Googleアナリティクスでコンバージョン設定をする方法を解説

Googleアナリティクスでコンバージョン設定をする方法を解説

「Googleアナリティクスのコンバージョン設定の方法が知りたい」「なぜコンバージョン設定をするの?」と疑問をお持ちの方も多いでしょう。

Googleアナリティクスを使用すれば、ユーザーの行動を分析することができ、ウェブサイトの課題を分析して効果的な運営ができるようになります。

そこでこの記事ではGoogleアナリティクスのコンバージョン設定を駆使してSEO対策を行なっている筆者が以下のこと解説します。

  • Googleアナリティクスのコンバージョン設定について
  • 目標設定の仕方
  • 設定の時の注意点
  • コンバージョン設定をするメリット

この記事を読んで皆様に与えられるメリットは3つあります。

  • 手順どうり行えば、コンバージョン設定の仕方がわかる
  • 目標の種類がわかり、自分が設定すべき目標がわかる
  • 正しく計測するための注意点がわかる

内容を簡単にまとめると・・・

  • Googleアナリティクスのコンバージョン設定の目的は、何を目標にするのか具体的に決め、目標を達成するために必要な項目を決めること
  • コンバージョン設定をしたら正しく計測がされているかを必ず確認をする
  • コンバージョン設定をすることで、効果的なサイト運営ができているか確認ができ、分析や対策に役立てることができる。
  • アナリティクスと連携して使うべきなのが、アナリティクスのデータを自動分析してくれるsmartASPというツール
  • smartASPはGoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールを使って自動でリライトすべき記事を抽出してくれる
  • 他にも売り上げ管理・ASP案件比較・競合分析効率化機能があり、全ての機能が無料なので使うかわからないという人でも登録しておくのが無難
smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

Googleアナリティクスのコンバージョン設定について

Googleアナリティクスのコンバージョン設定について

Googleアナリティクスは自分のサイトのアクセス数や滞在時間、サイトで販売する商材の購入数や申込数を計測することができます。

アナリティクスを使用することで、自分のサイトにアクセスしている人々がどのページからアクセスし、どのようにサイトを回遊しているか、また購入者や申し込み者がどのような行動をして購入に至っているかを調べることができます。

それによって自分のサイトが順調に運営できているか、効果的なサイトになっているかを分析することができます。

そこで重要なポイントがコンバージョン設定です。

そもそもコンバージョンとは、ウェブサイトにおいてサイト運営者が目的とする成果が果たされることを表します。

例えば、ECサイトでは商品の売上が立つことや、人材サイトでは採用の応募があった時などです。

簡単に言うとコンバージョン設定とは、目標とする成果の指標を具体的に設定をすることです。

以下ではコンバージョン設定の解説と正しく計測をするための方法を解説していきます。

何を目標(コンバージョン)にするか決める

はじめに何を目標(コンバージョン)にするかを決定をします。

ここでのコンバージョンとは、サイト運営者が目的とする行動をユーザーが行う地点を指します。

ちなみに多くのサイト運営者は、ウェブサイトに訪れた人が、商品の購入や会員登録をすることをコンバージョンとして設定をします。その他にはサイトの滞在時間の長さをコンバージョンとして設定するなど様々な目標があります。

