SEO外部対策とは?取り組む際のポイントとやり方に関して解説

SEO外部対策とは?取り組む際のポイントとやり方に関して解説

「SEO外部対策って何なの?」「取り組む際にはどうすればいいの?」と具体的にどういう取り組みを行うのか、どんなSEO的な効果があるのか気になりますよね。

SEO対策をする上で欠かせないのが”SEO外部対策”ですが、取り組み方に関してしっかり理解できている人は多くありません。

このページでは、複数のサイトを運営し、SEOについて多くの仮説検証を行ってきた筆者が以下のことを解説します。

  • SEO外部対策とは?
  • SEO外部対策のやり方
  • SEO外部対策と内部対策の違い
  • SEO外部対策するメリットとデメリット
  • SEO外部対策する際の注意点とペナルティに関して
  • SEO外部対策のためのおすすめのツール

このページを読めば、SEO外部対策についての理解がかなり深まり、より良いSEO施策が打てるようになるでしょう。

内容を簡単にまとめると・・・

  • SEO外部対策とは、被リンクの施策などサイトの外部のSEO対策のこと
  • 被リンクでサイトの評価を上げるには、量と質が大切
  • 被リンクはサイト同士の関連性も非常に重要。あまりにジャンルが違いすぎるサイトからの被リンクは逆効果になる可能性がある
  • SEO外部対策には相互リンクやmybest方式などがある
  • 被リンク以外でも、本格的なSEO対策をするならsmartASPというツールはとりあえず使うべき
  • smartASPは、サイトを自動で分析し修正すべき記事を抽出してくれ、SEO対策の中でも被リンクと並んで重要である内部リンクを可視化してくれる
  • 特に内部リンク可視化ツールで競合サイトの内部リンクも可視化できるので、どのくらい内部リンクを当てれば自分のサイトが勝てるのかという目安を立てやすい
  • さらにsmartASPは全ての機能が無料なので、まだ登録していない人は今のうちに登録しておくべき
smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

SEO外部対策とは?

SEO外部対策とは?

SEO外部対策とは、その名の通りSEO対策を自身のサイトの外部で行うことを意味します。

SEO外部対策とは言い換えるならば”被リンク対策”といっても過言ではなく、Googleは被リンクの質や量をみてそのサイトの評価を決めているので、SEO外部対策を行う際にはサイトの被リンクを増やすことと同義となります。

また、ここでいう”被リンク”とは、自身のサイトのURLが外部のサイトに添付されているリンクのことを指します。

外部のサイトとの関連性や被リンクが貼られているコンテンツの充実度などを吟味して、被リンクの質を判断しGoogleは被リンクを受けているサイトの評価をしているのです。

その際被リンクを受ける際には、できるだけ自身のサイトとの関連性を確認することが大切です。

悪質な外部サイトのコンテンツに被リンクを貼られてしまうと、自身のサイトの評価を落としかねないので注意が必要となります。

SEO外部対策は被リンクの量と質が大切

SEO外部対策とは、具体的に言えば“被リンク”の量や質のことをさします。

ちなみに被リンクとは、前述したように外部のサイトから受けるリンクのことを言います。

つまり、外部のサイトがあなたのサイトのURLを貼った場合、あなたのサイトは被リンクを受けたということです。

Googleはサイトの評価をする際に、この被リンクの数がどのくらいあるのかまた、どの様な外部サイトから被リンクを受けているのかを評価基準としているのです。

ですので、SEO外部対策を行う際には出来るだけこの被リンクを貰いやすくするための施策が必要になります。

被リンクの”量”が多いと言うことはそれだけそのサイトが外部から評価を受けていることに繋がるので、必然的にサイトの評価は高くなり検索順位も上がりやすくなります。

また、被リンクは量も大事ですがそれと同様に”質”が求められるものです。

Googleから高い評価を受けている外部サイトから被リンクを受けた場合や、自身のサイトと関連性が高いサイトから受ける場合などが質が高い被リンクと言えます。

例えば、あなたのサイトがダイエット関連のサイトであるならば、外部サイトから被リンクを貰う場合、同じダイエット関連の外部サイトから被リンクを貰った方が関連キーワードで上位検索が取りやすくなります。

