Googleインデックス削除とは?その方法と原因・改善策等を解説

Googleインデックス削除とは?その方法と原因・改善策等を解説

「Googleインデックス削除とは何?」「その方法は具体的にどうすれば良いの?」とどういう場面で使うのか、どんなSEO効果があるのか気になりますよね。

Googleに認識して欲しくなページを指定する際に行うGoogleインデックス削除ですが、それにはSEO的な施策を考慮しての対策だったりといった深い意図があります。

このページでは、複数のサイトを運営し、SEOについて多くの仮説検証を行ってきた筆者が以下のことを解説します。

  • Googleインデックス削除とは何?
  • インデックスを削除する方法
  • インデックスが削除された事を確認する方法
  • メリットとデメリット

このページを読めば、Googleインデックス削除についての理解がかなり深まり、より良いSEO施策が打てるようになるでしょう。

内容を簡単にまとめると・・・

  • Googleインデックス削除とは、検索エンジンデータベースにインデックスされているサイト情報を消すことをさす
  • Googleのインデックスを削除する方法は、主にURL削除ツールを使ったり、ページを削除してインデックス登録をリクエストするなどがある
  • 検索結果に表示させたくないだけだったらnoindexを設定すれば良い
  • 低品質なページのインデックスを削除したいと考えているなら、そのページをリライトするのも一つの手
  • リライトする際にはSEO対策に役立つsmartASPというツールを使うべき
  • smartASPは客観的なデータをもとにサイトを分析し、修正すべき記事を抽出してくれる
  • smartASPは全ての機能が無料なので、まだ使ったことがない人は一度使ってみるべき
smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

Googleインデックス削除とは?

Googleインデックス削除とは?

Googleインデックス削除とは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンデータベースにインデックスされているサイト情報を消すことを意味します。

ここで言う”インデックス”とは、Googleのデータベースに入っているサイトの情報のことを言います。

仮にあなたのブログの新規ページがGoogleからインデックスされていないと、検索エンジンには公開されず検索順位もつかないと言うことになりますね。

また、Googleインデックス削除に関しては、Googleからペナルティとして削除される場合と故意に自身で一部のページをインデックス削除する場合の2つのケースがあります。

前者に関しては、対策が必要となるので後述している「Googleからインデックスを削除された場合の改善策」の項目を参考にししてみてくださいね。

Googleからインデックスを削除する方法

さて、Googleからインデックスを削除する方法をここでは詳しくみていきましょう。

具体的な方法としては、大きく分けて5つあります。

  1. URL削除ツールを使用する方法
  2. ファイルやページをパスワードで保護する方法
  3. ページやファイルを完全に削除する方法
  4. ページにnoindexタグを追加してインデックスをブロックする方法

最初に注意点だけ述べると、どの方法も削除してから2週間程度でなぜかインデックスが復活することがあるので、Googleサーチコンソールでインデックスが復活していないか定期的に確認することを忘れないようにしてくださいね。

あくまでもどの方法も一時的にはインデックスを削除する事はできるようになっていますが、今のところ永久的には削除する方法がないので、定期的に確認するようにしましょう。

それでは以下からそれぞれGoogleインデックス削除の方法を詳しくみていきましょう。

①URL削除ツールを使用する方法

最初の方法として、URLを削除するツールを使用する方法があります。

この方法はGoogleサーチコンソールを活用する必要があるのですが、URL削除ツールは旧タイプのGoogleサーチコンソールにしか搭載されていないので、まずは旧タイプへ戻してください。

具体的な手順に関しては、以下の通りです。

  1. Googleサーチコンソールを開く
  2. 左にあるサイドメニューから「新しいバージョンについて」を選択する
  3. 「ヘルプ」と言う検索窓が右に表示されるのでそこに”UEL削除ツール”と入力する
  4. 画面が切り替わって下へスクロールすると手順が書いてあるので、あとはその手順通りに進める