コンバージョンを設定するメリットは、ゴールが決められることでそのために必要な施策を明確にしやすくなることです。

例えば、ECサイトにて「購入完了」がコンバージョンと設定します。

アナリティクスでは購入完了までのサイト内の回遊経路をたどるとこができます。

アナリティクスではそのゴールまでにユーザーが離脱しやすいポイントや、達成しやすいポイントを分析できます。

そして、そのポイントを知ることで課題発見や対策を打つことができるのです。

目標を設定することで、アナリティクスでは目標に対して「コンバージョン数」や「コンバージョン率」を調べることができます。

また、コンバージョンに到るまでのプロセスを様々な指標で見ることができため、サイトの課題を複数の視点で調べることができます。これらの指標も後から解説をします。

Googleアナリティクスはこれだけではなく様々なデータを表示することができます。

しかし、どの指数を見れば良いのかわからない、なんて方も多いのではないでしょうか。

そこでおすすめなのがsmartASPです。

smartASPでは分かり辛かったデータを見やすく表示することができます。

さらに、GoogleアナリティクスとGoogleコンソールを分析して自動で修正すべき記事を抽出してくれます。

他にも便利な機能が多数存在しているのですが、全て無料で使えるので、とりあえず自分に合っているか試してみるのがおすすめです。

以下のボタンからsmartASPに登録しましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

アナリティクスでの目標設定とは

目標設定とはサイト内から「商品の購入」や「サービスの申し込みや資料請求」といった最終地点を指します。

アナリティクスでの目標設定は「サンクスページ」と呼ばれる商品の購入が完了された時に出るページが目標設定になります。

「thanks.html」や「complete.html」が末尾につくURLを目標設定にします。

商材がいくつかあり、同じようなURLをいくつか持っている場合は複数のページを一つの目標設定にすることも可能です。

目標画面を表示し、新しく目標を設定する

はじめにアナリティクスにログインをしてから目標設定をする方法を解説します。

  1. アナリティクスにログイン後左下メニューの「管理」をクリック
  2. ビュー内の「目標」をクリックする
  3. 「新しい目標」ボタンをクリックする
  4. 目標設定画面で「カスタム」を選択し、続行をクリック
  5. 目標の説明画面で、目標名を入力し、「タイプ」より必要な目標を選択する

 4つの目標項目から、必要な目標を選択する

先ほど目標設定の手順を簡単に解説をしました。最後の項目の「必要な目標の選択」の部分を解説します。

目標画面で設定項目が5つあります。

  1. 到達ページ
  2. 滞在時間
  3. ページビュー数/スクリーンビュー数
  4. イベント

基本的には「到達ページ」を目標設定にするのが良いでしょう。

それ以外の指標は目標設定にせずとも別指標として数値分析が可能です。

しかし、サイトの目的によっては他の目標設定にすることが効果的な場合もありますので、サイトに必要な指標に合わせて設定をしましょう。

・到達ページ

指定したページに対して訪問があった場合に、目標が達成されたとしてカウントがされます。

この場合、「購入完了」や「申し込み完了」を目標とすれば、「thanks.html」や「complete.html」といった申し込みの最後に到達するページのURLを入力をします。

・滞在時間

指定した滞在時間を超える訪問があった場合に目標を達成したとカウントがされます。

訪問滞在時間を「時間・分・秒」で設定することができます。例えば「10分サイトに滞在してくれれば目標達成」といった設定ができます。

商材を多く取り扱うECサイトなどで回遊率を高め、滞在時間が長くすることを目的にしてる場合は「滞在時間」を設定すると良いでしょう。

また、テキストが多い記事が中心のメディアサイトであれば滞在時間が長ければ文章をしっかり読まれており、短いと文章を読みきらず離脱しているという指標が作れます。

その指標を参考にテキスト構成の分析にも役立ちます。

・ページビュー数/スクリーンビュー数

これは1訪問あたりの閲覧ページ数を表します。

この場合の指標は「1ユーザーが5ページを超える訪問があれば目標達成」といった設定です。

この目標を使用するのに適したサイトもECサイトやメディアサイトです。

回遊率を高めて多くのページを見てもらうことが大きな目的であればこれを目標設定にすると良いでしょう。

・イベント

この目標設定は「リンクのクリック」「ファイルのダウンロード」や「動画再生」が何回押されたのかを計測する目標設定です。

売上にはまだ繋がっていないが、サイト内のコンテンツを閲覧したり、リンクを閲覧するなどのユーザーの行動を測ることができます。

それにより、サイト内にユーザーにとって効果的な付加コンテンツが適切に使われているかを分析することができます。

また、外部サイトへの流入を目的にしているサイトにも有効でしょう。

この目標を使用するためには事前にイベントトラッキングの設定をしておく必要があります。

目標到達プロセスの設定

目標到達プロセスを設定することで、ユーザーがランディングページ(ユーザーが最初に訪問したページ)からコンバージョンに到るまでの経過を見ることができます。

ランディングページだけをみて申し込みに到るパターンは少ないでしょう。

いくつかのページを閲覧している可能性が高いです。

目標到達プロセスは目標設定で「到達ページ」を選択後に入力をします。

  • 「目標設定」→「到達ページ」→「到達ページの条件:等しい」を選択
  • 「目標にするページのURLを入力」→「値」に金額を入力
  • 「目標到達プロセス」をオンにする

