CTAとは?CTAを改善させるための施策を5つご紹介!

CTAとは?CTAを改善させるための施策を5つご紹介!

「CTAってなに?」「CTAとコンバージョンって関係あるの?」と疑問に感じている人も多いのではないでしょうか?

CTAはコンバージョン数を獲得するために必要な知識で、工夫することでコンバージョンを向上させることが可能です。

このページでは、日本最大級のWEBメディアであるWeb Reach編集部が、CTAを改善させるために以下のことを解説します。

  • CTAとコンバージョンの関係とは
  • CTA改善施策を紹介

このページを読めば、CTAについての理解が深まり改善施策を行うことで、CV数も目標に近づけるようになります。

内容を簡単にまとめると・・・

  • CTAとはWebサイト運営している人がユーザーにとって起こしてもらいたい行動を誘発すること
  • CTAを工夫することによって、コンバージョン率を改善することができる
  • それだけではなく、SEO対策をすることもコンバージョン率を上げる上では大切
  • SEO対策をするなら無料ツールのsmartASP一択
  • smartASPはウェブサイト運営者のために開発された無料の便利ツール
  • smartASPを使えば、あなたのサイトは以前より更に魅力的なものになるでしょう
  • なぜなら、自動でサイト分析をし、修正すべき記事を抽出してくれるだけでなく、SEOで最重要と言っても過言ではない内部リンクを可視化できるから
  • 無料なので今すぐ登録しましょう
smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

CTAとは?

CTAとは?

CTA(Call to Action)とは、ユーザーがウェブサイト運営者の望む行動をするよう誘導することを指します。

つまり、Webサイトを運営している人がユーザーに起こしてもらいたい行動を誘発するテキストや、ボタンなどが該当します。

日本語では、「行動喚起」と訳されます。

  • 購入してもらいたいとき
  • 資料請求をしてもらいたいとき
  • お問い合わせ
  • コメント記入

以上のようなコンバージョンに相当する行動を起こしてもらいたいときに、その行動を起こしてもらえるようなページ上のものがCTAです。

CTAとコンバージョン

CTAとコンバージョン

コンバージョンとは、ウェブサイトの運営者が望む行動を、消費者が成し遂げることを表します。

例えば、あなたがアパレルのウェブサイトを運営していたとしましょう。

その際に、あなたが最も消費者に望む行動は「商品の購入」です。

そのためこのウェブサイト上でコンバージョンが達成されたことを意味するのは、消費者が商品を購入した時です。

その際に、「値下げ」や「ここから購入」というボタンなどの要素がCTAなのです。

つまり、コンバージョンを成し遂げるにはCTAを工夫するほかありません。

コンバージョンについて詳しく知りたい方は「コンバージョンとは?」や「コンバージョン率の改善方法は?」をご覧ください。

また他にもSEO対策というものが重要になってきます。

SEO対策はウェブサイトを多くの人に見てもらうために重要になります。

SEO対策について詳しく知りたい方は「SEO対策とは?」の記事をご覧ください。

また、本格的なSEO対策をしたいという方にはsmartASPという無料のツールがおすすめです。

smartASPはウェブサイト運営者のために開発された無料ツールです。

smartASPを用いればウェブサイト運営は今より更に効率化されることでしょう。

なぜなら、smartASPは客観的な数字を元に修正すべき記事を抽出してくれるため、SEO知識に自信がないという人でも本格的なSEO対策が可能だからです。

また、競合分析も効率化してくれるため、非常に便利です。

無料なのでまだ使っていない人は1度使ってみましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

【5選】CTA改善施策

【5選】CTA改善施策

実際にCTAを改善させるには、5つの方法があります。

  • 設置場所を考える
  • 「今すぐ」などの単語を入れる
  • 色などに気を使う
  • ユーザーの関心を惹きつける文言を使う
  • ページに応じたCTAを考える