ただ、Googleサーチコンソールでは操作が認められたとしても、90日後には元に戻っているので再度インデックス削除する必要があります。

あくまでもこの方法は一時的な削除であり、検索結果から完全にページを削除する方法ではありません。

インデックスから削除した後に、さらに本格的なSEO対策をしたいという方にはsmartASPというツールがおすすめです。

smartASPは客観的な数字を元に修正すべき記事を抽出してくれるため、SEO知識に自信がないという人でも本格的なSEO対策が可能です。

また、競合分析も効率化してくれるため、非常に便利です。

無料なので、万が一使わなかったとしても損をすることはないので、まだ使っていない人は1度使ってみることをおすすめします。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

②ファイルやページをパスワードで保護する方法

2つ目の方法としてはGoogleにインデックスされて欲しくないページにパスワードを設けることですね。

私たちが普段インターネットを使用している際にたまに歪んだ文字を読んで入力したり、テキストで指示されている写真だけを選んでクリックしたりといったことをしたことがありませんか。

それは全て人間が目で見て確認する必要があるCAPTCHA(キャプチャ)と呼ばれるもので、Googleがインデックスするためにネットで走らせているクローラーの進入を防ぐことができます。

これは基本的に主要な検索エンジンは、パスワードを推測したり認証システム等を掻い潜ろうとした行為をしないためです。

③ページやファイルを完全に削除する方法

Googleインデックス削除する方法として、一番シンプルなのがインデックスして欲しくないページやファイルを完全にサイトから削除する方法です。

例えば、WordPressを活用してブログを立ち上げている方であれば、WordPressの方から操作を行い完全にブログからインデックス削除したいページを削除すれば完了となります。

ただ、この方法の一番の欠点は一度削除したら元には戻せないので、ブログからページを削除する際にはしっかりと考えてから行うようにしてくださいね。

その他にも注意点としてサイトで完全に削除したページに関しては、ページのURLを一度Googleサーチコンソールに入力してインデックスをリクエストするようにしておきましょう。

これはクローラー巡回しないとGoogleにページを削除したことを知らせる事ができないからです。

④ページにnoindexタグを追加してインデックスをブロックする方法

ここでいう”noindexタグ”とはその名の通り、ページをインデックスして欲しくない時に用いるプログラミングコードになります。

このnoindexタグをインデックスして欲しくなページに貼り付けることで、Googleインデックスを削除することが可能となります。

具体的な方法としては、以下のコードをインデックスして欲しくないページの<head>セッションに貼り付けるだけです。

<meta name="robots" content="noindex">

また、Google検索エンジンにだけインデックスして欲しくない場合は、以下のコードを同じ場所に貼り付けてください。

<meta name="googlebot" content="noindex">

そのほか、手順がよく分からない方はGoogleサーチコンソールのヘルプページにも詳しく解説されているので、そちらも参考にしてみてくださいね。

また、ほかにもSEO対策をしたいという方もいるのではないでしょうか。

そんな方にはsmartASPがおすすめです。

なぜなら、smartASPは自動でサイト分析をし、修正すべき記事を抽出してくれるだけでなく、SEOで最重要と言っても過言ではない内部リンクを可視化できます。

また、競合サイトの内部リンクを可視化できるのは日本で唯一smartASPだけです。

さらに全ての機能が無料で、損をすることもないためまだ登録していない方は今のうちに登録しておきましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

Googleからインデックスが削除された事を確認する方法

Googleからインデックスが削除されたことを確認する方法としては、2つあります。

一つは前述したようにGoogleサーチコンソールを活用して確認する方法ともう一つは、Googleの検索エンジンを活用して確認する方法ですね。

まず、「Googleサーチコンソールを活用して確認する方法」ですが、こちらは具体的には以下のような手順で行います。

  1. Googleサーチコンソールを開く
  2. 上部のテキストボックスにURLを入力しEnterを押す
  3. 「このURLはGoogleに登録されていません」と表示されればOK

Googleサーチコンソールの扱いに慣れていない方にはちょっと難しいと感じるかもしれませんが、上記の手順通りに行えば簡単にインデックスされているもしくはされていないページが確認できるので是非ともやってみてくださいね。