目標到達プロセスでは目標にするページに到るまでのステップのページURL入力することができます。

ステップは最大20個まで登録することができるため、ユーザーが購入に到るプロセスの流れを想像し何パターンか登録をしましょう。

(例)申し込みページから申し込み完了に到るまでのステップを測る場合

完了ページの手前である入力確認ページや入力ページURLを登録します。

何人のユーザーが完了ページに到達したか、また入力ページまで進んだのに離脱してしまったユーザーの数も計測することができます。

入力ページでの離脱の割合がわかることで、入力ページ改善点を探ることができます。

コンバージョンを設定してウェブサイトの改善を図ることはとても重要なことです。

しかし、コンバージョンの施策は打つことができたけど、そのほかに何をやれば良いのかがわからない、なんて方も多いのではないでしょうか。

そんな方におすすなのがsmartASPです。

smartASPを使えばSEO対策として大切なリライトの選定作業を自動で行うことができます。

また、リライトと同じくらいSEOで重要なのが内部リンクです。

具体的には、順位をあげたい記事に内部リンクを集めると非常に有効です。

ちなみに、具体的に内部リンクをどう当てるべきか知りたいという人は、実物を見ながら勉強するのが一番です。

つまり、カテゴリー分けと内部リンクを分析する必要があり、一番おすすめの分析方法はsmartASPの内部リンク可視化ツールを使うことです。

smartASPの内部リンク可視化ツールを使えば、参考になるサイトがどのように内部リンクを張っているのか一発でわかります。

他にも作業効率化機能や強力なSEO機能があるにも関わらず、全ての機能が無料なのです。

万が一使わなくても損はないので、smartASPを使うかどうかわからないという方でも、とりあえず登録しておきましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

設定をするときに注意すべきこと

1つの目標はあるユーザーが1回の訪問で何回達成しても、カウントは1回しかされません。

例えば「購入」を一つの目標にしている場合、あるユーザーが1つの訪問で2回「購入」を行なった場合でも目標の達成は1回と見なされます。

目標は複数設定することができるので、異なる目標であれば1訪問内で達成した目標の個数分カウントされます。

つまり、1目標で1カウントまでしかされませんので、「ABC」の3つの目標があった場合、Aの目標が2回達成されていても1カウントにしかならず、最大で3カウントになります。

