CVR(コンバージョン率)とは?webマーケティング用語を解説

CVR(コンバージョン率)とは?SEO基礎用語を解説

「CVRというSEO用語は聞いたことあるけど、具体的な意味は良く分からない」なんて方も多いのではないでしょうか。

実はCVRをしっかり理解することでウェブサイトをより良くする施策を考えることができるのです。

このページでは日本最大のWEBメディアであるWeb Reachの編集部がCVRについて以下のことを解説します。

  • CVRとは何か
  • CVRの計算方法
  • CVRの活用方法

マーケティングで必要となる知識ですので、最後までお読みいただければ、サイトの改善などに役立てることができます。

内容を簡単にまとめると・・・

  • CVRとは、サイトの目的をどれだけ果たせたかを表す重要な指標
  • CVR=CV÷訪問数×100
  • CVRを理解することで適切なSEO施策が打てるようになる
  • 他にもSEO対策をするならsmartASPという無料ツールがオススメ
  • smartASPは客観的な数字を元に修正すべき記事を抽出してくれる
  • SEO知識に自信がないという人でも本格的なSEO対策が無料で可能
  • 競合分析も効率化してくれるため、非常に便利
smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

CVRとは?

CVRとは?

CVR(コンバーションレート)はコンバーション率や顧客変換率とも呼ばれているマーケティング用語です。

サイト訪問者の中で、サイトの目的をどれだけ達成したかを表す重要な指標になります。

CVとCVR

CV(コンバーション)とはサイトの成果のことを指します。

例えば、サイトを通して商品が売れたり、申し込みや資料請求などの問い合わせなど、そのサイトの目的を達成したということですね。

そしてCVR(コンバーション率)は、サイトのアクセスに対して実際にCVが発生した割合のことです。

CVについて更に詳しく知りたい方は「コンバージョンとは?」の記事をご覧下さい。

CVRを計算する場合は、そのサイトの目的によって適切な指標を選び、母数を決める必要があります。

ただし、割合をしますものですので、母数が少ない場合などはCVRが異常に高い数字になる場合もありますし、きちんとしたデータが取れない場合など、正確に算出することができなくなります。

ですので、CVRの数字を見て、必要な部分を判断するためには、経験やひらめきなどの要素も必要になる場合があります。

CVR の改善方法を知りたい方は、「CVRの改善方法は?」の記事をご覧下さい。

CVRの計算方法

CVRの計算方法

では、実際に訪問数やCVをもとに割合を算出する方法を紹介します。

CVRの計算式
CVR=CV÷訪問数×100

 

例をあげると、1000件のアクセス中10件のCVがあった場合、10÷1000×100でCVRは1%となります。

CVRは興味を示した人の中で、どのくらいCVをしたのかという割合を知ることができるので、訪問数全体だけでなく、母数を特定のページを開いたユーザーだけに限定するなど、変更して計算することで、改善すべきページを割り出すなど、目的によって使い分けることが可能です。

訪問数が少ない場合は、まず集客を上げる必要がありますので、ニーズにあったユーザーを集める方法を検討します。

訪問者を集めるにはSEO対策は必須となりますので、「SEO対策とは?」の記事をご覧下さい。

逆に訪問数など母数となる数字は十分にありながら、CVが低いという場合は、サイトを訪問してくれたにも関わらず、CVに至らず引き返す原因がサイトの中にあったということになります。

サイト自体に魅力を感じなかったり、情報が不足していたりする場合などがこれにあたるでしょう。

興味を持って訪問してくれたユーザーが、CVしたいと思うような魅力のあるページ構成をする必要があります。

どこでサイトを離れたかという情報も必要になりますが、解析することで導線配置を見直すなど、無駄なく効率的に修正を加えることも可能です。

まとめ:CVRとは

まとめ:CVRとは

CVRについて解説しましたが、いかがだったでしょうか。

まとめると以下のようになります。

  • CVRはサイトのアクセス数のうち、どれだけの成果があったかを示す指標
  • CVRを解析するとサイトの改善策や優先度などを検討する際に役立つ
  • CVRを上げるには、ユーザーがCVしたいと思えるページを作ることが必要

CVRを上げるためにできるのはまずSEO対策を強化したり、広告を出してみたりという方法を使い、ユーザーの目に留まるようにすることです。

しかし、CVから遠いユーザーを集めても効果はほどんどありません。CVしやすいユーザーをサイトに誘導することができるように求めるユーザー像を明確して対策することも大切です。

また、訪問してくれたユーザーがCVしたいと思うようなサイトを作っていくことが重要ですので、CVRを解析し、それぞれのサイトにあった対策を行ってCVRを上げることを目指しましょう。

本格的なSEO対策をしたい方はサイト分析・競合分析などを効率化できるsmartASPを活用するのがおすすめです。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

コメントを残す