Googleアナリティクスとは?機能や使い方について解説

Googleアナリティクスとは?機能や使い方について解説

「Googleアナリティクスとは何?」「どんなことができるの?」と、何のために使うのか、どんな利点があるのか気になりますよね。

ウェブサイトを効果的に運用するためには欠かせないGoogleアナリティクスですが、機能が多すぎて使いこなせていない人が多いというのが現状です。

このページでは、日本最大級のWEBメディアであるWeb Reachの編集部がGoogleアナリティクスについて以下のことを解説します。

  • Googleアナリティクスとは
  • Googleアナリティクスの使い方

このページを読めば、Googleアナリティクスについての理解が深まり、より良いウェブサイト運営ができるようになるでしょう。

内容を簡単にまとめると・・・

Googleアナリティクスとは、Googleが提供するアクセス解説ツールでSEO対策などに役立てることができる

  • アナリティクスは他のGoogleのサービスと連携して活用することができる
  • Googleアナリティクスを活用することで効果的に広告を表示させることができる
  • アナリティクスと連携して使うべきなのが、アナリティクスのデータを自動分析してくれるsmartASPというツール
  • smartASPはGoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールを使って自動でリライトすべき記事を抽出してくれる
  • 他にも売り上げ管理・ASP案件比較・競合分析効率化機能があり、全ての機能が無料なので使うかわからないという人でも登録しておくのが無難
smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

Googleアナリティクスとは

Googleアナリティクスとは

アナリティクスとは英語で「分析」という意味を表します。

Googleアナリティクスとは文字通りGoogleが提供するユーザーのアクセス解析ツールです。

Google Analyticsを略してGAなどとで呼ばれることもあります。

では、この後詳しく種類や機能について解説していきます。

Googleアナリティクスの種類

Googleアナリティクスには、実は無料版と有料版の2つの種類が存在します。

ここでは、その2つの種類についてできることや、相違点を解説していきます。

無料版

1つ目は、無料版のGoogleアナリティクスです。

無料版は主に個人や中小企業が利用するためのサービスです。

そのため、すべての機能は利用できないものの、基本的には十分なサービスを受けられるため多くの人は無料版の利用のみで事足ります。

無料版でできる具体的な機能については、後程説明します。

プレミアム版

2つ目はプレミアム版であるアナリティクス360です。

これは、有料でGoogleアナリティクスにあるすべての機能が利用できます。

主に、大企業向けのサービスです。

1か月あたり、20億ヒットまでは一律、130万円/月の利用料がかかります。

それ以降はデータのヒット数に応じて段階的に料金が上がっていきます。

ヒットという言葉に疑問を抱いた方の為にヒットという言葉の意味を解説します。

ヒットとは、ウェブサーバーにアクサスのために寄せられたリクエストの数を表します。

では、アクセスと同じであると思う人もいるかもしれません。

しかし、ヒットでは、そのページを表示するためのコンテンツすべてのアクセスが含まれるのです。

すなわち、1つのページに3つの画像コンテンツがあるページは、アクセス数は1ですが、4ヒットとカウントされます。

ここで、プレミアム版でのみ利用できる主な機能を3つ紹介します。

ディスプレイ&ビデオ360

これは、大企業で必要なキャンペーン管理の様々な過程をこのツールのみで一元的に行い、社内の作業効率化に貢献することができるツールです。

高度な解析や、目標到達レポートの提供

今までの無料版よりさらに詳しくユーザーのアクセス情報を知ることができます。

データの更新頻度が早まる

SLAで4時間を保証しています。

SLAとは”Service Level Agreement”の略で、アナリティクス360のサービスの提供者と、ユーザー間でなされたサービスのレベルの合意を表します。

日本語ではサービス品質保証などと略されます。

このようにGoogleアナリティクスにはたくさんの機能が存在します。

しかし、Googleアナリティクスの管理画面だとどの指標を見て良いのかわからなくなって、結局使わなくなってしまったという方が多くいます。

そういったことを防ぐためにも、最初はsmartASPでアナリティクスを確認し、他の指標も見たいなと思ったらアナリティクスで確認するというのをおすすめします。

無料でリライトすべき記事も抽出してくれるので、特にSEO対策に自信がない、作業する時間を減らしたいという方におすすめです。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