逆にダイエットとは関係のない、金融関係等の外部サイトから被リンクを貰っても効果は薄いでしょう。

また、被リンクに関しては以下の記事でも詳しくまとめています。

被リンクとは?SEOにおける効果や獲得方法を解説 

また、被リンク同じくらいSEOで重要なのが内部リンクです。

具体的には、順位をあげたい記事に内部リンクを集めると非常に有効です。

ちなみに、具体的に内部リンクをどう当てるべきか知りたいという人は、実物を見ながら勉強するのが一番です。

つまり、カテゴリー分けと内部リンクを分析する必要があり、一番おすすめの分析方法はsmartASPの内部リンク可視化ツールを使うことです。

smartASPの内部リンク可視化ツールを使えば、参考になるサイトがどのように内部リンクを張っているのか一発でわかります。

万が一使わなくても損はないので、smartASPを使うかどうかわからないという方でも、とりあえず登録しておきましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

SEO外部対策のやり方

SEO外部対策のやり方に関して、ここでは詳しくみていきましょう。

具体的なやり方に関しては、以下の5通りです。

  1. 相互リンク
  2. mybest方式
  3. SNSの活用で拡散を狙う
  4. シェアされる記事を書く
  5. サテライトサイトの作成を行い流入を狙う

具体的なSEO外部対策の施策に関して理解し、実際にそれを実行することでライバルサイトに差をつけることに繋がります。

また、これだけだとサイト運営初心者の方には分かりにくいと思いますので、以下からそれぞれ詳しく解説していきますね。

相互リンク

SEO外部対策のやり方の一つである、”相互リンク“とは、外部のサイトとあなたの自身のサイトが相互にリンクし合っている状態をさします。

相互リンクを貰う際に大事なことは、前述した様に出来るだけ自身のサイトのジャンルと関連性が高い外部サイトから被リンクを貰うことです。

また、被リンクを貰う際には適切な文脈の中で自然にリンクを飛ばしてもらうことが重要であり、特に自身が検索順位を上げたいと思っている記事へリンクを飛ばして貰えたらベストですね。

その他、”参考になるサイト一覧”のような紹介ページからではなく、自身のサイトと関連性が高いページからリンクをもらうことも質の高い被リンクと言えるでしょう。

そのほかにも被リンクに関してただアンカーテキストを「こちらです」の様な誘導文句ではなく、自身が狙っているキーワードを含めてアンカーテキストにした方がSEO的にも有効です。

補足になりますが、ここで言う”アンカーテキスト”とは、リンクされている部分のテキストになりますので、知らなかった方は覚えておきましょう。

mybest方式

二つ目のSEO外部対策のやり方として、「mybest方式」と言うものがあります。

mybestとは商品紹介サイトの一つで、こちらではサイト内で商品紹介ページを作成してその商品の公式サイトから被リンクをもらう施策を行なっています。

分かりやすく例えると、テレビである商品が紹介されたのを見て、店頭でもその同じ商品を「〇〇テレビで紹介されました!」と紹介するのと同じ要領で、公式サイトから被リンクを貰って行うことです。

ですが、無名の個人サイトで商品を紹介されても、公式サイトで紹介してもらうのはとてもハードルが高いので、解決策としてmybestではその道のプロのライターに商品紹介記事を書いてもらうようにしています。

その他、おすすめメディアとしても地位を得ていることも大きな強みとなっていますね。

そうすることで、公式サイトからの信頼を得て被リンクを上手く取得することに成功しており、より自身のサイトの評価も上げている訳ですね。

また、営業をかけてみると、意外とリンクが貰えたりするので是非ともチャレンジしてみてください。

SNSの活用で拡散を狙う

三つ目のSEO外部対策のやり方として「SNSの活用で拡散を狙う」方法があります。

基本的にはSNSでの拡散というものは、一見被リンクがもらえるように思えますが構造上「nofollow(SEO の効果なし)」となっており、被リンクの効果としては「dofollow(SEOの効果あり)」よりも薄いです。

