グローバルメニュー(グローバルナビゲーション)について詳しく解説

グローバルメニュー(グローバルナビゲーション)について詳しく解説

グローバルメニューというものを皆さんはご存知でしょうか?

どのようなジャンルであれ、世の中にあるほとんどのサイトでは欠かすことのできないものとなっています。

とはいえ、グローバルメニューにおける実際の詳しい役割についてやメリットについてを把握できておらず、適当に設置している方もいるのでは無いでしょうか?

今回はそんな方に向けて、グローバルメニューとはどのようなものかを詳しく解説していきます。

  • グローバルメニューとは何か?
  • 設置するメリットは?
  • 設置の具体例

この記事を通して、グローバルメニューに関して理解できますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

内容を簡単にまとめると・・・
主要なコンテンツがメニューとなってまとめられているものをグローバルメニューという
・グローバルメニューがあるとサイト内のコンテンツを把握しやすくなる
・グローバルメニューのレイアウトはサイトで異なる
・またSEO対策を行いたい人には無料ツールsmartASPがおすすめ
初心者でも手軽に本格的なSEO対策が可能

smartASP

 

グローバルメニュー(グローバルナビゲーション)とは

グローバルメニューとは

グローバルメニューは、サイト内にどのようなコンテンツがあるのかを把握しやすくするために、主要なコンテンツがメニューとなってまとめられているものを指します。

ショートカット的な役割を担う重要なサイト内要素です。

基本的には、サイト内に用意されたカテゴリーに合わせたり、利用ユーザーの用途に合わせて大きな括りでジャンル分けがされています。

そして、そのジャンル分けに沿った内容でメニュー表示がされています。

それと合わせてサブメニューも表示されるような設定になれば、より細かく枝分かれした内容も表示されものです。

ヘッダー内やヘッダー下といった、常に目にする場所へ表示されることが多いのも特徴でしょう。

また、SEO対策をしたい方は「SEO対策とは?」の記事をご覧ください。

さらにSEO対策をしたい方にはsmartASPがおすすめです。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

グローバルメニュー(グローバルナビゲーション)を設置するメリット

グローバルメニューを設置するメリット

グローバルメニューを設置すると、大きく以下の2つのメリットがあります。

メリット

・簡単に情報を見つけられる
・ページ移動がスムーズになる

簡単に情報を見つけられる

サイト内のコンテンツが簡潔に集約されているため、自分が見つけたいと思っている情報がサイト内に存在するかどうかといった、ユーザー側の判断基準の一つにもなります

また、仮に情報があれば、どこから見ればいいのかもわかりやすくなるため、ユーザーの満足度を高めることにも繋がるでしょう。

ページ移動がスムーズになる

いくら同じサイト内にコンテンツがあるとはいえど、グローバルメニューのようなメニューがなければページがバラバラに存在している状態のため、ユーザーは見つけるのに時間がかかってしまいます。

そのため、ページ間での移動もスムーズにいきません。

ですが、グローバルメニューを設置することにより、次に見たいと思うページの場所がある程度わかるため、ページ間移動をよりスムーズなものとすることができるのです。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

グローバルメニュー(グローバルナビゲーション)の具体例

グローバルメニュー(グローバルナビゲーション)の具体例

続いて、具体的な例も挙げならがら、よりグローバルメニューのイメージを明確なものにしていきましょう。

具体例

・ノウハウ系メディア(当サイト)
・サービスサイト(ANA)
・コーポレートサイト(LINE)

ノウハウ系メディア(当サイト)

当サイトでのグローバルメニューは以下のような構造です。

  • アフィリエイトで稼ぐ
  • SEO用語・おすすめツール
  • SEO対策
  • アドセンスで稼ぐ
  • ブログで稼ぐ

用途別に分けられており、自分が知りたいノウハウに合わせて情報を探しやすいような構造を意識しています。

サービスサイト(ANA)

続いて、サービス系のサイトを例とするために、ANA公式サイトでの構造を挙げてみます。

  • 国内線航空券
  • 国際線航空券
  • 国内ツアー
  • 海外ツアー
  • ANAマイレージクラブ
  • Travel&Life

国内・国外どちらの利用かによってページが変わってきます。

閲覧ユーザーそれぞれの用途に合わせたサービスをページ上で利用できるよう工夫されています。

コーポレートサイト(LINE)

最後に、企業のコーポレートサイトに多い形です。LINEの企業サイトでの構造を例として並べると、

  • 会社情報
  • サービス
  • PR
  • IR
  • CSR
  • 採用情報

会社で行う事業に関わることを、サイト全体を通して知ってもらうような形が特徴です。

そのため上記二つのサイトのように誰かへ向けて項目が分けられているといったよりも、事業の内容に合わせてジャンル分けされているといった形となっています。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

まとめ:グローバルメニュー(グローバルナビゲーション)とは

まとめ:グローバルメニューとは

今回は、グローバルメニューについて解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

改めて内容をまとめると

  • 主要なコンテンツがメニューとなってまとめられている
  • 簡単に情報が見つけられる
  • ページ移動がよりスムーズになる
  • サイトによってレイアウトやスタイルが変わる

グローバルメニューがサイト内に設置されていないことは、非常に稀かと思いますが、わかりにくいメニュー構造になっているサイトは意外と散見されます。

メニュー内の項目を工夫するだけでもわかりやすくなりますので、これまできちんと設定していなかった方はぜひ、今回の記事を参考にしながら改良してみてください。

また、本格的なSEO対策には無料ツールsmartASPがおすすめです。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

コメントを残す


CAPTCHA