したがって、目標を設定を複数するときは目標が被らないようにしなければなりません。

 正しく計測されているか確認する

アナリティクスの目標設定をしたら正しく計測がされているか確認をしましょう。

目標ページのURLを設定した後に、保存ボタンの上にある「この目標を確認」をクリックします。

そうすると、そのサイトの過去7日間のデータを遡ってコンバージョン数を計測することができます。

正しく計測されていない場合の原因として以下が挙げられます。

  • 目標ページの設定条件が間違っている
  • 入力したURLが間違っている(サイトドメインの「/」が抜けている)
  • サイトドメインから全て入力している

目標ページの条件設定で到達ページのURLに対するパラメーターの条件設定が間違っていると資格な計測がされません。

到達ページのマッチタイプに「等しい・先頭が一致・正規表現」の3種類が選択できます。

「等しい」を選択すると、最初から最後まで例外なく、指定された文字列と完全に一致している URL しか識別しません。

例えば、「/thanks.html」でURLを入力し「等しい」で設定をすると末尾まで一致する場合しかカウントがされません。

ユーザーの訪問によって末尾にidなどがURLが付加される場合に一切カウントされなくなってしまいます。

その場合は「先頭が一致・正規表現」のパラメーターに変更をしましょう。

アナリティクスから自社のアクセスを除外する

自分自身、もしくは自分の会社がテストで間違って目標到達をしてしまった場合、計測データが正確ではなくなってしまう可能性があります。

そのため、自身のアクセスを計測しないようにIPの除外設定をしましょう。

簡単な方法としてGoogleアナリティクスオプトアウトアドオンを使用しましょう。設定の方法は簡単です。

  • Googleアナリティクスオプトアウトアドオンのページにアクセスしダンロードをする
  • 「CHROMEに追加」をクリック
  • 「拡張機能を追加」をクリック
  • 「CHROMEに追加済み」になっているかを確認

以上を行えば、自分のアクセスを除外する設定が可能です。

Googleアナリティクスオプトアウトアドオンが使用できない場合は以下の方法で設定をすることができます。

  • 管理画面から「ビュー」→「フィルタ」→「フィルタの追加」をクリック
  • 「除外するフィルタ名」と「IPアドレス」を入力
  • フィルタの種類の選択では「定義済み・除外・IPアドレスからのトラフィック・等しい」で入力

これで自身のアクセスを除外することが完了します。

なぜコンバージョン設定をすべきなの?

コンバージョン設定はウェブサイトの目的を達成するための分析ツールになりますので使用しない手はないでしょう。

ゴールをしっかり設定をすることで、運営しているサイトが目的にあった構造をしているのかを数値を用いて理解をすることができます。

ではなぜコンバージョン設定をすべきなのでしょうか?

事業が順調かどうか確認できる

コンバージョン設定では単純に最終目標の売上の達成率だけでなくその過程も計測することができます。

つまり、自分の事業が順調に運営されているかが確認できるのです。

コンバージョンを正しく設定をすることで現在持っている課題に対しての打ち手が、効果が出ているのかを計測することができます。

到達ページまで行くことが最大の目標ですが、それまでにユーザーの滞在時間やページビュー数をコンバージョンとして設定をすることで中長期的な目標を立てることができます。

複数のコンバージョンを設定し、施策の効果検証と改善を繰り返すことで事業を目標通りに達成することができるようになります。

各チャネルの数値が出るため分析・対策を打ちやすい

コンバージョン経路レポートにはコンバージョンに繋がった全てのコンバージョン経路、経路ごとのコンバージョン数、コンバージョン値が表示されます。

コンバージョン経路における各チャネルの接点の数値が出るため分析と対策を打ちやすいです。

つまり、コンバージョンがしやすいパターンを見つけることや、逆に具体的にウェブサイトのどの部分に問題があるのかを見つけることができます。

各チャネルの数値分析をすることで、効果的なマーケティング方法を強化することもできますし、効果が出ていないページの対策を打つことができます。

まとめ:Googleアナリティクスのコンバージョン設定について

まとめ:Googleアナリティクスコンバージョン設定

Googleアナリティクスのコンバージョン設定は難しいように感じますが、手順に沿ってやってみましょう。

アナリティクスを使用することで、ウェブサイトが効果的に運営されているのかを客観的に見ることができます。

Googleアナリティクスのコンバージョン設定についてまとめ

  • 何を目標にするのか具体的に決める。
  • 目標を達成するために必要な項目を決める。
  • 正しく計測がされているかを必ず確認をする。
  • コンバージョン設定をすることで、効果的なサイト運営ができているか確認ができる。
  • 分析や対策に役立てることができる。

せっかく作ったウェブサイトが収益を上げられなければ意味がありません。

ウェブサイトの顧客は目の前には見えないユーザーのため、客観的な数値情報がなければ効果的な対策を打つこともできません。

アナリティクスはウェブサイトの運営に役立てることができる便利な分析ツールになりますので正しく使用しましょう。

また、本格的なSEO対策をしたい方はサイト分析・競合分析などを効率化できるsmartASPを活用するのがおすすめです。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

コメントを残す