイトリンクが既に多く貼られている
  • 著作権に抵触するコンテンツを含んでいる
  • コピペされた内容が多く含まれている
  • 記事数が少ない
  • 記事の文字数が少ない
  • 企業名が記事内に含まれている
  • 運営者情報がない
  • お問い合わせフォームがない
  • プライバシーポリシーがない
  • サイトマップがない

それでは、以上の項目について以下で順に解説していきます。

Googleの規約に反したコンテンツを含んでいる
Googleの規約に反したコンテンツを含んでいる場合、当然Googleアドセンスの審査に通ることはできません。

具体的には、以下のコンテンツは禁止コンテンツとなっているため、注意が必要です。

  • アダルト コンテンツ
  • 家族向けコンテンツに含まれる成人向けのテーマ
  • 危険または中傷的なコンテンツ
  • 危険ドラッグおよび薬物に関連するコンテンツ
  • アルコールに関連するコンテンツ
  • タバコに関連するコンテンツ
  • ギャンブルとゲームに関連するコンテンツ
  • ヘルスケアに関連するコンテンツ
  • ハッキング、クラッキングに関連するコンテンツ
  • 報酬プログラムを提供するページ
  • 不適切な表示に関連するコンテンツ
  • 衝撃的なコンテンツ
  • 武器および兵器に関連するコンテンツ
  • 不正行為を助長するコンテンツ
  • 違法なコンテンツ

アフィリエイトリンクが既に多く貼られている
Googleアドセンス以外の広告提供サービスの広告が既に多く貼られていると、Googleアドセンスの審査に通る可能性が低くなってしまう可能性があります。

ですから、アフィリエイト広告は多く貼りすぎず、適度な量にしましょう。

著作権に抵触するコンテンツを含んでいる
著作権で保護されている画像や文章を無断で使用している場合、審査には通りません。

著作権のあるコンテンツを削除するか、適切な引用の形にするようにしましょう。

コピペされた内容が多く含まれている
コピペされた内容が多く含まれていると、Googleにスパムだと思われたり、質の低いコンテンツだと判断されてしまう可能性が高いです。

ですから、サイトやブログのコンテンツは、なるべくオリジナルのものにしましょう。

記事数が少ない
Googleアドセンスの審査に落ちた時のサイト・ブログの記事数が少ない場合には、その少なさが審査に通ることができなかった原因かもしれません。

具体的には、20記事以上をアップロードするようにしましょう。

記事の文字数が少ない
1記事あたりの文字数が少なすぎる場合、審査に通ることはできません。

1記事あたり数百文字程度のボリュームの場合、それでもユーザーのニーズをきっちりと満たしている場合を除いて、文字数を増やすことが必要です。

具体的には、1000~1500文字以上は書くようにしましょう。

しかし、ただ文字数が多ければ良いというわけではなく、誤字や脱字、コピペ箇所があると評価が下がってしまうので、記事の質は低くならないように気をつけましょう。

企業名が記事内に含まれている
記事の中に企業名が入っているとGoogleアドセンスの審査に通りにくくなってしまうことがあると言われています。

これは、広告を掲載する広告主側に不利益がある可能性があるからです。

ですから、無駄に不必要な企業名が入っている場合には消すようにしましょう。

運営者情報がない
運営者情報がないサイト・ブログはアドセンスの審査に落ちる可能性が高いです。

なぜなら、運営者情報はユーザーに対して一定以上の信頼感を与えるからです。

Googleはユーザビリティを重要視しているので、落ちた時に運営者情報がなかった場合には、必ず運営者情報を載せるようにしましょう。

お問い合わせフォームがない
お問い合わせフォームも運営者情報と同様、サイトやブログの信憑性のためには必要な内容です。

ですから、もし審査に落ちてしまった時にお問い合わせフォームがなかった場合には、お問い合わせフォームを作成してから再申請をするようにしましょう。

プライバシーポリシーがない
プライバシーポリシーは他の要素と比べると必須の内容ではありませんが、作成するに越したことはありません。

ですから、設置していなかった場合には、プライバシーポリシーを作成することも有効でしょう。

サイトマップがない
サイトマップがない場合には、Googleが申請されたサイト・ブログのコンテンツがどんなものかを認識できない場合があるので、サイトマップがない場合にはサイトマップを作成するようにしましょう。

Googleアドセンスを複数のサイトで運営したい場合の審査方法

複数のサイトやブログを運営している場合、以下の悩みが生まれてくることがあるでしょう。

  • 2つ目以降のサイト・ブログを既にあるGoogleアドセンスのアカウントに紐付けしたい
  • 複数のサイト・ブログを持っているが、それぞれで別のGoogleアドセンスのアカウントを取得したい

2つ目の、サイト・ブログごとに別々のGoogleアドセンスのアカウントが欲しい場合にはサイト・ブログごとにGoogleアドセンスに申請をするしかありません。

しかし、1つ目の、複数のサイト・ブログを1つのGoogleアドセンスに紐付けしたい場合には、非常に簡単に手続きをすることができます。

具体的には、「Googleアドセンスのホーム画面」>「サイト」>「サイトの追加」と進み、表示されるコードをコピーして追加したいサイト・ブログのheadタグとheadタグの間にコピーしたコードをペーストするだけです。

一度審査に通ることができれば、次からは再度申請をする手間がかかることはなく、このように非常に簡単に複数のサイト・ブログでGoogleアドセンスを使うことができるのです。

まとめ:Googleアドセンスの審査に通る方法

まとめ:Googleアドセンスの審査に通る方法

Googleアドセンス(Google Adsense)とは、Googleが提供しているクリック報酬型広告を配信するサービスです。

サイトやブログで収益化に繋げることができる便利なサービスですが、誰でも利用できるわけではなく、審査に通った人しか利用することができません。

しかも、その審査は他の広告提供サービスよりも敷居が高く、審査に通るためには多くのことを意識して準備をする必要があります。

ですから、この記事を参考にして審査に通るために充分な準備を重ねてから審査に申請をするようにしましょう。

また、一度審査に落ちてしまった方も諦めずに、この記事を参考にサイトやブログの改善をして再度申請をすることをオススメします。

Googleアドセンスで稼ぎたいという人は、Googleアドセンスで稼げない理由を読んでみてください!

コメントを残す