Googleアナリティクスの使い方

ここで、Googleアナリティクスの使い方を説明します。

設置方法

まずは、設置方法の手順について説明します。

  1. Googleアカウントを取得
  2. Googleアナリティクスの公式サイトで「お申込み」をクリック
  3. 「トラッキングIDを取得」をクリック
  4. トラッキングコードのタグをGoogleアナリティクスで利用したいサイトに設置する
  5. 正しく利用できているか確認する
  6. 自分の端末のIPアドレスをフィルタする
  7. 「データ保持期間の設定」を行う

使い方

ここでは、最も大切であるユーザーサマリーの使い方を紹介します。

他にもたくさん機能はありますが、とりあえずはユーザーサマリーの使い方がわかれば良いでしょう。

ユーザーサマリーでわかることは、基本的なウェブサイトの集客情報です。

まず、ユーザーサマリーのページにアクセスする方法を紹介します。

  1. Googleアナリティクスを開く
  2. 「オーディエンス」をクリック
  3. 「概要」をクリック概要
  4. 「サマリー」の下にあるプルダウンからデータを切り替えて確認ユーザーサマリー

ここで、手順4のところでデータを切り替えられる8つの項目について解説していきます。

セッション

セッションとは、サイトを閲覧してから離脱するまでの一連の流れのことを指します。

つまり、これが表すものはサイトの訪問数です。

あなたのウェブサイトへのアクセスの数を表します。

ページ/セッション

セッション中の平均ページ数を表示します。

同じページを複数回表示した場合も毎回カウントされます。

ページビュー数

これは、ウェブサイト上で閲覧されたページの数です。

どれだけウェブサイトのページを閲覧しているのかが分かります。

ユーザーが1セッションで4つのページを閲覧した場合は、セッションとユーザーの数値は1、ページビュー数は4になります。

ユーザー

これは純粋にサイトに訪れたユーザー数を表します。

具体的には、あなたのウェブサイトに訪れた人数を表します。

同じ人が何度もアクセスしてもユニークユーザー数は増えません。

ここで重要なのはセッションのデータはセッション単位で行われているということです。

つまり、同じ人が1日に5回アクセスしたとしたらセッション数は5になります。

しかし、ユーザー数は1になるということです。

ユーザー当たりのセッション数

これはユーザーⅠ人当たりのセッション数を表します。

セッション数が125でユーザーが100人だった場合のセッション数は1.25になります。

新規ユーザー

Googleアナリティクスで指定した期間内にウェブサイトを訪れた新規ユーザーの人数を表します。

直帰率

直帰率とは、ページを閲覧したユーザーがウェブサイト上の他のページを見ることなく、サイトを離脱した割合です。

つまり、サイトを閲覧していた人数が分母で、他のページを閲覧しなかったユーザーの人数が分子になります。

具体例を上げます。

500人がウェブサイトのページを閲覧していた際に、125人が別のページも閲覧したとします。

その際サイトを離脱した人数は500-125なので375人です。

つまり、直帰率は375/500×100なので75%となります。

平均セッション時間

セッションの平均時間を表します。

つまり平均してユーザーがウェブサイトにどのくらい滞在しているのかがわかります。

このように、Googleアナリティクスにはユーザーサマリーだけでもこんなにたくさんのデータを表示させることが出来ます。

ですが、どのデータをどのように活用させたらよいのかあまりよくわからない人も多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのがsmartASPです。

沢山あり、分かりづらいGoogleアナリティクスのデータを大切なものだけまとめ、以下のように見やすくしてくれます。

smartASPでアナリティクスを分析

また、それだsmartASPはSEO対策に必須のリライトの面でも役に立ちます。

なぜなら、GoogleアナリティクスとGoogleコンソールを分析して自動で修正すべき記事を抽出してくれます。

他にも便利な機能が多数存在しているのですが、全て無料で使えるので、とりあえず自分に合っているか試してみるのがおすすめです。

以下のボタンからsmartASPに登録したら、ブログで稼ぐ方法を読み進めていきましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

Googleアナリティクスの機能

ここからは、無料版でのGoogleアナリティクスの機能を紹介します。

ユーザー像の分析

Googleアナリティクスはユーザーのアクセスを解析するツールなので、ユーザー像の詳細な分析をすることができます。

この観点からの解析ではユーザーが、運営する媒体のコンテンツをどのように利用しているかを簡単に把握することができます。

そして、そのことによりウェブサイトのどの要素が成果を上げているのか、またどの要素が成果を上げていないのかを特定することができます。

さらに、各種レポートや、「マイレポート」には、ユーザーによってどの程度ウェブサイトなどの運営媒体が利用されているか、などの状況やいろいろなチャネルグループの果たすことについても確認することができます。