また、二つ目の確認方法として「Googleの検索エンジンを活用して確認する方法」の手順を具体的に説明すると、以下の通りです。

最初にGoogle検索エンジンの検索窓に「site:自分のWebサイトURL」を入力して検索をかけます。

検索結果が表示されてインデックスされていなければ、サイトのページは表示されません。

逆に、インデックスされていれば、サイトのページが表示されます。

この方法は最初に紹介したGoogleサーチコンソールを活用した方法よりも、かなりシンプルでやりやすいのが特徴ですね。

Googleからインデックスを削除するメリットとデメリット

Googleからインデックスを削除するメリットとデメリットに関して、ここでは詳しく解説していきたいと思います。

インデックスを削除するというと聞こえが悪いように思えるかもしれませんが、ページをインデックスすることによりSEO的な効果を下げないための施策を施す場合もあります。

例えば、サイト内で扱っているジャンルとは違う内容が書かれたページに対しては、Googleに誤認させないためにも故意にそのページだけインデックスを削除するサイト運営者も少なくありません。

そのようにインデックスを削除すること自体は悪いことではなく、故意に行うことでサイトにはプラスになる場合もあるのです。

以下からそれぞれメリットとデメリットに関して詳しくみていきましょう。

Googleからインデックスを削除するメリット

Googleからインデックスを削除するメリットとしては、具体的には以下のような項目が挙げられます。

  • 重複したコンテンツがある場合、どちらか一方をインデックス削除することで検索順位を上げることに繋がる
  • サイトで取り扱っているジャンルと異なったページをインデックス削除することで、Googleにサイトの評価を誤認させないようにすることができる

Googleからインデックスを削除するという事は、Googleの検索結果に自分のサイトページを表示させたくないという事なので、その特徴を活かしてSEO的な施策に活かしたり第三者に読んで欲しくない場合等に活用することが可能です。

また、サイト運営を行なっている人であれば一度は聞いたことがあると思いますが、”カニバリ(カニバリゼーション)“を起こした際の対策としてもGoogleインデックス削除は有効的です。

カニバリとは、特定の検索キーワードに関して複数の記事を書くことで起こる現象であり、カニバリになると同じ記事同士でSEO的な評価が分散してしまい、検索で上位表示を取るのが難しくなってしまいます。

そんな時にカニバっている記事のインデックスを削除することで、上位表示を狙っている本命の記事に評価を集中させることが可能となります。

Googleからインデックスを削除するデメリット

逆にGoogleからインデックスを削除した場合は、以下のようなデメリットが挙げられます。

  • Google検索エンジンからの検索ユーザーが訪れなくなる
  • インデックス削除したページはユーザーの訪問数が極端に減る

当たり前ですがGoogleからインデックスを削除することで、検索エンジンの検索結果に表示されなくなり、それまで訪れていた検索ユーザーがインデックス削除したページには来なくなるのです。

サイトのページに訪れているユーザーの多くは、検索エンジンから訪れているユーザーが大体7〜8割程度を占めており、インデックス削除することで極端にページに訪れるユーザーの数が減ってしまいます。

また、意図的にインデックスを削除する場合は良いのですが、誤って他のページのインデックスを削除してしまったり、Googleからペナルティを受けて削除されてしまった場合はかなりサイト運営的にも宜しくないので早めの対処が必要です。

ウェブサイトの運営にはインデックス削除だけではなく様々な作業が必要です。

それらの作業は決して簡単なものではなく時間もとります。

そこでおすすめなのがsmartASPというツールです。

smartASPでは、売り上げ管理やサイト分析を効率化することができます。

さらに、作業時間が減るため、浮いた時間を他のサイトの分析などに使うことができます。

完全無料で、万が一使わなくなっても損することがないので、1度使ってみるべきでしょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

Googleからインデックスを削除する際の注意点

Googleからサイトページのインデックスを削除する場合は、以下のようなことに注意してください。

  • サイトの古いURLを削除する目的で使用する場合
  • 運営しているサイトを0から再スタートする目的でインデックスを削除する場合
  • Googleからペナルティを受けてしまい、サイトをリセットする目的で使用する場合
  • サイトにあるページのURLを統一する目的で使用する場合

それぞれのケースに関して以下から詳しくみていきましょう。

サイトの古いURLを削除する目的で使用する場合

サイトの古いURLを削除したくて、インデックス削除申請を行わなくてもGoogleでは次回のスクロールの際にしっかりと古いURLを削除してくれるのでわざわざインデックス削除申請をGoogleサーチコンソールなどで行う必要はありません。