ただ、最近はGoogleがnofollowの被リンクでもサイトを評価することを公言しているため、SNS等で大量に拡散されるとサイトの評価が上がる傾向にあります。

拡散されることで多くのアクセス数を稼ぐことができる上に、SNS等で注目が集まることにより、外部サイトから被リンクをもらえる可能性も高まります。

シェアされる記事を書く

四つ目のSEO外部対策のやり方として「シェアされる記事を書く」ことも有効です。

人が他人の記事をシェアする際の理由としては、以下のようなことが挙げられます。

  • 自身の気持ちを代弁してくれたとき
  • 話題をみんなに共有したいとき
  • 単純に情報を教えてあげたいとき

そのほかにも、他の人が興味があり作成に手間がかかるので、あまり誰も記事を作成していない記事等もシェアされやすいです。

具体例を挙げると「Google検索アルゴリズムリスト」のような記事になりますね。

サテライトサイトの作成を行い流入を狙う

最後にご紹介するSEO外部対策のやり方として「サテライトサイトの作成を行い流入を狙う」という方法があります。

具体的なやり方としては、本命のサイトとは別に複数関連性の高いサイトを作り、本命のサイトの被リンク数を増やす方法になります。

サテライトサイトとは、本サイトとは別に作ったサイトのことをここでは意味します。

“サテライト(人工衛星)”というだけあって本サイトが”地球”であるならば、サテライトサイトは地球の周りにある”月”のようなイメージです。

このサテライトサイトを多く作ることで故意に被リンクを集め、潜在顧客の獲得などを狙う訳ですね。

ただこのやり方は”ブラックハットSEO”(悪質なSEO施策のこと)に近いやり方なので注意が必要であり、あまりおすすめはしません。

もし行うとするのならば、少数の関連性が高いサイトに絞って行うべきであり、数百などの膨大な数の関連性が薄いサイトで行ってしまうとペナルティを受けてしまう可能性があるので注意が必要です。

また、被リンク同じくらいSEOで重要なのが内部リンクです。

具体的には、順位をあげたい記事に内部リンクを集めると非常に有効です。

その内部リンク対策におすすめなのがsmartASPというツールです。

smartASPを使えば、SEOで最重要と言っても過言ではない内部リンクを可視化できます。

また、競合サイトの内部リンクを可視化できるのは日本で唯一smartASPだけです。

さらに全ての機能が無料で、損をすることもないためまだ登録していない方は今のうちに登録しておきましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

いつからSEO外部対策を行うべき?

サイトを作ってまもない場合はサイトの内の記事数が少ないため、SEO外部対策を行うことが困難です。

そのためしっかりとサイト内の記事を充実させて、その記事に検索順位がつき始めた頃がSEO外部対策の始めどきになります。

また、検索順位はネットに記事を公開してからだいたい2〜3ヶ月程度で付くようになるので、最低でもサイトを作成してから3ヶ月間は様子をみた方が良いかも知れませんね。

何はともあれまずはあなた自身のサイト内の記事数が充実していないと、SEO外部対策を行なっても効果が薄いので最初はそちらから取り組み、検索順位がつき始めてからSEO外部対策を行なってみてください。

弊社ではサイトを作成して2ヶ月半くらいからSEO外部対策を行っています。

SEO外部対策と内部対策の違い

SEO対策には前述したように、”外部対策”と”内部対策”が存在しています。

これら両方を含めてSEO対策と言われることが多く、両者ともに重要なことなのでサイト運営者はしっかりと抑えておきましょう。

ここでいうSEO内部対策とは、自身のサイト内で行うSEO的な施策のことをさします。

具体的な例を挙げると、

  • 記事タイトルにキーワードを含ませること
  • 記事内に内部リンクを貼ること
  • 読みやすく分かりやすい質の高い記事を書くこと
  • サイトの見た目を良くし、ユーザーにとって使いやすくすること

などが内部対策になりますね。

基本的には個人で出来るのは内部対策だけであり、外部対策に関しては主に前述した通り被リンクのことになってくるので、両方の対策を狙うのであればより質の高い記事を量産し、外部サイトに被リンクを自然に貰えるようなサイト運営をすることが大事になってきます。

SEO外部対策、内部対策と聞くと一見どちらも違うもののように思えますが関係性はとても深く、より質の高い被リンクを貰うためにもサイト運営者はまずは、内部対策から真剣に取り組む必要性があります。

