コンテンツの更新頻度はSEO効果と関係ある?

コンテンツの更新頻度はSEO効果と関係ある?

「サイトの更新頻度はSEOに関係あるの?」「どのくらい大切なの?」とSEOとサイトの更新頻度の関係について疑問を持っている人も多いと思います。

実は、記事の更新頻度はSEOに関係し、質の良いコンテンツ程良いのです。

このページでは日本最大級のWEBメディアであるWeb Reachの編集部がコンテンツの更新頻度はSEOと関係があるのか、について以下のことを解説します。

  • コンテンツの更新頻度とSEO効果の関係
  • 質の良いコンテンツの更新頻度とSEO効果について

このページをご覧いただければ、コンテンツの更新頻度とSEO効果の関係性について理解できるようになるでしょう。

内容を簡単にまとめると・・・

  • コンテンツの更新頻度とSEOには関係がある
  • 基本的に定期的に更新は行うべき
  • コンテンツの更新頻度を高めるにはリライトが効果的
  • リライトを行うならツールを用いた方が効率的に行える
  • おすすめなのは、無料ツールのsmartASPを使う方法
  • smartASPを用いればリライトすべき記事の選定を自動で行う事ができるので便利
  • 無料なので、今すぐ登録しましょう
smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

コンテンツの更新頻度とSEO効果の関係

コンテンツの更新頻度とSEO効果の関係

SEOにおけるGoogle検索エンジンの評価基準は1年に2~3回変更されますが、コンテンツの更新頻度における、Googleからの評価基準は変わっていないように感じます。

筆者もコンテンツの更新は、新規記事のアップから、見出しの追加といったのものも含めて日々行っていますが、ここではコンテンツに更新についてのポイントを解説していきましょう。

SEO対策について詳しく知りたい方は「SEO対策とは?」の記事をご覧ください。

更新頻度は重要

一部のサイトでは、更新頻度は関係なく、自分のペースで質の高いコンテンツをしっかりと更新すれば、Googleから評価されて上位表示されると解説されています。

しかし、長年、SEO対策に取り組んでいる筆者の感覚では、毎日のコンテンツの更新頻度は大きく関係していると感じます。

その理由は、検索結果が日々変動していることから分かる通り、毎日Googleの検索エンジンによって表示される順番が変えられているからです。

Googleが考える検索意図が毎日のように変化しているということは、毎日コンテンツを更新しているサイトと、3日に1回更新しているサイトでは、Googleの変化についていけずにページの順位が落ちてしまうリスクが高くなるのは当たり前だと思います。

ネットの世界は、常に情報で溢れており、新しい情報がどんどん増えていきます。

新着情報と更新されていない既存の情報のどちらが、ユーザーが興味を持つでしょうか?

そして、修正を繰り返すことで日々洗練されていくコンテンツと、1年に1回の更新されるコンテンツとでは、どちらが魅力があり、どちらがGoogleから評価されるでしょうか?

あくまでもSEOの更新頻度を上げる目的は、Googleからの評価を得て上位表示させることが目的です。

それには、もちろんユーザーのことを考えることも重要です。

数多くのライバルに勝つためには、ライバル以上の情報力と集客力が必要なのです。

私の経験上、毎日サイト全体の成長を継続させることはGoogleからの高評価につながっています。

その一方で、記事を更新しないとサイト全体の成長が鈍り、Googleからの評価が下がる傾向があると感じています。

それだけ、ネット上でのSEO対策の競争が激しく、日々進化しているということがわかります。

「サイトを育ててライバルに勝つには、更新頻度は重要

サイトの成長は止めることなく、毎日更新することでGoogleの信頼を勝ち取り、上位表示を目指しましょう。

重要なのは量より質

更新頻度を上げるために、どのような更新をすればSEO対策として有効なのでしょうか?

記事を修正せずに、日付だけ更新したり語彙を変えるだけでは更新の意味は全くありません。

大切なのは更新する情報の「質」です。

質の低いコンテンツを毎日更新していると、逆に、Googleからサイト全体の評価を下げられかねません。

コンテンツを更新するということは、サイト全体を成長させることに繋がるものでなければならないのです。

更新する内容は、マシンガンのようにターゲットを絞らず乱射するような質の低い記事を更新してはいけません。

新しい記事をアップすることができない場合でも、専門性の高いコンテンツを組んだりして、サイト全体の質を高めるように心がけましょう。

それでも、毎日サイトを更新し続けると聞くと、かなり難易度が高く、負担が大きく感じてしまいます。

具体的な更新手法を理解しておけば、少しの時間だけでもパソコンやスマホで更新作業ができるので、以下を参考にしてください。

上位表示されている記事は、少なくとも自分の記事よりも優れていると評価されている記事です。

つまり、自分より上位のページにはあり、自分のページに何が足りないのかを考えて、より質の高いページを作り上げるために改善するようにしましょう。

詳しくリライトなどについて知りたい方は、このサイトの運営者であり、アフィリエイトで月利8桁を出したことのあるSEOのきつねのnoteを読んでみてください。

必ず、あなたの役に立つことでしょう。

質の良いコンテンツの更新頻度を高めればSEO効果を得られる

質の良いコンテンツの更新頻度を高めればSEO効果を得られる

コンテンツの更新頻度を高める方法は、大規模なものから小規模なものまで様々あります。

更新作業は、あくまでもサイト全体の質を高めるためのもので、サイトごとに抱えている問題は違いますので、それぞれのケースに見合ったコンテンツの更新をするようにしましょう。