運営しているサイトを0から再スタートする目的でインデックスを削除する場合

サイトを0からスタートさせたい場合は、ページのURLのインデックスを削除するのではなく”再審査リクエスト“を利用してください。

手動による対策が必要な場合は、再審査リクエストを行う事で自身のサイトにどのような懸念があるのか、何を変更したいのかをGoogleに伝えることができます。

ちなみに、再審査リクエストはGoogleサーチコンソールからできるようになっています。

Googleからペナルティを受けてしまい、サイトをリセットする目的で使用する場合

万が一、Googleから手動もしくは自動のペナルティを受けてしまった場合に、サイトのURLをインデックス削除してリセットする行為は避けるようにしてください。

そのような場合は、ページを修正した後に”再審査リクエスト”を行えば改善させることができます。

サイトにあるページのURLを統一する目的で使用する場合

例えば”https”や”http”などの複数のURLが存在し、同一コンテンツが検索で表示される場合は、片方のURLをインデックス削除するのではなく、”リダイレクト”や”canonical(カノニカル)”を活用してURLを統合するようにしましょう。

また、ここでいう”リダイレクト”とは、指定したページから他のページへ自動的に転送させることをさします。

そして”canonical”とは、正規の記事がどれなのかGoogleの検索エンジンに示すためによういるプログラミングコードのことです。

Googleからインデックスを削除されることも!その原因は?

Googlekからインデックスを削除される主な要因としては、以下のようなことが挙げられます。

  • コンテンツの自動生成を行なっている場合
  • サイトのランキングを操作するような不正行為を行なっている場合
  • オリジナルのコンテンツではない場合(他のサイトをコピペしただけの記事)
  • ユーザーやGoogle検索エンジンを騙すようなページである場合
  • 不正なリダイレクトを行なっているページである場合
  • ページに隠しテキストや隠しリンクを埋め込んでいる場合
  • 他のページのランキングを上げるためだけの誘導ページになっている場合
  • コンテンツに関係のないキーワードが埋め込まれている場合
  • ユーザーにとって十分な付加価値のないアフィリエイトサイトだった場合

上記の項目はGoogleの”ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)“にハッキリと明記されており、項目に該当するサイトはペナルティを受ける可能性が高いので注意が必要です。

Googleからインデックスを削除された場合の改善策

Googleのペナルティは手動と自動に分かれており、その違いはGoogleサーチコンソールの「手動による対策」のところにメッセージがあるかどうかで判断できます。

手動ペナルティの場合は、メッセージのところに”手動によるペナルティである“というメッセージがGoogleから届くようになっています。

万が一、Googleからインデックスを削除されてしまった場合の改善策としては、SEOスパムや質の低いリンク・コンテンツを改善し、Googleガイドラインに準拠したサイト構築が必要となります。

また、ある程度自身でサイトの改善ができた場合は、Googleサーチコンソールから再審査のリクエストを依頼するようにしてください。

しかし、手動ペナルティの場合しかこの方法は使えないので、自動ペナルティと思われる場合は、インデックスをリクエストしてみましょう。

まとめ:Googleインデックス削除とは?その方法と原因・改善策等を解説

まとめ:Googleインデックス削除とは?その方法と原因・改善策等を解説

Googleインデックス削除とは何かやその方法と原因・改善策等について解説しましたが、いかがだったでしょうか。

このページの要点は以下になります。

Googleインデックス削除とは?:GoogleやYahoo!などの検索エンジンにインデックスされているサイト情報を、消すことを意味します。

<Googleからインデックスを削除する方法>

  1. URL削除ツールを使用する
  2. ファイルやページをパスワードで保護する
  3. ページやファイルを完全に削除する
  4. ページにnoindexタグを追加してインデックスをブロックする

Googleインデックス削除は故意に行う場合もあれば、Googleから予期せぬ場合に削除されることもあるので、その扱いや改善策を知っておくとサイト運営にもかなり役立ちます。

Googleインデックス削除とは何かやその方法と原因・改善策等について、まだよくわからないところがあるという方は、もう一度解説部分を見返してみてください。

また、本格的なSEO対策をしたい方はサイト分析・競合分析などを効率化できるsmartASPを活用するのがおすすめです。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

コメントを残す