SEO外部対策するメリットとデメリット

ここではSEO外部対策する際のメリットとデメリットに関して詳しくみて行きましょう。

SEO対策を行う上で外部対策はとても重要なことである上に、サイトで稼ぐことを目的として場合には必ず必要になる施策です。

その具体的なメリットとデメリットをしっかりと把握して取り組むのと、何もメリットやデメリットが分からずに取り組むのでは実際の取り組み方が変わってきますので、サイト運営初心者の方はしっかりとここで抑えておきましょう。

以下からそれぞれ分かりやすく解説して行きますね。

SEO外部対策するメリット

  • 自身のサイトの評価が上がる
  • 関連性が高いサイトから被リンクを貰い続けると、関連キーワードで上位表示しやすくなる
  • 購買意欲が高いユーザーを集客できる
  • 自身のサイトのドメインパワー(サイトの強さを表す指標)が強くなる

SEO外部対策のメリットの中でも特に重要なのは、サイトのドメインパワー を強くして関連キーワードで上位表示しやすくすることです。

関連キーワードで上位表示するには、扱っているジャンルと関連性が高い外部サイトから被リンクを貰う必要性があります。

より質の高い被リンクを多く貰うことで、ライバルサイトよりも評価が上がり検索で上位表示しやすくなるわけですね。

その事からもサイトでより多く稼ぎたいと思うのであれば、SEO外部対策は必要不可欠と言っても過言ではないでしょう。

SEO外部対策するデメリット

  • 自然な被リンクを貰うまでには時間がかかる
  • 自身で取り組むのが難しい

SEO外部対策のデメリットとしては、「自然な被リンクを貰うまでには時間がかかる」という事です。

あくまでも外部対策は外部のサイトから被リンクを貰う事なので、自身で取り組むのには限界があります。

SEO外部対策はあくまでも長期的な目線でみて取り組んで行くものであり、短期的に考えて取り組むものではありません。

その点を理解して取り組んでいる方と、そうでない方がたまにいるので注意してくださいね。

また、被リンク同じくらいSEOで重要なのが内部リンクです。

具体的には、順位をあげたい記事に内部リンクを集めると非常に有効です。

ちなみに、具体的に内部リンクをどう当てるべきか知りたいという人は、実物を見ながら勉強するのが一番です。

つまり、カテゴリー分けと内部リンクを分析する必要があり、一番おすすめの分析方法はsmartASPの内部リンク可視化ツールを使うことです。

smartASPの内部リンク可視化ツールを使えば、参考になるサイトがどのように内部リンクを張っているのか一発でわかります。

他にも作業効率化機能や強力なSEO機能があるにも関わらず、全ての機能が無料なのです。

万が一使わなくても損はないので、smartASPを使うかどうかわからないという方でも、とりあえず登録しておきましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

SEO外部対策する際の注意点とペナルティに関して

SEO外部対策する際の注意点とペナルティに関してですが、主に以下のようなことが挙げられます。

  • 被リンク業者には頼まない
  • SNS流入中心のサイトが何個か飛んでいる

これだけだと分かりにくいので、以下からそれぞれ詳しく解説していきますね。

被リンク業者には頼まない

SEO外部対策として被リンクが効果的なのは、昔も今も変わりありません。

そのためサイト運営者はどうにかしてライバルサイトに勝つために、被リンクの量を増やそうとするのですが、中にはそういったサイト運営者をカモにした悪徳業者がいます。

「ココナラ」などのサービスサイトを覗いてもらったら分かりますが、ワンコインで被リンク数を数千から数万個付けてくれるといった案件が大量発生していますね。

これらは殆どSEO外部対策としては効果が期待できず、取り組んでも意味がありません。

そのほかにも被リンクを数万円でつけるといった悪徳業者もいますので、そういった故意的な被リンクは意味がない上に、お金の無駄ですので絶対に行わないようにしましょう。

また、SEO外部対策としての効果がないばかりか、Googleからペナルティを受けてしまい、今までのサイト運営に関する努力が水の泡になってしまう可能性がありますので正直デメリットしかありません。

SNS流入中心のサイトが何個か飛んでいる

検索からの流入がないにも関わらず、なぜかユーザーの流入が大量にあるサイトはGoogleから不自然と思われて、サイトの評価を落とされる恐れがあります。

SEO外部対策を取り組む上でSNS等での拡散も重要な施策の一つではありますが、あくまでも流入は検索がメインでありSNSだけに頼ったサイト運営は思わぬ低評価に繋がりかねないので注意が必要です。

