CPC(クリック単価)とは?SEO・Web用語を解説

CPC(クリック単価)とは?SEO基礎用語を解説

「CPCってなに?」「CPCはどうやったら高くなるの?」などと思っている方は、多いと思います。

実は、CPCは高いジャンルなどもあり、自分の努力次第で改善することができるのです。

このページでは日本最大のWEBメディアであるWeb Reachの編集部がCPCについて以下のことを解説します。

  • CPCとは何を指すのか
  • CPCの決まり方
  • CPCを効率の良い広告費の使用に生かす方法

最後までご覧いただければ、CPCの意味を知ることができ、サイトの広告を掲載する際に効率の良い出稿の参考になります。

内容を簡単にまとめると・・・

  • CPCはクリック単価を表す
  • CPC=広告費÷クリック数
  • CPCが高いキーワードがあるため、自分の努力でCPCを高めることができる
  • CPCを高めるにはユーザーのニーズに添うことが大切
  • そのためにオススメなのがsmartASPというツール
  • smartASPは客観的な数字を元に修正すべき記事を抽出してくれる
  • SEO知識に自信がないという人でも本格的なSEO対策が可能
  • 競合分析も効率化してくれるため、非常に便利
  • 無料なので、万が一使わなかったとしても損をすることはない
smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

CPCとは?

CPCとは?

広告を掲載した際の、クリック1回あたりの料金のことを指し、「クリック単価」と呼ばれることも多いオンライン広告用語で、主に以下の3つの使い方をされる言葉になります。

この、オンライン広告について詳しく知りたい方は、「Googleアドセンスとは?」の記事をご覧ください。

CPCが表す使い方
  1. クリック課金型の広告そのもののこと
  2. クリック課金型広告の1クリックあたりの単価
  3. 広告効果の評価指標

サイトに掲載した広告がクリックされ、広告主のサイトに誘導されると広告主に加算される仕組みで、ユーザーがクリックするたびに、いくらかかったのかという指標になります。

これを理解することが広告費を効率よく活用するために必要といえます。

1クリックあたりの単価が安い広告は、費用の面では魅力的ですが、高く設定することで広告の表示回数や、表示位置などが有利になる場合が多いようです。

CPCの決定方法

CPCの決定方法

CPCは1クリック数円から数千円まで、かなり上下差があります。これは出稿するキーワードの検索回数と競合性のバランスで決定します。

CPCの計算式
CPC=広告費÷クリック数

例:10万円の広告を出稿し、クリックは10000回だった場合、100000÷10000=10でCPCは10円となります。

入札形式で決まるリスティング広告の場合、広告の掲載順位はCPCと広告自体の質の良さによって決まります。

広告を安く出すことができても、その後の利益に繋がらなければ広告を出す意味がありません。

広告を出すことによって得られる収益まで考えてCPCの上限を決め効率的に集客できるように検討することが大切になります。

多くのキーワードで出稿するよりも、実際のニーズを考慮し、いくつかに絞って行うほうがCPCは抑えられ、比較的効率よく集客を伸ばすことができるのではないでしょうか。

また、広告を打つより、自分のウェブサイトを持って宣伝した方が結果的に費用対効果が高い場合もあります。

その場合にはウェブサイト運営者の利便性向上のために誕生したsmartASPという無料ツールがおすすめです。

smartASPは客観的な数字を元に修正すべき記事を抽出してくれるため、SEO知識に自信がないという人でも本格的なSEO対策が可能です。

また、競合分析も効率化してくれるため、非常に便利です。

無料なので、万が一使わなかったとしても損をすることはないので、まだ使っていない人は1度使ってみることをおすすめします。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

他にもSEO対策をしたい方には「SEO対策とは」の記事を参考にしてください。

CPCの高いキーワード

CPCの高いキーワード

例外もいくつかありますが、キーワードによってCPCの上下は大きく変わります。

しかし、基本的に高くなりやすいキーワードは以下の通りです。

CPCが高いキーワード

検索回数が多いキーワード

収益性が高いキーワード

競合性が高いキーワード

リスティング広告の場合、入札形式で決まるためCPCの上限額を決めることができます。

あくまでこれは上限額ですので、実際に支払う費用はこの単価より安くなる場合がほとんどです。

収益性の高いキーワードや競合の多いキーワードを選ぶと、それだけで単価が高くなってしまいますので、上限や限度額を決めて出稿するようにすると良いでしょう。

まとめ:CPCとは

まとめ:cpcとは

CPCについて解説しましたが、いかがだったでしょうか。

このページの要点は以下の通りです。

  • CPCは3つの意味で利用することがあるが、基本的はクリック単価のこと
  • CPCが低い広告は魅力だが、利益に繋がるようにバランスも必要
  • 人気のキーワードなど競合が多いものはCPCが高い

CPCの高い広告を出すことは、表示率などの面では有利になりますが、ユーザーの求めるものでなければ収益は生まれません。

広告費を効率よく使い、収益を上げるためには、CPCの高いキーワードにばかりこだわらず、広告を出すサイトのアピールポイントを見直して、潜在的なキーワードを見つけることも、方法としてはかなり重要な部分です。

サイトにあった広告の出し方をじっくり検討してみましょう。

また、本格的なSEO対策をしたい方はサイト分析・競合分析などを効率化できるsmartASPを活用するのがおすすめです。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

コメントを残す