代表的なコンテンツの更新方法は次のとおりです。

  • 上位記事にあって自分の記事にないコンテンツを追加する
  • 順位が落ちたコンテンツをリライトする
  • 古い情報を新しい情報に更新する
  • 低品質な記事を削除する
  • 共起語・関連キーワードを追加する

これ以外にも、新しい記事をアップすることはもちろん、内部リンクや外部リンクを挿入するなどありますが、

「サイト上の問題を改善して質を高める」

という点にフォーカスして順番に解説していきましょう。

また、これらの作業は一般的に「リライト」と呼ばれています。

今、あなたはリライトの手法についての情報は理解しましたが、次に必要なのは何をリライトするのかということです。

しかし、なかなかこの作業は骨が折れるものです。

そこでおすすめなのが、smartASPという無料ツールです。

smartASPを用いれば、リライトすべき記事の選定作業は自動で行う事が可能なため、大変便利です。

他にも様々な機能があり、無料なので今すぐ登録しましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

上位記事にあって自分のページにないコンテンツを追加する

SEO対策において、現在の大切な要素は、

「ユーザーにとっての辞書としての役割を果たすこと」

が重要なポイントの1つです。

コンテンツの中身が、専門的要素が多く含まれているかを、Googleがチェックして評価をつけて表示順位を決めています。

つまり、上位表示されているコンテンツは高い評価を得たという、いわゆる結果発表がされた状態です。

上位10番目くらいまでの内容をよく確認して、どのようなコンテンツの流れや専門要素が入っているかを確認することが大切です。

その上で、自分の記事が上位表示されている内容が、しっかりと網羅されているかを一つ一つチェックしてみましょう。

欠落していた場合は、自分の記事に追加することで記事に厚みを持たせるようにしましょう。

あくまでも、上位表示されているコンテンツは参考文献ですので、くれぐれも丸写しせず、内容を自分の表現方法で書く必要があります。

この方法は、新しい内容を最初から考えるわけではなく、見本を見ながらの作成になりますので、

  • 熟考する時間が省ける
  • 競合する記事を把握できる
  • 自分の記事の欠点を見つけられる
  • 表示順位の変化に気づくことができる
  • Googleの評価の傾向が把握できる

といった、多くのメリットがありますので、狙ったキーワードで検索される自分以外の記事をチェックするように心がけて、自分のページを更新して強化していきましょう。

順位が落ちたコンテンツをリライトする

自分のページの表示順位が下がった時は、なぜ下落したのかを分析する必要がありますが、大きな要因の1つにGoogleアルゴリズムの変更による表示順位の変化があります。

Googleのアルゴリズムは毎日のように更新されており、大きなアップデートがされるたびに表示順位が大きく変動します。

先に触れたように、Googleのコアアルゴリズムのアップデートは年に3回ほど更新され、そのたびにどのようなアップデートが施されたのかを分析する必要があります。

事前にGoogleよりアップデートの日付のアナウンスがあります。

コアアップデートが展開されると、大きな順位変化があることがとても多く、アップデート後の自分のページ順位を必ず確認するようにしましょう。

最近のアップデートは、コンテンツの中により専門性の高い内容を求められている傾向があり、ユーザーの疑問にしっかりと答えられるような内容が要求されています。

アップデート後に表示順位が下がってしまった場合は、自分よりも上位表示されているコンテンツの内容と流れを確認し、丁寧にリライトしていきましょう。

また、「SEOに強い記事を作成し、上位表示させるテクニックを解説」の記事も参考になるので、おすすめです。

古い情報を新しい情報に更新する

過去に更新した記事が、時間とともに情報が更新されて、内容が古くなったり合致しなくなったりします。

こういったコンテンツは、時間とともに検索される件数が少なくなり、表示順位も必然的に下がることになりますので、鮮度を高めるために最新の情報に書き換えることで、Googleからの再評価を狙います。

ページの日付更新だけでは効果がありません。一度ページを読み返してみて、情報に修正が必要な箇所をチェックして現在の正しい情報に更新するようにしましょう。

低品質な記事を削除する

現在のGoogleで評価されているのは、より専門性が高く、情報量が多いものが上位表示されています。

もちろん、この傾向はGoogleアルゴリズムの変化で、また変わる可能性もありますが、情報量が少なく、アクセス数が月間で30以下のページは、サイト全体の品質向上のために削除を検討しましょう。