SEO外部対策のためのおすすめのツール

ここではSEO外部対策のためのおすすめのツールをご紹介します。

  1. Google Search Console
  2. Majestic SEO
  3. Ahrefs
  4. Moz
  5. AIアナリスト

ツールを有効活用することで自身のサイトにどのくらい被リンク数が付いているのか、どのような外部サイトから被リンクを受けているのかなどを明確に把握することができます。

また、ライバルサイトの分析にも使えるツールも中にはあるので、是非とも活用してみてください。

以下からそれぞれ詳しくツールの特徴に関してご紹介します。

その他のツールの詳細に関しては、以下の記事にも詳しくまとめています。

被リンクをチェックする方法は?チェックツールをご紹介 

Google Search Console

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)」は、Googleが提供している公認の無料SEOツールです。

サイト運営されている方なら一度は利用したことがあるツールだと思われますが、サーチコンソールを利用することはSEO対策をする上で必須といっても過言ではありません。

また、サーチコンソールで把握できる被リンクに関する分析データとしては、

  • 上位のリンクされているページ
  • 上位のリンク元サイト
  • 上位のリンク元テキスト

などになります。

優れたツールである上に、無料で使えるので是非とも利用していない方はサイト登録してみてくださいね。

Majestic SEO

全ての機能を活用するには有料になってしまいますが、無料版でも十分使えるSEOツール「Majestic SEO」。

その特徴は何と言ってもURLを入力するだけで、サクッと分析結果が見れるところにあります。

SEO外部対策に関して網羅的にデータを見ることが出来るので、試しに利用してみてくださいね。

また、データの抽出なども出来るようになっているので、エクセル等で個人データ管理することも可能です。

Ahrefs

ウクライナとシンガポールの企業がタイアップして、開発・運用しているSEOツール「Ahrefs」。

こちらも操作はとても簡単で調べたいサイトのURLを入力するだけで、分析結果をみることが可能となっています。

こちらのツールの特徴は何と言っても圧倒的なデータ量にあり、他のツールと比較してとてもとても細かなデータまで見ることが出来ます。

ただし利用する際には有料となっているため、コストをできるだけかけたくない方には不向きかも知れません。

気になるかたは2週間の無料体験期間を一度ご利用ください。

Moz

アメリカの企業が開発したSEOツール「Moz」。

こちらは海外のSEOツールの中でも認知度と信頼性が高いことで有名なSEOツールの一つですね。

自社サイトの分析はもちろんのこと、競合サイトの分析なども行うことが出来る上に、SEO外部対策の効果測定以外にも様々なツールが利用可能となっています。

また、一度アカウントを作成するとツールの一部は無料で使えるようになっているので、是非ともお試しくださいね。

AIアナリスト

その名の通りAIがサイトの分析を行ってくれるSEOツール「AIアナリスト」。

こちらのツールではサイトの分析はもとより、それに基づいた的確な改善提案をAIが行ってくれます。

AIアナリストはGoogleアナリティクスと連携することで利用可能となっており、AIが的確なアドバイスを行ってくれるのでサイト初心者の方にもおすすすめのSEOツールの一つです。

まとめ:SEO外部対策とは?取り組む際のポイントとやり方に関して解説

まとめ:SEO外部対策とは?取り組む際のポイントとやり方に関して解説

SEO外部対策とは何なのかと、SEO外部対策のやり方等について解説しましたが、いかがだったでしょうか。

このページの要点は以下になります。

SEO外部対策とは、”SEO対策を自身のサイトの外部で行うこと”です。

<SEO外部対策のやり方>

  1. 相互リンク
  2. mybest方式
  3. SNSの活用で拡散を狙う
  4. シェアされる記事を書く
  5. サテライトサイトの作成を行い流入を狙う

SEO外部対策はサイトを運営する上ではとても大切なことであり、その仕組みに関してしっかりとした理解と取り組み方に関して知っておくことで、より良い施策が打てるようになります。

SEO外部対策とは何なのかと、SEO外部対策のやり方等について、まだよくわからないところがあるという方は、もう一度解説部分を見返してみてください。

また、本格的なSEO対策をしたい方はサイト分析・競合分析などを効率化できるsmartASPを活用するのがおすすめです。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

 

コメントを残す