ちなみに、チャネルというのは、そのウェブサイトやアプリにアクセスしてきたユーザーの流入元の分類です。

例えば、検索エンジンからアクセスしてきたユーザーの場合は”OrganicSearch”に分類され、アフィリエイトからの流入は”Affiliate”、TwitterやInstagramなどのソーシャルメディアからの流入は”Social”に分類されます。

つまり、どの流入元が多いのか、またチャネルごとのユーザーの特徴を分析することができるのです。

その他にも、CRM(顧客管理)やPOS(販売時点情報管理)の接点を測定するシステムと接続すればさらに詳しいユーザーの姿を分析することが可能になります。

新たなインサイトの発見

そもそもインサイトとはどのような意味なのでしょうか。

インサイトとは、消費者の欲求を行動に変化させる要因を確定させることによって発見される購買意欲の本質を指します。

つまり、消費者の行動原理になりうる深層心理を指します。

Googleアナリティクス上でどのようにインサイトを新たに発見するのかをここから説明していきます。

GoogleアナリティクスにはGoogle独自の機械学習機能によって、データから新たなインサイトを発見できるような機能が備わっています。

その結果、コンバージョンに至る確率が高い見込みを持つユーザー層や、収益を上げる可能性のあるユーザー層などの特定ができるようになります。

インサイトの活用

新たに発見したインサイトはどのように活用し、成果に繋げたら良いか分からない人も多いと思います。

ここでは、Googleアナリティクスで得たインサイトの活用方法について解説します。

具体的には、Googleの様々な広告サービスや、パブリッシャーサービスと連携し活用します。

つまり、発見したインサイトをもとに広告を適切なユーザーに表示させることができ、効果の向上が期待できるのです。

また、Googleアナリティクスでは他のGoogleの提供する様々なサービスとの連携が可能です。

そのため、Googleアナリティクスによって得たリマーケティングリストをディスプレイ&ビデオ 360やGoogle 広告で簡単に活用することができます。

つまり、Googleアナリティクスによって得られたウェブサイトやアプリなどの運営媒体にアクセスしたユーザーのリストを、他のGoogleのサービスで効果的に活用することが可能です。

データの効果的な利用

Googleアナリティクスは、ユーザーのアクセスを解析するツールですが、解析するだけではなくそのデータを効果的に活用するための機能も存在しています。

特に、データを素早く分析し、社内などでの共同作業を促進できるGoogleアナリティクスの管理画面と共有可能なレポートはとても使いやすいです。

さらに、ConfigurationAPIというKEPServerEXという産業オートメーションとIoTのための接続プラットフォームに付帯しているサービスを利用すると、すべてのタスク処理を柔軟に、またプログラマティックにできるようになります。

さらに、ConfigurationAPI を利用することで、Googleアナリティクスの膨大なデータを瞬時に分析し、シェアすることが出来ます。

また、Googleアナリティクスにはテクニカルサポート機能とグローバルインフラストラクチャが備わっています。

テクニカルサポート機能とはGoogleアナリティクスの操作方法やその問題に対して、ユーザーからの問い合わせに対応したりする機能です。

また、グローバルインフラストラクチャとは、グローバルな基盤となる要素です。

つまり、ユーザーは安心してGoogleアナリティクスを利用することも可能なのです。

そして、これらのGoogleアナリティクスに備わる機能によって、ユーザーのサイトやアプリなどの運営媒体にかかわる正確なデータが、ユーザーの管理のもと安全に提供されます。

まとめ:Googleアナリティクスとは

まとめ:Googleアナリティクスとは

Googleアナリティクスとは何か、についてやその機能、使い方などを解説しましたが、いかががったでしょうか。

このページの要約は以下になります。

  • Googleアナリティクスは他のGoogleのサービスと連携して活用することができる
  • Googleアナリティクスを活用することで効果的に広告を表示させることができる
  • Googleアナリティクスを使うことで自分のサイトを分析することができる
  • サイトを分析するだけではなく効果的に活用することもできる

ウェブサイトやアプリなどを運営する際、ユーザーの動向を詳しく理解することは必要不可欠です。

ただ単にユーザーのデータをチェックするだけではなく、ウェブサイトをより良いものにするためにGoogleアナリティクスを効果的に活用しましょう。

また、本格的なSEO対策をしたい方はサイト分析・競合分析などを効率化できるsmartASPを活用するのがおすすめです。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

コメントを残す