を気にすることでCTAを改善させることが可能です。

設置場所を考える

ページ内での設置場所を工夫するだけで、CTAが改善され、コンバージョンを増やすことができます。

具体的には、

  • コンテンツのヘッダーやフッター
  • サイドバー
  • コンテンツの途中
  • コンテンツの間
  • ポップアップで表示させる

以上の5つのポイントを抑えることが大切です。

ユーザーがコンテンツを見て気持ちの変化があったときに、すぐ側にCTAの内の一つであるボタンなどがあるとクリックする行動に繋がります。

そのため、ユーザーの視野に入る場所にボタンなどを設置することが有効です。

「今すぐ」などの単語を入れる

ユーザーに対して「今すぐ」に行動してもらえる単語を入れることは重要です。

購入しようか考えているユーザーに対して、すぐ購入してもらえない場合は、違うWebサイトで購入することが考えられます。

せっかくのチャンスを逃さないためにも、「今すぐ」の他にも、「期間限定」や「数量限定」といったキーワードを含めることは有効です。

人は数が少ないと価値を感じたり、期間が決まっていることで購入意欲を刺激されます。

CTAを改善させコンバージョン率を向上させるために、使用する効果的な文言を考えましょう。

またコンバージョン率を向上させるには、サイトを閲覧する人の人数が多くないと意味がありません。

つまり、SEO対策を行うことが大切になってきます。

SEO対策はウェブサイト運営者にとって「名前は聞いたことあるけど難しそう」などの印象があるかも知れません。

しかし、smartASPを使えばそんなことはなくなります。

smartASPはウェブサイト運営者のために開発された無料ツールです。

smartASPを用いればウェブサイト運営は今より更に効率化されることでしょう。

なぜなら、smartASPは客観的な数字を元に修正すべき記事を抽出してくれるため、SEO知識に自信がないという人でも本格的なSEO対策が可能だからです。

また、競合分析も効率化してくれるため、非常に便利です。

無料なのでまだ使っていない人は1度使ってみましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

色などに気を使う

CTAとなり得るテキストなどを目立たせるためには、

  • 色を気にする
  • 立体的にする
  • 密集させない
  • 周囲にも工夫する
  • 余白をうまく使う

以上の5つのポイントがあります。

<CTAの色に気を使う場合>

色によって心理的に及ぼす影響は大きくあります。

例えば、「赤」と「青」には正反対の意味があります。赤は興奮させる効果があり、青は冷静にさせることができます。

CTAに置き換えると、「申し込み」や「登録」などの入力内容を考えてもらいたい場合には、青色を使用して、「商品購入」や「行動を起こしてもらいたい」場合にはユーザーのテンションをあげる暖色系を使用することをおすすめします。

他の色についての効果は以下の表にまとめました。

警戒心、注意力を喚起して、感情的興奮や刺激を与える。
オレンジ 楽天的な印象を与える。食欲を増進させる。
明るさや希望を与える。集中力がアップする。
安心感を与える。リラックスさせる効果がある。
冷静を与える。精神的に落ち着かせる効果がある。
優雅や高貴さを与える。集中力アップの効果もある。
力強さ、高級感を与える。
純潔さや上品さを与える。リセットする効果がある。

色はファッションや空間でも使われていて、感じた印象を素直に受け止める効果があります。

CTAを設置する際に参考にしてください。

<ボタンを立体的にする>

ボタンを立体的にすることにより、ユーザーの目に留まるデザインにすることができます。

「グラデーション」や「影」をうまく使うことで押すことができると認識させる効果があります。

また、更にユーザーは、CTAをボタンとして理解することで、ボタンを押すか押さないかの選択をすることになります。

しかし、過度な表現はユーザーに対して避けられる場合もあるので、程々にすることをおすすめします。

<ボタンを密集させない>

一度にたくさんのボタンを表示させてしまっては、クリックするのに迷ってしまいます。

ボタンをクリックしてもらいたいからと、密集させるのはやめましょう。

特にクリックしてもらいたいボタンを設置してください。

CTAとなりうるボタンなどを設置する際には、優先順位とメリハリをつけることをおすすめします。

<CTAの周囲にも工夫する>

「送料無料」や「登録無料などの文章をCTAとして表示させることで、ユーザーに対して情報を与えることが可能です。

「購入する」という行動を起こすか迷っている人に対して有益な情報を表示させることで、購入意欲を高めることができます。

<余白をうまく使う>

ユーザーの視線を集めるために、CTAの周りには余白を作ることが効果的です。

たくさんの文章の中にCTAがあると注意散漫になってしまいます。

注目させたいときには、全体のバランスを考えて上手に余白を使いましょう。

ユーザーの関心を惹きつける文言を使う

「会員登録不要」や「完全無料」、「登録まで5分」などの文言が入っているとクリックした後がイメージできたり、何が得られるのかわかります。

単純に「お問い合わせ」という文言を使用するよりも「無料で相談する」にしたり、難しい専門用語ではなく、わかりやすい文章にするなど、工夫することをおすすめします。

ページに応じたCTAを使う

情報収集をするユーザーに対してページの一番上に「購入する」や「お問い合わせ」のボタンがあってもクリックされません。

ページ上で関連のあるところでCTAを設置したり、ハードルの低いCTAを使うことで、クリック率をあげ、コンバージョンを達成することができます。

ページごとにユーザーの特徴を考えて、購入意欲が高い人に対しては、最初から「購入する」や「お問い合わせ」のCTAを設置しましょう。

まとめ:CTAとは?

まとめ:CTAとは

CTAとコンバージョンについてを解説しましたが、いかがだったでしょうか。

このページの要点は以下になります。

  • コンバージョンを獲得するためにもCTAは重要
  • CTAを設置する場所を考える
  • すぐに購入してもらえる単語を入れる
  • CTAボタンの色に注意
  • 関心の持てる文言を考える
  • ページに合ったCTAを使用する

CTAにわからなかった人もコンバージョンとの関係について理解して、改善施策を行うことでコンバージョン数を増やすことは可能です。

CTAの改善施策についてまだよくわからないところがあるという方は、もう一度解説部分を見返してみてください。

また、本格的なSEO対策をしたい方はサイト分析・競合分析などを効率化できる無料ツールsmartASPを活用するのがおすすめです。

無料なので、今すぐ登録しましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

コメントを残す