削除対象にしたページを、Google Analyticsで確認して、どのようなキーワードで流入しているのかをチェックして見ましょう。

有力なキーワードで認識されていなければ、今後もこのページが伸びる見込みがないと判断した場合は削除するようにしましょう。

ただし、ページの中には、検索常時回数が少なくても、成果を獲得できている場合もあります。

この場合は、削除せずに、noindex設定に変更して検索エンジンから認識させない方法を選択すれば、サイト全体の質を向上させる事ができます。

共起語・関連キーワードを追加する

自分のページを更新する際に、共起語や関連キーワードを使ってさらに情報に厚みを持たせることも効果的です。

SEO記事の更新頻度を維持するためには欠かせない作業で、ユーザーの隠れたニーズにヒットすることで、ページの価値を高める方法です。

共起語を追加する

共起語は、ユーザーだけでなく、Googleのクローラーに対するアピールの意味合いが強いものになります。

最大の目的は、検索クエリに対してより関連性の高いコンテンツだということを伝えることができるということなのです。

共起語とは、例えば、「コンビニ」というキーワードに対して挙げられるワードは次のとおりです。

  • サービス
  • スイーツ
  • ポイント
  • キャンペーン
  • おすすめ

キーワードがコンビニの場合、「コンビニのサービスとは?」といった共起語を使って、Hタグとして活用すれば、キーワードに対して深みをもたせる情報を加えることができ、Googleクローラーに関連性と質の高いコンテンツだという認識させることができるのです。

同時に、ユーザーの検索する答えとして参考になり、興味を持ってもらうことが大切です。

そのため、検索されるキーワードそのものではなく、共起語を使用した見出しを、独自性の高いコンテンツとして確立できれば、ユーザーの直帰率や離脱率の数値を改善することができるので、Googleの好評価につながるのです。

さらに別ページに共起語を使ったタイトルやコンテンツで記事を用意し、内部リンクでページを繋ぐことによって、ユーザーが遷移することでサイト内に長時間滞在につながるのです。

SEO対策として更新頻度を高める場合は、共起語を使用したコンテンツを、少しずつでも更新することが有効な方法の1つであり、ページだけでなく、サイト全体の「質」を高める効果があります。

内部リンクについて詳しく知りたい方は、「内部リンクとは?」の記事をご覧ください。

関連キーワードを追加する

1つのキーワードを元にページを作成して、アクセスが集まりはじめたら、新規でページを作成するよりも効果的な方法があります。

それは同じページにコンテンツとして2つ目のキーワードを組み込んで、アクセスが当たっているページを更に強化するという方法です。

例えば、よく検索されるキーワードで「口コミ」というワードがあります。

ユーザーの心理として、商品の評価をネットで調べるときに、ホームページの情報ではなく、実際に使用したことのある人の体験談を調べるために検索されることの多いサジェストキーワードです。

口コミのページをより強化して上位表示を狙うために、口コミに関連するキーワードをコンテンツとして追加するのです。

口コミに関する「評判」「評価」といった関連キーワードを付け加えることで、検索エンジンから更に多くの集客ができるように、表示回数を増やす効果を得ることができます。

「評判」や「評価」という類似したキーワードを使って新たなページを作成すると、アクセスを安定して集めるために、分析と検証を繰り返す必要があります。

この場合は、サジェストキーワードである「口コミ」をキーワードにした記事に足すことで、手間を最小限に抑えることができ、口コミのページが強化され、検索エンジンに見つけてもらえやすくなるのです。

カニバリゼーションに気をつけよう

共起語や関連キーワードを追加してページの情報を膨らませていくに当たり、気をつけなければならない点があります。

それは、カニバリゼーションに注意することです。

カニバリゼーションとは、いわゆる「共食い」です。

ページの情報をどんどん拡張していく事によって、他のキーワードを使用したページと重複が発生し、検索エンジンによって表示されるパワーが分散してしまうことがあります。

  • ページのタイトルが似通っている場合
  • ページのコンテンツが似通っている場合

基本的には、1サイト1ページにつき1キーワードが原則なので、せっかく記事を更新し続けても、他のページと検索の際に競合してしまうことがあります。

この場合、まさに共食いとなって、SEO表示順位に対してマイナスに働いてしまいますので気をつけるようにしましょう。

まとめ:コンテンツの更新頻度とSEO効果の関係は?

まとめ:コンテンツの更新頻度とSEO効果の関係は?

コンテンツの更新頻度とSEO効果の関係について解説しましたが、いかがでしたか?

ネット上には無数の情報が存在し、毎日SEO記事を更新するライターが数多く存在します。

その中で、Googleからの評価を獲得して上位表示を狙うためには、

  • どれだけ質の高いコンテンツを更新し続けることができるか
  • どれだけ質の高いサイト構築ができるか
  • どれだけ質の高いライバル記事の内容を分析して自分の記事に活かせるか

これらがポイントとなってきます。

安定したアクセスと、Googleからの評価を勝ち取るためには、Google Analyticsでの毎日の検証はかかせません。

ユーザーの動向に合わせて、Googleの評価は変動するため、ページを毎日更新することで情報の鮮度を保つことが欠かせないのです。

毎日の努力の積み重ねが優れた結果につながりますので、小さなことからコツコツと改善していき、上位表示を目指しましょう。

また、本格的なSEO対策をしたい方はサイト分析・競合分析などを効率化できる無料ツールsmartASPを活用するのがおすすめです。

無料なので、今すぐ登録しましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

コメントを残す


CAPTCHA